仁和 寺 情熱 大陸。 小源寺亮太がポールダンスで使用していた曲は何?【情熱大陸】|まんまる。

原泰久の嫁は情熱大陸で画像と離婚?年収と自宅がすごい?

仁和 寺 情熱 大陸

今、まだ先行きの見えない社会。 二人は、"アートの力"で、前向きな変化をもたらそうとしている。 アートユニット・オーバーオールズのキャンバスは、企業のオフィスから、ビルの壁やカフェの壁など...。 中でも、近年増加し、時代を象徴する仕事が「オフィスアート」。 かつての仕事場をアートで彩り、新たな場を作り出し、社員の団結を高めたり働く意欲を高めたいという企業が増えているのだとか。 その絵を描くのが、山本勇気。 「自分の表現がどうだとかいうより、喜んでもらってナンボ」と言う40歳。 そして、コンセプト作りから営業も行うのが、アートと社会の架け橋と自認する、赤澤岳人、38歳。 「見た目はアレですが、僕らは真面目さが売り」生み出すアートが、この夏、サラリーマンの街、新橋の一画を彩ることになった。 JRの駅にオープンするコンコースの壁画。 テーマは、"働く大人たちへのエール"となったのだが...。 番組ではさらに、今年3月に帰宅困難区域が解除された福島県・双葉町での仕事に同行。 復興に動こうとする街で、「よそ者」であることの責任感と重圧を感じつつ、二人が"今できるアート"を模索していく姿を見つめる。

次の

仁和寺僧侶のバイオリン演奏、SNSで「癒やし」と話題に 新型コロナ終息祈願で披露

仁和 寺 情熱 大陸

ヴァイオリンを奏でる京都・仁和寺の末社の住職 白い法衣をまとった僧侶によるヴァイオリン演奏がSNS上で話題だ。 演奏された場所は、あの有名な京都の仁和寺。 1100年以上の歴史ある真言宗御室派の総本山で、世界遺産にも登録の由緒ある寺院に、ヴァイオリニストの葉加瀬太郎さんで有名な曲『情熱大陸』が響いた。 しかし、なぜ寺院で僧侶がヴァイオリンなのだろうか。 名は明かせないが、ヴァイオリニストの僧侶は仁和寺の末社の住職。 そして全国を対象に真言宗御室派の布教につとめる、「本山布教師」23名のうちの1人だという。 音楽一家に生まれた彼は3歳からヴァイオリンを始め、なんと音楽大学を出て僧侶になったという経歴の持ち主。 なるほど、音がきれいなのも、楽器と一体になって華麗に弾きこなす姿にも納得がいく。 本山布教師のさまざまな布教スタイル中でも、彼は日頃からヴァイオリン演奏を取り入れているそう。 ところで、なぜ僧侶になったのだろうか。 「詳しいいきさつは分かりませんが、彼の実家がお寺なのです」。 なんと僧侶の実家はお寺で、音楽を愛する一家が寺を切り盛りしていたのだ。 「他のご家族が、どのような楽器を演奏するかまでは存じませんが……」と語ってくれたのは、仁和寺教学部の竹中さん。 「キリスト教に讃美歌があるように、仏教にも音楽があります。 例えば、お経に節をつけて歌うように唱える声明(しょうみょう)は、仏教音楽の一つです。 そして仏を讃嘆(さんたん)する、つまりたたえるために、仏教には『音楽をお供えする』という考え方があるのです」。 はじめこそ西洋の楽器を僧侶が寺院で演奏するというギャップに驚いたが、音楽をお供えするという意味では西洋も東洋もさほど関係ないようだ。 ヴァイオリン演奏が行われた仁和寺の金堂(国宝) 仁和寺では3月初旬から参拝客に覆面(僧侶が儀式で用いるマスク)を提供したり、新型コロナウイルスで亡くなられた方への追悼や、早期終息の祈願など、宗教の側面から出来ることを行ってきたという。 「外出自粛で心身ともに疲れている人も多いと思います。 この動画で、少しでもストレスを和らげていただければ、これほどうれしいことはありません」と竹中さん。 音楽は人の心にダイレクトに響くもの。 特に疲れた心にはひときわ沁みる。 僧侶の力強い演奏がSNSで「バズった」のもその表れだろう。 来年の春は、仁和寺の御室桜とともに、自分の耳で僧侶のヴァイオリンを聴いてみたい。

次の

情熱大陸ヴァイオリン僧侶(仁和寺)は大原英揮!Wiki経歴や学歴が凄い!|健康美人になれるトレンド情報局

仁和 寺 情熱 大陸

東京都三鷹市に子供が熱狂する不思議な塾がある。 教室には絶叫に近い笑い声が響き渡り、子どもたちは競い合って手を挙げ、臆することなく意見を言う。 テンションが上がりすぎて泣いてしまう子どももいる。 ライブハウスさながらの熱い教室で、生徒たちから「やっちゃん」と呼ばれ慕われているのが、塾の代表である宝槻泰伸(ほうつきやすのぶ)だ。 授業が終われば子どもたちは宝槻に抱きつき、サインをねだる。 ちなみにこの塾「探究学舎」は、勉強を教える塾ではない。 何かに熱中できることを見つけ、それを仕事にできる大人、いわば「未来の"さかなクン"」を育てる塾だという。 子どもが自ら興味を持ち、それを育むことを目的とし、受験合格や成績アップにはコミットしない。 カリキュラムも「戦国英雄編」「人類進化編」「宇宙編」「経済金融編」など独自のもので、算数や国語などの教科は教えない。 こんなユニークな塾ながら2011年の設立以来生徒を増やし続け、春夏冬の季節講座には全国から3000人もが三鷹の教室に集まるという。 中には海外から通う子どもたちもいる。 一体何故、彼らはこんなにも宝槻の授業に夢中になるのか? 番組では、熱狂する教室とその舞台裏に密着する。 ある日、三鷹の教室を飛び出しプラネタリウムにやってきた宝槻は、親子 200人を集めての特別授業を企画。 それは参加者全ての度肝を抜く前代未聞の授業内容だった...。 自らも5人の子供を持つ父であり、「子どもたちに驚きと感動のタネをまきたい!」と斬新なアイデアを次々と形にしていく"やっちゃん"の、目からウロコの教育法!「うちの子、勉強が嫌いで... 」と嘆く前にぜひご覧いただきたい。

次の