足 つぼ。 足のツボ(図解) 側面や甲、ふくらはぎ、くるぶしの効果がすごい!

足つぼの基本は膀胱!デトックスのツボから始めよう | もみすた

足 つぼ

マッサージ後の不調は悪いものではない!? 副作用を理由に、足裏マッサージを断念される方が多いそうです。 足裏マッサージを続ける事は、血行障害を理由とする様々な不調を改善・予防することに繋がります。 諦めずに続けるために、足裏マッサージの副作用について知っておくと良いでしょう。 血行障害を原因とする様々な症状 肩・関節・腰の痛み 体重の負荷がかかりやすい関節に影響が出ることで起こります。 頭痛・生理痛・眼精疲労 冷えを原因とする機能低下により影響が出ます。 シミ・くすみなどの肌荒れ 新陳代謝に影響がでるため目に見えて影響が出てきます。 高血圧・高脂血症・動脈硬化・脳梗塞・脳卒中・心筋梗塞・糖尿病・認知症・ウツ等 血管・内臓等に血流障害のダメージを受ける事で影響が出ます。 足裏マッサージの副作用とは? 揉み返し マッサージ、整体、指圧等で、揉み返しと言う言葉を聞いた事がありませんか?施術中や施術後に起こる痛みや疲労感、これらを揉み返しと言います。 打撲や筋肉痛のような痛み マッサージが余り上手ではない人が、力任せに行うとなります。 好転反応の症状 体質改善を促す漢方薬・サプリメント・マッサージ等で良く耳にする言葉だと思います。 足裏マッサージで起こる好転反応は以下の通りです。 痒みを感じる 血行が良くなることで、血流量が増加し感覚が刺激され痒みを感じます。 ボンヤリとなり、眠気を感じる リラックス時・神経や身体の疲労時に放出されるアデノシンが原因です。 アデノシンとは、疲れた神経を休める等の作用がある睡眠物質です。 だるくなる 一部に固まった老廃物が全身にいきわたるため、疲労感を感じます。 咳・鼻水・吹き出物・尿の色が濃くなる・匂いがきつくなる 老廃物を体外へ排出しようとするために起きる作用です。 お腹が緩くなる 腸の血行も良くなるため、腸の働きが活発になります。 発熱 血流改善を行う事でリラックス・ストレスの緩和に繋がり、自律神経のバランスがとれます。 自律神経のバランスが取れる事で、正常に働かなかった免疫機能が働きだし発熱する事があります。 喉の渇きを覚える ほぐされた老廃物を排出するためには、十分な水分が必要となります。 脳に、水分不足だと指示がでるためです。 吐き気がする 老廃物が一時的に血液にたまることによりおきます。 汗をかく 血行促進により身体の内部から体温が上昇したためです。 頭痛 急激に血流が増える事で一時的に起きる頭痛です。 鎮痛剤などの利用は辞めてください。 折角よくなった血流が、鎮痛剤により再び悪くなります。 マッサージ後に起こる不調が、好転反応なのか?炎症がおこったための揉み返し現象なのか? それらを正確に判断してください。 揉み返し・好転反応の原因 揉み返し 力の入れすぎや、筋に沿わずに行うマッサージが原因です。 筋膜・筋繊維を損傷したことで炎症が起こっている状態を言います。 揉み返し(炎症)ならば、治まるまでは、足裏マッサージを停止した方が良いでしょう。 施術師等に依頼し揉み返しが起こったのなら、その方とは縁が無かったと言う事でしょう。 自分でマッサージを行っているなら、正しい足裏マッサージを心掛けましょう 好転反応時の対処方法 好転反応は、「血行の促進」「老廃物の血液排出」により起こります。 身体を温め、冷やさないようにしましょう。 老廃物を再び固めないよう、ぬるま湯等で水分摂取を行いましょう。 基本の足裏マッサージ方法 1. 足を綺麗に洗い乾燥させましょう 風呂・足湯等で足裏を柔らかくしておくと良いです。 マッサージクリーム(ハンドクリームでも良い)を塗ります 保湿等の効果があり肌が柔らかく、滑りが良くなり皮膚や筋を傷めないためです。 足首から、ふくらはぎを流すように揉みます リンパの流れをよくしましょう 4. 足裏をもみほぐします 専用の棒など色々な器具があります。 しかし、器具の利用は力が入りすぎて炎症、筋を傷めたりする原因になります。 手で揉むくらいが、ちょうど良いでしょう。 足つぼ等難しい事は気にせず、血流改善・血行促進を心掛けましょう。 白湯を飲みましょう もみほぐした老廃物を排泄するために必要です。 靴下等で足を保温しましょう 折角あたたまった足を冷やさないようにしましょう。 老廃物は溜めずに流す 老廃物が排出される事で、体調が良くなったと終わらないでください。 継続が大切なのです。 老廃物は、毎日少しずつ沈着し血行不良の原因となります。 テレビを見ながらでも構いません。 日頃から、足をもみほぐす癖をつけておくと良いでしょう。

次の

足ツボ小指(第五趾)の特効ツボ

足 つぼ

マッサージ後の不調は悪いものではない!? 副作用を理由に、足裏マッサージを断念される方が多いそうです。 足裏マッサージを続ける事は、血行障害を理由とする様々な不調を改善・予防することに繋がります。 諦めずに続けるために、足裏マッサージの副作用について知っておくと良いでしょう。 血行障害を原因とする様々な症状 肩・関節・腰の痛み 体重の負荷がかかりやすい関節に影響が出ることで起こります。 頭痛・生理痛・眼精疲労 冷えを原因とする機能低下により影響が出ます。 シミ・くすみなどの肌荒れ 新陳代謝に影響がでるため目に見えて影響が出てきます。 高血圧・高脂血症・動脈硬化・脳梗塞・脳卒中・心筋梗塞・糖尿病・認知症・ウツ等 血管・内臓等に血流障害のダメージを受ける事で影響が出ます。 足裏マッサージの副作用とは? 揉み返し マッサージ、整体、指圧等で、揉み返しと言う言葉を聞いた事がありませんか?施術中や施術後に起こる痛みや疲労感、これらを揉み返しと言います。 打撲や筋肉痛のような痛み マッサージが余り上手ではない人が、力任せに行うとなります。 好転反応の症状 体質改善を促す漢方薬・サプリメント・マッサージ等で良く耳にする言葉だと思います。 足裏マッサージで起こる好転反応は以下の通りです。 痒みを感じる 血行が良くなることで、血流量が増加し感覚が刺激され痒みを感じます。 ボンヤリとなり、眠気を感じる リラックス時・神経や身体の疲労時に放出されるアデノシンが原因です。 アデノシンとは、疲れた神経を休める等の作用がある睡眠物質です。 だるくなる 一部に固まった老廃物が全身にいきわたるため、疲労感を感じます。 咳・鼻水・吹き出物・尿の色が濃くなる・匂いがきつくなる 老廃物を体外へ排出しようとするために起きる作用です。 お腹が緩くなる 腸の血行も良くなるため、腸の働きが活発になります。 発熱 血流改善を行う事でリラックス・ストレスの緩和に繋がり、自律神経のバランスがとれます。 自律神経のバランスが取れる事で、正常に働かなかった免疫機能が働きだし発熱する事があります。 喉の渇きを覚える ほぐされた老廃物を排出するためには、十分な水分が必要となります。 脳に、水分不足だと指示がでるためです。 吐き気がする 老廃物が一時的に血液にたまることによりおきます。 汗をかく 血行促進により身体の内部から体温が上昇したためです。 頭痛 急激に血流が増える事で一時的に起きる頭痛です。 鎮痛剤などの利用は辞めてください。 折角よくなった血流が、鎮痛剤により再び悪くなります。 マッサージ後に起こる不調が、好転反応なのか?炎症がおこったための揉み返し現象なのか? それらを正確に判断してください。 揉み返し・好転反応の原因 揉み返し 力の入れすぎや、筋に沿わずに行うマッサージが原因です。 筋膜・筋繊維を損傷したことで炎症が起こっている状態を言います。 揉み返し(炎症)ならば、治まるまでは、足裏マッサージを停止した方が良いでしょう。 施術師等に依頼し揉み返しが起こったのなら、その方とは縁が無かったと言う事でしょう。 自分でマッサージを行っているなら、正しい足裏マッサージを心掛けましょう 好転反応時の対処方法 好転反応は、「血行の促進」「老廃物の血液排出」により起こります。 身体を温め、冷やさないようにしましょう。 老廃物を再び固めないよう、ぬるま湯等で水分摂取を行いましょう。 基本の足裏マッサージ方法 1. 足を綺麗に洗い乾燥させましょう 風呂・足湯等で足裏を柔らかくしておくと良いです。 マッサージクリーム(ハンドクリームでも良い)を塗ります 保湿等の効果があり肌が柔らかく、滑りが良くなり皮膚や筋を傷めないためです。 足首から、ふくらはぎを流すように揉みます リンパの流れをよくしましょう 4. 足裏をもみほぐします 専用の棒など色々な器具があります。 しかし、器具の利用は力が入りすぎて炎症、筋を傷めたりする原因になります。 手で揉むくらいが、ちょうど良いでしょう。 足つぼ等難しい事は気にせず、血流改善・血行促進を心掛けましょう。 白湯を飲みましょう もみほぐした老廃物を排泄するために必要です。 靴下等で足を保温しましょう 折角あたたまった足を冷やさないようにしましょう。 老廃物は溜めずに流す 老廃物が排出される事で、体調が良くなったと終わらないでください。 継続が大切なのです。 老廃物は、毎日少しずつ沈着し血行不良の原因となります。 テレビを見ながらでも構いません。 日頃から、足をもみほぐす癖をつけておくと良いでしょう。

次の

足のツボ(図解) 側面や甲、ふくらはぎ、くるぶしの効果がすごい!

足 つぼ

足つぼの反射区• 症状から探す• 足つぼとは? 足の裏には数多くの「 足つぼ」=「 反射区」が存在します。 これらの「足つぼ」は全身の各器官との関連性が高く、ある臓器に異常や機能低下などが起こると、対応する足つぼが過敏になったり、コリのようなものが出てきたりします。 そのため、足の裏は「第二の心臓」とも呼ばれることがあります。 sponsored link 足裏 足ツボ マッサージの効果と歴史 足ツボは体の各臓器と深い関わりがあるため、 足裏 足ツボ マッサージを行うことによって自然治癒力を高めたり、疾患の早期発見・予防に役立てることができます。 足ツボマッサージは正式には 「反射区療法」「 リフレクソロジー」「 ゾーンセラピー」と言いますが、その歴史は古く、アメリカ、中国、ヨーロッパ、台湾など世界各国で行われています。 足つぼでダイエット 足つぼの中には新陳代謝を高めたり、リンパの流れを促進して体の余分な水分の排泄を促進したりすることによって、ダイエット効果が期待できるものもあります。 日々の運動や食事療法に加えて、ぜひ足つぼダイエットも取り入れられてみて下さい。 足裏 足ツボ マッサージのやり方 足裏 足ツボ マッサージを行う時間帯も特に指定はありませんが、お風呂上りなどは筋肉もほぐれて柔らかくなっていますので、タイミングとしては最適です。 足裏はかなり強い力で思いっきり力を入れてマッサージをしても特に問題はありませんが、慣れないうちからあまり強くもむと皮膚を傷めてしまう場合もありますので、最初は少し弱めに、慣れてきたら強くマッサージをするようにしましょう。 お肌が弱い方は、足つぼマッサージ専用のジェルなども市販されていますので、それらをご利用頂くのも有効です。 また、足つぼを押す時は、グッグッグッ!・・・といった感じで、ある程度強い力でリズミカルに押すのがポイントです。 足つぼについての注意事項 足つぼマッサージは上手に行えば手軽に健康増進に役立てることができますが、それだけで全ての病気・疾患が治癒するというわけではありません。 また、効果にも大きな個人差があります。 足裏 足ツボ マッサージはあくまでも日々の健康増進・維持、病気の回復の補助までとし、一般的な検査・治療等を怠ることのなきようご注意下さい。 sponsored link Copyright C 2008 【足つぼ図解】-足裏マッサージのツボ All Rights Reserved.

次の