胆嚢 摘出 手術 費用。 ジジの「腹腔鏡胆嚢摘出手術」総額¥180,180円。

胆のう摘出腹腔鏡手術。費用と、保険金。術後の生活等②

胆嚢 摘出 手術 費用

こんにちは、かたせうみです。 『カニの胆石日記』番外編。 胆石日記は、今回含めてあと2回。 これが本当の最後となります、続けて読んでくださった方、ありがとうございます。 『カニの胆石日記』にご興味ある方は、グローバルメニューの「胆石日記」または、カテゴリ「胆石日記」をご覧ください。 胆のう摘出手術、かかった費用 ではまず第一回目はお金の話です。 この度の、黄疸~胆のう摘出までに掛かった、気になる費用からご説明します。 記事後半には、医療保険から出たお金も公開しますよ! それでは、入院費からです。 (入院自体は、緊急入院と検査で1回。 胆のう摘出手術入院で1回の、計2回です。 ) 「高額医療限度額証明」とは、 「高額な治療費を払う予定なので、限度額で済むよう病院に申請する証書」のようなものです。 国民皆保険制度により、国民は、国保なり、組合なりの健康保険に強制加入となっています。 (と仮定します。 入ってないというか、払ってない人もいる。 説明は割愛) この証明書は、所属する健康保険組合や、国民健康保険から発行されます。 また、証明書を発行してもらわなくても、後から申請すれば、払ったお金はもどってきます。 でも、あとから戻るといっても、10万オーバーの高額な医療費、そんなにサクサク準備して払えませんよね。 なので、ある程度の医療費が見込まれる入院や通院の場合、事前に健康保険組合に 「高額医療限度額証明」を発行してもらいます。 これを病院に提出しておけば、会計は多くても限度額のみとなります。 なので、カニは20万オーバーの医療費が、8万何某で済んでいるわけです。 ・・・、健康保険様様ですね。 というわけで、保険適用なら、高額な治療費でも上限までの支払いでストップです。 よく、保険のTVCMでは、「医療費にこれだけかかります。 」という、脅しのような文句がありますが、実際はこの様になっています。 働けない分の給与は、健康保険組合から 『傷病手当』として、一部補填もされます。 なので、実際にCMにある様な高価な医療保険が、生活費を削ってでも必要かというと 、そこは見直した方がいいかもしれませんね。 但し、働けなくなった分、生活費は目減りするわけですし、 高額医療で安くなったとはいえ8万円の出費だって痛いですよね。 合計570、000円!? (他に、25、000円ほど、職場の保険から貰ったらしい。 ) カニさん、大幅プラスじゃ~ん!! 最初の大腸ポリープ切除なんて、内視鏡検査のついでに、訳も分からないまま「プチン」と切られただけですよ?! を参照してください。 ) そう、当時保険太りしたカニさんは、このお金で奥さんと旅行に行き、部署の同僚にはリッチなお土産を買ってきてくれました。 そして、もう全部使ったそうです。 (パチスロか?!) この金額を見ると、やはり、いざというときの保険は頼りになります。 ただ、カニさんもずっと、病気ひとつせず払い続けていたわけで、今まで払った保険料の総額は、今回支払われた金額より当然多いに決まっています。 だからと言って、医療保険は無駄でしょうか? 「職場の隣人」として、面白おかしく書いていますが、カニさんは結構キャリアのある人なので、保険料も、そこそこの金額のものに入っていると思うんですよね~、そこまで聞いていないけど。 しかし、『病気になった時にもらえる保険より、かけてた金額の方が多いから医療保険は無駄』という方は、毎月8万円をぱぱっと出せるのでしょうか?? 入院や通院が一か月で済めばいいけど、長引いたら?? だったら、月5000円でも医療保険に入っていた方がいいんじゃないの? と、私は思いますけどね。 と、いうわけで、今回は、入院すればかかってくる、気になる費用をまとめてみました。 不安で一杯の方の、少しでも参考になればと思います。 医療保険には、3代疾病や成人病特約、差額ベッド費用の補填、障害認定や悪性新生物、はては抗がん剤費用保障、先進医療保障・・・。 諸々あります。 経済に余裕があるなら、良い保険に入っておけば安心ですが、その分払いはきつくなります。 いざというときに、最低限の保証を残して今貯金するのか、苦しくても、未来の自分や家族のために払い続けるのか、意見は分かれると思います。 この先の事なんて、神のみぞ知るですからね。 ただ、保険の証券はこまめにチェックして、自分で読めて、試算できるくらいは勉強した方がよさそうです。 カニさんは今回は大きくプラスになりましたけどね。 ご存知の方は多いかもしれませんが、アメリカには一部を除き公的保険はありません。 全部個人契約の自己責任です。 (ERとか見るとわかる。 読んでいただき、ありがとうございました。 次回は、カニさん執筆、術後の生活です。 kataseumi.

次の

胆石症の(日帰り)手術と費用|ナオール

胆嚢 摘出 手術 費用

スポンサードリンク 胆嚢手術の入院期間は? まず日帰りではないので、入院し手術をして経過をみて退院という流れでした。 以前書いた手術前の検査が終わっているので、とにかく手術をするのが目的のはっきりした入院でした。 2016年4月25日 月 に入院手続きをして入院し、4月29日(祝)に退院しました。 計5日間ですね。 短いようですが、個人的には後半ちょっと長く感じました。 その理由は後ほど書きます。 胆嚢手術の入院中は? まず入院して手続きはありますが、そこは省きますね。 恐らく病院によって変わるかもしれませんし、細かくその辺りはもう覚えていませんので。 そして、着替えて点滴の針が手に付られ、ほぼ退院目前まで針は刺さったまんまです。 手術の時もこれが活躍しますしね。 あとは、3日目の手術までは、入院前と変わらず元気な状態が続きます。 ですから本当に暇でした。 ・ 初日から点滴針を付られ点滴が始まる ・ 2日目に手術の執刀医から、手術方法や効果や内容の説明を聞き、3枚か4枚ほど同意書に署名 (臓器の癒着などが起こったり、最悪の場合開腹での手術に移行する事や、最悪の状況はどういうものか、など色々説明されます。 結構ドキドキしました。 だけど結局手術を受けないと、食事や生活に結構な支障があったので、兎にも角にも私は手術をするしか無いと思ったので当然の如く全部署名しました) ・ 2日目下剤を飲む。 動けたら4人部屋に移動。 ・5日目退院 こう書くとそんなに大変でもない感じだけど、手術後からかなり大変だったのを覚えています。 胆嚢手術の時間は? たしか3時間ほどだったと思います。 ただ、手術される本人の記憶は全身麻酔のため途切れて、一瞬で終わります。 本当に一瞬だった感じです。 逆に麻酔入っていきます、と言っているのを聞いて、腕の点滴から入ってくるのですが、腕がすーーーーっと冷えていくのが分かるのですが、麻酔から覚めると一瞬でしかないので、「えっ?麻酔覚めた?効かない?」と勘違いするほど一瞬でした。 終わったら、とにかく無事生きていることに、なんかホッとしたのも覚えていますね。 胆嚢摘出手術したら寝れない? 私は眠れない人でした。 なんか全然眠れなくて、本当に困りました。 拘束されたように動けないから辛いし、疲れているのに眠れない。 そして、神経が昂ぶったようにイライラもしたし、本当に嫌だった。 眠れるように薬を要求したら良かったと本当に後悔しました。 ・性器の先に管が通されていてトイレにいかずに済むようにされている ・点滴が投薬されている ・酸素吸入で鼻下に管が付られ吸わされている ・手の人指し指か中指に心拍数など健康状態を送る器具が付いている この状態で神経が敏感になっているかのような状態だから、器具が本当に邪魔に思えて余計イライラしてたまらなかったです。 次の日は4人部屋に移動していたし、あの拘束された状態から解放されたのでなんとか寝られましたね。 先ほど後半は長く感じたというのは、こういう事が原因で落ち着かなかったということです。 時間が経つのが長く感じたんでしょうね。 胆嚢摘出の手術痕は? 手術の痕はどんな感じなのか? 大体5mm?1cm? まぁそんなぐらいの小さい穴が4つお腹に開けられて手術がされたので、開腹よりも動けるようになるのは早いです。 お腹の辺りは包帯グルグルになってるのか、というと違ってサランラップのような水を弾くような透明なサラシのようなものがグルグルにされて巻かれていました。 だから穴が開けられた箇所はちょっと血がベタっと滲んでたり、していてその血が手術1日後などは黒っぽくなっている感じでした。 退院するまでそのラップみたいなのは替えたりせず、そのまま退院となりました。 退院してその日からシャワーも浴びましたが、そのまま巻いていました。 何日ぐらい巻いていたか忘れましたが、数日後には自分で取ってね、と医師に言われました。 何日後とかはもう覚えていませんが、退院したのが昭和の日でしたが、GW中に自分で剥がしたのを覚えています。 痛みは起き上がる時など腹筋を使う際に力が入りにくいのはありますが、全く動けないことはありませんでした。 2年経っても痕は残っていますがそんなに目立ちません。 胆嚢の腹腔鏡手術の費用は? この時の手術と入院費は領収書を見たら、168,300円でした。 私は国民健康保険を使っていますが、退院してから「高額療養費制度」を使って、更に自分で医療保険も加入していたので、色々戻ってきました。 でも実際、手術や入院の前に検査を数回に分けてやっているので、その時の医療費が嵩んでいるので、「やった、儲けた!」ということは無いですけど、やっぱり医療保険に入っていて良かった、と思いましたよ。 胆嚢摘出手術後の退院は? 先ほど書いたように、入院期間は5日で、手術後2日目で退院しました。 腹腔鏡手術なので、お腹に穴が4つ空いている状態ですが、以外と早く退院できるものだと驚きました。 大体そんなものらしいです。 自分でタクシーで帰れるほど動けるので、そんなに大変な状態ではないです。 退院が4月でしたが、その後8月に一度レントゲンやその後の健康状態を診るための通院がありました。 そこで問題無いと判断されて今に至る感じです。 さいごに 入院から退院までを体験記として書いてきました。 所々で感想も混ぜつつでしたが、とにかく無事に手術が完了したのが良かったなと思います。 それから、そのおかげで食生活もほぼ胆石痛が出る前に戻り、あの激痛が出なくなったのは本当に良かったです。 手術の直後、私の胆嚢の中には3つ程の小指の先っぽぐらいの大きさの結石を見せられました。 私はそんなに手術直後は朦朧としていて覚えていないのですが、付き添いの妻がそう言っていました。 幸い胆管の方には出てこないものだったので、あの石が胆嚢の入口付近でせきとめたりしてたのかな?なんて想像しながら、良かった良かったと思ったものです。 胆石痛に悩む人に、どうすればいいとかは私は医者では無いので、言えませんが手術で摘出した時の状況はこの記事で書いたままです。 参考になれば良いなと思います。

次の

胆石の手術 費用と保険…夫の胆石のお値段

胆嚢 摘出 手術 費用

年齢ごとの平均在院日数 腹腔鏡下胆のう摘出術 開腹胆のう摘出術 ~39歳 4. 4日 16. 0日 50~59歳 4. 4日 12. 7日 60~69歳 5. 2日 11. 7日 70~79歳 5. 4日 20. 8日 80~89歳 9. 5日 12. 5日 90歳~ 5. 0日 8. 0日 胆のう摘出術で入院した患者の平均在院日数 5. 2日 13. 胆のう摘出術を行なった疾患以外の治療を行なっている患者さんを除きデータを算出しています。 転院とは、他病院で引き続き入院する場合です。 掲載した統計は、DPCデータを用いたものです。 適応となる疾患 胆石症 胆のうや胆管に石ができる病気です。 痛みなど症状がある場合には手術を行います。 胆のう炎 胆のうに起こる炎症です。 抗菌薬の点滴などを行ない、炎症が落ち着いてから手術を行います。 胆のう炎は胆石症を合併していることがほとんどです。 胆のうポリープ 胆のうの中にできるポリープです。 ポリープが大きい場合には、胆のう摘出術を行います。 胆のう腺筋腫症 胆のうの壁が厚くなる病気です。 通常、症状はありませんが、胆のう炎の原因となったり、検査ではがんとの区別が難しかったりするので、胆のう摘出術を行なうことがあります。 胆のうは肝臓の下部に張りついた、ナスのような形をした臓器で、肝臓でつくられた胆汁を一時的に貯えて濃縮する働きをしています。 濃縮された胆汁は、胆のうから胆のう管、総胆管を通って十二指腸に送られて、脂肪分の消化・吸収を助けます。 胆のう摘出術とは 胆のうを手術で摘出する治療で、腹腔鏡という内視鏡を用いて行なう手術と、お腹を開いて行なう手術(開腹術)とがあります。 どちらの手術も全身麻酔をして行ないます。 胆のうは胆汁を一時的に貯えておく臓器ですが、摘出後も胆汁は十二指腸へ流れていくため、身体に大きな影響は残りません(脂肪分の多い食事で下痢気味になる方がいますが、次第によくなります)。 腹腔鏡下胆のう摘出術 現在、胆のう摘出術の主流となっている手術方法です。 お腹に1~2cmの傷を3~4ヶ所開けて、二酸化炭素ガスでお腹を膨らませてから、腹腔鏡と専用の器機を傷口から入れて、テレビモニターでお腹の中を観察しながら胆のうを切除します。 切除した胆のうは、おへその上に開けた傷口から取り出します。 手術の傷が小さくてすみ、手術後の痛みが開腹術よりも少なく、回復も早いために、手術後2~5日で退院が可能です。 開腹胆のう摘出術 胆のうの炎症が強い場合や、過去に胃など上腹部の手術を行なっている場合などに行ないます。 腹腔鏡での手術より傷が大きく、手術後の痛みも強いですが、実際にお腹の中を広く観察して、周囲の臓器や血管を確認しながら手術を行なえる利点があります。 通常は、手術後5~7日で退院が可能です。 手術の特徴• 胆石性胆のう炎の場合は、胆のう炎を何度も繰り返すことがあるので、胆石とともに胆のうを摘出することが、根本的な治療であり、標準的な治療として広く行なわれています。 手術後は、出血や胆汁の漏れなどを確認する目的で、1~3日間ドレーンと呼ばれる管をお腹に入れることがあります。 腹腔鏡下胆のう摘出術について• 手術の傷が小さいため、身体への負担が小さいのが特徴です。 開腹胆のう摘出術と比べて、手術の技術は難しくなります。 炎症が強かったり、肝臓や胆管の形が変わっていたり、手術中に出血や胆管損傷などの合併症が起きたりした場合には、開腹術に移行します。 その可能性は10%前後であり、炎症が強いほど開腹術に移行する可能性が高いと考えられます。 予期される合併症 腹腔鏡下胆のう摘出術 身体への負担が少ない手術ですが、開腹術と比べて技術的に難しいため、特有の合併症があります。 手術中に合併症が起こった場合は、必要に応じて開腹術に移行します。 また、手術後に合併症が見つかった場合には、再手術などをすることがあります。 出血 手術中に胆のう周囲の血管を損傷して出血したり、腹腔鏡をいれる傷口が血管と重なって出血したりすることがあります。 胆管損傷 胆管を損傷して、胆汁がお腹の中に漏れると、腹膜炎を起こすなどして重症になりやすく、大きな再手術を必要とすることがあります。 他臓器の損傷 手術中に十二指腸や大腸、肝臓などを損傷する可能性があります。 胆石の腹腔内遺残 まれにお腹のなかに胆石が残ることがあります。 手術後の傷の痛み 開腹術と比べると痛みは少ないですが、人によっては痛みを強く訴える方もいます。 その他 肺動脈塞栓症や右肩痛、皮下気腫など、手術中に二酸化炭素ガスでお腹を膨らませることに関係する合併症が起こることがあります。 開腹胆のう摘出術 出血 炎症が強い胆のう炎の時に行なうことが多いので、手術中の操作で出血が起こることがあります。 まれですが、出血量が多い場合には再手術を行なうことがあります。 胆管損傷 胆管を損傷した場合には、追加手術が必要になることがあります。 腹腔内膿瘍 まれに手術後にお腹の中に膿がたまって、発熱することがあります。 手術後の傷の感染 炎症が強い胆のう炎の場合に行なうことが多いので、手術後に傷口が感染することがあります。 手術後の傷の痛み 手術の傷が比較的大きいため、痛みは強く、長引きます。 標準的な入院スケジュール 当院では治療や検査を進める標準的なスケジュール表を、あらかじめ作成しています。 スケジュールに沿った治療、検査を行うことで、治療内容や安全性を一定に保つことができます。 (緊急入院や合併症のある場合などは、個別にスケジュールを立てることがあります。 )当院での、胆のう摘出術に対応する主なスケジュール表は以下のとおりです。 入院スケジュール• 腹腔鏡下胆のう摘出術(手術前日に入院)• 開腹胆のう摘出術(緊急手術) 腹腔鏡下胆のう摘出術(手術前日に入院).

次の