豚 の 生姜 焼き レシピ。 基本の生姜焼きのレシピ・作り方【覚えやすいタレの黄金比!】

豚ロースのレシピ!人気1位は?つくれぽ1000越えの13品はコレ!薄切り・厚切り・トンテキ・生姜焼き・ポークチャップなど!柔らかくする方法も3つご紹介!

豚 の 生姜 焼き レシピ

豚肉のおかずの定番といえば生姜焼き! 大人から子どもまで皆大好きです。 色々な作り方がありますが、間違えると肉が固くなったり、味が薄すぎ、濃すぎなど意外と失敗も多いもの。 本日は、絶対に美味しくなる生姜焼きの作り方をご紹介しますよ! で美味しい生姜焼きの科学 《材料 1人分》• 豚ロース厚切り肉(生姜焼き用) 200g• 塩こしょう 少々• 片栗粉 大さじ 1• 【タレ】• A すりおろし生姜 小さじ1• A しょうゆ 大さじ2• A みりん 大さじ1• A 酒 大さじ1• A 砂糖 小さじ1• A すりおろし玉ねぎ 大さじ1• (千切り) 適量 科学1:肉は豚ロース肉を選ぼう! 肉質や成分の観点から見ても、で美味しい生姜焼きを作るには豚ロース肉を選びましょう。 シンプルですが豚ロースの特徴を上げると、• キメが細かい。 肉質が柔らかい。 脂肪とたんぱく質がバランスよく混じっており、 100g あたりのエネルギー量は 263kcal と高め。 味の好みだけでなく、上記のことからも一番生姜焼きに適した部位と言わています。 また、ふちの脂身の部分も旨味が凝縮しています。 肩ロースはとんかつやポークソテーが適していると言われています。 《作り方》 1. 豚ロース厚切り肉は筋に4ヶ所ほど切り込みを入れ、両面に塩こしょうをふって片栗粉をまぶす。 科学2:お肉を反らせない事、そして旨味を閉じ込める。 赤みと脂身の間にある半透明の部分を筋といい、その部分に切り込みを入れてあげることで筋繊維が収縮せず加熱したときに反らないため、見た目も美しく、になります。 さらに 片栗粉をまぶすことででんぷん質が豚肉をコーティングさせ、 加熱したときに旨味を逃がさず柔らかく、よりに仕上がります。 フライにサラダ油を引き、1. をのせてから中火にかけ、両面焼き色がつくまで焼き一旦取り出す。 科学3:収縮率の低減 で柔らかい生姜焼きを焼くには火加減が最も重要です。 熱々のフライに肉をいきなり乗せると筋繊維の収縮率が 100%になることに対して、 フライに肉をのせてから火をつけると収縮率が50%まで低減します。 こうすることでで柔らかい生姜焼きができます。 のフライを中火で火をつけ玉ねぎ(スライス)を入れしんなりしてきたら Aを入れて沸騰したら2. を加えて絡め、火を止める。 器に盛り、千切りを添える。 科学まとめ• 生姜焼きの部位は肩ロースではなく豚ロースを選ぼう。 見た目と味を良くするために筋に切り込みを。 そして片栗粉をまぶして旨味を閉じ込める。 フライに乗せてから火をつけ、収縮率を低減する。 肉の柔らかさ、タマネギの甘さ、そして香ばしく美味しいタレで、自然とご飯の欲しくなる豚の生姜焼き、完成です! 普段ただ焼いている生姜焼きも、食材への意識を高めることで肉が固くなったり、味が不安定にもなりません。 みなさんもさっそくトライしてみてくださいね! フードプレゼンター k e I 明治11年創業の老舗ホテル、富士屋ホテルでフレンチの修行を積み退社後、ドラマ、映画、舞台などで俳優活動をしながら調理師免許、フードコーディネーター認定書を取得。 様々な媒体、フードイベントで活動しているwebコラムでも話題の次世代料理男子。 彼女がときめく魔法のレシピ ブログ: Facebook: インスタグラム: (編集:フードクリエイティブファクトリー.

次の

豚の生姜焼きのレシピ/作り方:白ごはん.com

豚 の 生姜 焼き レシピ

スポンサーリンク 豚の生姜焼きの作り方について• 豚肉は冷蔵庫から出し常温に戻します。 タレに使う生姜をすりおろします。 強くおろすと粗い繊維が多く入ってしまうので焦げ付きの原因になってしまいます。 ゆっくりと丁寧にすりおろしましょう!• ボウルにしょう油とみりんを合わせ、すりおろした生姜を加えタレを作ります。 タレが出来たらパットに移し、豚肉を1枚ずつ丁寧に広げながら入れます。 タレにつけすぎると肉が堅くなってしまうので注意しましょう!• フライパンに大さじ1〜2のサラダ油を入れ、汁けをきった豚肉を重ならないように並べていきます。 焼き色がつくように30秒〜1分程焼いたら、裏返して30秒ほど焼きます。 サッとフライパンを洗い、残りの肉も同様に焼いていきます。 短時間で焼くことで堅くならず、 柔らかい生姜焼きが作れますよ。 人気の豚の生姜焼きレシピについて.

次の

定食屋の味に近づく!生姜焼きを柔らかく仕上げる簡単テク

豚 の 生姜 焼き レシピ

豚肉の筋切りと下漬け 豚肉は厚みのある生姜焼き用を2人分で200gほど使います。 それに対する生姜の分量は下の写真くらいのサイズ。 20〜30gほどあればしっかり生姜の風味が出てくれると思います。 肉の下ごしらえは 『筋切りと下漬け』をします。 まず、まな板の上に豚肉を1枚ずつ広げ、赤身と脂肪の間に筋があるので、 1㎝間隔くらいで包丁の切っ先を筋に刺して、断ち切ります(片面は丁寧に、裏面は大きな筋に包丁を入れるくらいでOKです)。 それから、焼く前に下漬けをします。 厚みのある生姜焼き用の肉はそのまま焼いたら少し硬くなるので、生姜や酒に漬け込み、しっとりやわらかく焼き上げるためです。 下漬けとたれに生姜とにんにくを使うので、たれを作るボウルにまとめてすりおろします。 筋を切った豚肉はバットに広げ、Aを加えます。 そこに 先ほどしぼった生姜&にんにくをひとつまみ分ほどしっかりしぼって汁を加えます。 豚肉を漬け込んでいる間に、玉ねぎを薄切りにして、キャベツのせん切りなどの野菜も準備しておきましょう。 そこに 下漬けに使った調味料を7〜8割ほど加え、しっかり混ぜ合わせます(残りの2〜3割の調味料は捨てて、しっかり汁気を切っておきましょう)。 スプーンの中に残りやすいケチャップを量る前に、ごま油でコーティングするとケチャップがキレイに落ちてくれます。 全体に油がまわれば、玉ねぎを端によせ豚肉を広げ入れます。 豚肉を焼き始めると、肉から少し水分が出てくるので、その水分が飛び、焼いている面にちらほら色づく部分が出てきたら裏返します。 反対側も色が変わる程度に焼いたら、たれを全量加えます。 火加減そのままで煮詰めていきます。 豚肉と玉ねぎの上下を時おり返しながら、 たれが煮詰まって豚肉にしっかりからんでくるまで焼けば完成です(私はたれを入れて2分ほどで適度に煮詰まりました)。 フライパンを火から外し、器の奥にキャベツのせん切りを、その横に玉ねぎ、手前に豚肉の生姜焼きを盛り付けます。

次の