便秘解消 乳酸菌サプリ。 コロコロ便秘の治し方【ヨーグルト?サプリ?】これで解消した40代|40アラフォーからもっと!

DHCの乳酸菌サプリEC

便秘解消 乳酸菌サプリ

【ビフィズス菌 ロンガム種BB536 とは?】 腸内フローラの改善/排便回数の増加/便の臭いを軽減/アレルギー症状の緩和/免疫力アップ/大腸の炎症を緩和/骨の密度を高める といった作用の研究報告があるヒト由来の善玉菌です。 飲みやすい。 ビフィズス菌 ロンガム種BB536 が50億個 一言ポイント 「便通」と「肌」の悩みが解消! 1日あたり100円を切るコスパなのに、確かな機能性があります。 私の最近のお気に入りです。 【ビフィズス菌 ロンガム種BB536 とは?】 腸内フローラの改善/排便回数の増加/便の臭いを軽減/アレルギー症状の緩和/免疫力アップ/大腸の炎症を緩和/骨の密度を高める といった作用の研究報告があるヒト由来の善玉菌です。 飲みやすさは普通。 クレモリス菌FC株 一言ポイント 昔大ブームになったカスピ海ヨーグルト。 サプリになって続けるのがラクになりました。 79歳の母が愛飲しています。 飲みやすさは普通。 フェカリス菌EC-12株を1兆個。 ビフィズス菌とオリゴ糖も配合 一言ポイント 他のサプリでダメならコレもおすすめです! 1日あたり1兆個のフェカリス菌EC-12株が免疫細胞に働きかけます。 便秘に効く食べ物や飲み物を摂る• ウォーキングなどの運動をする• 腸のマッサージや体操をする はじめはやる気があるのですが、なかなか効果が見えないのでサボりがちになって、いつの間にか辞めてしまっているんです…。 そして結局どうしてもつらいときは便秘薬に頼ってしまうのがいつものパターンでした。 3つのバランスを見るために、一般的な便秘解消法を表にまとめてみました。 効果の感じやすさ:ちょうど良い 乳酸菌・ビフィズス菌サプリはあくまで「健康補助食品」の一種ですから、便秘薬と違って激しい効果は出ません。 例えば便秘薬の「コーラック」の場合、飲んでから2時間ほどで一気に便がドドーッと排出されます。 これに対して乳酸菌・ビフィズス菌サプリは、3日〜2週間ほど続けて飲んでいると、自然な排便リズムがサポートされてくる感覚です。 それでも食生活の改善や運動、マッサージなどと比べると確かに効果を実感しやすかったです。 体への優しさ:副作用や飲み合わせの心配は無し 乳酸菌・ビフィズス菌サプリの「体への優しさ」については、他のどの方法よりも安心感があります。 まず乳酸菌・ビフィズス菌サプリは 副作用や飲み合わせの心配はありません。 なぜなら法律上サプリは「医薬品」ではなく、「食品」の一種だからです。 極端な話、1日1粒が目安の「快腸肌潤」を1日3粒飲んでも、健康に問題は出ないということです。 これに対して、 便秘薬を飲む時は必ず副作用や飲み合わせに注意が必要です。 有名な副作用で言うと、便秘薬を長期間使い続けると腸が麻痺して効果が弱くなってくるという症状がありますね。 便秘薬の中には漢方や整腸剤など比較的体に優しい薬もありますが、医薬品である以上は必ず健康リスクと背中合わせなのを忘れないようにしましょう。 一方で「一番体に優しい便秘解消法は食生活の改善なんじゃないの?」と思う人もいるでしょう。 ですが実は食生活の改善にも、色々な落とし穴があるんです!• 毎日欠かさずヨーグルトを食べていたら、病院で糖質過多を指摘された• 毎日欠かさずキムチや納豆を食べていたら、病院で塩分過多を指摘された 要は、食生活を改善しようとすると、本来控えるべき塩分や糖分などを逆に摂りすぎてしまうことが多いんです。 ですから、やはり 体への優しさという点ではサプリが一番安心感があるということになるわけです。 続けやすさ:1日1回を目安に好きなときに飲むだけ 続けやすさについては、サプリの右に出るものはありません。 1日1回好きなときに飲むだけです。 食生活を改善したり、毎日運動をするといった方法は、続けるのがかなり大変です。 サプリなら私のようなズボラ主婦でも何の苦労も無く続けることができましたよ。 1ヶ月あたり 3,000〜6,000円程度 1日あたり 100円〜200円程度 大体このくらいが相場です。 ヨーグルトを毎朝1パックを食べるのと同じくらいの金額ですね。 ヨーグルトとくらべるとサプリの方がずっと効率よく善玉菌を摂ることができるので、個人的には良心的な値段だなと思っています。 ちなみに初めて買うときは、ここから更に値引きされた「特別価格」が適用されます。 はじめてサプリを買う時は「特別価格」で買える 新しいサプリを試すとき、とてもありがたいのが 「初回購入時の特別価格」です。 ちなみに私はこれまで色々なサプリを解約してきましたが、 無理な引き止めにあったり、面倒な手続きが必要だったことは一度もありません。 電話一本でスムーズに解約できるので、その点は心配する必要は無いでしょう。 せっかくメーカーが用意してくれたおトクな仕組みなので、遠慮することなく活用しましょう! さて、ここまでは「値段」でサプリを選ぶ方法について説明してきました。 なぜなら、どんなに良い成分が入っていても、 飲みにくいサプリは続かないからです。 「ちょっと後回しにしようかな」が飲み忘れに繋がって、いつの間にか飲まなくなっている… そんなパターンって意外に多いんです。 ですから、カプセルが大きくて喉に引っかかりやすいサプリには注意しましょう。 私がオススメしたいのは次の2つのタイプです。 顆粒で味が美味しいもの• 小型カプセルで1日1粒でOKなもの 「顆粒で味が美味しいもの」が一番オススメ 「」がこのタイプのサプリです。 顆粒でサラッと流し込めるので、 カプセルのように喉に引っかかかることがありません。 味も美味しくて、口に入れた瞬間にオリゴ糖が溶けて、優しい甘みとレモンの風味が広がります。 自然と唾液が出てくるような味なので、水がなくても飲めてしまうくらいです。 飲みやすさを比べるために、カプセルをズラッと並べて比較してみました。 左から飲みやすい順番で並べています。 ユーキャン『』• 森永乳業『』• ファインベース『』• フジッコ『 』• ファンケル『』• ホコニコ『』 今回のランキングで取り上げたサプリの中では、 カプセルが一番小さかったのはユーキャンの『』、カプセルが一番大きかったのはファンケル『』でした。 『快腸サポート』はカプセルが大きくて飲みづらい 「」は、今回紹介した中では一番飲みにくいサプリでした。 大きめのカプセルを1日2粒飲まないといけないので、私のように大きいカプセルが苦手な人には大変かもしれません。 私は夜寝る前に飲んでいたのですが、 いちど喉に引っかかってしまうと、水を飲んでもなかなかとれませんでした。 しかたなくそのまま寝るのですが、一番ひどいときは翌日の昼まで喉の奥にずっと違和感がありました。 腸に届くどころか、胃にも届いていないわけなので、一体何のためにサプリを飲んでいるやら分かりません…笑 配合している成分が良く、値段もお手頃で良いサプリなので、ぜひ改良されてほしいです! カプセルの飲みやすさNo. 1は『快腸肌潤』 これまで試したカプセル状のサプリの中で一番で飲みやすかったのは「」です。 出かける前に急いで水で流し込むような飲み方でも、一度も喉に詰まらせたことがありません。 その理由は、 カプセルがとても小さいうえに、1日1粒でOKだからです。 「続けやすさ」へのこだわりに、 通信教育のユーキャンらしさを感じます。 些細なところにまで気が配られているなぁ、と感心してしまいました。 さて、ここまではサプリの形状(飲みやすさ)について説明してきました。 次はサプリに含まれる成分から、サプリを選ぶ方法について説明していきます。 便通改善系サプリでよく使われる、次の2つの成分について解説します。 「これを飲めば腸内環境が改善します!」 「これを飲めば便通が改善します!」 「これを飲めば免疫力がアップします!」 こんな表記は法律違反なんです。 ですがビフィズス菌 ロンガム種BB536 は、効果 機能性 を表示することを、特別に消費者庁に認められているんです。 機能性表示食品というやつですね。 消費者庁に認められているくらいですから信頼感はバツグンです。 ですが、機能性表示食品なら何でもOKというわけではありません。 商品によって「お勧めできる度合い」はもちろん変わってきます。 ビフィズス菌 ロンガム種BB536 を摂るならこのサプリ! ビフィズス菌 ロンガム種BB536 を摂る上で重要なのは次の2点です。 含まれている菌の数• この2点を両方満たしたサプリが、次の4つです。 生きたまま腸に届ける工夫についても、他のサプリとは気合の入り方が違います。 シームレスカプセルの断面図 菌が生きたまま腸に届くよう、森下仁丹は「シームレスカプセル」という特性のカプセルを自社で独自開発しているんです。 ですから、ビフィズス菌 ロンガム種BB536 で便通を改善したいなら「」がオススメです。 では、「」や「」は選ぶ理由はないかと言われるとそんなことはありません。 「快腸肌潤」はビフィズス菌 ロンガム種BB536 に加えて、「パイナップルグルコセラミド」という肌の潤いを改善する機能を持った成分を配合しているので、腸の調子を整えながら肌の調子を整えることができます。 それに1日あたり33円という安さも大きな魅力です。 「ビフィリゴ10000」は、ビフィズス菌 ロンガム種BB536 に加えて「オリゴ糖」と「フェカリス菌」を配合することで、腸の調子を総合的に改善していってくれるのが魅力です。 その特徴は2つです。 画像引用: 他の菌とは違うメカニズムで便通に作用するわけですから、他のサプリを飲んで効果を感じられなかった人にオススメです。 ランキング4位のファインベース『』なら、ビフィズス菌 ロンガム種BB536 とフェカリス菌 EC-12株 を両方摂ることができます。 死んだ菌でも効果を発揮するので、サプリの値段が安い! 「生きたまま腸に届くことで効果を発揮する」というのがこれまでの乳酸菌の常識でしたが、フェカリス菌は死んだ菌でも効果を発揮します。 この特徴は「サプリの値段」に影響します。 死んだ菌は生きている菌よりも扱いやすいので、製造コストが安く抑えられるのです。 ですからフェカリス菌が配合されているサプリは、他の菌が配合されているサプリよりもコストパフォーマンスが高いと言えます。 例えば、久光製薬の「」はフェカリス菌を1兆個配合していますが、1日あたり97円(初回お試しなら65円)という安さを実現しています。 また「」の場合、ビフィズス菌とオリゴ糖に加えて、1兆個のフェカリス菌を豪華に配合していますが、1日あたり173円(初月なら36円)という「手が届く範囲の値段」に抑えられています。 フェカリス菌を摂るならこのサプリ! フェカリス菌を摂るなら、久光製薬の「」か、「」がオススメです。 どちらのサプリも、フェカリス菌を1日あたり1兆個摂ることができます。 1兆個という数は、他のサプリと比べてもトップクラスです。 また、フェカリス菌を高密度濃縮して機能性を高めた「EC-12」を利用しているのも特徴です。

次の

乳酸菌で便秘は解消できる?乳酸菌と便秘の深い関係

便秘解消 乳酸菌サプリ

【ビフィズス菌 ロンガム種BB536 とは?】 腸内フローラの改善/排便回数の増加/便の臭いを軽減/アレルギー症状の緩和/免疫力アップ/大腸の炎症を緩和/骨の密度を高める といった作用の研究報告があるヒト由来の善玉菌です。 飲みやすい。 ビフィズス菌 ロンガム種BB536 が50億個 一言ポイント 「便通」と「肌」の悩みが解消! 1日あたり100円を切るコスパなのに、確かな機能性があります。 私の最近のお気に入りです。 【ビフィズス菌 ロンガム種BB536 とは?】 腸内フローラの改善/排便回数の増加/便の臭いを軽減/アレルギー症状の緩和/免疫力アップ/大腸の炎症を緩和/骨の密度を高める といった作用の研究報告があるヒト由来の善玉菌です。 飲みやすさは普通。 クレモリス菌FC株 一言ポイント 昔大ブームになったカスピ海ヨーグルト。 サプリになって続けるのがラクになりました。 79歳の母が愛飲しています。 飲みやすさは普通。 フェカリス菌EC-12株を1兆個。 ビフィズス菌とオリゴ糖も配合 一言ポイント 他のサプリでダメならコレもおすすめです! 1日あたり1兆個のフェカリス菌EC-12株が免疫細胞に働きかけます。 便秘に効く食べ物や飲み物を摂る• ウォーキングなどの運動をする• 腸のマッサージや体操をする はじめはやる気があるのですが、なかなか効果が見えないのでサボりがちになって、いつの間にか辞めてしまっているんです…。 そして結局どうしてもつらいときは便秘薬に頼ってしまうのがいつものパターンでした。 3つのバランスを見るために、一般的な便秘解消法を表にまとめてみました。 効果の感じやすさ:ちょうど良い 乳酸菌・ビフィズス菌サプリはあくまで「健康補助食品」の一種ですから、便秘薬と違って激しい効果は出ません。 例えば便秘薬の「コーラック」の場合、飲んでから2時間ほどで一気に便がドドーッと排出されます。 これに対して乳酸菌・ビフィズス菌サプリは、3日〜2週間ほど続けて飲んでいると、自然な排便リズムがサポートされてくる感覚です。 それでも食生活の改善や運動、マッサージなどと比べると確かに効果を実感しやすかったです。 体への優しさ:副作用や飲み合わせの心配は無し 乳酸菌・ビフィズス菌サプリの「体への優しさ」については、他のどの方法よりも安心感があります。 まず乳酸菌・ビフィズス菌サプリは 副作用や飲み合わせの心配はありません。 なぜなら法律上サプリは「医薬品」ではなく、「食品」の一種だからです。 極端な話、1日1粒が目安の「快腸肌潤」を1日3粒飲んでも、健康に問題は出ないということです。 これに対して、 便秘薬を飲む時は必ず副作用や飲み合わせに注意が必要です。 有名な副作用で言うと、便秘薬を長期間使い続けると腸が麻痺して効果が弱くなってくるという症状がありますね。 便秘薬の中には漢方や整腸剤など比較的体に優しい薬もありますが、医薬品である以上は必ず健康リスクと背中合わせなのを忘れないようにしましょう。 一方で「一番体に優しい便秘解消法は食生活の改善なんじゃないの?」と思う人もいるでしょう。 ですが実は食生活の改善にも、色々な落とし穴があるんです!• 毎日欠かさずヨーグルトを食べていたら、病院で糖質過多を指摘された• 毎日欠かさずキムチや納豆を食べていたら、病院で塩分過多を指摘された 要は、食生活を改善しようとすると、本来控えるべき塩分や糖分などを逆に摂りすぎてしまうことが多いんです。 ですから、やはり 体への優しさという点ではサプリが一番安心感があるということになるわけです。 続けやすさ:1日1回を目安に好きなときに飲むだけ 続けやすさについては、サプリの右に出るものはありません。 1日1回好きなときに飲むだけです。 食生活を改善したり、毎日運動をするといった方法は、続けるのがかなり大変です。 サプリなら私のようなズボラ主婦でも何の苦労も無く続けることができましたよ。 1ヶ月あたり 3,000〜6,000円程度 1日あたり 100円〜200円程度 大体このくらいが相場です。 ヨーグルトを毎朝1パックを食べるのと同じくらいの金額ですね。 ヨーグルトとくらべるとサプリの方がずっと効率よく善玉菌を摂ることができるので、個人的には良心的な値段だなと思っています。 ちなみに初めて買うときは、ここから更に値引きされた「特別価格」が適用されます。 はじめてサプリを買う時は「特別価格」で買える 新しいサプリを試すとき、とてもありがたいのが 「初回購入時の特別価格」です。 ちなみに私はこれまで色々なサプリを解約してきましたが、 無理な引き止めにあったり、面倒な手続きが必要だったことは一度もありません。 電話一本でスムーズに解約できるので、その点は心配する必要は無いでしょう。 せっかくメーカーが用意してくれたおトクな仕組みなので、遠慮することなく活用しましょう! さて、ここまでは「値段」でサプリを選ぶ方法について説明してきました。 なぜなら、どんなに良い成分が入っていても、 飲みにくいサプリは続かないからです。 「ちょっと後回しにしようかな」が飲み忘れに繋がって、いつの間にか飲まなくなっている… そんなパターンって意外に多いんです。 ですから、カプセルが大きくて喉に引っかかりやすいサプリには注意しましょう。 私がオススメしたいのは次の2つのタイプです。 顆粒で味が美味しいもの• 小型カプセルで1日1粒でOKなもの 「顆粒で味が美味しいもの」が一番オススメ 「」がこのタイプのサプリです。 顆粒でサラッと流し込めるので、 カプセルのように喉に引っかかかることがありません。 味も美味しくて、口に入れた瞬間にオリゴ糖が溶けて、優しい甘みとレモンの風味が広がります。 自然と唾液が出てくるような味なので、水がなくても飲めてしまうくらいです。 飲みやすさを比べるために、カプセルをズラッと並べて比較してみました。 左から飲みやすい順番で並べています。 ユーキャン『』• 森永乳業『』• ファインベース『』• フジッコ『 』• ファンケル『』• ホコニコ『』 今回のランキングで取り上げたサプリの中では、 カプセルが一番小さかったのはユーキャンの『』、カプセルが一番大きかったのはファンケル『』でした。 『快腸サポート』はカプセルが大きくて飲みづらい 「」は、今回紹介した中では一番飲みにくいサプリでした。 大きめのカプセルを1日2粒飲まないといけないので、私のように大きいカプセルが苦手な人には大変かもしれません。 私は夜寝る前に飲んでいたのですが、 いちど喉に引っかかってしまうと、水を飲んでもなかなかとれませんでした。 しかたなくそのまま寝るのですが、一番ひどいときは翌日の昼まで喉の奥にずっと違和感がありました。 腸に届くどころか、胃にも届いていないわけなので、一体何のためにサプリを飲んでいるやら分かりません…笑 配合している成分が良く、値段もお手頃で良いサプリなので、ぜひ改良されてほしいです! カプセルの飲みやすさNo. 1は『快腸肌潤』 これまで試したカプセル状のサプリの中で一番で飲みやすかったのは「」です。 出かける前に急いで水で流し込むような飲み方でも、一度も喉に詰まらせたことがありません。 その理由は、 カプセルがとても小さいうえに、1日1粒でOKだからです。 「続けやすさ」へのこだわりに、 通信教育のユーキャンらしさを感じます。 些細なところにまで気が配られているなぁ、と感心してしまいました。 さて、ここまではサプリの形状(飲みやすさ)について説明してきました。 次はサプリに含まれる成分から、サプリを選ぶ方法について説明していきます。 便通改善系サプリでよく使われる、次の2つの成分について解説します。 「これを飲めば腸内環境が改善します!」 「これを飲めば便通が改善します!」 「これを飲めば免疫力がアップします!」 こんな表記は法律違反なんです。 ですがビフィズス菌 ロンガム種BB536 は、効果 機能性 を表示することを、特別に消費者庁に認められているんです。 機能性表示食品というやつですね。 消費者庁に認められているくらいですから信頼感はバツグンです。 ですが、機能性表示食品なら何でもOKというわけではありません。 商品によって「お勧めできる度合い」はもちろん変わってきます。 ビフィズス菌 ロンガム種BB536 を摂るならこのサプリ! ビフィズス菌 ロンガム種BB536 を摂る上で重要なのは次の2点です。 含まれている菌の数• この2点を両方満たしたサプリが、次の4つです。 生きたまま腸に届ける工夫についても、他のサプリとは気合の入り方が違います。 シームレスカプセルの断面図 菌が生きたまま腸に届くよう、森下仁丹は「シームレスカプセル」という特性のカプセルを自社で独自開発しているんです。 ですから、ビフィズス菌 ロンガム種BB536 で便通を改善したいなら「」がオススメです。 では、「」や「」は選ぶ理由はないかと言われるとそんなことはありません。 「快腸肌潤」はビフィズス菌 ロンガム種BB536 に加えて、「パイナップルグルコセラミド」という肌の潤いを改善する機能を持った成分を配合しているので、腸の調子を整えながら肌の調子を整えることができます。 それに1日あたり33円という安さも大きな魅力です。 「ビフィリゴ10000」は、ビフィズス菌 ロンガム種BB536 に加えて「オリゴ糖」と「フェカリス菌」を配合することで、腸の調子を総合的に改善していってくれるのが魅力です。 その特徴は2つです。 画像引用: 他の菌とは違うメカニズムで便通に作用するわけですから、他のサプリを飲んで効果を感じられなかった人にオススメです。 ランキング4位のファインベース『』なら、ビフィズス菌 ロンガム種BB536 とフェカリス菌 EC-12株 を両方摂ることができます。 死んだ菌でも効果を発揮するので、サプリの値段が安い! 「生きたまま腸に届くことで効果を発揮する」というのがこれまでの乳酸菌の常識でしたが、フェカリス菌は死んだ菌でも効果を発揮します。 この特徴は「サプリの値段」に影響します。 死んだ菌は生きている菌よりも扱いやすいので、製造コストが安く抑えられるのです。 ですからフェカリス菌が配合されているサプリは、他の菌が配合されているサプリよりもコストパフォーマンスが高いと言えます。 例えば、久光製薬の「」はフェカリス菌を1兆個配合していますが、1日あたり97円(初回お試しなら65円)という安さを実現しています。 また「」の場合、ビフィズス菌とオリゴ糖に加えて、1兆個のフェカリス菌を豪華に配合していますが、1日あたり173円(初月なら36円)という「手が届く範囲の値段」に抑えられています。 フェカリス菌を摂るならこのサプリ! フェカリス菌を摂るなら、久光製薬の「」か、「」がオススメです。 どちらのサプリも、フェカリス菌を1日あたり1兆個摂ることができます。 1兆個という数は、他のサプリと比べてもトップクラスです。 また、フェカリス菌を高密度濃縮して機能性を高めた「EC-12」を利用しているのも特徴です。

次の

コロコロ便秘の治し方【ヨーグルト?サプリ?】これで解消した40代|40アラフォーからもっと!

便秘解消 乳酸菌サプリ

【ビフィズス菌 ロンガム種BB536 とは?】 腸内フローラの改善/排便回数の増加/便の臭いを軽減/アレルギー症状の緩和/免疫力アップ/大腸の炎症を緩和/骨の密度を高める といった作用の研究報告があるヒト由来の善玉菌です。 飲みやすい。 ビフィズス菌 ロンガム種BB536 が50億個 一言ポイント 「便通」と「肌」の悩みが解消! 1日あたり100円を切るコスパなのに、確かな機能性があります。 私の最近のお気に入りです。 【ビフィズス菌 ロンガム種BB536 とは?】 腸内フローラの改善/排便回数の増加/便の臭いを軽減/アレルギー症状の緩和/免疫力アップ/大腸の炎症を緩和/骨の密度を高める といった作用の研究報告があるヒト由来の善玉菌です。 飲みやすさは普通。 クレモリス菌FC株 一言ポイント 昔大ブームになったカスピ海ヨーグルト。 サプリになって続けるのがラクになりました。 79歳の母が愛飲しています。 飲みやすさは普通。 フェカリス菌EC-12株を1兆個。 ビフィズス菌とオリゴ糖も配合 一言ポイント 他のサプリでダメならコレもおすすめです! 1日あたり1兆個のフェカリス菌EC-12株が免疫細胞に働きかけます。 便秘に効く食べ物や飲み物を摂る• ウォーキングなどの運動をする• 腸のマッサージや体操をする はじめはやる気があるのですが、なかなか効果が見えないのでサボりがちになって、いつの間にか辞めてしまっているんです…。 そして結局どうしてもつらいときは便秘薬に頼ってしまうのがいつものパターンでした。 3つのバランスを見るために、一般的な便秘解消法を表にまとめてみました。 効果の感じやすさ:ちょうど良い 乳酸菌・ビフィズス菌サプリはあくまで「健康補助食品」の一種ですから、便秘薬と違って激しい効果は出ません。 例えば便秘薬の「コーラック」の場合、飲んでから2時間ほどで一気に便がドドーッと排出されます。 これに対して乳酸菌・ビフィズス菌サプリは、3日〜2週間ほど続けて飲んでいると、自然な排便リズムがサポートされてくる感覚です。 それでも食生活の改善や運動、マッサージなどと比べると確かに効果を実感しやすかったです。 体への優しさ:副作用や飲み合わせの心配は無し 乳酸菌・ビフィズス菌サプリの「体への優しさ」については、他のどの方法よりも安心感があります。 まず乳酸菌・ビフィズス菌サプリは 副作用や飲み合わせの心配はありません。 なぜなら法律上サプリは「医薬品」ではなく、「食品」の一種だからです。 極端な話、1日1粒が目安の「快腸肌潤」を1日3粒飲んでも、健康に問題は出ないということです。 これに対して、 便秘薬を飲む時は必ず副作用や飲み合わせに注意が必要です。 有名な副作用で言うと、便秘薬を長期間使い続けると腸が麻痺して効果が弱くなってくるという症状がありますね。 便秘薬の中には漢方や整腸剤など比較的体に優しい薬もありますが、医薬品である以上は必ず健康リスクと背中合わせなのを忘れないようにしましょう。 一方で「一番体に優しい便秘解消法は食生活の改善なんじゃないの?」と思う人もいるでしょう。 ですが実は食生活の改善にも、色々な落とし穴があるんです!• 毎日欠かさずヨーグルトを食べていたら、病院で糖質過多を指摘された• 毎日欠かさずキムチや納豆を食べていたら、病院で塩分過多を指摘された 要は、食生活を改善しようとすると、本来控えるべき塩分や糖分などを逆に摂りすぎてしまうことが多いんです。 ですから、やはり 体への優しさという点ではサプリが一番安心感があるということになるわけです。 続けやすさ:1日1回を目安に好きなときに飲むだけ 続けやすさについては、サプリの右に出るものはありません。 1日1回好きなときに飲むだけです。 食生活を改善したり、毎日運動をするといった方法は、続けるのがかなり大変です。 サプリなら私のようなズボラ主婦でも何の苦労も無く続けることができましたよ。 1ヶ月あたり 3,000〜6,000円程度 1日あたり 100円〜200円程度 大体このくらいが相場です。 ヨーグルトを毎朝1パックを食べるのと同じくらいの金額ですね。 ヨーグルトとくらべるとサプリの方がずっと効率よく善玉菌を摂ることができるので、個人的には良心的な値段だなと思っています。 ちなみに初めて買うときは、ここから更に値引きされた「特別価格」が適用されます。 はじめてサプリを買う時は「特別価格」で買える 新しいサプリを試すとき、とてもありがたいのが 「初回購入時の特別価格」です。 ちなみに私はこれまで色々なサプリを解約してきましたが、 無理な引き止めにあったり、面倒な手続きが必要だったことは一度もありません。 電話一本でスムーズに解約できるので、その点は心配する必要は無いでしょう。 せっかくメーカーが用意してくれたおトクな仕組みなので、遠慮することなく活用しましょう! さて、ここまでは「値段」でサプリを選ぶ方法について説明してきました。 なぜなら、どんなに良い成分が入っていても、 飲みにくいサプリは続かないからです。 「ちょっと後回しにしようかな」が飲み忘れに繋がって、いつの間にか飲まなくなっている… そんなパターンって意外に多いんです。 ですから、カプセルが大きくて喉に引っかかりやすいサプリには注意しましょう。 私がオススメしたいのは次の2つのタイプです。 顆粒で味が美味しいもの• 小型カプセルで1日1粒でOKなもの 「顆粒で味が美味しいもの」が一番オススメ 「」がこのタイプのサプリです。 顆粒でサラッと流し込めるので、 カプセルのように喉に引っかかかることがありません。 味も美味しくて、口に入れた瞬間にオリゴ糖が溶けて、優しい甘みとレモンの風味が広がります。 自然と唾液が出てくるような味なので、水がなくても飲めてしまうくらいです。 飲みやすさを比べるために、カプセルをズラッと並べて比較してみました。 左から飲みやすい順番で並べています。 ユーキャン『』• 森永乳業『』• ファインベース『』• フジッコ『 』• ファンケル『』• ホコニコ『』 今回のランキングで取り上げたサプリの中では、 カプセルが一番小さかったのはユーキャンの『』、カプセルが一番大きかったのはファンケル『』でした。 『快腸サポート』はカプセルが大きくて飲みづらい 「」は、今回紹介した中では一番飲みにくいサプリでした。 大きめのカプセルを1日2粒飲まないといけないので、私のように大きいカプセルが苦手な人には大変かもしれません。 私は夜寝る前に飲んでいたのですが、 いちど喉に引っかかってしまうと、水を飲んでもなかなかとれませんでした。 しかたなくそのまま寝るのですが、一番ひどいときは翌日の昼まで喉の奥にずっと違和感がありました。 腸に届くどころか、胃にも届いていないわけなので、一体何のためにサプリを飲んでいるやら分かりません…笑 配合している成分が良く、値段もお手頃で良いサプリなので、ぜひ改良されてほしいです! カプセルの飲みやすさNo. 1は『快腸肌潤』 これまで試したカプセル状のサプリの中で一番で飲みやすかったのは「」です。 出かける前に急いで水で流し込むような飲み方でも、一度も喉に詰まらせたことがありません。 その理由は、 カプセルがとても小さいうえに、1日1粒でOKだからです。 「続けやすさ」へのこだわりに、 通信教育のユーキャンらしさを感じます。 些細なところにまで気が配られているなぁ、と感心してしまいました。 さて、ここまではサプリの形状(飲みやすさ)について説明してきました。 次はサプリに含まれる成分から、サプリを選ぶ方法について説明していきます。 便通改善系サプリでよく使われる、次の2つの成分について解説します。 「これを飲めば腸内環境が改善します!」 「これを飲めば便通が改善します!」 「これを飲めば免疫力がアップします!」 こんな表記は法律違反なんです。 ですがビフィズス菌 ロンガム種BB536 は、効果 機能性 を表示することを、特別に消費者庁に認められているんです。 機能性表示食品というやつですね。 消費者庁に認められているくらいですから信頼感はバツグンです。 ですが、機能性表示食品なら何でもOKというわけではありません。 商品によって「お勧めできる度合い」はもちろん変わってきます。 ビフィズス菌 ロンガム種BB536 を摂るならこのサプリ! ビフィズス菌 ロンガム種BB536 を摂る上で重要なのは次の2点です。 含まれている菌の数• この2点を両方満たしたサプリが、次の4つです。 生きたまま腸に届ける工夫についても、他のサプリとは気合の入り方が違います。 シームレスカプセルの断面図 菌が生きたまま腸に届くよう、森下仁丹は「シームレスカプセル」という特性のカプセルを自社で独自開発しているんです。 ですから、ビフィズス菌 ロンガム種BB536 で便通を改善したいなら「」がオススメです。 では、「」や「」は選ぶ理由はないかと言われるとそんなことはありません。 「快腸肌潤」はビフィズス菌 ロンガム種BB536 に加えて、「パイナップルグルコセラミド」という肌の潤いを改善する機能を持った成分を配合しているので、腸の調子を整えながら肌の調子を整えることができます。 それに1日あたり33円という安さも大きな魅力です。 「ビフィリゴ10000」は、ビフィズス菌 ロンガム種BB536 に加えて「オリゴ糖」と「フェカリス菌」を配合することで、腸の調子を総合的に改善していってくれるのが魅力です。 その特徴は2つです。 画像引用: 他の菌とは違うメカニズムで便通に作用するわけですから、他のサプリを飲んで効果を感じられなかった人にオススメです。 ランキング4位のファインベース『』なら、ビフィズス菌 ロンガム種BB536 とフェカリス菌 EC-12株 を両方摂ることができます。 死んだ菌でも効果を発揮するので、サプリの値段が安い! 「生きたまま腸に届くことで効果を発揮する」というのがこれまでの乳酸菌の常識でしたが、フェカリス菌は死んだ菌でも効果を発揮します。 この特徴は「サプリの値段」に影響します。 死んだ菌は生きている菌よりも扱いやすいので、製造コストが安く抑えられるのです。 ですからフェカリス菌が配合されているサプリは、他の菌が配合されているサプリよりもコストパフォーマンスが高いと言えます。 例えば、久光製薬の「」はフェカリス菌を1兆個配合していますが、1日あたり97円(初回お試しなら65円)という安さを実現しています。 また「」の場合、ビフィズス菌とオリゴ糖に加えて、1兆個のフェカリス菌を豪華に配合していますが、1日あたり173円(初月なら36円)という「手が届く範囲の値段」に抑えられています。 フェカリス菌を摂るならこのサプリ! フェカリス菌を摂るなら、久光製薬の「」か、「」がオススメです。 どちらのサプリも、フェカリス菌を1日あたり1兆個摂ることができます。 1兆個という数は、他のサプリと比べてもトップクラスです。 また、フェカリス菌を高密度濃縮して機能性を高めた「EC-12」を利用しているのも特徴です。

次の