食べ た あと すぐ 寝る。 食欲ない…だるい… 夏バテはどうして起きる?

食べてすぐ寝てはいけない!寝る前に食べると起こる怖い病気!

食べ た あと すぐ 寝る

お腹いっぱいになったら眠くなるけど1時間は我慢しよう• 食べてすぐ寝るとやっぱり太るの?• 食後どれくらい時間を空けるべき?• 食べてすぐ運動するのはいいの? この食っちゃ寝問題を解説・シェアします! ダイエット中でもそうでなくても、食っちゃ寝すると太る問題!食ったあとすぐ寝るから気持ちいいってのはわかるけど絶対太るからやめよう! 【太らないために、食べて寝るまで1時間以上は空けるべき理由】• 食べてすぐ寝ると太る理由は血糖値が急上昇するから。 ダイエットの食事の基本は血糖値をなるべくあげないこと。 血糖値を下げるために大量のインスリンが分泌されて身体のエネルギーとなる糖に作り変えるのですが、これが余りまくってしまう!• さらに余った糖は、脂肪へ変化して、蓄積されるます!• 食後1時間は消化のために必要な時間です。 寝ると消化機能が落ちてしまう。 消化しきれないと余った糖が脂肪に変わるリスクがアップする! というわけで、食後1時間はダイエットするなら寝ると太りやすくなるので、要注意です! さらに、じゃあその消化のための1時間の過ごし方をシェアします! ちなみに食後、前かがみに座ってお腹を圧迫するのもよくないです。 姿勢を正す、または運動じゃなく立っているだけとかは消化にはいい! 食後の運動のオススメとして散歩の記事も書いています。 詳しくはこちらで。 【関連記事】 食べてすぐ寝ると太る!だからと言って夜ごはん食べないで寝るのも太りやすい! ダイエットのため!今日は夜ごはん遅くなるから!とかで、夜食べないで寝るのもダイエットにはよくないです。 食事を抜いて長時間空腹が続くと、次の食事で、血糖値が通常よりも爆上がりしてしまうんです。 おまけに、朝から血糖値が高いと次の食事でも血糖値が上がって、一日中太りやすい環境を作ってしまいます。 「今の食事が、次の食事での血糖値に上昇に影響を与える」このシステムを覚えておいてください。 ダイエットのために夜ごはんを抜くとか、単発的な方法ではなく、低糖質低脂質を繰り返していけば、血糖値の上昇を抑えられて太りにくい体内環境を構築できます。 【関連記事】 【食事での糖質を考えるなら:関連リンク】 この食事システムができれば、一日の総カロリーをいつもより2、300キロカロリーくらい減らすルールを作れば、自然と数ヶ月で体重が落ちていきます。 ここでカロリーを大幅に減らすとリバウンドのリスクが出るので注意! ダイエットは食事システムを作ること!そして筋トレ、ホットヨガなどで体幹トレなどで加速させる! まとめ 【太らないために、消化する時間をちゃんと1時間以上は空ける】• 食べてすぐ寝ると太る理由は血糖値が急上昇するから。 食後1時間は消化のために必要な時間です。 寝ると消化機能が落ちてしまう。 消化しきれないと余った糖が脂肪に変わるリスクがアップする!• また夜ごはんを抜いたりすると、次の食事で血糖値が上がりやすくなるからバランスよく3食食べること。 【血糖値が上がりにくい食事のヒントは?】 結局、みんなお米を食べるから糖質過多になる人多いので、• 食べない、肉・魚・卵・チーズとか中心にする。 無理ならごはん少し減らす。 一口分減らせば10パーセント近く減らせる。 (でも茶碗一杯糖質60〜100グラムくらいあるけど)• でも、ごはん食べたいなら、血糖値上昇指数で20ポイントくらい低い玄米を選ぶことがオススメ!• 麺類なら蕎麦、ごはんなら玄米。 【豆知識】炭水化物を食べるなら、黒っぽいものが食物繊維が多いから糖質が低い。 パンならライ麦パンとか。 【食事での糖質を考えるなら(関連リンク)】 【ダイエット記事のオススメはこちら!】.

次の

子供が食べてすぐ寝るのは成長に悪影響!その理由とは

食べ た あと すぐ 寝る

仕事が忙しく、夕食を食べる時間がいつも遅くなる……そんな人は要注意です 毎日の帰宅時間が遅く、夕食を食べたらすぐに寝る生活をしている方は少なくないようです。 私は病院で栄養相談を受けていますが、病院に来られる患者様は高齢で、いわゆる「ご隠居生活」を謳歌されている方も多いです。 意外に思われるかもしれませんが、遅くまで仕事をしている会社員やいわゆるバリキャリ系の方だけでなく、24時間を自由に使える高齢者の方でも、食事時間が不規則になっていて、つい遅い時間に食事をしてしまうという方も珍しくありません。 働く人も退職後の高齢者も、一日の締めくくりとなる夕食時間は、一度見直してみる必要がありそうです。 なぜ遅い時間帯に夕食を取ってはいけないのか? 明らかに体に起こること 「遅い時間帯に食事をするのは健康に悪い」というイメージは多くの人の共通認識だと思います。 では具体的にどう体に悪いのでしょうか? 何よりも言える明らかなことは、寝る直前はどうしても「エネルギーの消費が減る時間帯である」ということです。 せっかく食事をとっても、ただ眠るだけなので、食べた分のエネルギーは活動源として使われる分が少なくなります。 使われなかった余剰分は脂肪として蓄積されやすくなります。 「寝る前に食べると太る」とダイエットに励む人たちが夜食や夕食時間を気にするのは当然です。 そして脂肪が蓄積されることで起こるのは、見た目の問題だけではありません。 「生活習慣病」のリスクが上がります。 つまり、糖尿病や心臓病、脳卒中、様々ながんなどの病気リスクが、遅い時間帯の食事によって軒並み上がってしまうということです。 慢性的に食事時間が遅い人は、体形の心配だけでなく、長期的な健康についても注意する必要があります。 理想的な夕食の時間帯・タイミング では夕食は何時に食べるのが理想的なのでしょうか? 以前は「18時」「できれば19時までに」といった「理想の夕食時間」が挙げられたこともありましたが、個々人で生活リズムは異なるため、現実的ではないでしょう。 一概に時刻で考えるのではなく、「就寝の2時間前までには食事が終わっていることが望ましい」と、時間帯で考えるのがよいと思います。 しかし、これでも会社員の方は難しいこともあるかもしれません。 仮に帰宅が22時を過ぎる生活をしている場合、そこから食事をして食後2時間起きていたら、就寝は24時を軽く回ってしまいます。 翌日の出勤時間を考えると、どうしても削られてしまうのは睡眠時間です。 食後の時間を空けるべきか、睡眠の時間を確保するべきか、はどちらも難しい問題です。 仕事のパフォーマンスや長期的な睡眠不足による健康へのデメリットを考えると、食後にしっかり2時間空けることなどは考えずに、睡眠時間の確保も大切にすべきではないかと思う部分もあります。 ベストな状態を守り続けるのが難しい場合は、少しでもよい状態を目指して、バランスをとっていくことが大切です。 夜遅くの晩御飯になりそう日は「夕食2分割」も効果的 夕食の時間帯がどうしても守れない人は、まずは生活リズムを整えることを意識してみましょう。 先ほどは時刻にこだわる必要がないと解説しましたが、あまりに食事時間がバラバラな場合は、朝・昼・夕食の大体の時間を自分の中で決めて、なるべく一定になるように揃えるだけでも、かなり効果的です(忙しい人は、これがなかなか難しいのですけれど……)。 それでもどうしても夕食を食べるのが遅くなってしまいそうな場合、夕食を2分割しましょう。 残業や夜の予定が始まる前に、おにぎりなどのカロリーのあるものを先に食べてしまうのです。 就寝前は野菜など、カロリーが少ない割にお腹にたまるものを少しつまむ程度にするという方法もあります。 自分自身の生活で無理なく続けられる健康的な食生活を送れるよう、ぜひ工夫してみてください。

次の

【逆流性食道炎の症例】食べてすぐ寝転ぶ……こみ上げる胃液でのどが痛い|Open Doctors[オープンドクターズ]

食べ た あと すぐ 寝る

こんにちは、内科のららぽーと横浜クリニックです。 皆さんは食べた後すぐ寝ないように…とお医者さんに言われたことはないですか?そもそも何故そんな風に言われるのか、具体的な理由知っていますか? 今回はそんな「どうして食べたらすぐ寝てはいけないのか」を簡単にお話ししたいと思います。 特に、 もともと逆流性食道炎の症状を持つ人は食後すぐに寝ると食道炎が悪化してしまうばかりか、「食道癌」になるリスクも高くなってしまいます。 食後2~3時間は横にならないように心がけましょう。 そのため、 胃腸の血液の流れは増えますが、 大脳の血液の量は減り脳は活動を休めてしまいます。 その為、 食後すぐに寝てしまうと脳が血液不足に陥り、脳卒中を起こすリスクが高まります。 (食後にすぐに寝てしまう人は夕食後から睡眠まで1時間以上空ける人に比べて脳卒中のリスクが66%も高くなります。 ) 食後は30分程度の休息をとり、散歩などの軽い運動を行ってから寝るといいとされています。 そのため、 夜に摂取した食事はエネルギーになりにくく、脂肪として蓄積されやすいのです。 結果、 夕食直後に眠るのは肥満のもとになってしまいます。 就寝時間の3時間前までに夕食を済ませるのがオススメですよ。 そのため、 食後すぐの時間はまだまだ消化中…ということになります。 胃腸が活動を行っているということは、脳は睡眠をしていても、臓器は寝ていないという状態になってしまうので、この状態では、寝ていても疲れがとれないばかりか、 胃腸に負担をかけてしまうことで良質な睡眠がとれなくなってしまいます。 こうしたデメリットを避けるためにも、食べた2~3時間は睡眠をとらないように心がけて生活をするとよいでしょう。 と、お話をしてきましたが、実は寝方によっては横になった方が身体にいいともいわれているんです。 次回は今回とは逆のテーマ「食べた後すぐに横になった方がいい理由」をお話ししたいと思います。

次の