古賀 葵。 古賀葵が鬼滅の刃に出演?高校や名義は?ポン酢が好き?

古賀葵

古賀 葵

MBSやTOKYO MXなどで放送中のアニメ『かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~』。 天才が集う学園を舞台に、生徒会で出会った副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行が、恋愛における駆け引きを頭脳戦として描いたラブコメで、「告白したら負け」とプライドが高くて素直になれない2人の姿が人気だ。 その主人公・かぐや役を『声優アワード』主演女優賞を先日受賞した古賀葵(26)が担当している。 「人生が変わった」と語る彼女に、第1期(2019年1月)放送前のインタビュー時から周囲の目や環境が変わった今、作品に対する思いや今後の個人としての目標を語ってもらった。 コロナ禍のなか無事に放送をスタートした第2期は、ABEMAの4月期新作アニメ第1話を集計対象にした「初速ランキング」累計視聴数部門、コメント数部門ともに1位に輝くなど、アニメファンの間で「今期の覇権アニメ」と言われている。 第1期・第2期ともに注目されたが、今の心境はどうだろうか。 「第1期の1話が放送される時も、ガッチガチに緊張していたのですが、それとはまた少し違う緊張感で、『2期も皆さんに楽しんでもらえるかな…もらえますように…!! 』と願う様な気持ちでした。 放送されてから反響がすごくて、うれしい気持ちと、これからもっともっと盛り上がっていくから『お楽しみに!』という気持ちでいっぱいです」と好評を得たこともあって緊張感が増したと話す。 かぐやと白銀2人の恋愛の駆け引きをメインに描いているが、藤原書記のラーメン回など、恋愛に関係ない物語も面白い作品となっている同作品。 個人的に今後「もっと見たい」キャラやエピソード、また、胸キュンしたストーリーを聞いてみた。 「ラーメン四天王の回!! 見たいです!(笑)キャスト陣でも人気が高くて、話題になりますね。 単行本で読み進めている方は、本当に気になるところで終わっていますよね。 先が気になるよ…赤坂アカ先生…!! 」とあふれる作品愛。 「第1期の胸キュン…たくさんあるのですが、やっぱり花火回が堪らないですね。 キュンじゃなくてギュン!! みたいな(笑)」と興奮気味に語り「今まで自ら希望を持つことがなかったかぐやが、生徒会メンバーとの出会いによって、自分の気持ちを頑張って出せた、そしてそれをまた全力で叶えようとする会長、藤原さん、石上くん…本当に思い出しただけで泣けますね。 最高でした」としみじみと振り返った。

次の

古賀葵とは (コガアオイとは) [単語記事]

古賀 葵

MBSやTOKYO MXなどで放送中のアニメ『かぐや様は告らせたい?〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』。 天才が集う学園を舞台に、生徒会で出会った副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行が、恋愛における駆け引きを頭脳戦として描いたラブコメで、「告白したら負け」とプライドが高くて素直になれない2人の姿が人気だ。 その主人公・かぐや役を『声優アワード』主演女優賞を先日受賞した(26)が担当している。 「人生が変わった」と語る彼女に、第1期(2019年1月)放送前のインタビュー時から周囲の目や環境が変わった今、作品に対する思いや今後の個人としての目標を語ってもらった。 コロナ禍のなか無事に放送をスタートした第2期は、ABEMAの4月期新作アニメ第1話を集計対象にした「初速ランキング」累計視聴数部門、コメント数部門ともに1位に輝くなど、アニメファンの間で「今期の覇権アニメ」と言われている。 第1期・第2期ともに注目されたが、今の心境はどうだろうか。 「第1期の1話が放送される時も、ガッチガチに緊張していたのですが、それとはまた少し違う緊張感で、『2期も皆さんに楽しんでもらえるかな…もらえますように…!! 』と願う様な気持ちでした。 放送されてから反響がすごくて、うれしい気持ちと、これからもっともっと盛り上がっていくから『お楽しみに!』という気持ちでいっぱいです」と好評を得たこともあって緊張感が増したと話す。 かぐやと白銀2人の恋愛の駆け引きをメインに描いているが、藤原書記のラーメン回など、恋愛に関係ない物語も面白い作品となっている同作品。 個人的に今後「もっと見たい」キャラやエピソード、また、胸キュンしたストーリーを聞いてみた。 「ラーメン四天王の回!! 見たいです!(笑)キャスト陣でも人気が高くて、話題になりますね。 単行本で読み進めている方は、本当に気になるところで終わっていますよね。 先が気になるよ…赤坂アカ先生…!! 」とあふれる作品愛。 「第1期の胸キュン…たくさんあるのですが、やっぱり花火回が堪らないですね。 キュンじゃなくてギュン!! みたいな(笑)」と興奮気味に語り「今まで自ら希望を持つことがなかったかぐやが、生徒会メンバーとの出会いによって、自分の気持ちを頑張って出せた、そしてそれをまた全力で叶えようとする会長、藤原さん、石上くん…本当に思い出しただけで泣けますね。 最高でした」としみじみと振り返った。 「普段大人びていて、クールなイメージがある伊井野ミコ役の富田美憂ちゃんが、私と藤原千花役の小原好美さんがお話しているところに、ちょこちょこっと小走りで来てくれたりとか、一緒に賑やかに笑ってくれていたりするのを見ると、第2期から参加することもあって『慣れてくれてよかった…! お可愛いなあもう!』と思います。 めちゃくちゃ癒されますし、あと、個人的に美憂ちゃんの瞳がすごく好きです(笑)」とポロリと富田に告白し赤面。 かぐや役の古賀は会長・白銀より、富田にぞっこん?なようだ。 生徒会メンバーとの会話のキャッチボールで視聴者を笑わせたり、思わず顔がニヤけるほどの恋愛の駆け引きを繰り広げているが、役作りはどのようにしているのか。 主人公ということもあって1人で語る場面が多く、喜怒哀楽の切り替えが忙しい役柄。 個人的に第1期に比べて演技が「弾けてる」と感じたことを伝えた上で、役に慣れたのか聞いてみた。 「応援してくださる皆さまのおかげで非常に盛り上がったので、第2期も絶対にそれに負けないように盛り上げるぞ!という気持ちが強かったです。 それはキャスト、スタッフ、それぞれが何か想いを持って2期に取り組んでいるんだなというのが、収録している間もすごく感じられました。 それが相乗効果となって、ものすごいパワーになっているんだと思います」と周囲の熱量を感じ自然と力が入るという。 ほかキャラクターとの会話劇は「集団コントのようだ」とファンの間でも言われている。 キャスト同士のやりとりで気を付けたことは「モノローグのセリフは自分の言葉になるように、もうひたすらに何回も読むのですが、かけ合いのセリフは、一人で練習している時よりも現場で皆さんのお芝居を聞きながらやる方がやっぱり気持ちも熱も上がりますね」と説明。 「1期でも、一緒にお芝居をしてきているので、想像はできるのですが、皆さんそれを遥かに超えてきたり、『そっちか!! 』って急に方向転換したり、リアルで大きなリアクションになって、お芝居ができているんじゃないかと思います。 皆さん本当にすごいんです。 ついて行くのに必死です(笑)」と出し惜しみしない演技の追求に慣れはないと教えてくれた。 そこでは、「来年(2019年)は絶対、主演作品を射止めたい!」と話していた。 「この作品、かぐやという役に出会ってからは、見える世界がすごく広がりました。 感謝してもしきれないくらいです。 イベントでいろんな地方に行かせてもらい、なかなかお会いできないファンの方々と交流したり、実写映画に主演の橋本環奈さんと共演させていただいたり…今まで経験したことがないことをたくさん経験させていただきました。 すてきな作品、温かいファンの皆さんには本当に感謝しています。 もっともっと、恩返しができるように、頑張っていきます…!」と成長させてくれたスタッフやファンに感謝。 以前のインタビューでは「昨年(2018年)は多くのアニメ作品に出演することができ、現場で先輩方の演技を見る機会が多くたくさん学ぶことができました。 そんな彼女は今年3月、毎年恒例『声優アワード』の主演女優賞を受賞。 初主演作品となった『かぐや様』について「私にとって見える世界を180度変えてくれた、いろんな景色を見せてくれた大切な作品」と感謝の気持ちを述べていた。 声優として、これ以上ない喜びを感じている今、これから個人として目指すものは一体なにか。 「賞を受賞させていただけたのも、決して私1人の力ではなく、本当にこの『かぐや様』という作品、関わってくださった皆様のおかげで、人生を変えてくれたと言っても過言ではありません。 これからもすべての方々に、感謝を忘れず、まだまだやりたいこと、挑戦したいことがたくさんあるので、臆さず、それを一つ一つ叶えていける様に、精一杯頑張ります。 これからも、見守っていただけるとうれしいです」。 念願の主演作を得たが、現状に満足せず、今後も挑戦者でありたいと飛躍を誓った。 演じているかぐやは、人を寄せ付けない人格「氷のかぐや」、知能レベルが低下した「アホかぐや」などさまざまな顔を見せる。 古賀は別作品ですでに主演作が決まっており、かぐやの多彩な表情を糧に、今後どんな一面を見せてくれるのか楽しみだ。

次の

古賀葵は僕っ子?兄者呼びもかわいい!身長プロフィールも調査!【声優】

古賀 葵

ちゃろ~、おにじです。 今回は『語レ!』シリーズとして、主演女優賞を獲得した、さんの話をしましょうかねという。 いい加減ニコ生とかライブにしようよ、画質悪いのは苦しい。 過去記事はこれ。 彼女が獲ったことは本当に喜ばしいし、振り返りでも書いたけど、個人的には 『勝った!』という気持ちが強い。 彼女の能力については、素人ながら目覚ましいものを昔から感じていたので、本当に嬉しい。 別にってそんなに価値があるか?と言われれば正直簡単に頷くことは出来ない過去が多く転がっていますが、とは言え一応大衆に向けての賞としては大きなモノではあり、ちゃんとしてくれないかなあという気持ちはあったわけで、やっぱりこういうちゃんとした声優の受賞は嬉しい所。 ちゃんとした声優の受賞は、今後のに向けても大事。 取って欲しい人が取る年って存在するんだね。 のシリーズである、なりあがーるずで始めてみた、というかなんだかんだダテコーの系統はそれなりに面白いよね、振り幅が大きくなるからそこが問題ではあるんだけど(そういう話をする回じゃない) 『みならいディーバ』に続く生放送でやっていたので、gdgdになる事も多かったですが…というか古賀さんの下限はもうこの時点でバレてた気がする…( というかこの声優陣… 、、って、割と今皆頑張ってるんだよなあ…ダテコーは先見の明だった…? 筆者的には「ま~たダテコーが変なことしてる…」程度でそんな真剣に見てたわけじゃなかったなあという感じです。 『違い』を感じた天使の3P 2017年に、『』を書いた原作の『天使の3P』の金城そら役を演じた。 この役で、古賀さんのポテンシャルと、演技力の高さを感じることが出来た。 この時のメインヒロインキャラは、遠藤ゆりか、というメンツで、こちらも良い若手が揃っていましたね… (遠藤ゆりかの引退は今でも声優界を半歩程度には後退させた悲しき事態(誇張表現)でしたが…) さんの演技の強さを感じさせた…と書いたが、このそらというキャラ(もう口癖で"はむ"としか覚えてない気もするが。 このキャターが どちらかと言えばダウナー傾向にある事が、まず1つのポイントだ。 ブログでもでも散々個人的見解は述べ続けているが、ダウナー系のキャターというのは、大げさに言えば 『声優という職業であれば誰でも出来る』役であると言い続けている。 めちゃくちゃ失礼な物言いだが、これは 『声優によっての差が他の役柄よりも非常に出にくい役柄』であるからだ。 簡単に言えば、感情の表現をあまり使わず、ボソボソと喋る役と言えてしまう。 声優側のスキルが使いにくい役で、誰がやってもそんなに変わらないのだ。 普通は。 しかし、こういう役柄は『秀でた声優』を探すにも最適だと思う。 こういう役が、感情を出す場面というのは非常に重要な場面が多い。 そのため、こういう役が感情を出す時の出し方というのは、うまい声優しか上手く出来ないのである。 もちろん、そういう声優は端々の演技で違いを見せられるが、一番わかり易い所はここだ。 そう、ココがさんはめちゃくちゃ良かった。 もうこの時からうおおおお!ってなるくらいには良かった。 はむのさんの演技が素晴らしかったです。 これは本当に凄い。 泣き演技自体のレベルがそもそも高すぎる上で、もう細かいことは言っても分からないだろうし一箇所だけ。 「響にー。 私もぞみたんに本当の気持ち言ってもいいの?もう泣くの…我慢しなくていいの?」 が良過ぎたんですよね、 普通の状態からの崩れていく過程、及び崩れた後の泣き方。 特に、 「もう泣くの…我慢しなくていいの?」 の声の上ずり方がとんでもなくリアルというか、心にぶっ刺さってくる。 あっ、この人マジモンでポテンシャルがあるし、この時点でめちゃくちゃ上手い。 しかもこういう役柄でここまで刺さる演技が出来るのは相当上手くないと出来ることじゃない… このさんは81の未来を担う有能側だなと、まぁさんの次くらいに波が来ればいいな…と当時思いましたね。 それくらいこの演技は今までは生放送と10分程度ミニアニメ程度で、30分アニメ初メイン役としてはかなりレベルの高い演技だった訳で。 コイツは売れる!というか81さんちゃんと売らなきゃいかんて!となったのがこの時。 この年、の何周年作品で『』が、81の演技有能側、さんとさんが主演で放送されたが、見事に爆死をした。 モタスポ民でもそんなに触れることがない、レーシングを題材としたもので、割と気になった作品だった(古賀田中だったし)が、アレ本当にレーシングである必要あったんだろうか。 びっくりするくらい円盤が売れていなかった。 この後、2018年はメイン役が存在せず、81はもうはしごを外したのか?と心配になった。 彼女の能力は、含めもう証明されつつあった、演技能力は高い。 後は、それを活かすキャターと、多くの人の目に留まる代表作の存在だけだった。 それが、2019年にやってきた。 簡単に言えばそれだけの話だったのだ。 待っていた代表作、アニメ放送までの過程を知るべき? 『~天才たちの戦~』は、見事に売れた。 ジャンプ系アニメという方向性での不安を放映時は見事に吹き飛ばして、売れた。 それくらい面白いアニメに仕上がっていたと思う。 それは、声優等に左右されることなく、キャターとのマッチングを優先したと思われる声優配置が功を奏し、キャターが凄く活きていたという点はやはり捨て置けない。 が、とりあえず2018年10月のディザーPVを見て欲しい。 びっくりするくらいには声が違う。 両方とも高いのだ。 はっきり言って、このまま言ってたらかぐや様自体の人気も、古賀、古川のアワード受賞もなかったと思う。 コメント欄では当時の若干の不満が色濃く残っている。 で、一ヶ月後のPV1。 そんでPV2。 確実に下がった。 この采配は確実に当たった。 これによって、今のかぐや様があると思う。 声優側のアジャスト能力と、スタッフ側の方向性…この辺りを含めてのかぐや様というアニメの成功だった気が勝手にしてしまうほどの変更っぷり。 これが主演女優賞のピースの一つになったと思います。 かぐや様は、古賀さんの感情表現の上手さを引き出してくれた かぐや様というキャター性は、優等生という方向性が壊れていく事にもあると思います。 真面目にアホなことを考えたり、藤原とかへの掌返し、幼児化、氷のかぐや… 様々なシーンに置いて多くのキャター性を同じキャラで演じる必要性があるのが、四宮かぐやというキャターだったと思います。 そういった面で、非常に恵まれた環境がついに用意された感じではありました。 もう技量に関しては十分だったので、ここで弾けたのは必然だし、これだけ多くのキャター性を持ったキャラをこのレベルで演じた…という時点で主演女優賞は取るべくして獲った賞だと思います。 一話だけでも、もう良かったですもん。 あのキャターが『たこさんウインナー…実在していたの?』っていうだけで面白いのに、あの子供に帰ったかのようなセリフは素晴らしい。 あとやっぱり『ちんちん回』も抑えておきたい。 これは藤原(小原さん)含めての演技レベルの高さを感じました。 あれだけ吹いて、笑える…あのレベルで出来る声優は普通に感心しちゃうし、クッソ面白い話になりました。 崩す所の崩し方が上手い。 それでいてしっかりした所でのキリッとしたかぐやもしっかり行える。 一番崩れた熱を出して幼児化するかぐやは、かぐやの成分を限りなく下げながらも、それは『壊れているかぐや』である事を残した上で、子供のように崩れたかぐやを演じたというのは、めちゃくちゃ複雑で凄いことをしているな…という感想です。 あの幼い演技はレベル高い…年末のでもやったのはココでしたね。 こう来るべきタイミングで来たなと。 やっと順番が回ってきたなという感想ですよね。 技量に関して、かなりフルに出せる役柄で、跳ねたアニメ…アニメのパワーも勿論ですが、そこに古賀さん自身の演技が積み上がったと言いますか… こう実力がある人がしっかり評価されるのって嬉しいんだなって思いました。 あれだけの感情表現に秀でた上で、はまり役を獲得して、跳ねて、それを評価される… これほど健全で妥当なことはないだろうと。 を81枠と言うのは無理がある 81枠が常に存在するにとって、の受賞を、81枠だ。 と言いたい気持ちはわかります。 昨年のは悪いけどあんなの81枠だよって思ってるし、ある程度健全方向に進みつつはありますが、までは81とアイム等、系が強い印象があります。 その点、81であるの受賞は時期尚早ではないだろうか?という声が聞かれるのは、 この賞がどれだけ腐っているかの象徴なので、今後のでもできるだけ健全方向に行くことを願うとして。 さんの受賞自体に関しては、ゴリ押しというのはそれなりに酷だと感じます。 まず、『かぐや様』自体のコンテンツの跳ね方は大きな物であった事に間違いなく、2019年という期間において、5本の指に入る程度の人気になった時点で、この作品を軸とした受賞はなんらおかしなことではないはずです。 2019年は『』が一番跳ねた年ではありましたが、主演女優賞に適するキャターは存在しなかったのではないでしょうか。 ここで、さんの名前を出すのですが、そもそもアレは主演ではないだろうし、正直言って『唸ってるだけで主演も助演も取られたらたまったもんじゃない』というのが正直な感想です。 この一年、確実に推されていた声優の一人であることは間違いないし、多くの話題作品に出演した彼女ですが、演技において違いを見せたのは、であり、種﨑敦美であって、ではなかったと思っています。 それでいて、側の演技能力は、『かぐや様』によって多くの引き出しと能力を見せてくれました。 アレだけの能力があれば、文句なしと言っていいと思います。 …まぁそういう適切な評価を今までがしてきていれば、こうやってはっきり言えるのだけど。 は、3年前くらいまで特に顕著だった81アイム忖度アワードの負債を今も抱えている現状言われるのは仕方がないとは思います。 ただ、個人的にはそれだけの技量を見せたさんが適正だと思うし、さんの選択肢はないと思いたいです。 (まちカドで小原さんに大差をつけられなければなあ…と思いつつ、あの役でそれをやれってのは酷だよなとは思う、頑張れ鬼頭さん、あなたはいつかちゃんと取れる声優だとまだ筆者は信じているよ) 個人的な感想を言えば、大方鬼頭、又は森の可能性まで考慮した主演賞でここまで嬉しい名前を聞くことになるとは思わなかったので、死ぬほど嬉しい。 実力は元々からあったので、それが大きく出て、受賞される…昨年の活躍で取るべくして獲った事が嬉しい。 心配した時もありましたが、ここまで来たかと。 かぐや様の2期とプリプリ最終章的なやつのさんを引き継いでのセンター、本当に期待しています。 多くの作品に出て、若干居る不満勢を黙らせてくれる事を願います。 もうその能力はあなたは持っているはず…!! oniji.

次の