ゾンビ の 中心 で 愛 を 叫ぶ。 ゾンビの中心で、愛をさけぶ : 作品情報

ゾンビの中心で、愛をさけぶ : 作品情報

ゾンビ の 中心 で 愛 を 叫ぶ

カレンとジョンの夫婦は、別れる寸前だった。 ある日、人間がソンビ化する疫病が広がり、街はゾンビであふれかえる。 二人は感染を避けるためにマンションの部屋に閉じこもって救助を待つが、ゾンビ以外にも食糧狙いの強盗や怪しげな生存者たちまで現れる。 二人の仲は、思いがけないサバイバル生活で回復しようとしていた。 シネマトゥデイより。 あらすじ微妙に間違ってる気がするゾンビもの。 ホラーというほど怖くないし、コメディというほど笑えない。 じゃあ、ジャンルは何かと言ったら、 ゾンビ世界でのラブストーリー。 ただ、本音を言えば、タイトルとあらすじを軽く読んだ感じだと、【ショーン・オブ・ザ・デッド】と同じ方向性だと思って観たので残念な印象。 いまにも別れそうな警官のカレンと教師のジョンの夫婦がいて、飛行機が911ばりにビルに突っ込んだと思ったら、ゾンビが発生。 状況がわからず、自宅マンションに立てこもるんですが、テレビやラジオのニュースでは、外には出ずに窓に印を書いて、救助を待つように伝えるばかり。 救助はなかなか来ないまま、元々立てこもる予定なんてあるはずもなく、すぐに食料が尽きてしまいます。 ふたりはマンションの他の部屋から食料や家具等を拝借したり、ドラッグで燃え上がったりしながら、なんとか生き延びていくんですが、生き残っていた老夫婦が助けを求めて来訪。 その老夫婦の部屋から色々くすねているんですが、当の家にはゾンビがいたらしく、バレてない様子。 ただ、カレンと老夫婦の妻の方は普段から相手をよく思っていなかったらしく、お互いの排除を狙い出します。 このくだりがブラックコメディチックではあるんですが、いまいち盛り上がらない。 テレビのニュースは早い段階で止まっているんですが、やがてラジオのニュースも流れなくなり、絶望的な雰囲気になっていきます。 正直、観ている側としては避難しないで救援を待つように伝えるだけのニュースなので、助けになんてくる気がなくって、印も生存者を殺すための目印なんじゃと疑い始めるレベル。 そんな中、3人の武装グループが現われるんですが、ただの強盗。 明かりが見えたから生存者がいると思ってやってきたと言いますが、このマンションはあちこちにゾンビがいるのに、どうやって部屋まで来たのか不思議でたまりません。 そんな実力があるなら、普通に生存者のいない商店を襲えると思うんですけどね。 とはいえ、その出来事のおかげでカレンとジョンの気持ちはすっかり燃え上がり、再びドラッグなしでも愛しあうようになっていきます。 しかし、相変わらず救助は来ず、食料の尽きていき、絶望の中、さらなる悲劇がふたりを襲うという展開。 前半のブラック気味のコメディがもっと突き抜けてれば、対比が楽しめたかもしれませんが、ボンヤリした感じだったため、後半のふたりの展開が際立たなかった印象。 それを踏まえても、後半のラブストーリー部分は良かったと思います。 とりあえず、この内容で邦題をこんなのにしたのは酷いだろって思ったら、原題が【ZOO】でもっとどうしようもなかった。

次の

映画『ゾンビの中心で、愛をさけぶ』フル動画を無料視聴!夫婦の愛はゾンビによって取り戻される?|Force Cinema

ゾンビ の 中心 で 愛 を 叫ぶ

カレンとジョンの結婚生活は崩壊寸前。 一緒にいても刺激もなく、生ける屍のような暮らし。 ある日、人々がゾンビ化する伝染病が発生し、外では感染がみるみる拡大。 ふたりは感染しないようマンションの部屋に閉じこもり、救助を待つことに。 しかし、状況が悪化する中、ゾンビだけじゃなく、食料を狙った強盗や怪しい生存者たちがふたりに襲いかかる。 突如訪れたサバイバル生活に刺激され、ふたりの愛は再燃し始める。 人生でワースト1の映画が「タイタニック」と断言できるぐらい。 そのうえジャンルとしての「ゾンビ映画」もさほど好きではありません。 が、そんな人間でも思わずレジに持って行ってしまうこの腐れ邦題… 正直嫌いではないです。 お前のような奴がいるからこの手のクソ邦題が後を絶たないんだよ!と罵られてもしょうがないけど、だからと言ってこれを無視するわけにもいかないでしょう。 原題の「Zoo」も別に良いタイトルとは思えんし。 「いま、会いにゆきます」に対する 「いま、殺りにゆきます」、 「世界の中心で愛を叫ぶ」に対する 「ゾンビの中心で愛を叫ぶ」。 まあ 「いま、殺りにゆきます」とは違って、世界だろうとゾンビだろうと本作が夫婦の愛を描いた映画であることには変わりありません。 ゾンビというものはサメやワニなんかと違って昔からゾンビそのものが主題なのではなく、ゾンビを用いて他の何かを浮き彫りにしたり風刺したり皮肉ってみたりする演出小道具のようなものに過ぎないのです。 私がサメ映画やワニ映画ほどゾンビ映画に惹かれない理由はそこら辺にあるような気もします。 後で気づいたんですが、本作の宣伝文句は相当ひどくて、 「ゾンビ映画なのにオシャレ!?」 「ゾンビ映画なのに胸キュン!?」 などと、さぶいぼが出そうな言語センス。 先にこれを見ていたら絶対借りなかった。 オシャレで胸キュンなゾンビなんか見たくないよ。 でも最近そういうオシャンティーなのがゾンビ映画界では流行っているらしいですね。 「アナと世界の終わり」だとか 「高慢と偏見とゾンビ」だとか… そういう今風でシャレオツなゾンビ映画を好んで借りてるサブカル系人種にはオラフ・イッテンバッハの 「新ゾンビ」を見せてやりてえ。 あれDVD化されてないんですよね。 される必要もないけど。 ハナクソを飛ばすシーンが汚すぎてトラウマなんです。 ゾンビってのはさあ…ルチオ・フルチの 「サンゲリア」みたいなものであるべきなんですよ。 ああいう汚物と臓物にまみれた殺戮の終末世界で目玉を貫かれながら愛を語れるものなら語ってみるがよろしい。 それぐらいやってくれれば私にも愛の尊さの何たるかが伝わるかもしれません。 しかし、本作にはゾンビはほぼ出てきません。 出演時間1分未満。 舞台はマンションの1室だけでそこに籠っていれば安心安全、実に小綺麗な世界です。 これはもうサメが出てこないサメ映画みたいになっちゃってる。 マンションに閉じ込められた離婚寸前の夫婦が、他にやることもないから何となく愛を再燃させてるだけにしか見えない。 勝手にやってくれって感じです。 転がり込んできた隣人との嫌味バトルはちょっと面白かったけどあまり意味のないパートだったような。 原題の「Zoo」はこの夫婦を動物園のゴリラでも眺めるような感覚で観ろっていう意味なんですかね? まあ、愛とか恋とかがテーマの映画が好きな人なら楽しめるのかもしれませんが、私にはちょっと難しかったです。

次の

【映画】ゾンビの中心で愛を叫ぶ(カリコレ2019)

ゾンビ の 中心 で 愛 を 叫ぶ

タグ C級以下 リベンジ バイオレンス映画 パニック パニック映画 パロディ ブラックジョーク ホラー ホラー映画 マンガ原作 マーベル モンスター リメイク ハーシェル ゴードン ルイス ループもの 下品 呪い 実在の事件 拷問 理不尽 考えさせられる 胸糞 良作 解説・考察 バイオレンス ネットフリックス SF コラム おすすめ映画 どんでん返し ほっこり アイドル映画 アクション映画 アルバトロス アレクサンドル・アジャ イーライ・ロス グロ コメディ映画 サイコパス デスゲーム サスペンス映画 サム・ライミ シッチェス映画祭 シャマラン シリーズ スティーブンキング スプラッタ スプラッター映画 スラッシャー映画 スリラー映画 ゾンビ 食人族 あらすじ カレンとジョンは離婚寸前の夫婦。 カレンは過去に死産で子供を失って、それ以来自身も妊娠できない身体になってしまい、夫婦仲もギクシャクするようになりました。 ある日、ゾンビウィルスが蔓延し、彼らは運命共同体として、マンションの自室に閉じこもることになります。 食料を確保し、救助を待つまでの時間、二人は初めはぎくしゃくしていましたが、カレンは我慢することをやめ、昼間からワインを飲み、自身が押収保管庫から盗んできたドラッグをやりはじめます。 ジョンもたまらずドラッグをやります。 ドラッグでハイになった二人はこのまま助けを待っているだけではダメだと思い、自分の身は自分たちで守るため身体を鍛えはじめます。 そんな日々を続けていくうちに二人は失った夫婦関係を取り戻していきます。 ある日、二人の部屋にマンションの住人が訪ねてきます。 ジョンたちは彼らを招き入れますが、数少ない食料を分け与えたくなく、二人を追い出そうと策略を考えます。 映画ネタバレ感想 感想レビューのところでも触れましたが、とても面白い作品です。 ゾンビものはパニックものが主流であくまで個人が生き残りをかけるサバイバルものが多いですが、この映画の二人ジョンとカレンはサバイバルらしくないサバイバルを繰り広げます。 ゾンビ映画?恋愛映画? 通常ゾンビ映画というのは一つの場所にとどまることをしません。 災害時を含めて、ゾンビの世界でも基本的には動かないで安全な場所で救助を待つのが一番生存率が高そうですが、映画では生存率が高いシナリオでは盛り上がりに欠けるからです。 ですので通常は、街を移動したり、車に乗ったり、時にはショッピングモールにいったりと活発に活動して、無事? ゾンビに襲われるというのが王道なのです。 この映画の二人ジョンとカレンは部屋から動きません。 もちろん結果的に場面も動かず、状況も動かず、ゾンビの脅威にさらされるのは本編でも数回しかありません。 動くのは場面ではなく、二人の心の関係です。 この映画はゾンビ映画というよりは恋愛映画に近いものと言えます。 ゾンビの恋愛ものというと、ウォームボディーズがありますが、やはりゾンビと人間の恋愛ものはどちらかというと(笑)か(苦笑)なわけですのでこういうゾンビ環境下での恋愛映画というのも視点がとても面白いです。 二人の夜の営み 通常夫婦の仲というのは結婚とともに冷めていくもので、夜の営みを持つのは大半が子作りのためです。 ここで興味深いのは、子供が産めない身体になってしまったジョンとカレンにとって夜の営みは真の恋愛行為だったということです。 夫婦関係の改善というお題目の中で夜の営みが出てくるのは当然のように思いますが、これは結構うまいことできてるなと思った部分です。 むしろゾンビの蔓延する世界で子供を産むこと自体危険だと思いますので、子供が産めない身体になったカレンには結果的にプラスに働いたことだったとも考えられますね。 ラスト結末の評価 いいですよね、ラスト。 どうオチるのかなと楽しみにしていましたが、想定通りの納得の終わり方です。 これしかないですよね。 ジョンはやっぱりカレンを殺せなかった、むしろカレンのいない生活なんてありえないジョンは自らもゾンビになり、カレンと一緒にいることを選択したのです。 まさに我が人生に一遍の悔いなし、という感じでジョンもカレンも幸せだったと思いますね。 やはりそう考えると映画ミストのようなバッドエンドはやはりよくないな、と感じました。 最後に 見やすい映画で、ゾンビもののあたり映画と言っていいのではないでしょうか?タイトルで地雷臭がしてしまうのは少し損しています。 タイトルで地雷と言えばこちらのも危険な香りがしますが、見てみると大分まともなゾンビ映画なのでお薦めです。

次の