過去 の ツイート 削除。 過去の投稿を消したい!twitterツイート削除する簡単な方法

Twitter過去ツイートをまとめて一括削除するやり方(応用編)

過去 の ツイート 削除

複数のツイートを削除する方法• ツイートを一括削除することはできません。 複数のツイートを削除する場合は、1つ1つ手動で削除してください。 同じユーザー名でTwitterアカウントを新しく作り直したい場合、まず暫定的なユーザー名で別のアカウントを作成してから、今のアカウントと新しく作ったアカウントのユーザー名を入れ替える方法をおすすめします。 詳細については、に関するページをご覧ください。 削除したツイートはどうなるのか• ツイートを削除すると、そのツイートはあなたのアカウントやあなたをフォローしているアカウントのタイムラインのほか、twitter. com、Twitter for iOS、Twitter for AndroidのTwitter検索結果からも削除されます。 削除したツイートのリツイートも、twitter. com、Twitter for iOS、Twitter for Androidから削除されます。 ただし、他のアカウントがそのツイートの一部または全文をコピーして自身のツイートに貼り付けていた場合、そのアカウントのツイートは削除されません。 また、そのツイートを他のアカウントが自身のコメント付きでリツイートしていた場合、そのアカウントのツイートは削除されません。 ツイートはサードパーティーのウェブサイト、アプリケーション、または検索エンジンでキャッシュが表示されたり、コピーが投稿されていたりする場合があります。 twitter. com、Twitter for iOS、Twitter for Android上にないツイートは、Twitterからの操作では削除できません。

次の

Twitterアカウント&過去ツイートの消し方完全攻略!ついでに復活方法も

過去 の ツイート 削除

:フォロワーやユーザーネームを失うことなく、Twitterをゼロからスタートしたくはありませんか? そのような場合は、ツイートをすべて(あるいはほとんど)削除すると良いかもしれません。 Twitterを白紙の状態に戻して、再出発を望む理由はいくつかあるでしょう。 2006年に同プラットフォームが登場したときからツイートしてきたのであれば、過去のツイートはもう時代遅れの内容になってしまっているかもしれません。 周囲に影響を与えるようなツイートを発信するために、パーソナリティーのイメージチェンジをする必要があるかもしれません。 または、消しておいたほうが良い、恥ずかしいちょっとしたツイートがあるかもしれません。 理由が何であれ、私たちはその良しあしを判断せず、単純にお役に立ちたいと思っています。 免責事項:アプリはすべて実際に試した上で紹介していますが、ご自身のTwitterアカウントへアクセスさせるかどうかは、すべて、使用者が自己責任のもとに行ってください なお、削除したいツイート数が3200件未満であれば、処理は非常に簡単です。 それ以上ある場合は、多少手間がかかります。 その理由はTwitter側にあります。 Twitterが保存するデータとは? 一般的に、アクセスできるツイートは最新の3200件のみと認識されていますが、これは事実ではありません。 タイムラインに表示されるツイート数はTwitterにより制限されていますが、Twitterは2014年にこの制限を解除し、すべてのツイートを対象に検索できるようになりました。 5年前、自分がとても何かに興奮していると世間にツイートしたとしましょう。 Twitterによる制限があるため、サードパーティーのアプリで最新の3200件以前のツイートを検索することはできませんが、それが他人の目にふれる可能性は残ります。 削除されたツイートはどうなるのか? ツイートをまとめて削除すると、フィードに反映されるまで時間がかかる可能性があります。 これは、使用するアプリが、1時間当たりにTwitterに送信できるリクエスト数が限られているためです。 数千単位のツイートを削除する場合に、時間がかかるのは仕方がありません。 ただ、マニュアルで処理するよりは確実に良いはずです。 ツイートの削除について、。 ツイートを削除すると、そのツイートはあなたのアカウントと、あなたがフォローしている、すべてのアカウントのタイムラインから削除され、Twitterの検索結果にも含まれなくなります。 削除されたツイートのリツイートも、同様に削除されます。 ほかのユーザーがあなたのツイートを引用している場合(たとえば、あなたのテキストの一部または全部をコピー・アンド・ペーストで自分のツイートに貼り付けている場合)、それらのツイートは削除されません。 ほかのユーザーが、自分のコメントを添えてあなたのツイートをリツイートしている場合、そのユーザーのツイートが削除されることはありません。 ツイートがサードパーティーのウェブサイト、アプリ、検索エンジンでキャッシュされたり、されたりする場合があります。 Twitter上にないツイートは削除することはできません。 古いツイートの保存 一度ツイートの削除を指示すると、後戻りはできません。 削除されたツイートは戻すことはできません。 完全に削除してしまって良いか不安が残る場合、が可能です。 これらのファイルには、送信したすべてのツイートやリツイートが含まれています。 履歴をダウンロードするには、上部にある歯車アイコン>「設定」>ユーザー情報の順に移動します。 それから、ページの下のほうにある「全ツイート履歴をリクエストする」ボタンをクリックします。 しばらくすると、ツイート履歴をダウンロードできるリンクが記載されたメールが届きます。 そこへ飛んで、履歴をダウンロードしましょう。 ツイート履歴はZIP形式ファイルに、JSONまたはCSVフォーマットで保存されています。 HTMLファイルは、Twitterスタイルと同じですが、オフライン上ですべての履歴を検索することができます。 また、このデータはさまざまな方法で利用が可能です。 特定の日より前のツイートを削除するには すべてを白紙に戻すのはあまり気が進まないという場合は、特定の期日以前のツイートだけを削除するのが、合理的かもしれません。 これにぴったりのツールが「」です。 「Tweet Eraser」にサインインすると、日付、キーワード、あるいはハッシュタグでツイートをフィルターにかけることができます。 その後、削除したいツイートを個別に選択するか、検索パラメーターに合致するツイートすべてをワンクリックで選択することができます。 時間がかかる場合もありますが、焦らずに処理しましょう。 APIによる制限があるため、この処理の対象となるのは最新の3200ツイートのみです。 1年以上前のツイートの削除 「」は、ある期間を過ぎたツイートを、自動的に削除する無料のツールです。 削除される期間の選択肢は、現在以下の通りです。 ツイート後、1週間経過• ツイート後、2週間経過• ツイート後、1カ月経過• ツイート後、2カ月経過• ツイート後、6カ月経過• ツイート後、1年経過 こちらもまた、Twitterの制限があるため、対象となるのは最新の3200ツイートのみとなります。 スクリプトは定期的に実行され、設定した期間に新たに合致するツイートを見つけ、自動的に削除します。 もちろん、削除されたツイートを復元することはできません。 すべてのツイートを削除するには 思い切って、これまでに送信したすべてのツイートを削除したいのであれば、「」、または「」をお勧めします。 「TwitWipe」は、ツイート数が3200件未満の場合にお勧めしたいシンプルな無償ツールです。 ツイート数が3200件を超える場合は、無料のオープンソースツール、「Twitter Archive Eraser(TAE)」を使うと良いでしょう。 残念ながら、対応するOSはWindowsに限られます。 MacやLinuxに対応する同様のソリューションはまだ見つかっていません。 TAEでは、先ほどダウンロードしたツイート履歴を使います。 それには、各ツイートすべてに対応するツイートIDが含まれており、TAEはそれを利用して、制限があるためほかのアプリでは実現できなかった、すべてのツイートの検索を行います。 要するに、いくらでもツイートを削除できるということです。 常にアカウントを整理しておくには いったんTwitterアカウントを整理したら、その状態を保つようにしましょう。 すでに書いた通り、「TweetDelete」を使えば自動的に古いツイートを削除できます。 その他、Xpireというツールもお勧めです。 Xpireは、とに対応した無料アプリです。 主に、特定ツイートを簡単に削除したり、個々のツイート(およびFacebookの投稿)が一定期間後に「自動消去」されたりするように設定が可能です。 パソコンを使わずに、携帯電話からTwitterフィードをすっきりさせられます。 アカウントを削除しますか? ツイートは、削除されたあとも、法的理由で提示が必要となった場合に備え、Twitter側で記録が保持されます。 しかし、過去のツイートを削除すると、普通の人や詮索好きな雇用主、あるいはマスコミがそれらを検索することはできなくなります。 |MakeUseOf Rob Nightingale(訳:) Photo by Shutterstock.

次の

Twitter過去ツイートをまとめて一括削除するやり方(応用編)

過去 の ツイート 削除

2018年04月03日 08時00分 過去のTwitter投稿を自動で削除してくれる「TweetDelete」を使ってみた Twitterで過去にツイートした内容を削除しようとすると、1件ずつ手動で行う必要があります。 このため、過去にたくさんツイートした人が投稿内容をまとめて削除する場合、大変な作業になってしまいます。 「 TweetDelete」を利用すると、数日おきに投稿内容を確認し、指定した期間より前のツイートを自動的に削除してくれるとのことなので、実際に使ってみました。 Automatically delete your old tweets with TweetDelete. net TweetDeleteを使って、古いツイートを削除するため、約5年前の投稿を最後に更新していなかったTwitterアカウントを使って実験してみます。 まず、このアカウントで「テスト」とツイート。 次に、 にアクセスし、「I have read and agree to the TweetDelete terms」にチェックを入れ、「Sign in with Twitter」をクリックします。 Twitterの認証画面が表示されるので、「ユーザー名、またはメール」と「パスワード」にアカウント情報を入力し、「連携アプリを認証」をクリック。 すると、「自動的に『3か月』より前のツイートを削除」の画面が表示されます。 ここでプルダウンボックスをクリックすると、「1週間」「2週間」「1カ月」「2カ月」「3カ月」「半年」「1年」の7通りから期間を選択することができます。 今回は1年より前のツイートをすべて削除するため、「one year」をクリックします。 このとき、赤文字の「Delete all my existing tweets before activating this schedule」 このスケジュールを有効にする前に、全ツイートを削除する を有効にすると、全てのツイートが消えてしまうので注意。 次に「Activate TweetDelete」をクリックします。 すると「TweetDeleteが有効になり、365日より前のツイートを全て削除します」と表示されます。 TweetDeleteによる過去ツイートのチェックは数日おきに行われるそうですが、新しく有効にした場合は、1時間以内にチェックされ古い投稿が削除されるようです。 ここでテスト用のTwitterアカウントを確認したところ、有効にしてから1分ほどで、TweetDeleteを使う前につぶやいた新しい投稿以外、全てのツイートが削除されていました。 なお、過去ツイートを1回だけ削除したり、定期的な削除が不要な場合は「Turn off TweetDeleet or pick new settings 」をクリック。 すると、TweetDeleteの設定画面が表示され、削除機能が無効になります。 ここで右上にある「Sign out ユーザー名」をクリックすると…… TweetDeleteからログアウトすることができます。 なお、TweetDeleteには制限があるようで、削除可能なツイートは最新の3200件のみとのことです。 つまり、1カ月間で3200件以上ツイートするユーザーの場合、1カ月より前の投稿をTweetDeleteで削除しようとしても機能しないそうです。

次の