ヘルシーおやつ。 簡単・美味しい・ヘルシーおやつ

【みんなが作ってる】 ヘルシーおやつのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

ヘルシーおやつ

ミルクのコクとほろ苦カラメル「糖質を考えたプリンどら焼」 香ばしい全粒粉の生地になめらかなプリンとカラメルクリームをサンドしたプリンどら焼きは、ひとつでお腹も心も大満足のボリューミーな1品。 小麦粉と全粒粉のほか食物繊維をプラスすることで糖質を9. 3g(エリスリトールを除く)にまで抑え、ヘルシーに仕上げているのがポイント。 通常のスイーツと変わらない美味しさをめざして開発されたこちら。 プリンには低温殺菌した風味豊かな牛乳を使用し、銅釜で炊いたカスタードを加えてコク深い味わいに。 カラメルソースのほろ苦さが、甘味やコクをいっそう引き立てている。 ざくっとした全粒粉の食感がある生地、みずみずしいプリン、なめらかなクリームなど、さまざまな食感と味わいが重なり合う瞬間を楽しんで。 糖質をオフしながらも、しっかり乙女心をときめかせてくれるから、日々のおやつにはもちろんのことダイエット中のご褒美にもぴったり。 本格的な味わいのヘルシースイーツをいただいて、心地よい充実感に浸ってみてはいかが。 カカオが華やかに香る「オリゴスマートマイルドビターチョコレート」 「おいしいチョコレートを食べたい!でも、健康も気になる!」そんなときに一押しなのが、砂糖の代わりに一部「フラクトオリゴ糖」を加えたビターチョコレート。 糖として吸収されないオリゴ糖と、カカオ分52%のビターチョコレートを使用することで、糖質の量を抑えながらもしっかり満足できる仕上がりになっている。 一般社団法人 食・楽・健康協会では、1日の間食で摂取する糖質の量を10g以下と推奨しているけれど、これを角砂糖に換算すると3~4個というから注意したいもの。 その点、「オリゴスマートマイルドビターチョコレート」なら1枚あたりの糖質がたったの1. 3gだから、なんと7枚食べても大丈夫。 砂糖や糖分が気になってチョコレートを我慢していた人や、甘すぎるチョコレートが苦手な人にもおすすめ。 また、個包装で手が汚れないから、デスクワークの合間に簡単につまめるのも嬉しい。 華やかに香るカカオの味わいを気軽に楽しもう。 南国フルーツを味わう「カロリーライトマンゴープリン」 プリンやゼリーは脂肪分が低いデザートで、ヘルシーな食生活の強い味方だけれど、さらに糖質やカロリーを抑えたいなら、ジューシーで濃厚なおいしさが魅惑的なマンゴープリンはいかが? 1パックあたり220gのたっぷりとしたボリュームながら、糖質は7. 2g、カロリーはたったの77kcalと、一般的なデザートと比較してどちらも控えめ。 食後のデザートとしてはもちろんのこと、糖質やカロリー制限をしている人のおやつにもぴったりのスイーツになっている。 ひんやりツルリとした食感は、デスクワークで考えが行き詰まったときのクールダウンにもよさそう。 常温で保存できるこちらのプリンは、おやつのストックや非常食としてキープしておくのもおすすめ。 食べる前に冷蔵庫でしっかりと冷やしておいしくいただこう。 同シリーズで「チアシード入りココナッツプリン」と「杏仁とうふ」もあるから、食べ比べてお気に入りを見つけてみて。

次の

【体にいい!子供が喜ぶ♪】簡単ヘルシーな手づくりおやつレシピ15選

ヘルシーおやつ

幼児のおやつ量の目安・与え方。 手作りおやつの利点 小さなお子さんをお持ちな方は、いつからチョコレートデビューをさせましたか、もしくは、いつ頃デビュー予定でしょうか。 我が家ではまだチョコレートと飴、甘いケーキなどのバターやお砂糖が沢山入ったものは与えていません。 むし歯の不安と依存してしまいそうなのが怖いので・・・・。 あまーくて魅惑的なオヤツはあともう少しだけ待ってもらって3歳の誕生日に手作りチョコレートケーキでデビューをさせようかな、と考えています。 それまでは手作りおやつや、甘いご褒美的なお菓子であれば 口溶けが良くてむし歯になり難いアイスクリーム、果物ゼリーかな。 お散歩先で半分個するアイスは美味しいんです~(*^^*) けれども、保育園にも通っていない未就園児なので、 困るのは毎日のおやつのマンネリ化と、適量・食事とおやつとのバランスです。 みなさんのご家庭でも同じお悩みもお持ちなのでは、と思って今回の記事にまとめてみた次第です。 おやつ=お八つ。 1歳~2歳、3歳頃の適量目安、与え方 おやつ・オヤツ・お八つ。 1日を十二支で等分していた昔の時間概念で、1日2食のあいまの間食を八つ目(午後三時頃)に食べていたことから「お八つ」というようになったそうです。 ほー・・。 大人にとっては甘いお菓子がおやつ、という感覚ですよね。 2歳8カ月の娘は体格も大きいので、つい、大人と同じ感覚で考えてしまうこともあるのですが、まだまだ消化機能の働きも成長過程である幼児です(もちろんですけど、、)。 栄養学的にみると、1歳~3、4歳頃の幼児だと一度に量を食べれないので 1日3度の食事で足りない栄養やカロリーを補う間食が「おやつ」と位置付けられています。 実際に我が家での主なおやつは、野菜スティック・果物、ヨーグルト、甘さ控えめな手作りお菓子やパン、おむすびなどです。 キュウリじゃなーい!となる時もあるので、そんな時は別のモノを出しますが。 なお、幼児食の栄養バランスと計測写真の記事でもご紹介したのですが、1歳~2歳児の成長には一日で約900キロカロリー~1000キロカロリーが必要で、その中に占める おやつ・間食の割合は大体15~20%で200キロカロリー程度が目安です。 写真は市販のホットケーキミックスで作った材料3つで仕上がる簡単なクッキーです。 普通のクッキーよりも堅めに焼きバリンボリンと噛み応えがでるように焼き上げており、砂糖も油分も控えめに作っています。 小さめのクッキー7枚で約90キロカロリーほどです。 かなりハードな噛み応えなので与える時は半分に折って3枚ずつを与えてます。 市販のおやつよりもカロリー低めで「お替りちょうだい!もっと食べたい!!」な子どもを持つ親としては、数量は多いほうが嬉しいですよね。 遊び疲れた夕方4時頃にご褒美おやつとしてたっぷりの水分と一緒に与えています。 断乳直後などは口寂しさからか、おやつを食べたがり大変でした。 今でもよく運動した日や外出時間が長かったときにはおやつ量が増えたり、お昼ごはんがホットケーキ蒸しパンになったり、愚図りがヒドイ時はおやつ休憩時間を多めにして気分転換することなどもあります~。 「おやつ」は子どもの心の栄養源でもあるので、あまり固く考えず、身体に良いものであれば多めに与えても良いかな、程度にゆるーく考えています。 ちなみに今は朝5時半頃には起きているので、朝ごはんを食べ10時前後に1回目のおやつタイムです。 朝が一番よく食べますし、午後も元気に過ごしてほしいので バナナやリンゴを入れたヨーグルトにきな粉とオリゴ糖をかけたものや野菜スティックや茹で野菜、おむすびなど歯応え・食べ応えがあるモノを与えることが多いです。 夕方はお風呂に入ってからお夕飯を食べるまでに空腹で愚図りだすので、糖分補給で体の疲れが取れるようなお菓子類を与えています。 朝・夕方の2回でおおまかに200キロカロリー前後で収まるようにゆるーく配分しています。 多く食べた日があっても、疲れて甘いモノが欲しくなる日もあるよねぇ、という具合です。 適度な糖分補給は体の疲れも回復してくれますし 「おいしく楽しい時間」は心の栄養補給にも大切です。 親子やお友達と一緒に見た目にも可愛いおやつを楽しむ時間は、良い関係を築くのにも一役かってくれますしね。 素材そのもの!なヘルシーおやつ 素材そのもので美味しく、食事では不足しがちなカルシウム、ミネラル、ビタミン補給にピッタリなのは旬の果物、野菜スティック(きゅうり、にんじん、トウモロコシ、ヤングコーンなど)、ヨーグルト、小魚、煮豆類、竹輪などの魚肉練り製品(無添加、塩分控えめなものがおすすめ)です。 サツマイモはグリルで焼き上げるだけでホックリホクホクに美味しいですよね。 時にはサツマイモ茶巾にしたり、輪切りにしたサツマイモを更にトースターで焼いてパリッとさせたりもします。 小魚のイリコはフライパンで乾煎りすると生臭さが薄れます。 煮干しは臭みがありますけど、カリカリに乾煎りしたイリコはボリボリと美味しく食べてくれます。 煮豆類はシャトルシェフで保温調理で炊き上げるだけで出来上がる美味しいおやつです。 黒豆、レンズ豆、うずら豆、大豆、グリーンピース、煮豆ではないですけど枝豆もよく食べます。 ひと手間で美味しく食べれるヘルシーおやつレシピ3つ 手軽に出来て我が家の定番なヘルシーおやつ3つ:野菜・果物チップス、お麩トーストきな粉がけ、牛乳寒天プリンの作り方をご紹介します。 餃子の皮にチーズを少しかけて焼いたものや、春巻きの皮にチーズと千切りジャガイモを少し入れてクルクル巻いたモノを焼いたものなども軽食代わりに与えることもあります。 甘めにするときは、レンジで加熱した即席リンゴ煮にオリゴ糖、きな粉をかけてクルクル巻いて焼いたものも作ります。 生の触感が苦手なのだとか。 そんな時には、ジャガイモ、サツマイモやカボチャなどのお芋系を薄くスライスしてオーブンで焼く野菜チップス、リンゴやバナナも オーブン、レンジで焼くだけの油を使わないヘルシーチップスがおすすめです。 レンコンチップスも美味しくて大人もハマってポリポリしました(*^^*) お麩トーストきな粉がけ お麩のトーストきな粉がけも美味しくて、娘は「かりかりくん」と呼んでよく食べたがります。 こちらはフライパンにバターを薄く敷き、お麩を入れて焼き上げてからきな粉をふりかけるだけで5分もあれば出来上がります。 お麩はタンパク質も豊富で体にいい乾物なので、料理にもお菓子にも使えるおすすめ食材です。 砂糖と絡めてもいいのですが糖分控えめにしたいので、きな粉にオリゴ糖を混ぜたものを最後に振り掛けてます。 もっと甘くされたい場合は焼き上げの最後に砂糖を振り掛けて溶かしてカラメル風にすると甘めのお麩トーストになります~ 牛乳寒天プリン 寒天は娘の便秘予防で離乳食時期からずっと定期的に与えてきました。 寒天プリンは溶かして冷やすだけなので本当に手間いらずです。 型はセリアのシリコン製のものを使っていて、クマさんがお気に入りです。 通常の寒天の作り方よりも水分量を多めにしてゆるめで作ってフルフルにしています。 牛乳250㏄、水300㏄、寒天4g(1袋)を入れて砂糖の代わりにオリゴ糖を少し入れるだけです。 低糖缶詰や少し固めに炊いた黒豆やうずら豆を入れて、噛み応え・ボリュームを出すのもおすすめです。 牛乳を温めてカップに注ぐだけなので娘と一緒に手作りすることが多いです。 ホットケーキミックスを使ったお手軽レシピ 過去記事でホットケーキミックスを使ったお手軽おやつとしてご紹介してきたもの(リンクまとめ)と、アレンジレシピ5つをご紹介します。 ふんわりバナナ蒸しパン ホットケーキミックスを使った蒸しパンはよく作りますが、ルクルーゼの蒸し器やフライパンを使って蒸す時もあれば、レンジでサササッと作る時もあります。 今回はバナナ入りのふんわり蒸しパンになります。 <そろえるもの> ・ホットケーキミックス 200g ・牛乳 160㏄ ・卵 1つ ・バナナ 大1本 ・トッピング用のかぼちゃ、リンゴ、サツマイモなどお好みで ヨーグルトバナナ蒸しパン(レンジ蒸し) バナナ蒸しパンの材料とほぼ同じですが、牛乳の代わりにヨーグルトを使いました。 (牛乳が無かったのでヨーグルトで代用したところ、美味でした~) ホットケーキミックス200g、フォークで潰したバナナ1本、ヨーグルト100g、卵1つを混ぜ合せるだけです。 ヨーグルトは無糖プレーンヨーグルトを使っていますが、甘さ控えめなので加糖タイプにするかはお好みで調整くださいね。 耐熱性カップやシリコンカップに注いで500wレンジでふんわりラップして過熱すれば出来上がり。 200gでカップ8個~9個ほどは出来るので多い場合は ホットケーキミックスを半量に減らしたり、卵を入れずにヨーグルトだけで作る時もあります。 また、生地をボールに小分けして、バナナプレーンタイプと金時豆やサツマイモ、リンゴ入りのものを作り分けたりもしています。 アレンジ自在です。 深めのカップに入れて大きめの蒸しパンでもいいですし、小分けでストック用にしても便利です。 今回は作りおきの金時豆も入れた、ホワンホワン蒸しパンです。 ただ レンジで加熱しすぎると冷めた時に固くなってしまうので、様子を見ながら加熱してください。 お野菜・おから入りの甘食風 たこ焼き器でクルクル転がして焼き上げるヘルシーな甘食風のおやつです。 おからパウダーとホットケーキミックス、バナナ、牛乳があれば出来上がります。 3種を1つずつ合計3つに小分けしたものをラップにくるんで冷凍しています。 焼きドーナツのアレンジとして、半分に切ってから トースターで焼き上げて即席ラスク風にもしています。 ふんわりドーナツだとすぐに食べきってしまうのですが、こちら歯応えがでるのでよく噛んで満足するようです。

次の

ダイエット中におすすめのヘルシーおやつは? 選ぶポイントと管理栄養士によるレシピ4選

ヘルシーおやつ

コンビニでヘルシーおやつを選ぶポイント ヘルシーなおやつを選ぶポイントがいくつかあります。 これを覚えておけば、コンビニでもスーパーでも外食でも、より体によいものを選ぶ事ができますよ。 1日のおやつの カロリーは200kcal以下• 栄養素が 糖質や 脂質に偏ったものは避ける• たんぱく質や ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富なものを選ぶ 1日に食べるおやつのカロリーは、200kcalくらいにするのがよいです。 30〜49歳女性の1日の推定エネルギー必要量は1,750〜2,300kcal。 おやつは不足しがちなたんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維が補えるものを選びましょう。 ビタミンやミネラル豊富なおやつを選べば、糖質の代謝も良くなり太りにくくなる効果があります。 理由は 低糖質で、 質の良い脂質や ビタミン・食物繊維などの栄養がとれるからです。 私たちが普通に思いつくお菓子 ポテトチップスやクッキーなど には糖質がたっぷり入っているので、 糖質を抑えながら間食ができるということで、栄養指導の際にもよく勧められます。 食塩不使用で、いろいろな種類のナッツが入っているものだとさらに良いです。 最近はコンビニにもたくさんのナッツが揃っているので、売り場を覗いてみてくださいね。 特に多い栄養素は、 たんぱく質と カルシウム。 カルシウムは、他の栄養素と比べても日本人が不足しやすいミネラルのひとつです。 チーズは食べ過ぎてしまうと塩分のとり過ぎになってしまうので、 コンビニでも手軽に買えるベビーチーズやキャンディチーズで少しずつ摂るとよいでしょう。 チーズと同じく たんぱく質と カルシウムがとれるほか、 発酵食品であるため、腸内環境を改善する 乳酸菌が含まれています。 人間の免疫の大部分が腸にあると言われているので、腸内環境を整えることは今の時期ウイルスから体を守るためにも大切。 特定保健用食品も多数存在します。 できれば 無糖のものを選ぶと糖質のとり過ぎを防げるのでオススメです。 ビタミンやミネラルが豊富に含まれるフルーツを乾燥したものなので、少量で栄養をたっぷりと摂れるのが魅力です。 糖質も多めなので、砂糖不使用の商品を選んだり、食べる量を少量にするとよいですよ。 少量ずつ個包装になっているタイプだと、量の調整がしやすく持ち運びもしやすいのでオススメです。 糖質はほとんど含まれず、カロリーも控えめなのが嬉しいです。 ただし加工品のため塩分はちょっと高めなので、一度にたくさん食べないように気をつけてくださいね。 あたりめの良いところは、たくさん噛むこと! 噛むことで満腹中枢が刺激され、小腹が満たされやすくなります。 食べ応え満点なので、低糖質でもお腹が満たされて満足できます。 卵にはビタミン、ミネラルなどの栄養がバランス良く含まれるので、 完全栄養食品と言われたりしますよね。 そう呼ばれるゆえんには、卵の優れた アミノ酸スコアがあります。 アミノ酸スコアとは、たんぱく質の構成成分であるアミノ酸がどの種類がどれくらい含まれるかという数値です。 卵のアミノ酸スコアは 100。 完璧にアミノ酸がバランスよく含まれているということです。 特に体の中で作れないアミノ酸は必須アミノ酸と呼ばれ、アミノ酸スコアの高い食品からとることが重要となります。 そんな時はゼリーのような食感が楽しめる こんにゃくゼリーがおすすめです。 パウチタイプや小さめ個包装タイプなど、いろんな種類が発売されていますよね。 甘味もあるのに低カロリーなので、カロリーを抑えたい人にはオススメです。 食物繊維も入っているので、腸内環境やお通じの改善をしたい人にも。 茎わかめには 食物繊維が多く、そのほか不足しがちなミネラルも含まれています。 ただ、小麦粉で作られたお菓子を食べるよりかははるかに栄養がたくさん入っています! ビタミン・ ミネラルがバランスよく含まれるほか、 食物繊維も豊富。 特に カリウムが多いため、高血圧が気になる方にも嬉しいおやつです。 干し芋と同じく、 食物繊維や カリウムが豊富に含まれています。 また、ビタミンBの一種である 葉酸も豊富に含まれているのも嬉しいところ。 甘味があるので、少量でも満足しやすいです。 同じお菓子でも、おもに小麦粉でできた商品は栄養があまり入っていませんが、自然の果物ならばビタミンやミネラルがとれるのでよりヘルシーです。 コンビニでヘルシーおやつを選ぶスキルを身につけよう! 以上、コンビニで買えるヘルシーおやつをご紹介しました。 おやつを選ぶときに栄養成分の表示を見るクセをつければ、 「 こういう種類のお菓子は糖質が多いな」 など傾向がだいたい分かってきます。 あなたがそうやって蓄積した栄養に関する知見は、一生役立つ財産になります。

次の