新盆 香典 相場。 初盆(新盆)の香典相場と渡し方|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

初盆・新盆の訪問で知りたい香典やお供えのこと

新盆 香典 相場

初盆とは、 四十九日の忌明け後に初めて迎えるお盆のことです。 四十九日の前にお盆を迎えたときは、翌年のお盆が初盆になります。 お盆の時期は地域により異なります。 東京のように毎年7月13日~16日の地域と、地方に多い8月13日~16日の地域があります。 お盆が7月の地域では、5月25日以前に亡くなった場合、お盆の初日の7月13日の前に四十九日を迎えます。 ですから、その年のお盆が初盆になります。 しかし、5月26日以降に亡くなった場合は四十九日前にお盆を迎えますので、初盆は翌年です。 同様に8月がお盆の地域では、6月26日の前後で初盆の年が変わります。 初盆のやり方は地域によって異なりますが、通常、僧侶をご自宅などに招いて法要を行います。 以下のサイトでは、初盆法要に参列する際の服装について詳しく解説しています。 興味のある方は、ぜひこちらもご覧ください。 初盆の法要は、お葬式のときのように一般の参列者が多いわけではありません。 内輪の集まりとも言えますので、香典も要らないのではと思われるかもしれませんね。 では、実際には、初盆に香典は必要なのでしょうか? 基本的には、初盆に招かれた方は 香典を包んで施主にお渡しするのがマナーです。 香典はご遺族に供養の気持ちを表すものですが、 施主の負担を軽くする意味合いもあります。 初盆では一般的に僧侶をお招きして法要を行い、法要後に招待者をもてなす会食があるなど、小規模とはいえ進め方はお葬式のときと基本的に変わりはなく、施主の負担はかなり大きくなることがあります。 ですので、初盆の時でも香典は用意するようにしましょう。 初盆の香典金額の相場 それでは、本題の 初盆の香典金額の相場についてご説明します。 初盆の香典の相場は、故人との関係・会食の有無などによって異なります。 故人との関係が近い場合や会食に出席する場合は、多めの金額にします。 故人が家族の場合・親戚などの場合・友人の場合など故人との関係別、それに会食がある場合について、具体的に見ていきます。 故人が家族の場合 故人の家族の場合は、多めの香典を包みます。 同じ故人の家族でも故人との関係の近さで金額が違います。 また年齢や立場でも金額は変わります。 故人が祖父母・孫 故人が祖父母・孫の場合は、 5千円~1万円程度の香典を包みます。 祖父母が高齢で格別の収入もない場合は、香典を出さなくてもよいでしょう。 孫は生計を別にしていれば香典を出しますが、 学生やまだ小さい子供の場合は香典は不要です。 故人が親・兄弟・子供 故人が親・兄弟・子供の場合は、香典の額は基本的に一番多くなります。 社会的な立場や年齢などによって違いもありますが、おおよそ 1万円~3万円程度の香典にします。 子供が小さい場合や収入がない学生の場合は、香典は不要です。 故人が親戚などの場合 故人が上記以外の一般的な親戚の場合は、 5千円~1万円程度です。 親戚といっても、故人との間柄が親しい方もいれば、あまり話をしたこともない方もおられるでしょう。 それぞれの立場・故人との関係も考えて、金額を決めるとよいです。 例えば叔父で親代わりの方や社会的な立場のある方は、3万円前後を包むこともあります。 甥や姪の方が何人かいるときは、連絡を取って香典の金額をそろえることもよくあります。 故人が友人の場合 故人が友人の場合も、故人との関係の深さで異なります。 故人と親交の深かった特に親しい関係にあった友人は、 5千円~1万円程度の香典が一般的です。 ご近所付き合い程度の一般的な間柄であった場合は、3千円くらいのことも多いです。 会食がある場合 法事の際は法要の終了後に通常会食があります。 会食に出席する方は、会食費分を加味して 5千円~1万円程度を上乗せします。 ご家族が何名か出席するときは、人数分の食事代を含めて考えた方がよいです。 以上ケースを分けて見てきましたが、初盆は地域によって独特の慣習がある場合もあります。 どのような慣習があるか、詳しい親戚の方に確認しておいた方がよいでしょう。 また、香典金額は、 4千円・9千円など死や苦を連想させる縁起の悪い数字は避け、 区切りの良い金額にまとめましょう。 香典袋について ここでは 香典袋についてご説明します。 香典袋の水引の選び方・表書きの書き方・名前の書き方について、詳しく見ていきます。 水引の選び方 まず水引の選び方です。 香典袋の水引きは結び切りになっていますが、不幸はこれで終わりにしたい、という意味です。 香典袋の水引きは、本数や色が決められています。 水引の本数は5本が基本です。 水引きの色は、一周忌までは一般に黒白・双銀などの水引を使います。 ですから初盆の際も、 黒白・双銀などの水引を使います。 関西などでは、黄白の水引を使うこともあります。 水引は神式でも使われますが、キリスト教式では使いません。 表書きの書き方 香典の表書きの書き方は、宗教・宗派によって異なります。 仏式・神式・キリスト教式の場合の表書きを見ていきましょう。 仏式 仏式では表書きは、 「御霊前」「御香料」「御香典」などと書きます。 ただ 「御霊前」を使うのは四十九日までで、四十九日以降の法事法要などでは「御仏前」にします。 浄土真宗には霊の概念がありませんので、四十九日の前後に関わらず「御仏前」とします。 神式 神式では、 「玉串料」「御榊料」「御神前」などと書きます。 キリスト教式 キリスト教式の場合は、 「お花料」「御花料」が一般的です。 他に、カトリックは「御ミサ料」、プロテスタントは「献花料」なども使います。 名前の書き方 名前は表書きの下段、つまり水引きの下の中央に書きます。 個人名を書く場合と連名にする場合があります。 個人の場合 個人の場合は、 下段の中央に氏名をフルネームで書きます。 表書きの真下にバランスよく書きましょう。 夫婦連名の場合 夫婦で出席する場合は 夫の名前だけを書くのが一般的です。 ただ夫婦ともに故人と親しかったなどの理由で、夫婦連名にすることもあります。 夫婦連名にする場合は、 下段中央に夫の氏名をフルネームで書き、その左に妻の名前だけを書き添えます。 最近は妻が違う姓を使用している場合もあり、その場合は氏名を連記することになります。 複数人の場合 友人や会社の同僚が複数人で香典を出す場合は、 3名までであれば連名にできます。 連名にする場合は、 目上の人や年齢が上の方から順に右から書きます。 順番をつけにくいときは、氏名の五十音順に書くとよいです。 連記する場合は、字の配置のバランスに注意して書きましょう。 香典の注意点 香典については以上の他にも注意点があります。 表書きに使う墨と使用するお札の注意点についてご説明します。 表書きを書くときは薄墨? 香典袋の表書きは、四十九日までは薄墨で書くのがマナーです。 忌明けまでは、涙で墨が薄まるほどの悲しみの中にあるとの気持ちを表すためとされています。 四十九日以降の法事では、普通の濃い黒墨を使用します。 初盆は四十九日の忌明け後に初めて迎えるお盆ですから、 表書きは黒墨になります。 なお、 香典袋の表書きは毛筆や筆ペンを使って書き、ボールペンを使うのはNGです。 中袋ははっきり書いた方がよいので、ペン書きでもよいです。 新札は使わないほうが良い 初盆の際は新札を使ってもよいのでしょうか。 葬儀の際は、葬儀を予期して準備していたと思われるのを避けるために新札は使いません。 初盆などの法事は決まっていることですので、新札を使ってもよいと思われるかもしれませんね。 しかし、受け取る人によっては新札を使うのは失礼だと思われるかもしれません。 ですから、 葬儀以外の法事の際も、新札の使用は避けたほうがよいです。 新札しか手元にないときは、2つ折りにして折り目をつけてから入れるとよいとされています。 なお、新札は避けるといっても、 汚れたお札やしわの多いお札は相手に失礼ですので、NGです。 お札の向き お札には表と裏があり、肖像が印刷された方が表です。 葬儀の際は、お札の肖像を裏に向け、顔が下向きに入れるのがマナーという方も多いです。 葬儀以外の法事の際のお札の入れ方については、このような ルールや習慣はありません。 お札の向きにこだわる必要はないと思いますが、 お札を乱雑に入れるのは相手に失礼です。 きちんとお札の向きをそろえるのは、法事・法要のときに限らず一般的な常識でしょう。 香典に添える手紙の書き方 初盆に招待されても事情があって出席できないこともあります。 そのような場合は香典を出席する方に託すか、郵送することになります。 その際には香典に手紙を添えた方がよいです。 手紙は必須ではありませんが、相手を思いやる言葉があれば受け取る方の気持ちも和やむでしょう。 香典に添える手紙の書き方の注意点・文例などを詳しく見ていきましょう。 手紙はなるべく一枚に抑える 香典袋に添える手紙は なるべく一枚に抑えた方がよいです。 法事の際も施主の方は、結構大変な役割を担います。 法事法要の際のお悔やみの手紙は、基本的に 簡潔さが求められます。 用紙は普通の白色の無地の用紙に縦書きにして、一枚に抑えるのが望ましいです。 いくら親しい間柄でも長々書く必要はありません。 最近は一筆箋もよく用いられます。 一筆箋であれば相手を気遣うお悔やみの気持ちも端的に表せます。 忌み言葉は避ける 香典に添えるお悔やみの手紙や一筆箋で使用する言葉は、忌み言葉は避けます。 忌み言葉とは 不幸の重なりや死や苦しみを連想させる言葉で、お悔やみの手紙には向かない言葉です。 一般的に忌み言葉とされるのは、次のような言葉です。 法要前に施主に渡す 法事の際に持参する香典は、法要が始まる前に施主に渡すのが一般的です。 式場へ到着したときに最初に施主にご御挨拶をする際に香典をお渡しします。 ご自宅に伺った場合は仏前に香典をお供えする方もいますが、斎場やお寺の場合は分からなくなることもありますので、施主に直接渡した方がよいです。 受付で渡す 初盆の際に受付があるときは、受付の方に香典をお渡しします。 法事に参列できない場合は郵送する 法事に参列できない場合は、香典を郵送するか、後日ご自宅に伺って香典を直接お渡しすることもあります。 香典を郵送する場合については後ほどご説明します。 香典の渡し方にも注意が必要です。 香典は基本的に 袱紗に入れて持参します。 施主にお渡しする際も受付でお渡しする際も、一礼をしてから袱紗より香典を取り出し、 相手方から名前が分かるような向きにしてお渡しします。 その際「この度はお招き頂きありがとうございます。 心ばかりですが仏前にお供え下さい」などと簡潔に一言添えます。 香典を郵送で送る場合 法事に参列できない場合は、通常、香典は郵送します。 郵送しても失礼になることはありません。 初盆の招待状をもらったときに出席できないときは、欠席の返信とあわせて香典を郵送するのがよいとされています。 香典を郵送する場合は、 現金書留で送ります。 この際に注意したいことは、 現金書留用封筒にお金を直接入れてはいけないことです。 香典は持参するときと同様にきちんと香典袋に入れて、その香典袋を現金書留用の封筒に入れます。 郵便局の現金書留用封筒の専用封筒は香典袋も入る大きさですから、大丈夫です。 なお、お金を普通の封筒に入れて送ることは、郵便法違反になりますので注意しましょう。 初盆の香典についてまとめ• 初盆とは、四十九日の忌明け後に初めて迎えるお盆である。 初盆の際は、僧侶をご自宅などに招いて法要を行うことが多い。 初盆に招かれた方は、香典を包むのがマナーである。 初盆の香典の相場は、故人との関係・会食の有無などによって異なる。 故人との関係が近い場合や会食に出席する場合は、多めの金額を包む。 香典袋の水引の色は黒白か双銀で、表書きは四十九日以降は「御仏前」などと書く。 名前は表書きの下段中央に氏名をフルネームで書くが、連記することもある。 初盆の香典は、表書きは黒墨を使い、新札の使用は避け、お札の向きをそろえる。 香典に添える手紙は一枚に抑えた方がよく、 忌み言葉は使わない。 香典は、基本的に法要前に施主に渡すが、受付で渡す場合もある。 香典は袱紗に入れて持参し、相手方から名前が分かるような向きにして渡す。 法事に参列できない場合は、香典を香典袋に入れて現金書留で送る。 初盆の香典について、金額相場や香典の書き方・注意点などがお分かりいただけたかと思います。 この記事の内容は、初盆の香典だけでなく、法事一般の香典に関しても参考になると思います。 必用に応じこの記事の内容を思い起こして、活用していただければと思います。 「終活ねっと」では、他にも葬儀や法事に関する様々な記事を載せています。 ぜひ他の記事もあわせてご覧ください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

新盆見舞いの金額は?親・兄弟・友人知人でどう違う?

新盆 香典 相場

見出し• 初盆のお供え物の定番は? 初盆は、初めて亡くなった人の魂が遺族のもとに帰ってくる大切な日なので、一般的な法要よりも大掛かりな供養を行うケースが多いです。 親戚だけでなく、友人や知人など生前に親交のあった人を招くことも珍しくありません。 初盆に招かれる側になった場合、参列する時にはきちんとしたお供え物を持参するのがマナーです。 手ぶらで行っても叱られるようなことはありませんが、他の参列者や遺族に「常識のない人だな」と思われてしまう可能性もあります。 一般的なお盆ならまだしも、初盆は特に重要な法要なので決して手ぶらでは行かないようにしましょう。 初盆のお供え物に何を持って行くべきかについて、はっきりとルールがあるわけではありません。 基本的には何を持って行っても良いのですが、定番は「五供」と呼ばれる品々です。 五供とは香に提燭、花と浄水に飲食の五つの品物のことで、仏教においてお盆のお供えの理想的な形とされています。 各宗派に応じて微妙な違いはあるものの、これらをベースに考えれば問題ないでしょう。 ただ、これら五つを全て持参するのは難しいので、実際には香典となる現金に加えて線香や仏花、お菓子や果物などの品物を贈ることが多いです。 通常のお盆は現金を包む必要はないのですが、初盆だけは特別なので葬儀の時のように香典を持参するのがマナーとされています。 お供え物の中で最も選ばれることが多いのが、お菓子の詰め合わせです。 果物も定番ではありますが、皮を剥く手間がかかったり、日持ちしなかったりするものがあるので注意が必要です。 お菓子ならある程度日持ちしますし、初盆で集まった多くの親戚に配ることもできます。 しばらく仏壇にお供えすることを考えて、個包装されているものを選ぶのがベストです。 もちろん、果物も見栄えが良いですし高価なので、贈っても失礼に当たる心配はありません。 遺族の好みに応じて選ぶと良いでしょう。 また、親戚や参列者の人数が少ない場合、お菓子の詰め合わせや果物をお供えしても余ってしまう可能性があります。 甘いものが好きではないこともあるので、このような場合は花を贈りましょう。 花であれば仏壇も華やかに飾ることができますし、賞味期限を気にする必要もないので気軽に贈ることができます。 花を贈る場合は、棘のない白い花を選ぶのが基本です。 白が基調であれば少し他の色が入っていても構わないので、花屋などで初盆のお供え物だと伝えてアレンジしてもらうと良いでしょう。 注意したいのが、線香を贈ることです。 これも定番であることに間違いはないのですが、定番であるがゆえに多くの人がお供え物として贈るので、大量にたまってしまうこともあります。 お盆の時期以外は線香を多く消費することもないので、扱いに困ってしまう遺族も多いです。 無難なお供え物ではありますが、遺族に喜ばれる品物かというと疑問も残るので、できれば違うものを選んだ方が良いでしょう。 NGなお供え物は? 初盆のお供え物は基本的に何を贈っても良いのですが、避けるべき品物もあるので注意が必要です。 例えは、仏教では無益な殺生を禁じているため、魚介類や肉類などは選んではいけません。 夏真っ盛りの時期に生ものを贈る人はいないでしょうが、一応覚えておきましょう。 また、生前に故人が愛用していた日用品や好きだった食べ物などを贈るのも、あまり良いとは言えません。 確かに故人の魂は喜んでくれるでしょうが、その品物を目にした遺族の気持ちはどうなるでしょうか。 亡くなってからまだ1年も経っていない時期に故人を思い出させる品物を見てしまえば、大切な人を失った寂しさや悲しさまで思い出してしまう可能性があります。 特に子供を先に亡くしてしまった遺族の場合、1年も経たないうちに我が子が大好きだった品物を見るのは相当辛いものがあるでしょう。 もちろん中には気にしない遺族もいますが、亡くなってから日が浅い初盆の場合は特に配慮しておいたほうが無難です。 良かれと思って思い出の品物を選びがちですが、遺族の気持ちも慮って判断するようにしましょう。 お供え物の金額相場は? 初盆にお供え物を贈る場合、品物の内容もですが金額についても頭を悩ませることが多いでしょう。 選ぶ品物によってある程度金額は決まってきますが、高ければ高いほど良いというものでもありません。 初盆でお供え物を受け取った場合、遺族は法要の当日もしくは後日にお礼の品を渡すのが一般的です。 返礼品は受け取った品物の半額から3分の1程度の金額にするのがマナーなので、あまりに高価なお供えを贈ると遺族の負担が大きくなってしまいます。 お供えは故人を偲ぶ気持ちの表れなので高価なものでも構いませんが、返礼品のことも考えて常識の範囲内に抑えることも大切です。 具体的なお供え物の金額は、故人との親交の深さや地域などに応じて異なります。 全国的な相場は3,000円から10,000円ほどとかなり差がありますが、これはお供え物と現金の両方を贈る地域と、どちらか片方だけを贈る地域に分かれるためです。 現金を別に用意する場合はお供え物の金額は抑えて構いませんが、お供え物だけを贈る場合はそれなりの金額の品を用意しましょう。 ちなみに、親戚として参列する場合は縁の深さを考え、もう少し高価なお供え物を贈ることになります。 現金を別途贈るか否かにもよりますが、10,000円から30,000円ほどのお供え物が一般的となるので注意してください。 昔は親戚のお供え物と言えば盆提灯だったのですが、スペースの狭い住宅が増えてきた近年では大きな盆提灯は扱いに困ることもあり、あまり贈られなくなっています。 親戚の初盆に盆提灯を贈りたい場合は、事前に贈っても良いか確認したほうが良いでしょう。 地域によっては、盆提灯を贈らない代わりに「御提灯代」として別途現金を包むこともあります。 御提灯代の相場は約10,000円ほどですが、他にもお供え物や現金を用意する場合は総合的に見て金額のバランスを取るようにしましょう。 お供え物を贈る場合の香典の金額は? 初盆の場合、通常のお盆とは違って香典を包むこともあります。 香典の必要性については地域ごとの風習に影響される部分が大きいので、前もってその土地に詳しい人に確認しておくと安心です。 香典を持参する場合は、故人や遺族との親交の深さに応じて約3,000円から5,000円を包みます。 ただし、この金額は初盆のお供え物全てを合わせた金額なので、香典だけでなくお供え物も贈る場合は金額を抑えるケースが多いです。 例えば香典で3,000円包むならお供え物は2,000円程度、5,000円のお供え物を贈るなら香典は渡さないなど、バランスを考えて金額を決める必要があります。 3,000円から5,000円というのはあくまでも全国的な相場なので、地域によってはこれより高額でも問題ないこともあります。 ただ、あまり高いお供え物や香典を贈ると、返って遺族が恐縮してしまったり、返礼品に困ってしまうこともあるので注意が必要です。 また、初盆に参列する際の自分の年齢によっても最適な香典の金額は変わります。 20代や30代の若者なら相場の範囲内で構いませんが、それ以上の年齢になると若い世代より若干金額に上乗せするのが一般的です。 ちなみに、香典を渡す際、そのまま手渡しするのはスマートではありません。 葬儀の時と同じように紫や黒の袱紗に包んだ状態で持って行き、遺族の前で袱紗から取り出すようにしましょう。 実際に渡す時には、遺族から見て表書きが正しく読めるように方向を整えてください。 袱紗の上に乗せた状態で渡しても良いですし、目の前で取り出すのであれば封筒だけを渡しても構いません。 初盆のお供え物の熨斗のマナーと書き方 お供え物を贈る際には、一般的な贈り物と区別するためにも必ず熨斗をつける必要があります。 通常はお供え物を購入したお店などで、熨斗をつけてほしいと伝えれば店員が正しく用意してくれます。 自分で手配する場合は、白か黄色の熨斗をまず準備しましょう。 表書きは、熨斗の上段に「御供物」もしくは「御仏前」と記入し、下段には贈り主の名前を記入します。 名前はフルネームでも良いですし、名字だけでも構いません。 水引は関東では黒白、関西は黄白を用いることが多いですが、初盆に限っては黒白を選ぶのが基本です。 結びは結び切りかあわじ切り、体裁は外熨斗にしてください。 うっかり内熨斗にすると誰からのお供えかすぐに分かりませんし、初盆のお供え物としてはマナー違反になります。 また、表書きや名前を記入する際、初盆であれば薄墨を使うのが一般的です。 薄墨というと葬儀の時に使うというイメージが強いですが、薄墨を使うのは「悲しみの涙で墨が薄くなってしまった」という辛い気持ちを示すためです。 初盆は故人が亡くなってから1年も経っていないことが多いので、遺族の気持ちも思いやって薄墨を使うと良いでしょう。 初盆でお供え物を渡す時期は? 一般的なお盆の時期は8月13日から15日頃というイメージが強いですが、厳密に言うと8月15日前後です。 ただ、お盆の時期については地域差も大きく、関東の一部では7月下旬にお盆の法要を行うところもあります。 8月だと思い込んでのんびりしていると、お供え物どころか法要まですっぽかしてしまう恐れもあるので注意しましょう。 友人や知人として初盆に参加する場合、はがきなどで法要の日時や詳細が通知されるので、しっかり目を通して日時を正しく把握しておくことが大切です。 実際にお供え物を渡すのは、8月15日前後の法要で訪れた日が一般的です。 直接遺族や施主に渡すのですが、まずは帰ってきている故人の魂に挨拶するのが先決なので、仏壇などで焼香を済ませてから渡すようにしましょう。 焼香にも正しいマナーがありますが、そこまで厳しく見られることはないので心配する必要はありません。 ただ、蝋燭や線香の火を息で吹き消すのはマナーとして最悪なので絶対に止めましょう。 初盆の法要に招かれたものの、どうしても都合がつかず参列できないという場合は、前日までに郵送でお供え物を送ります。 災害などで配達が遅れることもあるので、時間に余裕を持って発送してください。 また、親戚のみの法要で友人や知人は出席できない場合も、同じく前日までに郵送しておくと良いでしょう。 郵送であってもマナー違反にはならず、故人を気にかけてくれていることが分かって遺族も喜ぶことが多いです。 法要に招かれていないものの、どうしても直接持参したい場合は、別の日に遺族の都合などを確認したうえで持っていくようにしましょう。 法要の当日は忙しいので、突然招かれていない人がやって来ると大きな迷惑をかけてしまいます。 お盆の時期を外さず、遺族が余裕を持って対応できる日を選ぶことが大切です。 郵送する場合は、お供え物の賞味期限や配達日数に十分注意しましょう。 かなり暑い時期の郵送になるので、傷みやすいものや溶けやすい物は避け、変質しないものを選ぶのがベストです。 また、お供え物だけを贈るのではなく、挨拶を添えた手紙を同封しておくと気持ちが伝わりやすくなります。 手紙に関しては特に書き方などを気にする必要はなく、故人を偲んでいる気持ちを素直に記せば問題ありません。 遺族も喜んでくれることが多いので、できるだけ手紙や添え状などを書くようにしましょう。 初盆であることへの配慮を忘れずに! 初盆が通常のお盆の法要と違う点は、故人が亡くなってからまだ間もない時期だということです。 長くても1年程度しか経っていないため、遺族の気持ちもまだ沈んでいることが多いです。 お供え物を選ぶ際には、このことを十分に配慮しておきましょう。 故人を思い出させてしまう品物を避けたり香典を包むなど、初盆ならではの注意点もあるので、正しいマナーを理解することが欠かせません。 また、初盆のお供え物や風習は地域によってかなり違いがあるので、遺族の住んでいる土地の慣例にしたがうことも必要です。 インターネットで情報を集めたり、現地に詳しい人に相談するなどして、失礼が無いように準備しておきましょう。

次の

初盆(新盆)だと香典はいくら?金額の相場とマナー事情まとめ

新盆 香典 相場

目次 初盆のお返し・粗供養・引き出物について。 2020年初盆のお返し・粗供養品・引き出物・贈り物を準備(香典(ご仏前)・お供え・提燈代・お線香などのお返し) 初盆・新盆お返し人気商品(返品可) 【初盆のお返しの説明】 初盆(新盆)とは、 初盆(はつぼん)新盆(にいぼん・あらぼん・しんぼん)とは、故人が亡くなって四十九日を過ぎてからはじめて迎えるお盆 (8月13日~15日、16日お盆明け)のことをさします。 お盆の時期にまだ忌明け(49日法要)が済んでいない場合には、初盆・新盆の法要は翌年に行われます。 2020年(令和2年)のお盆は 7月13日(月)~7月16日(木) または、 8月13日(木)~8月16日(日) の期間です。 <旧暦でお盆を行う地域>時期 7月13~15日頃 東京・横浜を中心とする首都圏・静岡県一部・沖縄を含む南西諸島 <新暦でお盆を行う地域>時期 8月13~15日頃 北海道・東北地方・甲信越地域 ・関西・近畿・中国・四国・九州地方 初盆のお返しの品・引き出物とは? 初盆のお返しというのは、お盆期間中にお香典(御仏前)、お供え、線香代・提灯代などを、頂いたときのお返しのこと。 親戚や知人など焼香にお参りに来られるお客様に、手土産・引出物 (志・初盆志・新盆志として)を準備しましょう。 初盆のときの法要返礼品には、手土産の品・引出物(粗供養・志として)を準備しましょう。 初盆のお返し品・贈り物とは何を贈るのがいいの? 最近は、「そうめん」がダントツ人気です。 (日持ちしますし、夏に最適だからです。 ) 食品(調味料やお菓子など)や洗剤など、消えてなくなるものが良く用いられます。 ・定番の人気商品としては海苔やお茶、お盆の時期に合ったものとしてそうめんや簡単にすぐ食べられる水菓子(ゼリーや水ようかん)などがありますが、最近は高額な品物の場合のお返しとしてカタログギフトも用いる場合がございます。 新盆のお返しや返礼品は予算・相場はどれくらい?時期は? 引き出物の相場は、一般的には 頂いた額の半分~3分の1程度が目安であり、もしそれ以上の高額であった場合は、別途後日お礼の品(お礼状を添えて)をお送りするとよいでしょう。 【初盆お返し・引き出物の品の相場】 (法要なしで、お供えに来てくれる近所の方や知人の方の場合) 香典の相場は、一般に2000円~5000円。 用意してなかった場合は後日、お盆が終ってから発送で大丈夫です。 (神式の新盆のお返し品も、同じくそうめん、洗剤、食品などが多いです。 ) 初盆のお返しのお礼状。 (お礼・感謝がより丁寧に伝わります) お買い上げの商品にサービスでお付けできます。 初盆返しの品物の用意する数の目安は? ご葬儀会葬者(会葬御礼の品)のの3分の1程度がよろしいのではと言われております。 もちろん地域性やご家庭差はありますし、最近では家族葬も増えてきてますので4分の1程度よかったとも言われています。 ただ後で足りなかったということのないようにご準備くださいませ。 なお、 新盆・初盆用返品可能商品(ご注文数の20%程度まで可能・50個ご注文時10個程度)からご注文いただければそのような心配もなくなりますので、お勧めです。 返品は可能か?返礼品の準備をはじめる。 お盆に来てくださる方の数が読めない為、返品可能商品をお勧め致します。 ギフト館ふじむら EC事業部 香川県丸亀市田村町402-1 電話 0877-85-3606 FAX 0877-85-5010 メール support gift-f. ご了承くださいませ。 一緒によく見られるページ このページは、こんな方にお勧め ・今年初盆(新盆)である。 ・初盆のお返し(引き出物・初盆返礼品)をまとまった数用意しなくてはいけない。 ・初盆のお返し(お盆のお供えのお返し)を通販で買いたい。 ・返礼品のお礼品の数が読めない。 (初盆後に返品できる商品がある) 初盆・新盆の豆知識 お盆は、正しくは盂蘭盆会(うらぼんえ)といい、先祖の霊が戻ってくるとされています。 一般には7月13日がお盆の入り、お盆の明けは16日とされていますが、地方によっては旧暦で数え、月遅れの8月13日から16日に行うところが多いようです。 但し、初盆が迎えられるのは忌明けのあとからなので、忌明け前にお盆がきたときには、翌年が初盆となるという決まりごとがあります。 四十九日の法要が済むまでは「忌明け前」にあたり、家族が迎えてあげようにも、まだこの世とあの世の間にいると考えられているからです。 この白張提灯は1回きりで、終わったら燃やします。 ただ現在はそれができないので、きれいな紙につつんでゴミと一緒に出すか、寺のおたきあげのときに持っていって燃やしてもらいます。 お返し、引き出物について ゆかりの人を招いて法要を行う際、読経のあとに精進料理などでおもてなしを行うことが通例です。 これがお供えなどをいただいた方へのお返しとなります。 このほか、持ち帰っていただく「引き物」を用意すると丁寧です。 このほか親戚や、近所の人から供え物をいただいたときや、焼香に来ていただいた方へも同様に引き出物をお渡しするようにしましょう。 また、初盆のお供え物の相場は5,000~10,000円程度が一般的です。 なお、初盆・新盆の表書きには、「御ちょうちん代」「御仏前」「御佛前」「御供物料」と書きます。 果物やお菓子などを供える場合には、「御供」と書くのがよいでしょう。 食品(調味料やお菓子など)や洗剤などの消えものが良く用いられます。 定番の人気商品としては海苔、お茶、お盆の季節に合ったものとしてそうめんや水菓子(ゼリーや水ようかん)などがありますが、最近は高額な品物の場合のお返しとしてカタログギフトも用いられるようです。 初盆のお返しQ&A・お客様から頂いたご質問。 Q.新盆に適した品物が分かりません。 人気の商品は何でしょうか? A.最近では、初盆の引き物も多種多様となってきていますが、当店では夏の時期でもあり、そうめんが一番人気です。 美味しいもので日持ちするのと食べてなくなるのが人気の理由です。 その他、定番品で調味料ギフトやお茶や海苔のセット、ほかには洗剤やタオルなどをご注文頂いております。 Q.商品が届くまで何日ぐらいかかりますか? A.はい。 なるべく早くお届けできるように努力しますが、通常は4〜5日程度です。 お急ぎの場合などは電話にてご連絡ください。 出来る限り対応させて頂きます。 また、ご予約のご注文いただき、指定日にご自宅にお届けすることも可能です。 Q.手提げ袋は少し大きめのものを用意してもらえますか? A.可能です。 当店の品物のほかに、お盆になにか一緒にお返しを渡したい、などのご要望にも対応できるようにしております。 手提げ袋はご連絡いただければ大きめのサイズを同梱させていただきますので、お気軽にお申しつけください。 Q.初盆・新盆用のあいさつ状は、返品対象商品以外の商品にも付けることはできますか? A.可能です。 初盆のあいさつ状特典は当店の全商品に対象となっております。 ぜひご利用くださいませ。 また、ネットでの指定方法は、レジ画面で「ご要望」や「備考」欄に、「初盆あいさつ状状希望」とご記入下さい。 Q.のし紙の表書きは希望どおりにできますか? A.はい、可能です。 通常は「志」や「初盆志」でご用意しますが、その他「新盆粗供養」「初盆会」などご希望があればそのように対応致します。 また、お名前もフルネームにしたい、連名で作りたいなど、ご連絡ください。 Q.のし紙は内のしですか?外のしですか? A.はい。 通常当店では内のし(商品にのし紙を貼り、その上から包装する)でご用意、お届けしております。 もし外のし(包装後にのし紙を貼る、外から見える)をご希望の場合はご連絡ください。 もちろん対応させていただきます。 Q.初盆のお返し・引き出物の注文数はどれくらいがよいのでしょうか? A.一般的には葬儀の際にご用意したお返し物の数の3分の1程度がよろしいのではと言われております。 もちろん地域性や個人差はありますので少なかった、ということのないようにご準備くださいませ。 昨今の新型コロナの影響により、ご葬儀には出席できなかったが、初盆・新盆のお参りはしたいと希望される方もいらっしゃいます。 なお、返品可能商品をご注文いただければそのような心配もなくなりますので、お勧めしております。 Q.寺の檀家に初盆・新盆時にお供えの返礼品として渡したい数が多いが対応は可能か? A.対応可能です。 全国の寺院様より毎年ご注文頂いております。 その他、ご相談・ご質問などございましたら何なりとご連絡ください。 【お問合せ】ギフト館ふじむら EC事業部 香川県丸亀市田村町402-1 電話 0877-85-3606 FAX 0877-85-5010 メール support gift-f.

次の