ブシャール 結節 原因。 ヘバーデン結節の原因は更年期だった!初期なら早めのエクオールで改善出来るかも

指第二関節の痛みと腫れの原因はブシャール結節の可能性あり

ブシャール 結節 原因

関節リウマチだと疑ってしまうと、大きな病気にかかってしまったと思うかもしれません。 しかし、実際はブシャール結節だった場合は、それほど心配されなくても大丈夫です。 ブシャール結節は腫れが見られるだけで、症状がでないことも多い為、そうした場合に一番問題なのは、見た目の問題になってくると思います。 ブシャール結節の原因とは? 西洋医学では、ブシャール結節の原因は残念ながらハッキリとは分かっていません。 しかし、患者さんの中でも指を酷使している方や指をよく使う仕事をされている方が多い傾向にあると言われているため、原因は指の酷使ではないかという説があります。 また、その他に中年以降に多くみられることから、加齢なども要因として関わっているのではないかと考えられています。 中には、遺伝要素や女性に多く見られることから、ホルモンバランスの影響もあるのではと指摘されている医師もいますが、原因は明らかではありません。 しかし、東洋医学の中では原因が内蔵の弱りであるということが、ハッキリと分かっていると言われています。 内蔵と指は全く関係なさそうですが、内臓の中でも骨の発育と関係の高い腎臓が影響していると考えられています。 腎臓の機能が弱ると、骨を作るリンやビタミンDの活性化が低下してしまい、様々な箇所で骨の障害が起きると言われています。 疲れやすい、むくみがひどい、手がこわばるなどは腎臓機能が低下している方におきる初期症状と言われています。 また、ブシャール結節の患者さんに尿検査や血液検査を行ったところ、腎臓の数値に異常が出る方がいるといわれています。 しかし、この病気は、悪化することで骨の変形も関わってきますが、もともとは関節が変形することにより発症する病気であることや、骨の異常であれば指第二関節だけでない指の場所にも異常がでるのではないかと考えられることから、東洋医学の見解も信じがたい部分があります。 ブシャール結節の主な症状と関節リウマチとの違い ここでは、ブシャール結節の主な症状と関節リウマチとの違いについてご紹介します。 ブシャール結節の主な症状とは ここでは、ブシャール結節の具体的な症状についてご紹介します。 しかし、指の変形や腫れが見られるにも関わらず全く痛みを伴わない場合もあります。 第一関節と第二関節の間が狭まりが大きくなるとと、痛みを感じるようになると言われています。 特に指を曲げたり伸ばしたりする動作の時に痛みを感じる方が多いです。 第二関節の部分だけポコッと腫れが現れ、見ただけで明らかに異変に気づきます。 第一関節と第二関節の間にある軟骨が、何らかの原因で擦り減ることで、骨棘(こつきょく)と呼ばれる骨のトゲを作ります。 この骨のトゲが出来ることで、第二関節だけ腫れているように見えるようになります。 また人によっては水が溜まることがあります。 炎症が起きると細胞や組織の機能が正常に動かなくなり、指をまっすぐに伸ばしたり曲げるななどの動きがしづらくなります。 患者さんの中では、グーパーしにくい、雑巾を絞れない、字が書けないなどの症状を訴える方もいます。 このように、第二関節の痛みが進行すると、日常生活に様々な影響がでます。 関節リウマチとの違いは? 関節リウマチとは、免疫障害によって関節に炎症が起きる病気です。 体の中には、外から入ってくるウイルスや細菌から体を守る為の免疫システムがあります。 この免疫システムがウイルスに攻撃することにより、感染症を防ぎ健康な体を維持することができます。 しかし、この免疫システムがなんらかの原因でコントロールが利かなくなり、自分自身を攻撃してしまうことがあります。 その中でも、関節を攻撃して、関節に炎症を引き起こすことを関節リウマチと呼びます。 関節に炎症が起こると、痛みや赤みのある腫れを伴い、進行すると関節が破壊されて変形が見られます。 関節リウマチの特徴としては、関節の痛みや腫れだけでなく、体全身にも異常を感じられます。 たとえば、発熱、疲れやすさ、全身倦怠感、貧血の症状が見られます。 また、臓器にも異常をきたし、肺や皮膚、眼、心臓、末梢神経など様々な臓器に異常が現れます。 更に、関節リウマチの患者さんは動脈硬化が発症しやすく、狭心症や心筋梗塞にかかるリスクが高いです。 その為、生命の危険にかかわる恐ろしい病気だと言われています。 この恐ろしい病気とブシャール結節は症状が似ていることや、出来る場所も同じなことから間違われやすいです。 しかし、下記の様な特徴に注目することで、誤診を防げるので確認してみて下さい。 リウマチについては、を読んでおきましょう。 関節リウマチとブシャール結節を見分ける6つの違い 1.症状の現れ方 関節リウマチの症状は左右両側の関節に現れやすいですが、ブシャール結節の場合は必ずしも左右両側に現れるわけではありません。 2.痛みの特徴 関節リウマチは動かさずにじっとしても痛みを伴うのが特徴です。 噛み付かれたような痛みがあると表現する方もいます。 ブシャール結節の場合は、動かしたときに痛みを伴うのが特徴的ですが、痛み自体伴わない方もいます。 3.関節破壊 関節リウマチでは指の付け根や手首などに関節破壊が起こりますが、ブシャール結節は起こりません。 4.血液検査 関節リウマチの場合は、血液検査などで検査すると免疫の異常を明らかにすることができますが、ブシャール結節は血液の異常は見られません。 5.朝のこわばり 関節リウマチには朝のこわばりが見られます。 これは朝起きたときに手の指がうごかしにくいと感じる症状です。 この症状は、ブシャール結節には見られません。 6.全身症状 関節リウマチの場合は全身に症状が現れるのが特徴的です。 ブシャール結節の場合は指の第二関節のみに障害が現れます。 ブシャール結節は、第一関節に発症するヘバーデン結節と同様に引き起こす場合もあります。 ブシャール結節の治療方法とは? この病気のハッキリとした原因は不明ですが、早期治療を行うことで完治される方や、症状の進行を防いだり、痛みを緩和させることが出来ます。 ここでは治療方法についてご紹介します。 痛み止めの投与 病院では、一般的に、非ステロイドの性消炎鎮痛薬を含む痛み止めの薬を投与して炎症を抑えます。 飲み薬や塗り薬、貼り薬、注射など症状によって、投与する方法は異なります。 痛み止めを投与することで、炎症を抑え、指の負担を減らし、曲げ伸ばしなどの動きをスムーズにします。 安静にする 指をなるべく使わずに安静にすることが重要です。 この病気になった方のほとんどの方が指を酷使したり、指を使う仕事についているなどの状況の為、指を完全に使えない状態にするのは、仕事や日常生活に様々な支障をきたす可能性が高いです。 しかし、指の炎症を抑えるには、まずは動かさずに安静にすることがとても重要です。 実際に、関節固定術と呼ばれるテーピングで固定し無理やり動かさないようした場合に、治療効果を感じている患者さんは多いです。 その為、テーピングをしなくても、指を使うのを止められる方は、まずは安静にしましょう。 関節固定術 第二関節をテーピングで固定し、指を動かさないように運動制限をします。 これにより炎症の進行を止め、痛みが出ないようになります。 この方法を用いることで、完治されたり、症状が緩和されるなど、ほとんどの患者さんは治療に効果を感じるそうです。 手術 手術を行う人はあまりいませんが、日常生活に支障がでるほど指の痛みが激しかったり、変形がひどく指が全く曲がらなくなったなどの場合は、第二関節を人工関節に交換する手術を行います。 その他には、関節固定術と呼ばれる手術を用いることがあります。 これらの手術方法を用いて、第二関節にかかる負担を減らし、指の動きをスムーズにします。 食事改善 東洋医学の原因として挙げられている腎臓が関係していると考えた場合、食事改善が有効的だといわれています。 また、西洋医学の医師の中でも、体質改善を目的として、漢方薬を取り入れるのが効果的だと報告している方もいることや、全ての病気は生活習慣や食生活が大きく関わっていることから、間接的ではありますが食生活を見直してみることも大事なことです。

次の

ブシャール結節

ブシャール 結節 原因

「エストロゲンの量が下がってくる妊娠期、授乳期、更年期に手指の痛みが出やすいのは上記の通り。 ただ、肝心なのは女性ホルモンの減少幅です。 エストロゲンの量は 40歳前後から加速度的に落ちてきます。 速度が穏やかなら問題はないのですが、ジェットコースターのように下がるため、体がうまくついていけない。 それが更年期症状となるのです。 なかでも一番症状が重いのは出産経験者より、未出産の人。 妊娠、出産、授乳はエストロゲンを大量に消費する行為です。 それを経験しないで来ると血中の女性ホルモンのエストロゲン濃度が非常に高いままになります。 そのため、40歳前後から毎月のホルモンバランスの上がり下がりの幅が大きくなってしまい、深刻な更年期症状を抱えることになります」 「手指の腫れや痛みが使いすぎによるものではないことは、利き手以外にも発症することからも明らかです。 また、職業の特性によるものでしたら、同じ職場の人全員がなっているはずですがそうではない。 私たちの調査では、最も手指の痛み、腫れなどの症状を訴えるのは 60代ということがわかり、決して加齢によるものではありません。 産前産後にも類似した症状が出ることから、実は女性ホルモンの大きな変動期に関係していると考えられます。 生理前に女性ホルモンのエストロゲンの量が下がってくると、体が重く感じたりこわばったり、むくんだりします。 そういったエストロゲンの影響は子宮だけでなく、体中の腱や関節にも出ます。 そのために、関節や腱を使う手にも腫れや痛みが出やすくなるのです」 手の外科医である平瀬先生のもとには、駆け込み寺のように日本中から、ときには外国から手指の悩みを抱えた人が訪れます。 みなさん、長年、手指の痛みや変形で病院にかかっているにも関わらずまったく良くならない、または医師から「年のせいだから仕方がない」と言われて放置してきてしまった人ばかりだそう。 「手指の悩みの原因はリウマチじゃないか? と思っている人が医師や患者さんともにとても多いのです。 しかし、実際にリウマチの確率は 10分の 1以下。 ほとんどは非リウマチのものです。 血液検査をすればリウマチかどうかすぐにわかるのに、検査に出ない場合も『検査に出てこないリウマチもある』なんていう説明を受けてしまう。 これはとても問題です。 形成外科、整形外科、世界中で全く同じ説明を受けている人が多いのが現状です」.

次の

ブシャール結節

ブシャール 結節 原因

「エストロゲンの量が下がってくる妊娠期、授乳期、更年期に手指の痛みが出やすいのは上記の通り。 ただ、肝心なのは女性ホルモンの減少幅です。 エストロゲンの量は 40歳前後から加速度的に落ちてきます。 速度が穏やかなら問題はないのですが、ジェットコースターのように下がるため、体がうまくついていけない。 それが更年期症状となるのです。 なかでも一番症状が重いのは出産経験者より、未出産の人。 妊娠、出産、授乳はエストロゲンを大量に消費する行為です。 それを経験しないで来ると血中の女性ホルモンのエストロゲン濃度が非常に高いままになります。 そのため、40歳前後から毎月のホルモンバランスの上がり下がりの幅が大きくなってしまい、深刻な更年期症状を抱えることになります」 「手指の腫れや痛みが使いすぎによるものではないことは、利き手以外にも発症することからも明らかです。 また、職業の特性によるものでしたら、同じ職場の人全員がなっているはずですがそうではない。 私たちの調査では、最も手指の痛み、腫れなどの症状を訴えるのは 60代ということがわかり、決して加齢によるものではありません。 産前産後にも類似した症状が出ることから、実は女性ホルモンの大きな変動期に関係していると考えられます。 生理前に女性ホルモンのエストロゲンの量が下がってくると、体が重く感じたりこわばったり、むくんだりします。 そういったエストロゲンの影響は子宮だけでなく、体中の腱や関節にも出ます。 そのために、関節や腱を使う手にも腫れや痛みが出やすくなるのです」 手の外科医である平瀬先生のもとには、駆け込み寺のように日本中から、ときには外国から手指の悩みを抱えた人が訪れます。 みなさん、長年、手指の痛みや変形で病院にかかっているにも関わらずまったく良くならない、または医師から「年のせいだから仕方がない」と言われて放置してきてしまった人ばかりだそう。 「手指の悩みの原因はリウマチじゃないか? と思っている人が医師や患者さんともにとても多いのです。 しかし、実際にリウマチの確率は 10分の 1以下。 ほとんどは非リウマチのものです。 血液検査をすればリウマチかどうかすぐにわかるのに、検査に出ない場合も『検査に出てこないリウマチもある』なんていう説明を受けてしまう。 これはとても問題です。 形成外科、整形外科、世界中で全く同じ説明を受けている人が多いのが現状です」.

次の