引っ掛け シーリング コンセント。 天井引っ掛けシーリングから簡単に電源を取る方法【コンセント増設・電気工事不要】

引っ掛けシーリングの取付け方法

引っ掛け シーリング コンセント

Contents• コンセントの無い部屋に増設して生活快適 こんにちは「うぇすてりあ」です! 部屋に コンセントが無いけど、 天井にシーリング照明(よくある照明)はある・・・ それならコンセントを増設できます! こんな時に 天井付近にコンセントがあると便利です。 とにかく声が部屋の中で満遍なく届く所は、壁の下部のコンセントより 天井付近の方が声が届きやすいですからね。 このようなよく ある照明にコンセントを追加していきます。 照明を一旦外して 形状を確認してみます。 このような形状なら増設は可能です。 天井コンセント増設で探して見つけたのがこの商品になります。 という事でポチっとしてきて無事届きました! Panasonic パナソニック 【 WG4481PK】 【引掛シーリング増改 アダプタ1型】の登場です。 裏の説明、注意書きの拡大画像載せておきますね。 挿して回すだけで取り付けられます。 工具も必要ありません。 もちろん電気工事士の免許もいりません。 あとは使いたいコンセントを挿すだけです。 もうこれで コンセント増設完了です。 実に簡単に 増設できました。 このように天井にコンセントが付きました。 ここに Wi-Fi中継機や リモコンアダプターを付けるだけで 天井に赤外線の受けを作る事ができます。 後は照明器具を元に戻すだけで照明器具の根本にコンセントが増設できました。 これで私の コンセントが無い部屋にもコンセントが使えるようになったので、あとは延長コードを使って下の方に設置すれば完了です。 うぇすてりあの田舎への移住計画 親の難病介護離職と早期リタイア して軽キャン旅へ Author:うぇすてりあ 当ブログは30~60代「中高年」の 【今・未来の生活】に役に立つ 情報が詰まったブログというより 【日々更新する書籍感覚】の 新しい形となっております。 170• 108•

次の

天井引っ掛けシーリングから簡単に電源を取る方法【コンセント増設・電気工事不要】

引っ掛け シーリング コンセント

電気関係は全く理解できず、用語などが間違ってるかもしれないが、、 家庭やオフィスで使用される15A125Vのコンセントや6A125Vの引掛シーリングローゼットなどの電気器具は、125V以内の電圧で使うのは鉄則とされていますが、実際はどうですか?どうのくらいの最大電圧 正常使用)に耐えられますか?125V以上の回路に使うとどうなりますか? よろしくお願いします。 補足 負荷電流は小さいことを仮設し、過電流による器具焼損はないこと前提で耐電圧、絶縁耐力のみ考えってください。 5Aの負荷電流をかけても問題ないことになります、本当でしょうか? 200Vで使えるなら、15Aの負荷電流、すなわち3000Wの負荷を接続できるじゃないでしょうか? 電気機器を安定して使用できる電圧や電流があり、これは定格という。 電気機器は定格を超えて使用してはいけないと言うのは鉄則であるが、実際には定格を少しでも超えたらダメと言うわけではなく、一般に定格の値は余裕を持って決められており、一時的であれば定格を超えて使用できる場合もある。 例えば質問中の定格125Vのコンセントは156. 25Vまで耐えられることになる。 定格と言うのは、メーカーによって補償された使用限度と言う意味でもある、こういう意味で、定格は人為的に決められた電気機器の能力でもある、電気機器本来持っている能力より遥かに過小評価されているかもしれません。 375A以下までなら負荷をかけてよいと思います、・・・・が、 表示してある器具だけの話で実際は回路全体が安全でなければいけません。 あえて使うなら、直・交流の別、電気位相、周波数、高電圧、初期電流の有無、使用時間などにより危険度は違い、「単純でない」ので十分注意が必要です。 上に記載したとおり条件や力率の違いを検証しどこまで、安全に長時間つかえるか実証してないので言いきれませんが・・・・・。 アース付きのコンセントや200ボルト用のコンセントは+-を間違えずにつかえるので便利です。 負荷は小さいですがで10個前後のモーターをつなぎ変えて使ってます。 通電中の抜き差しはスパークするので注意しています。 ナイス: 0 目的は何なのでしょうか? 仕様外の使用は厳禁だと考えておいた方が良いと思います。 >15A125Vのコンセントや6A125Vの引掛シーリングローゼットなどの電気器具は、実際はどうのくらいの最大電圧 正常使用)に耐えられますか? 規格や法律で試験方法が定められています。 例えば、コンセントの耐圧試験 (耐電圧試験・絶縁耐力試験)についてだとAC2000Vを印加して1分間異常が無い事等と定められています。 (定格電圧等によって電圧は変わりますが1000V以上) >125V以上の回路に使うとどうなりますか? 問題は電圧だけでは無く電流とセットで考える必要があると思いますがどちらにしろ止めておいた方が無難です。 出口部分だけでは無く途中の配線等にボトルネックがあれば、出口の耐圧がいくら高くても配線が燃えれば使えません。 5Aの負荷電流をかけても問題ないことになります、本当でしょうか? >200Vで使えるなら、15Aの負荷電流、すなわち3000Wの負荷を接続できるじゃないでしょうか? JIS規格では、耐電圧試験の試験電圧は、定格電圧 E によって,2E+1 000 V とする。 と規定されていますので、15A125Vのコンセントの試験電圧は1250V1分間で、過負荷試験は、定格電流が 30A 以下のものは定格電流の 1. 5 倍の電流,定格電流が 30A を超えるものは定格電流の 1. 25 倍の電流。 で行なうとなっていますので試験電流は22. 5Aです。 一時的な電圧は1250Vに1分間耐えられ、一時的な過負荷電流は22. 5Aに耐えられる様にと言うのがJIS規格だと思います。 拠って、定格で考えると電流量は15Aを超えて使用してはいけません。 一時的なら22. 5A迄なら抜き取り試験等で耐えられる事が確認されている筈です。 JIS規格がなぜこの様な規定になっているのか等の細かな事までは分かりません。 ただ、安全マージンは考えられていますが、定格ギリギリでの常用はしてはいけないと言うのが設計等の常識だと思います。 5Aの負荷電流をかけても問題ないことになります、本当でしょうか? は間違いだと思います。 5Aは流せないと考えます。 >200Vで使えるなら、15Aの負荷電流、すなわち3000Wの負荷を接続できるじゃないでしょうか? 電圧が上がっているのに電流がそのままと言うのはないと考えます。 125V用は200Vでは常用出来ませんし3000Wの負荷を繋ぐと接点が焼損したりコンセントが溶けるかも知れません。 ナイス: 0.

次の

引掛シーリングの取り付け方法

引っ掛け シーリング コンセント

このような『爪』のついたソケットがついているので、まずはこれを・・・ 爪を、引っ掛けシーリングの溝に合わせて差込み、クルッと捻ると固定されます。 このままソケットを回してもはずれないようになっており、はずすときはソケットについているボタンを押しながら左に回します。 ソケットにフランジ(写真の金ピカの部品)をはめます。 こういうホルダーがついているので・・・ ランプカバーを当て、下からホルダーで固定します。 ホルダーは、上に押し上げながら右へ回すと固定されるようになっています。 あとはランプをねじ込めば取付け完了。 簡単ですね。 まず最初はアダプタの取付け アダプタの爪を引っ掛けシーリングの溝に入れ、右方向にいっぱいまで回すとロックがかかり固定されます。 照明器具本体の丸穴をアダプタに合わせ、アダプタ両側の爪にかかるまで上に押し上げます。 上下2段ある爪にかかると、本体が落ちてこなくなります。 アダプタのハンドル(緑のバー)を「ロック」の位置にずらします。 さらにアダプタ側のコネクタと本体側のコネクタとを差し込み、アダプタ側の電線を配線押えに引っ掛けます。 中央キャップの爪を本体の穴に引っ掛けて取付け。 最後にカバーを持ち上げ、本体に被せて右に回し、「カチン」と音がして止まると完成。 LEDシーリングライトが採り付きました。 これはリモコンで操作するタイプ 明かりの種類が、「電球」、「蛍光灯」、「食卓」、「図書館」など選べて、「保安灯」や「全灯」もあり、タイマー消灯もできます。 ライティングレールとは、スポットライトなどの小型照明器具を天井に取り付けるためのレール状の装置のことで、別名、 ダクトレール、配線ダクト、ライティングバーなどとも呼ばれるようです。 レールの内側全体に通電体が貼ってあるので、レールの途中ならどこでも照明器具が取付けられる便利もの。 わが家では寝室に取り付けていますが、雰囲気がいいのはもちろん、スポットライトでピンポイントを明るく照らせるので、暗くなりがちな衣装タンスの引き出しの中までよく見えて重宝しています。 さらにリモコン付き。 ライティングレールには、引っ掛けシーリングに取り付けるタイプももちろんあるけれど、コンセントからコードで電源を取るタイプもあり、後者だと、引っ掛けシーリングのない場所にも取付けできるわけです。 レールを付属のネジで好きな場所に固定します。 うちでは寝室の梁を利用しました。 コードが3mありますが、梁や壁をつたっている区間はモールで隠しつつ固定しています。 取り付ける照明器具は、ライティングレール用の照明器具を別途購入するんですが、これはスポットライト。 スポットライトの通電部分をレールにはめ込み・・・ カチッ!と右に回せば固定され、これで取付け完了。 きちんと固定されていますが、取り外すときはレバー(ストッパー)を下げて左に回します。 着脱が簡単なので、照明器具の位置を変えたり、器具を増やすことも簡単。 ( ただし個数はライティングレールの許容ワット数の範囲内で ) 電線を器具本体の挿し込み穴に直接挿し込むタイプの照明器具です。 これらの取付け工事をするには電気工事士の資格が必要とされているので、一般の人は残念ながらやっちゃいけないのです。 私は資格を持っているので自分でやりました。 このような照明器具が該当します。 ブラケット(壁付け照明)を例にすると、あらかじめ配線しておいたケーブルを壁にあけた穴から出し、照明器具本体の挿し込み穴に直接挿し込みます。 その後、壁に固定し・・・ ランプとカバーを取り付けて完了。 ダウンライト(天井埋め込み照明)も、蛍光灯も同じように、電線を直接本体に挿し込む方法です。 もちろん、こういう工事はその回路のブレーカーを落としてからやります。

次の