嫌われ ss fate。 ハーメルン

Fate/hollow ataraxia SS

嫌われ ss fate

アニミカ エレン嫌われ ssnote• アニミカ エレン嫌われ 作品にスターを付けるにはユーザー登録が必要です! 今ならすぐに登録可能!• アニミカ エレン嫌われ• 2886• Good• をクリックすると、その人の書き込みとそれに関連した書き込みだけが表示されます。 表示を元に戻す• その場合は、お知らせします。 ・自己満足 ・キャラ崩壊 ・アニとエレンがぐいぐい来る予定• 3 : animika好きの小5. 二人手にいれるか、余裕だな• ミカサの嫉妬が怖いのか?」 アニ「え?」 ミカサが可愛くて見てたんだけど エレン「後で、ミカサにいっとくから、心配すんなって」 アニ「?・・・・・分かった」 ミカサを見ていて聞いてなかった• 一応、さっきの会話録音しておいたけど、とりあえず、部屋に連れていくか• クリスタ「ひどい」• これ聞いて! アルミンが録音したんだけど」 ユミル「クリスタが言うなら」 ベルトルト「気になるな」 ジャン・アニ アルミンとなると、ミカサ関係か? 他にも集まってきて、ほとんどの人が聞いた ユミル「うわっ、ミカサはだいじょぶかよ」 ベルトルト「エレンさいてーだな」 ジャン・アニ「許せない、殺してやる」 アニ「みんな、エレンのこと嫌いだよな!だったらエレンをいじめちゃおう!」 みんな「賛成」• 有難う」ニコッ ミカサ「サシャ、私のご飯食べていいよ」ニコッ サシャ「私・・・・・・」 ミカサ「大丈夫だから」スタスタ• 」 キース「ミカサ、いくら力の差があっても、やりすぎではないか? まぁ、力の差があるから本気でかかったのだろう。 では、グラウンド50週 で許してやろう」 ミカサ「・・・・・・・・・・はい」 エレン「つまんねぇの!100週にしろよな!とにかく!速く走ってこい!」 ミカサ「はいっ」ガクガクブルブル• 」 エレン「首締めた。 エレンは、自覚がないが、嫌われている。 続きますけど、3日ぐらい、休みを取らせてください。 他のssを終わらせてきます。 38 : animika好きの小5. 私があの場にいたら、エレン殴りたい。 エレン以外の人は優しい。 特にアニとアルミン。 また、トリップを使用することができます。 詳しくはをご確認ください。 トリップを付けておくと、あなたの書き込みのみ表示などのオプションが有効になります。 執筆者の方は、偽防止のためにトリップを付けておくことを強くおすすめします。 本文 2000文字以内で投稿できます。 0 投稿時に確認ウィンドウを表示する このSSは未登録ユーザーによる作品です。 「進撃の巨人」カテゴリの人気記事• 「進撃の巨人」カテゴリの最新記事• 「進撃の巨人」SSの交流広場• Powered by Luilak.

次の

Fate/betrayal

嫌われ ss fate

自分の考えてる「正義」の考え方が絶対に正しい、他の他人の懸命、苦心した考えは自分が嫌だったら何も考えずに全力で否定する愚かで傲慢な所です。 人間、性格も違えば考え方も違う。 それなのに士郎はそのことすらもわからずになんでもかんでも批判するおそらく、こういうところが嫌われるんだと思います。 (型月の世界の人は特殊な生い立ちの人が多いので、仕方がないとちゃ仕方がないと思いますけど) 個人的には、日本にある数多くある作品の主人公と相性は最悪だと思いますけど。 また、正義の考え方はかなり難しいと思うのですが、私でしたら士郎の考える「正義」よりもジョジョの主人公たちの「黄金の精神」に基ずく「正義」のほうがはるかに好きです。 その心構え素晴らしいです。 そういう前向きな考え方をできるようになりたいです。 他の回答者が記述してましたが、別に幼稚でも構いません。 上にも書いた通り、そういう意味も含めた考えが絶対正しいて言い張ってる所が嫌いなのですが。 その人には、その人、相手には相手なりの考があるのですから.

次の

アニミカ エレン嫌われ

嫌われ ss fate

pixivに投稿していた作品です。 俺ガイルとFateのクロス。 登場鯖も原作通りですが、キャス子のみある事情によって若返っています。 これを書いた当時はリリィとかまだいなかったので、性格は作者が想像したものになってます。 つまりは半オリキャラ化しています。 当時の自分の中では粗野なイメージだったもので。 性格についてはその内なんかの形でフォロー入れるつもりだったんですが……FGOでクズ男が公式化しちゃったんでもういいかな。 なので当時と設定が変更されていたり、記憶がおぼろげだったり、はたまた自分の解釈そのものが間違っていたりと、公式設定とのズレが色々あると思います。 主な所で十二の試練の効果とか、アサシンの能力とか、あと紅茶の記憶とか。 ただ、先にも述べたように既に完結してしまっている作品なので、そこらのことを指摘されてももう直せません。 なので公式とのズレは独自設定ということで突っ切ります。 作者としてはアンチやsageのつもりはありませんが、人様からアンチだと言われれば否定も出来ません。 とりあえずセイバーが負けるのは我慢ならんという人は読まぬが吉。 以上のことを許容できない人はブラウザバック推奨。

次の