フライング ダイナソー。 ユニバーサル・エクスプレス・パス 4 ~ザ・フライング・ダイナソー~|USJ WEBチケットストア

USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)のザ・フライング・ダイナソーにあるJCBラウンジとは? 待ち時間なしで搭乗できる!

フライング ダイナソー

JCBザ・クラスの魅力的な特典に、日本国内を代表するテーマパークに設置されたラウンジを利用できる、というサービスがあります。 先日、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにてJCBラウンジを利用させていただきました。 JCBラウンジは予約制で1回に4名まで利用可能 まず、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJ)にあるJCBラウンジを利用するには、招待券が必要です。 この招待券は、JCBザ・クラス会員なら年に1回まで請求が可能です。 ちなみに、メンバーズセレクションにて、USJのスタジオパスがセットになった商品を希望した場合は、請求をしなくっても、JCBラウンジの招待券が同封されてきます。 この場合、同封された招待券とは別に、ザ・クラスのメンバーズデスクに電話をすれば招待券を送ってくれるので、年に2回、JCBラウンジを利用するってことも可能です。 ジェーシービーから手元に招待券が届いたら、予約制となっているので記載された番号に電話をしてUSJ内のJCBラウンジを利用する旨を伝えなくてはいけません。 何月何日の何時に行くって話を。 JCBラウンジの利用は30分交代制となっていて、毎時0分と30分に入れ替えが行われます。 希望時間に空きがあったら利用予約可能ですが、混みあっていた場合は時間の変更をしなくてはいけません。 ちなみに僕がいったときは、家族4人、オンシーズンの連休ど真ん中の11時00分でしたが空いてました。 電話予約した内容(利用日時など)を招待券に記載して、利用当日にJCBザ・クラスとともに持参すればOK!です。 30分交代制と書きましたが、多少早く着いても(5~10分)JCBラウンジが混んでなければ中に通してくれます。 ジュラシック・パークエリアに存在するJCBラウンジ ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下、USJ)にはいくつかのエリアが存在しますが、JCBラウンジがあるのは、「ジュラシック・パーク」エリアの「ザ・フライング・ダイナソー」施設内。 つまり、出口からJCBラウンジに通じる、ってことです。 常にザ・フライング・ダイナソーを楽しんだお客さんが出てくる出口なのに、看板を見た時、逆方向に進行していいのかどうか?一瞬、躊躇してしまいました。 みつけました。 JCBラウンジへと通じると思わしき扉が。 時計を見ると予約した時間の7分前くらいだったので扉を開けて受付に行くと、スタッフから利用OK!とのお言葉が。 招待券とザ・クラスの提示を求められ、それらを見せるとラウンジ内の説明をしてくれました。 JCBラウンジ内はフリードリンク 飲み物はフリードリンクとなっていますが、ペットボトルの飲料は1人1本まで。 僕が行ったとき、ペットボトル飲料はコカ・コーラやQooのリンゴ味など4種類からの選択。 ウチの子どもらはQooのペットボトルを頂いときながら全く手を付けず、カップに注いで飲むジュースばかり飲んでいました。 僕が行った日は猛暑日で、じっとしていても汗が止まらない時期。 こまめに水分補給しないと熱中症になる恐れのある日だったので、フリードリンクは非常にありがたかったです。 ただ、JCBラウンジ内はキンキンに冷えているので、外との温度差が大きく、冷えた汗でとても寒く感じました。 ザ・フライング・ダイナソーの優先搭乗も可能 USJ内に設置されたJCBラウンジ利用者に与えられた、もう一つの大きな特典があります。 それは、USJでも人気の高いアトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」の優先搭乗。 JCBラウンジを予約した際に聞かれるのですが、その際に希望すれば全員待ち時間なしで登場することが可能です。 僕には中学生と小学生の子どもがいますが、下の子は身長制限に該当するので中学生と二人でザ・フライング・ダイナソーの搭乗を希望。 JCBラウンジの利用時間残り10分になって、スタッフがやってきて、そのままザ・フライング・ダイナソーの乗り場へ向かいました。 一般客は階段を上って乗り場に向かいますが、JCBの優先搭乗を使うとエレベーターで乗り場へ案内してくれます。 希望者が少なかったこともあり、ザ・フライング・ダイナソーの最前列に案内されました。 JCBザ・クラス1枚もってるだけで、こんな待遇を受けられるとは本当にラッキーです。 人生初のザ・フライング・ダイナソーでしたが、高い位置から眺める園内の景色や、背中を掴まれて疾走する何とも言えない爽快感。 最高に楽しむことが出来ました。 ぜひ、来年もJCBザ・クラスとともにUSJへ足を運びたいと思います。

次の

フライングダイナソー 怖さは?最短ルートで行く方法

フライング ダイナソー

こんにちは! 絶叫アトラクション大好きなMEGUです! いつも一緒に遊びに行く家族や友人は絶叫アトラクションが苦手な人が多くて、「このアトラクションは怖い?」とよく聞かれます。 今回はUSJで大人気アトラクションの「ザ・フライング・ダイナソー」についてお届けします。 USJに遊びに行くなら一度は体験したいフライングダイナソーですが、絶叫アトラクションが苦手な人が乗るための怖さ対策を中心にまとめました。 怖さを少しでも軽減するためには事前に進行ルートを把握しておいたり、ユニバーサルエクスプレスパスやシングルライダーを利用して待ち時間の恐怖を減らすのもおすすめです。 またUSJに遠方から遊びに行く場合、夜中や朝早く出発する方も多いと思いますが体調を万全にしておく事も大事ですよ。 8mあり、USJで大人気の次世代型ジェットコースター。 フライングダイナソーは、映画『ジュラシック・パーク』の空を飛びまわる恐竜プテラノドンに背中をつかまれ、暴走しながら360度振り回される姿をイメージして作られたアトラクションです。 外から見ていても激しいのがよくわかりますが、実際に乗ってみると心地よく体にGがかかり、見た目とは真逆の爽快感を味わう事ができます。 フライングダイナソーは通常のジェットコースターとは異なり、うつ伏せや仰向けになったりするのでかなり激しいアトラクションです。 スタート直後、1番高いところまで登って行く時に下を歩いているゲストからも、乗っているゲストの顔が良く見えますよ! フライングダイナソーは最新技術で精密に設計・製造されたレールになっています。 絶叫が苦手な方にもぜひ一度は体験して頂きたいUSJの人気アトラクションです。 動画を見てイメージをつかんでおけば、「もうすぐ落下する」「ここで回転する」などイメージしながら乗ることが出来ますよ。 乗車時間約3分のフライングダイナソーの実際の進行ルートは下記のようになっています。 ハーネスで体を固定された後、シートが天井へと持ち上がり、だんだんと頭と体が下を向いたうつぶせ状態になります。 少しイスがガタンと揺れますが、しっかりつま先まで安全バーによって支えられているので落ちる心配はありません。 そして地上約50mの高さに達した瞬間、頭から真っ逆さまに振り落とされるような感覚で落下していきます。 これがファーストドロップです。 落下高度は37. 8m、世界最大高低差の最新鋭コースターのウリの1つとなっています。 ファーストドロップは最初の恐怖ポイントです。 落下は一瞬ですが絶叫ファンは、このファーストドロップが好きな方も多いです。 落ちるのが怖いという人は前かがみになった状態でいると浮遊感が軽減されますよ。 地面すれすれから上昇し、頂点で一気に180度旋回するインメルマン・ターン。 USJのフライングダイナソーのインメルマン・ターンは、フライング・コースターとして世界で初めて実現しました。 頭から前転するように地上に突っ込み、真っ暗なトンネル内を仰向け状態のまま地下洞窟へ進みます。 後頭部と背中に強烈な重力を感じながら、洞窟を潜り抜け、さらにアップダウンが続きます。 ダイナソーケーブの暗闇を疾走しローリングポイントの最下点に待ち受けているのは、なんと地下洞窟です。 明るい外の世界から暗闇に入るので怖さも倍増するポイントです。 ダイナソーケープの暗闇を抜けたら、ライドはラグーンへ向けて一直線で駆け抜けます! そしてディスカバリーレストランのテラスの外側、ラグーン上をターンします。 いよいよラストスパートです。 激しい遠心力、Gを感じるのでライドから落下してしまうような感覚で恐怖を感じるところです。 もちろん落ちる事はありませんが、最後までスリル満点です! 浮遊感もあるので前かがみの姿勢にすると怖さも軽減されますよ。 フライングダイナソーは2016年3月にオープンして以来、USJの中でも人気アトラクションなので待ち時間が長いです! オープン当初は500分待ちという記録を出しましたが、今はオープン当初よりも落ち着いています。 休日だと平均150分、平日だと60分程度の待ち時間で乗ることができます。 しかし、フライングダイナソーは、他のアトラクションに比べると待ち時間はあります。 昼より夜の方が比較的短い待ち時間で乗ることができるので、待ち時間を短縮したい人は夜に行くのがおすすめ! 少しでも待ち時間を短くすることによって怖さも軽減しますよ。 パークでの当日販売もありますが、売切れ次第、販売を終了します。 また、事前販売で売切れの場合は、当日販売はありません。 対象のアトラクションを何度でも繰り返し待ち時間を短縮などさまざまなサービスが付いています。 「ウォーターワールド」「ユニバーサル・モンスター・ライブ・ロックンロール・ショー」への入場ご案内、当日パーキングを無料でご利用出来ますよ。 お連れの方と別々に、1人ずつライドの空席に搭乗することで待ち時間を短縮することができます。 シングルライダーは無料で利用できます。 ただし、お連れの方と別々になりますので、注意が必要です。 通常の待ち時間よりも短い時間で乗れる事が多いのです。 しかし、通常の待ち時間とシングルライダーの待ち時間が変わらない事もあるので乗車前に確認してくださいね。 チャイルドスイッチも無料で利用可能です。 高所恐怖症の方は頂点に着くまではなるべく周りの景色を見ないように目を閉じておくと怖さが半減されますよ。 フライングダイナソーは頭から落下するので、前かがみになることで浮遊感は軽減されますよ。 フライングダイナソーに乗った時にふわっと浮くような浮遊感を何度も感じました。 フライングダイナソーは、はじめはゆっくりとライドが上昇しますが、途中から急加速して猛スピードで地面に向かって落ちて行きます。 また、フライングダイナソーの最後は、低空飛行から水平方向に激しい回転のひねりが連続していきます。 激しい遠心力、Gを感じるのでライドから落下してしまうような感覚や浮遊感を感じやすいです。 前かがみで浮遊感をあまり感じないようにすると怖さが軽減されますよ。 また、急加速、急降下、急上昇、急旋回、急停止するコースターなので、体調管理をしっかりとしてから臨みたいです。 乗り物酔いをしやすい方はフライングダイナソーに乗る前日は早く就寝して、念のため酔い止めを飲んでから乗るなど体調管理を心掛けてくださいね。 USJには夜中や朝早く出発して遊びに行く方も多いですが、人混みや天候、たくさん歩くなど普段慣れない事をして思った以上に体力を使います。 フライングダイナソーに乗る為にはしっかり体調を整えておきたいですが、USJでたくさん遊ぶために前日はしっかり寝ておくと良いですね。 外側の席はUSJの景色が見渡せておすすめですが足元が見えると怖さは倍増します。 絶叫が苦手な方は内側の座席に座ると怖さが軽減されますよ! 友人と一緒なら内側の座席を譲ってもらいましょう。 まとめ いかがでしたか? 今回はUSJのフライングダイナソーの怖さ対策を中心にお届けしました。 USJに遊びに行くなら一度は体験して頂きたいフライングダイナソー! 絶叫アトラクションが苦手な方は怖さ対策をしてから乗るとより楽しめますよ。 また、乗る直前にやっぱりどうしても怖いとなったら無理せずに乗らないという選択肢を入れておくと安心して乗れるのでは無いでしょうか。 実際に乗り場まで着いてから怖くて乗るのをやめるならクルーに声を掛けたら、列から抜けることができますよ。

次の

【USJ】フライングダイナソーは怖い?怖さ対策6選!絶叫アトラクションが苦手な人向けまとめ!

フライング ダイナソー

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)にあるアトラクション「ザ・フライング・ダイナソー」にはラウンジが用意されている。 2016年9月2日(金)より利用可能となっていたため、3連休でUSJに行くことにした。 今回はザ・フライング・ダイナソー内に設置されているJCBラウンジを利用したので紹介したい。 ザ・フライング・ダイナソーのJCBラウンジはどこにある? USJの入口から真っすぐ歩き、ニューヨーク(NEW YORK)エリアを通り、サンフランシスコ(SAN FRANCISCO)エリアからジェラシックパーク(JURASSIC PARK)エリアに向かう。 橋を渡ると直ぐに「JCB LOUNGE」と大きな看板がある。 東京ディズニーリゾートのラウンジは、知っている人にしかわからないようなインターホンが用意されていたり、スタッフに声をかけなければ案内されないなど、隠れた特典となっているが、誰でも見られるようなところに案内板があり、少し驚いた。 はじめての利用でも迷うことはないだろう。 アトラクション搭乗後に実際のザ・フライング・ダイナソーの入口を確認したが、矢印とは逆にあったため、この看板が用意されたのかもしれない。 案内板に従って歩いていくと、前からたくさん人が歩いてくる。 つまり、出口付近ということだ。 そのまま前に進むと黄色い扉に「JCB LOUNGE」と案内がある。 近くにスタッフがいたため、ラウンジの利用を伝えると、黄色い扉を開けてくれ、中に案内される。 後で気がついたが、扉の右側に休憩所があり、そちら側からも入ることができ、やはり隠された感じは無い。 黄色い扉の向こうは通路になっており、さらに左側に扉がある。 そこがJCB LOUNGEとなっている。 ザ・フライング・ダイナソーのJCBラウンジの設備は? 入室後、受付があり、受付の左(奥)にトイレ、受付の右には休憩スペースがある。 休憩スペースでは雑誌やガイドブックの閲覧が可能だ。 正面のテレビではザ・フライング・ダイナソーのアトラクション紹介やUSJのハロウィン貸し切りイベント情報等が紹介されていた。 また、ソフトドリンクも用意されており、コーヒーやカフェオレ、カプチーノなどを飲むことができる。 オレンジジュースやコーラ、お茶、水などのペットボトル飲料も頂くことが可能だ。 東京ディズニーリゾートのように、子どもが遊べるスペースはないが、ラウンジのオープン直後のためか、利用者は少ない。 通常は、アトラクション利用後にJCBラウンジに戻ることはできないが、午前中の利用者はいないとのことで、搭乗後にも少し利用させてもらうことができた。 このあたりは東京ディズニーリゾートよりも臨機応変な対応だ。 ザ・フライング・ダイナソーに待ち時間なしで乗れる「優先搭乗サービス」とは? ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや東京ディズニーリゾートのラウンジチケットの目玉はアトラクション優先搭乗だろう。 ラウンジで休憩後に優先的にアトラクションを利用できるサービスだ。 エクスプレス・パスやファストパスよりも早く利用できるため、これらのアトラクションのエクスプレス・パスやファストパスは必要ない。 この日は雨だったにも関わらず、USJのアプリでザ・フライング・ダイナソーの待ち時間を確認すると210分と表示が出た。 3時間30分待ちということだ。 ラウンジを出ると、エレベーターがあり、2階に行くと、アトラクションの搭乗口となる。 人数調整は事前にすまされているため、2階に上がれば直ぐに搭乗可能となる。 ザ・フライング・ダイナソーを利用できるクレジットカードは? JCBラウンジを利用できるクレジットカードは「JCBザ・クラス」「ANA JCBカード プレミアム」「JAL・JCBカード プラチナ」「セディナプラチナカード(JCB)」「プラチナローズカードJCB」など、JCBのプラチナカード以上のクレジットカードとなり、JCBゴールド ザ・プレミアは対象外だ。 JAL・JCBカード プラチナ、ANA JCBカード プレミアムはインビテーション無しで申し込めるため、ザ・フライング・ダイナソーのJCBラウンジ特典をすぐに利用したい場合は、これらのカードがおススメだ。 ザ・フライング・ダイナソーのJCBラウンジの予約方法は? JCBラウンジ招待券を事前に請求する必要がある。 JCBザ・クラスの場合は、ザ・クラス・メンバーズデスクに電話する。 招待券が届いたら、後ろに書かれている電話番号に電話し、直接予約を行う。 利用予定日の1ヶ月前から前日まで予約することが可能だ。 ザ・フライング・ダイナソーのJCBラウンジ利用時間は、平日10:00? 12:00、13:00? 17:00まで、土日祝は10:00? 12:00、13:00? 19:00までとなる。 1枚につき4名までと記載があり、0歳でも1名とカウントされるが、5名以上でも予約可能な場合が多い。 数人増える分には予約できるため、予約時に確認すると良いだろう。 JCBザ・クラスは、、のJCBラウンジ、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのJCBラウンジ、など、様々なラウンジを利用できるのが特徴だ。 JCBゴールドカードを保有し、毎年100万円程度利用する。 2年間100万円以上利用すると、JCBゴールド ザ・ プレミアのインビテーションが届き、さらに使っているとJCBザ・クラスのインビテーションが届くだろう。 ザ・クラスはコンシェルジュデスクの質も高く、プラチナカード・ブラックカードとしてはおススメの1枚だ。 菊地崇仁 1998年に法政大学工学部を卒業後、同年日本電信電話株式会社(現NTT東日本)に入社。 社内システムの開発、Lモードの料金システム開発、フレッツ網の機器検証等に携わり2002年に退社。 同年、友人と共に起業し、システムの設計・開発・運用を行う。 2006年、ポイント交換案内サービス・ポイ探の開発に携わり、2011年3月代表取締役に就任。 ポイント探検倶楽部に掲載されているポイントは約230種類。 ポイントやマイルを中立の立場で語れる数少ない専門家として知られる。 三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。 ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 45枚のクレジットカードを保有し、約70万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。 すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中だ。

次の