妊娠初期症状 生理痛のような痛み。 妊娠超初期~初期、注意したい腹痛・気にしなくていい腹痛|たまひよ

妊娠超初期~妊娠初期の生理痛と似ている痛みで知っておきたいこと

妊娠初期症状 生理痛のような痛み

産婦人科専門医。 長門クリニック勤務。 女性特有の月経や更年期にまつわる悩みの助けとなること、また、妊娠出産期を安心安全に過ごすお手伝いすること、を念頭に置いて日々診療しています。 妊活中の人は、生理前にいつもと違う体調の変化を感じると「もしかして妊娠!?」とうれしくなりますよね。 妊娠超初期症状は、「体がだるい」「頭痛や吐き気がする」など様々ですが、腹痛もその一つです。 今回は、生理前の腹痛が妊娠超初期症状かどうか見分けるポイントや、子宮や下腹部などに痛みがあったときの対処法などをご説明します。 生理前の腹痛の原因は?妊娠超初期症状との違いは? 生理前にある腹痛の原因 生理予定日の3~10日前にチクチクとしたお腹の痛みがある場合、「月経前症候群(PMS)」と考えられます。 PMSの症状として、腹痛以外に胸の張りや片頭痛、イライラなどがある人も。 妊娠超初期症状の腹痛の原因 妊娠超初期に見られる腹痛の原因として、ホルモンバランスの変化が考えられます。 妊娠が成立すると、「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンの分泌が始まったり、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの分泌量が増えたりと、妊娠前とはホルモンバランスが大きく変わります。 また、医学的な裏付けはありませんが、受精卵が着床したときに生じる「着床痛」を感じた、という人もいます。 関連記事 生理1週間前の腹痛は妊娠超初期症状? 妊娠が成立して間もない時期の腹痛であれば、生理予定日の1週間くらい前から感じる人もいます。 基礎体温をつけている人であれば、高温期に入ってから1週間後あたりです。 痛みの感じ方には個人差があり、子宮あたりにチクチクする痛みを感じる人もいれば、お腹全体に鈍痛を感じる人もいます。 先述の「着床痛」は、受精卵が子宮内膜に着床したときに起きるものと考えられています。 着床が完了するのは生理予定日のだいたい1週間前なので、この時期にある下腹部の痛みを着床痛と捉える人もいます。 また、着床痛のあとに「着床出血」と思われる不正出血があったという人もいますが、着床出血も妊娠超初期症状の一つです。 関連記事 生理前の腹痛が妊娠超初期症状であれば、薬には注意! 腹痛をやわらげるために薬を飲む習慣がある人もいるかもしれませんが、妊娠している可能性がある場合は、自己判断で市販薬に頼らない方が良いでしょう。 しかし、妊娠4週以降になると赤ちゃんの器官形成などに影響を与える恐れがあるため、慎重に判断する必要があります。 基本的に、着床前の段階であれば薬による影響はないと考えられますが、生理周期がずれていたり、生理予定日を勘違いしていたりする可能性もあるので、自己判断で薬を服用しないようにしましょう。 どうしても腹痛がつらいときは、医師や薬剤師に確認のうえ、妊娠中でも比較的安全に飲める薬を使うと安心です。 妊娠中は、普段の薬を飲めない、喫煙・飲酒ができないなど、日常生活での制限が増えるので、妊活中の人はそれに慣れる第一歩として考えてみてくださいね。 関連記事 生理前の腹痛が妊娠超初期症状かも…薬以外の対処法は? 生理前の腹痛が妊娠超初期症状である可能性がある場合、薬以外に試したい対処法をご紹介します。 冷えを防ぐ 痛みを少しでもやわらげるために、足湯や入浴をする、腹巻きなどでお腹を温める、温かい飲み物や食べ物を摂取するなどの方法で冷えを防ぐのがおすすめです。 また、こまめな水分補給も忘れずに。 お腹に負荷をかけない 腹痛の悪化を避けるために、お腹に力が入るような姿勢・行動はできるだけ避けましょう。 具体的には、長時間での立ち仕事を控える、重い荷物を持たない、長時間の自転車・車の運転は控える方が、お腹に負荷がかからず体が楽になります。 また、ヒールの高い靴を履くとお腹に力が入ってしまうため、スニーカーなど平らな靴を履く方が良いですよ。

次の

激痛?チクチク?妊娠初期の子宮の痛み…生理痛との違いとは?

妊娠初期症状 生理痛のような痛み

妊娠 超 初期症状は生理前の不快症状 PMS と似ている点が多いため、「妊娠なのか?生理なのか?」を判断するのは難しいです。 「普通に生理がきたと思ってたけど、妊娠していました」 「もしかして妊娠かも!と思っていたら、普通に生理でした」 というような体験談がとても多いです。 しかし、 「そう言えばアレって初期症状だったのかも…」のように、いつもの生理前とは異なった症状を体験している人も多いです。 早い時期に妊娠してることに気付くことで、お酒や生ものを控えたり、薬に気をつけたり、過度な運動をしないなど、赤ちゃんの安全のための対策ができるでしょう。 そこで 『妊娠 超 初期症状と生理前の症状を、どのようにして見分けたら良いのか?』について詳しく書いていきます。 もくじ• 生理前の不快な症状・・・月経前症候群 PMS について 月経前症候群 PMS とは? 多くの女性が経験している生理の悩みが、生理が始まる1~2週間ほど前から起こる不快症状です。 これを PMS Premenstrual Syndrome=プレメンストラルシンドローム=月経前症候群 といい、 実に50~80%の女性に起こる一般的な症状と言えます。 この月経前症候群 PMS の不快症状は、生理が始まると軽減したりピタっとおさまるのが特徴です。 生理周期によるホルモンバランスの変動と、PMSとの関係は次の図の通りです。 出典: ・プロゲステロン 黄体ホルモン ・エストロゲン 卵巣ホルモン という2つの女性ホルモンが、周期的に入れ替わるように増減して女性の身体を支配しています。 排卵後にはプロゲステロン 黄体ホルモン が急激に増えますから、それによるホルモンバランスの大きな変化が原因と言われています。 月経前症候群 PMS はどんな症状なの? 月経前症候群 PMS の不快症状は、おおまかに身体的症状・精神的症状の2パターンに分けることができます。 よくある症状をご紹介します。 身体的症状 イライラ、落ち込む、不安になる、集中力の低下、やる気がでない、急に泣きたくなる、涙もろくなる、過食になる、刺激に過敏になる、神経質になる、攻撃的になる、甘いものを食べたくなる、記憶力が低下する などなど、「うつ」などの精神疾患に似た症状も多く見られます。 妊娠 超 初期症状がおこる原因と、具体的な症状について 妊娠 超 初期症状が現れる原因とは? 妊娠すると「hCG ヒト絨毛性ゴナドトロピン 」というホルモンが分泌されます。 ・hCG ・プロゲステロン 黄体ホルモン ・エストロゲン 卵巣ホルモン は次の図のような変化をします。 このようにプロゲステロン 黄体ホルモン の分泌が増加し続けます。 プロゲステロンは胎児が成長しやすいように、子宮内の状態を整えるという重要な役割を果たしてくれます。 しかし、プロゲステロンの分泌量増加も含めた ホルモンバランスの急激な変化によって、妊娠 超 初期症状という負の側面もでてくるのです。 どんな妊娠 超 初期症状がある? 具体的な症状については 『』に書きましたが… ・腹痛・下腹部痛・頭痛がひどい・腰痛・おりものに変化がある・胸が張る・眠気がすごい・基礎体温が高い・出血する・寒気がする・乳首が敏感になる・吐き気がする・下痢になる・匂いに敏感になる・脚の付け根が痛い・寝汗をかく・目眩 めまい がする・頻尿、トイレが近くなる・だるい・イライラする・唾液が増える・お酒が飲めなくなる・歯が痛い・ニキビができる・胃痛・微熱・胸が大きくなる・ゲップが出る・鼻水が出る・食の好みが変化する・汗がすごい・喉が渇く・便秘の違い・口内炎の違い・上の子が気付く・ガス・おならが出る・情緒不安定になる・疲れやすくなる・食欲が出る・脇の痛み・立ちくらみする・喉が痛い などなどですね。 生理前症候群 PMS と同じような症状がたくさんあることが分かります。 妊娠 超 初期症状と生理前症候群 PMS を見分ける方法 上記で説明したように、妊娠 超 初期症状と生理前症候群 PMS は、両方ともプロゲステロン 黄体ホルモン の分泌量の増加が1つの原因となっていますので、似ている症状も多く見分けにくいです。 ただ、いくつか見分けるポイントがありますのでご紹介します。 『高温期が継続している』は信憑性が高い! 出典: 基礎体温の変化に関して、通常の生理時では、生理開始日になると低温期になるため体温が下がります。 しかし、 妊娠している場合は、生理開始予定日を過ぎても高温期が続きます。 2週間以上高温期が続いたら、妊娠の可能性が高いと判断しても良いでしょう。 また、妊娠した女性の体験談を見ると、 高温期が2段階あった 生理開始日になってさらに体温が上がる という人も多いです。 『高温期が継続している』は信憑性の高い妊娠 超 初期症状と言えます。 それを判断するためには、日ごろから基礎体温を日常的にはかり、身体のリズムを知っておく必要があります。 しかし、この方法だと妊娠に気付くのは、妊娠初期の段階になってしまいます。 妊娠超初期の段階 妊娠4週目まで で気付くためにはどうしたら良いのか?次に説明していきます。 下腹部痛の違い 生理前の下腹部痛は子宮収縮が原因となるので 「ギューッと内側に向かって縮まるような痛み」のような表現をされる人が多いです。 妊娠 超 初期の下腹部痛は子宮膨張が原因となるので 「ギューッと外側に向かって広がるような痛み」「チクチク」のような表現をされる人が多いです。 これは、子宮が膨張するときに、子宮まわりの靱帯も引っ張られるからです。 もし、「ギューッと外側に向かって広がるような痛み」「チクチク」のような下腹部痛だったら、もしかしたら妊娠の可能性が考えられます。 自分を知ること!いつもの生理前の症状と何が違う? などの記事でも書いてありますが…、妊娠 超 初期症状と生理前の症状は、違いがあることにはあります。 おりものであれば、臭い・量が多い・黄色い・茶色い・ピンク色・ドロドロ・水っぽい・さらさら・伸びる・粘り気があるなど。 腹痛であれば、いつもより重い鈍痛・下腹部全体の痛み・腰痛もある・チクチクなど。 ただ、妊娠した女性の共通点として 「いつもの生理前の症状とは違いがあった!」と感じている人がとても多いです。 ですので、日ごろから『自分自身の生理前の症状がどんな症状なのか?』をチェックしておくことで、「いつもと違う!もしかして…」といち早く気付く事ができるでしょう。 上で紹介した初期症状の項目などを参考に、あなたの普段の生理前の症状をノートに書いて保存しておくことをオススメします。 まとめ 以上、 ・生理前の不快な症状である月経前症候群 PMS のこと ・妊娠 超 初期症状がおこる原因や症状のこと の説明と、妊娠 超 初期症状とPMSを見分ける方法について説明させていただきました。 どちらもプロゲステロン 黄体ホルモン が大きく影響しているので症状は似てしまいますが、「いつもの生理前の腹痛とは違った」などの体験談も多く、似た症状の中にもちょっと違いがあるようです。 ちょっとした違いに気づくためにも、普段の生理前の症状を知っておくことが大切。 とくに基礎体温は信憑性の高いパラメーターになりますので、妊娠を意識し始めたら日々チェックしておくことをオススメします。

次の

【見分け方】妊娠初期の腹痛の症状!生理痛との6つの違いとは?

妊娠初期症状 生理痛のような痛み

不意に下腹部がチクチクしたり、おりものが増えたように思う。 (0歳の女の子のママ) 兆候3. 腰が痛い 妊娠すると増える女性ホルモンの影響で、腰に重い痛みが続く人もいます。 筋肉や筋を痛めたのとは違う痛みです。 兆候4. 頭が痛い 頭痛を感じる人もいます。 ズキズキする程度であれば、安静にしましょう。 妊娠している可能性がある時期は、薬を服用しないようにしましょう。 兆候5. おならが多い ホルモンバランスの変化で、腸内に悪玉菌がたまりやすくなりガスがたまる人もいます。 兆候6. 下痢気味になる おならと同様、ホルモンバランスの変化で、下痢や便秘症状が起きる人もいます。 兆候7. 眠気がある 女性ホルモンの分泌により、眠気が強く出る人もいます。

次の