大阪 コロナ 誰 の ライブ。 クラスター連鎖の可能性 大阪のライブハウスで何が起きたのか

【特定】大阪新型コロナ感染のライブハウスの名前は?場所は?出演者は?日付も調査!

大阪 コロナ 誰 の ライブ

当店ホームページのサーバーダウンにより、こちらでのご報告が遅くなり申し訳ございません。 2月29日(土)に大阪市保健所感染症対策課の医師からの連絡により高知県で感染が確認され、報道発表された新型コロナウイルス陽性患者が当ライブハウス「LIVE HOUSEArc(ライブハウスアーク)」に来場されていたことが分かりました。 また、 既に感染が判明していた府内在住の40代男性二人も参加されていたということでした。 【該当公演】 日付 2020年2月15日(土)「カツオコレクション vol. 9」 時間 開場 17:30 開演 18:00(閉館 23:00頃 ホストバンド Ba. 以降の公演も改めて衛生管理を徹底するため、保健所の指示の下、当面の間休館いたします。 中止となった公演の払戻し・振替詳細や今後の営業再開につきましては、決定次第随時ご報告いたします。 皆様にはご迷惑、ご心配をおかけし誠に申し訳ございません。 現在保健所の指示の下、館内の清掃・消毒を徹底しております。 今後も保健所と連携を取りながら対応を行ってまいります。 該当期間に当ライブハウスを利用された方で、呼吸器症状、発熱等があり感染の不安がある方は 各区保健福祉センターへご連絡ください。 なお、大阪市以外にお住まいの方は管轄の保健所にご相談ください。 LIVE HOUSE Arc 【新型コロナ感染者】誰が最初の感染者? 日々、クラスター感染と「 大阪京橋ライブハウス Arc (アーク)」で感染が拡大されたことが報道されていますが 、誰が最初の感染者なのでしょうか? 大阪京橋ライブハウス Arc (アーク)のライブ参加者で一番最初に感染が確認されたのは、 2月25日に感染が確認された40代男性です。 最初の感染者詳細(住所・症状) 住所:大阪府 年齢:40代 性別:男性 症状・経過 2月20日 木 発熱、咳 2月21日 金 発熱、咳、頭痛 2月26日 水 大阪府内の医療機関A(帰国者・接触者外来)を受診 2月27日 木 新型コロナウイルス陽性反応。 大阪府内の医療機関Bに入院 最初の感染者行動経路や症状 2月20日(木) 新幹線で大阪府外へ移動。 2月21日(金) 大阪府外から新幹線で大阪市内へ移動。 大阪市内の自宅に戻る。

次の

コロナウイルス集団感染のライブハウスでは誰のライブがあったの?

大阪 コロナ 誰 の ライブ

— 2020年 2月月19日午前4時46分PST <出演アーティスト> ZILCONIA ・GRAND COLOR STONE ・KING ・フラチナリズム <時間> 開場 18:00 開演 18:30(閉館 23:00頃 <チケット> 前売り3000円 当日3500円(別途ドリンク代600円) 2月16日(日)カツオのたまり場~Vol. 9 出演アーティスト <ホストバンド> Ba. 藤田克洋 ZILCONIA 、 ハシグチカナデリヤ、山本義則、Dr. シュウゴ YKJ <メインステージ> 今津直幸 ZILCONIA 、ナカノアツシ、RYO KING 、モリナオフミ フラチナリズム 、そよかぜ大根雄馬 <SPサブステージ> 若生 康治 YKJ 、門松良祐 <時間> 開場 17:30 開演 18:00 お客さん120名の内、30名は連絡先が特定できる前売チケット購入の方でライブハウスが名簿を持っており、ご協力で名簿入手しました。 保健所から個別アプローチします。 ただ、残り90名は当日チケット等特定が不可能です。 保健所相談センターにご連絡頂くしか方法がありません。 — 吉村洋文(大阪府知事) hiroyoshimura ライブに参加され、体に不調のある方は、近くの保健センターへお問い合わせください。 大阪市都島区のライブハウスはどこ? ライヴハウスArcには、たった一度だけやけどライヴを観に行ったことがあります。 楽しい思い出です。 どうか 風評被害に負けず、ガンガッテ下さい! — Honey-Hasamarl madadesuyo 大阪京橋ライブハウス Arc 〒534-0024大阪市都島区東野田町1-1-4 IBCビル1F.

次の

コロナウイルス集団感染のライブハウスでは誰のライブがあったの?

大阪 コロナ 誰 の ライブ

日に日に感染者が増えている新型コロナウイルス。 学校が休校になったり、イベントが中止になったり、トイレットペーパーなどの買い占めが増えたりしたことで、日常生活も変わり始めていることかと思います。 大阪のライブハウスでは集団感染の原因になったと報じられ、集団感染の危険性も増してきています。 今回、大阪のライブハウスとは別のライブハウスでも新型コロナウイルスの集団感染が発生している可能性があると発表されました。 一体どこのライブハウスで、誰が出演したライブで集団感染が発生してしまったのでしょうか。 この記事では、大阪の「別のライブハウス」の場所や、誰が出演したいつのライブで集団感染が発生してしまったのかなどをまとめていきたいと思います。 大阪「別のライブハウスで感染」の概要 今回報じられた内容によると、大阪府内で新たに感染が確認された方が9人いるうちの3人が都島区のライブハウス「大阪京橋ライブハウスArc」に訪れていて、その3人のうちの1人は大阪の「別のライブハウス」にも訪れていたということです。 「大阪京橋ライブハウスArc」では、先日集団感染が確認されたことによってニュースなどでよく見聞きしたライブハウスですが、 今回発表された「別のライブハウス」でも、今回感染が確認された方も含めて4人の感染が確認されています。 この「別のライブハウス」でも集団感染が起きている可能性があるとして、現在調査が行われています。 「別のライブハウス」は、「Soap opera classics -Umeda-」(大阪市北区西天満4-4-18 梅ヶ枝中央ビルB1階)というライブハウスです。 地図で見てみると、ここになります。 大阪「別のライブハウス」からのお知らせ 感染者が確認された「別のライブハウス」からは、以下のようなお知らせがホームページ上で発表されました。 大阪府で報道発表されております新型コロナウィルス感染症患者が 下記の該当日に来店していることが保健所からの連絡で判明しました。 2月19日は関係者として2名が参加。 2月23日は関係者として2名、お客様として1名が参加したということです。 (中略) なお、当店は2月29日 土 より3月15日 日 までのイベントは延期・中止をしております。 皆様方にはご心配をお掛け致しますが、今後も保健所の指導のもとに対応してまいりますのでどうぞ宜しくお願い致します。 現在、保健所の指示のもと店内の清掃・消毒を済ませております。 保健所の指示を受け、すでに店内の清掃と消毒は完了しているそうですね。 中略した部分には感染者が参加していたライブについて書かれていましたが、その点については次の項目で詳しくまとめていきたいと思います。 感染者が参加したイベント名、アーティスト、時間 感染者が参加したイベントは、 2月19日・23日(昼の部・夜の部)と発表されました。 ここでは感染者が何名参加していたのか、誰が出演したイベントなのか、時間帯はいつなのかもまとめていきたいと思います。 1、2月19日 この日は関係者として2名が参加していました。 行われたイベントは、 【「DREAMER」充電企画〜WE ARE DREAMER!vol. 1〜】というイベントで、18時開演・21時終了でした。 2、2月23日 この日は関係者が2名、お客さんが1名参加していました。 昼の部 昼の部で行われたのは 【「Delicious Monster」】というイベントで、13時開演・15時終了でした。 夜の部 夜の部では 【「ねっちぼっちと歌いまスターリリーナイトvol. 1」】というイベントが起こわれ、19時開演・21時終了でした。 ライブハウスからの発表にはこの情報と共に、「このイベントに参加した方は新型コロナ受診相談センターに相談をしてほしい」というお知らせもありました。 大阪「別のライブハウス」の感染者数、経路 大阪の「別のライブハウス」での感染者数は、4人と報じられています。 この4人のうち1人は都島区のライブハウスにも訪れていたそうです。 ライブハウスからライブハウスへとウイルスが渡ってしまったということですね…。 詳しい感染経路については今後正式な発表が行われると思うので、ニュースなどで最新情報をご覧ください。 大阪「別のライブハウス」いつまで休館? ライブハウスからの発表によると、保健所からの指示を受けながら清掃・消毒作業を終えたそうです。 営業再開も保健所と相談しながら進めていくと思うので、今後の発表を待ちましょう。 集団感染となると濃厚接触者となる可能性が高い従業員のこともあるので、潜伏期間も考慮したうえで営業再開をするのではないでしょうか。 ちなみに潜伏期間は多くの場合は5~6日、長い場合は12~13日ほどと言われているため、少なくとも2週間は営業休止となるのではないでしょうか。

次の