もち 米 の 蒸し 方。 もち米の蒸し方が分かりません。炊飯器で蒸しても大丈夫ですか?|お客様より

餅つきのやり方と手順と方法|餅つき道具レンタル専門店

もち 米 の 蒸し 方

もち米とうるち米の違い ところで皆さんは、もち米とうるち米の違いって何だと思いますか? 普段お家で食べられている、いわゆる 白米のことをうるち米と呼びます。 もち米は、主にお餅やおこわ、赤飯などに使われているお米の種類です。 うるち米は見た目が半透明なのに対し、もち米はうるち米よりも少し丸みがあり真っ白、さらに不透明な見た目をしています。 また、もち米はうるち米よりも粘り気があります。 これは主に デンプンの成分が違うことから来ています。 もち米は主に東アジア地域や東南アジア地域で食べられており、日本でも広く分布しています。 日本では赤飯やおこわの他、お雑煮の中に入れるお餅やちまき、おはぎなど、様々な形でもち米が使われています。 中国や台湾でも作られる中華 ちまきの中身にももち米が使われています。 もち米の研ぎ方は? では、もち米はどうやって研いだらいいのでしょうか?うるち米と同じように研いでも大丈夫なのでしょうか? 実は、もち米を研ぐ時はうるち米の時とは違い、優しく洗ってあげる必要があります。 もち米は粒が壊れやすいため、うるち米のように研ぐことはせず、 優しく洗ってあげて下さい。 洗う時は水を頻繁に入れ替えながら軽く洗うといいでしょう。 最初は軽く洗ってすぐに水を捨てます。 すぐに水を捨てる理由は、お米についている汚れやぬか臭さを取るためです。 そのあとは 4、5回程度水を替えながら、素早くそして軽くすすいであげて下さい。 あまり長く水に浸しているとぬか臭さがお米についてしまうため、ここは素早くすすいであげましょう。 水が綺麗になるまですすぐ必要はありません。 もち米はどれくらい水に浸すの? もち米が研ぎ終わったら、次は水に浸けておきます。 もち米の浸水時間は調理の方法によって違ってきます。 もち米を蒸して調理する場合は、 もち米にたっぷりと水を含ませることがポイントです。 この場合、最低でも2時間、できれば8時間程度水に浸しておくのが理想的です。 もち米を蒸す時に水を切ってしまうので、たっぷりの水に浸しておくといいでしょう。 ただし、 水を吸いすぎると仕上がりの際に柔らかくなりすぎるため、注意しましょう。 また、浸水時間は季節によって変えてあげることも大切です。 暖かい季節だと当然、浸水時間が短くなります。 特に夏場は冷蔵庫に入れて吸水させるか、こまめに水を替えてあげるなどして、 水の温度をなるべく一定にしてあげるといいでしょう。 逆にとても寒い季節は、心持ち長めにしてあげた方がいいかもしれません。 土鍋や圧力鍋を使用する場合は、 1時間程度の吸水時間が必要です。 もち米の蒸し方のポイント 吸水時間が終わったら、いよいよもち米を蒸し上げましょう。 まず水に浸けておいたもち米をザルなどに上げて、水を切っておきます。 せいろなどの蒸し器に濡れ布巾を敷き、水を切ったもち米を敷き詰めます。 この時、真ん中部分に 少しくぼみをつけるようにしてあげましょう。 蒸し器下段部のお湯が沸騰したら、もち米の入ったせいろや蒸し器の上段部分を設置して、強火のまま25〜30分ほど蒸します。 蒸し上がりは、お米の芯が残っていない程度の柔らかさ、赤飯やおこわの仕上がりを目安にして下さい。 蒸しあがったら、素早くほぐします。 布巾ともち米の間にしゃもじを滑らせ、もち米を淵からはがす要領でしゃもじを一周させます。 もち米をしゃもじで十字に切ったら、底をひっくり返して優しくほぐしていきましょう。 空気を入れてあげるようにほぐすことで、余分な水分が飛んでお米に艶が出てきます。 この場合も、蒸し上がりの目安はお米の芯が残っていない程度になります。 もち米はなぜ炊かないの? ここまでで、「もち米を炊飯器で炊いてはいけないの?」という疑問に思った人がいるかもしれません。 確かに蒸し器でもち米を蒸し上げるよりも、炊飯器で炊いてしまった方が簡単な気がします。 ただ、もち米はうるち米よりも吸水力があるため、うるち米のように 炊飯器で水を吸わせながら炊くと、もち米の仕上がりが水っぽくなりべちゃっとしてしまいます。 特にお餅を作る時は、もち米は炊き上げるのではなく、 「蒸す」ようにした方がいいでしょう。 そうでないとお餅が水っぽく柔らかすぎる仕上がりになるかもしれません。 お餅に限らず赤飯やおこわを作る時も、蒸し器で蒸しあげた方が、もち米がよりふっくらと仕上がるのかもしれないですね。 まとめ もち米をお家で使う機会は頻繁にあるわけではありませんが、 蒸し方や吸水方法などに気をつけるだけで、お家でも美味しいお餅やおはぎなどが作れるようになりますね。 何度か繰り返すうちに、もち米を扱うコツがわかってくると思います。 お家でお餅を作る人の中には、毎年その時の出来具合やその日の天候、気温などをノートにつけて、 お餅記録ノートを作っている人もいるようです。 確かに記録をつけておくと、いざという時にもち米の扱い方がもっと分かりやすくなるかもしれませんね。 皆さんも一度、お家でもち米を蒸してみてはいかがでしょう? お正月にお手製お赤飯なんて、とっても素敵だと思いますよ! 合わせて読みたい:.

次の

蒸し布|餅つき道具|藤田道具

もち 米 の 蒸し 方

餅つきは、段々消え去りつつある、懐かしい行事ですね。 私の田舎でも、私が子供の頃よくやっていて、私も手伝いましたが、20年以上前から、人手が不足でやらなくなりました。 正月はプロの餅屋さんから鏡餅も含め買うようです。 近所に、経験者とかがおられて教ええてもらうとかしないと、全員が素人だとかなり厳しいかと思います。 もち米は、普通の釜で、普通の米のように炊くと、先に熱でどろどろになった部分が邪魔をして、もち米の塊の内側に高熱が伝わりにくくなり、うまく炊けない。 むらができる、と聞いています。 それを防ぐために蒸すという方法が古代から定着してきたようです。 蒸す方法だと高温の水蒸気が米の塊の奥のほうまで入り込むのであまりむらなくいい具合に火が通るのだと。 最近の電気炊飯器は、もち米というmenuがあるらしいのですが、詳細は分かりまさん。 普通の米のようにもち米を炊くとうまく行かないところ、何か対策をしてうまく炊けるようにしたのでしょうね。 これで杵と臼でもちをつくことが出来るのかわかりません。 釜メーカーに聞いてみるか、実際試してみるか---- 大変困難な実験でしょうがうまくいくといいですね。 1.餅搗きをする前に、杵の頭に水を含ませる(杵の頭が欠けたり木片が餅に入るのを防ぐため)木臼の場合はよく洗い、臼に水を張って水分を含ませておく。 枯れた状態のまま杵で搗くと臼が割れる可能性が高い。 2.もち米は水洗いし、6~8時間程度水に浸しておき、ザルに開けて水切をする。 3.蒸し器がない場合は炊飯器のもち米とかかれた表示に合わせて炊く。 4.炊けたもち米は、臼にうつす。 5.臼に開けたもち米は臼の外周に沿って杵の柄を腰に当てるか沿わせて体重をかけ、もち米を臼に圧し付ける。 適宜、ヘラや杓文字(しゃもじ)を用いて裏返し、満遍なく手早く粘りを出すようにする。 6.もち米全体がヘラや杓文字で持ち上げたときに一体になる程度に粘りが出始めたら搗き始めの目安になる。 最低限度の状態としては杵で搗いたときに蒸した米が飛散しない程度。 この時の表面は米の形が識別できるものと餅状になったものが混ざった状態になっているはずです。 7.日常的に目にする餅つきのように杵で搗き始めるが、粘りが増すごとに杵と餅がくっつくので手水(てみず:あらかじめ桶に水を入れておき、手を水で濡らし餅の表面に水分を与えること)。 なお、蒸して数分しか経過していないので表面は炊きたてのご飯と同じに相当に熱い、餅の表面を濡れた手のひらで叩く程度で良い。 手水が多いと餅を搗いている最中は柔らかいが、後で延ばしたり成形するときに固くなりやすく、先々カビが生えやすくなる。 8.搗き終わった餅は餅取り粉(打ち粉、片栗粉でも良い)をまぶした板(餅用の板か、大きなまな板)の上に置き、好みの形状に成形する。 餅つきが終わった後の杵と臼はタワシ等で表面の餅を必ず取り去る。 餅が残っているとすぐにカビる。 注意点では無いですが、経験のある大人に指導してもらったほうが良いです(できれば事前に一度搗いて見た方がいいです)、当日もたち会ってくれる人を探した方がいいですね。 まず初めてだと、餅にならない可能性があります(上記を読んですぐに実践出来るとは思え無いので)。 餅つき機のレンタルでも良いかもしれませんが、何事も経験なので、できれば杵と臼を使ってやってみてください。 学校の周りが住宅街なら、近所の子ども会や、町内会などで必ず搗ける大人がいると思いますので、そう言う人を探して、お願いするのも勉強になると思います。

次の

餅つきの準備と手順、やり方のまとめ:白ごはん.com

もち 米 の 蒸し 方

もち米とうるち米の違い ところで皆さんは、もち米とうるち米の違いって何だと思いますか? 普段お家で食べられている、いわゆる 白米のことをうるち米と呼びます。 もち米は、主にお餅やおこわ、赤飯などに使われているお米の種類です。 うるち米は見た目が半透明なのに対し、もち米はうるち米よりも少し丸みがあり真っ白、さらに不透明な見た目をしています。 また、もち米はうるち米よりも粘り気があります。 これは主に デンプンの成分が違うことから来ています。 もち米は主に東アジア地域や東南アジア地域で食べられており、日本でも広く分布しています。 日本では赤飯やおこわの他、お雑煮の中に入れるお餅やちまき、おはぎなど、様々な形でもち米が使われています。 中国や台湾でも作られる中華 ちまきの中身にももち米が使われています。 もち米の研ぎ方は? では、もち米はどうやって研いだらいいのでしょうか?うるち米と同じように研いでも大丈夫なのでしょうか? 実は、もち米を研ぐ時はうるち米の時とは違い、優しく洗ってあげる必要があります。 もち米は粒が壊れやすいため、うるち米のように研ぐことはせず、 優しく洗ってあげて下さい。 洗う時は水を頻繁に入れ替えながら軽く洗うといいでしょう。 最初は軽く洗ってすぐに水を捨てます。 すぐに水を捨てる理由は、お米についている汚れやぬか臭さを取るためです。 そのあとは 4、5回程度水を替えながら、素早くそして軽くすすいであげて下さい。 あまり長く水に浸しているとぬか臭さがお米についてしまうため、ここは素早くすすいであげましょう。 水が綺麗になるまですすぐ必要はありません。 もち米はどれくらい水に浸すの? もち米が研ぎ終わったら、次は水に浸けておきます。 もち米の浸水時間は調理の方法によって違ってきます。 もち米を蒸して調理する場合は、 もち米にたっぷりと水を含ませることがポイントです。 この場合、最低でも2時間、できれば8時間程度水に浸しておくのが理想的です。 もち米を蒸す時に水を切ってしまうので、たっぷりの水に浸しておくといいでしょう。 ただし、 水を吸いすぎると仕上がりの際に柔らかくなりすぎるため、注意しましょう。 また、浸水時間は季節によって変えてあげることも大切です。 暖かい季節だと当然、浸水時間が短くなります。 特に夏場は冷蔵庫に入れて吸水させるか、こまめに水を替えてあげるなどして、 水の温度をなるべく一定にしてあげるといいでしょう。 逆にとても寒い季節は、心持ち長めにしてあげた方がいいかもしれません。 土鍋や圧力鍋を使用する場合は、 1時間程度の吸水時間が必要です。 もち米の蒸し方のポイント 吸水時間が終わったら、いよいよもち米を蒸し上げましょう。 まず水に浸けておいたもち米をザルなどに上げて、水を切っておきます。 せいろなどの蒸し器に濡れ布巾を敷き、水を切ったもち米を敷き詰めます。 この時、真ん中部分に 少しくぼみをつけるようにしてあげましょう。 蒸し器下段部のお湯が沸騰したら、もち米の入ったせいろや蒸し器の上段部分を設置して、強火のまま25〜30分ほど蒸します。 蒸し上がりは、お米の芯が残っていない程度の柔らかさ、赤飯やおこわの仕上がりを目安にして下さい。 蒸しあがったら、素早くほぐします。 布巾ともち米の間にしゃもじを滑らせ、もち米を淵からはがす要領でしゃもじを一周させます。 もち米をしゃもじで十字に切ったら、底をひっくり返して優しくほぐしていきましょう。 空気を入れてあげるようにほぐすことで、余分な水分が飛んでお米に艶が出てきます。 この場合も、蒸し上がりの目安はお米の芯が残っていない程度になります。 もち米はなぜ炊かないの? ここまでで、「もち米を炊飯器で炊いてはいけないの?」という疑問に思った人がいるかもしれません。 確かに蒸し器でもち米を蒸し上げるよりも、炊飯器で炊いてしまった方が簡単な気がします。 ただ、もち米はうるち米よりも吸水力があるため、うるち米のように 炊飯器で水を吸わせながら炊くと、もち米の仕上がりが水っぽくなりべちゃっとしてしまいます。 特にお餅を作る時は、もち米は炊き上げるのではなく、 「蒸す」ようにした方がいいでしょう。 そうでないとお餅が水っぽく柔らかすぎる仕上がりになるかもしれません。 お餅に限らず赤飯やおこわを作る時も、蒸し器で蒸しあげた方が、もち米がよりふっくらと仕上がるのかもしれないですね。 まとめ もち米をお家で使う機会は頻繁にあるわけではありませんが、 蒸し方や吸水方法などに気をつけるだけで、お家でも美味しいお餅やおはぎなどが作れるようになりますね。 何度か繰り返すうちに、もち米を扱うコツがわかってくると思います。 お家でお餅を作る人の中には、毎年その時の出来具合やその日の天候、気温などをノートにつけて、 お餅記録ノートを作っている人もいるようです。 確かに記録をつけておくと、いざという時にもち米の扱い方がもっと分かりやすくなるかもしれませんね。 皆さんも一度、お家でもち米を蒸してみてはいかがでしょう? お正月にお手製お赤飯なんて、とっても素敵だと思いますよ! 合わせて読みたい:.

次の