赤ちゃん うつぶせ寝 危険。 1才までは「うつぶせ寝」させちゃダメってホント?| たまひよ

赤ちゃんのうつぶせ寝は、いつから大丈夫?注意点などまとめ

赤ちゃん うつぶせ寝 危険

我が子が寝返りをできるようになった!とその成長に喜んだのもつかの間、気がつくと寝るときに勝手にうつぶせに。 このまま寝かせていていいの?それとも起こしてでも仰向けに戻したほうがいい?戻してもまた気がつくと自分でひっくり返ってうつぶせに戻ってしまうし、うつぶせで寝るのが好きなのかな?と疑問に思うお父さん、お母さんもいますよね。 実は「1歳を超えるまではうつぶせ寝は避けましょう」というのが厚生労働省の推奨です。 それは何故なのか、うつぶせの危険性と対処方法を知っておきましょう。 赤ちゃん・新生児のうつぶせ寝はなぜ危険なの? どうしてうつぶせ寝は、避けたほうがいいのでしょうか。 それは主に以下のようなリスクがあるためです。 窒息 赤ちゃんや新生児は自分で一人で好きな方向に顔を向けたり、首を動かすことができません。 上を向いている時に左右に首を動かしたり、家族の方を向いたりする動きは生後2ヶ月頃から出来ます。 また、首すわりが早い赤ちゃんは起きているとき、うつぶせの状態で首を持ち上げられる子もいるでしょう。 しかし、大人のように寝ている間に自由に首を動かせるほど体が発達している訳ではありません。 特に、仰向きからうつぶせになる寝返りは出来ても、 うつぶせから仰向きになる寝返りがえりが出来ない赤ちゃんも珍しくないのです。 よって、お腹を下にして寝ている間に、掛け布団、敷布団、クッション、またはぬいぐるみ等によって呼吸が妨げられた場合、苦しくても自分で首を動かせずに窒息してしまうことがあります。 消費者庁の発表によると、2010年から2015年までの5年の間に160人の赤ちゃんが睡眠時の窒息で亡くなっており、最も多かった窒息の直接原因は、 顔がマットレスに沈んで埋まってしまった(33件)、次に多かったのは 掛け布団や毛布が首に巻きついた・顔の上にかぶさった(17件)、 壁とベッドの間に顔が挟まれる(13件)と続きます。 乳幼児突然死症候群(SIDS) 乳幼児突然死症候群(SIDS:Sudden Infant Death Syndrome)という病気があります。 これは、なんの問題もなく平和そうに眠っていた赤ちゃんが、突如死亡してしまうものです。 1歳に満たない赤ちゃんの死亡理由で第3位であるこの病気は、毎年100人以上の子供の命を奪っていますが、原因ははっきりと分かっていません。 原因はわかっていないものの、リスクファクターはいくつか分かっています。 うつぶせ寝はそのリスクファクターのうちの一つです。 乳幼児突然死症候群は仰向けで寝ていた赤ちゃんにも起こり得るので、 うつぶせ寝が必ずしも悪い訳ではないのですが、亡くなっていた時にうつぶせだった赤ちゃんの方が仰向けだった赤ちゃんより多いと報告されています。 よって、この乳幼児突然死症候群のリスクを下げるためにも、うつぶせ寝は避けましょう。 また、「赤ちゃんの近くでタバコを吸わない」「できる限りお母さんの母乳で育てる」ということも乳幼児突然死のリスクを下げると報告されているので、合わせて覚えておきましょう。 うつぶせ寝の具体的な対策 冒頭で、厚生労働省は1歳まではうつぶせ寝を避けましょうと推奨していると述べました。 これは子供が自分で寝返り・寝返りがえりが自由にできるようになるまでの目安です。 しかし、中には仰向けに寝かせても気がつくと自分でうつぶせに寝返りをして寝てしまう子もいます。 家族の誰かが気がついて、また仰向けに戻してあげられるときはいいのですが、夜にみんなも寝ているときはそれが難しいかもしれません。 そんな時でも安全に赤ちゃんもご家族も安心して眠れるように、あらかじめ対策をしておきましょう。 どうしても自分でうつぶせになってしまう時の対処法• 顔が埋もれない固めのベッドにする:フカフカなベッドでは赤ちゃんの顔が埋もれて窒息してしまうことがあります。 ベッドや壁の間に隙間を作らない:赤ちゃんの顔がおさまってしまうような隙間は作らないようにしましょう。 クッションやぬいぐるみを周りに置かない:顔を埋められるようなものは近くに置かないようにしましょう。 掛け布団は軽いものを使う:重い掛け布団だと、赤ちゃんの力で必要な時に布団を払えない可能性があります。 特におくるみをするときは注意:周りのものが顔にかかっても手が不自由になっているので赤ちゃん自身でどうにも出来なくなってしまいます。 おくるみをする時は赤ちゃんの周りのものに不必要なものは置かないようにしましょう。 一人で自由に寝返りができる子供はうつぶせでも大丈夫? 「うちの子は1歳も超えたし、自分でコロコロ寝返りもしているし、うつぶせで寝かせていても大丈夫だよね」と思う方がもう少し知っておくべきことがあります。 寝ている間にどうしてもうつぶせになってしまう子の中には、仰向けで寝るのは呼吸が苦しいため、自分から自然に途中で横向きやうつぶせに向きを変えて寝てしまう子供もいるのです。 この場合、うつぶせ寝が悪いのではなく、 うつぶせ寝が別の病気のサインである可能性があるということです。 喉の奥のリンパ組織は、大人よりも子供の方が大きいのが正常です。 しかし、その正常以上にアデノイドの肥大をみる子供は少なくありません。 このような子供は、仰向けで寝ていると、舌も喉の奥に下がることと合間って気道が狭くなり、呼吸が苦しくなってしまうため 、呼吸が楽な位置を探してうつぶせになるのです。 これが頻繁に続くと 睡眠時無呼吸症候群になります。 中には、単純にうつぶせ寝の方が寝やすくその姿勢を好んでいるだけの子供も多くいるので、あまり過敏に心配しなくても大丈夫ですが、うつぶせで寝ていると無呼吸の状態になっている時に親が気付きにくいので、よく観察してあげることが大切です。 朝起きてきたばかりなのに疲れているように見える、日中の集中力がない、といった様子が見られる子どもは、無呼吸により睡眠の質が低下しているサインである可能性もあるので、要チェックです。 うつぶせ寝だけじゃない!睡眠時の他のリスクは? 窒息事故の原因になるのはうつぶせ寝だけではありません。 睡眠時の窒息の原因として、家族の体の一部で圧迫される事も挙げられます。 添い寝は夜間の授乳も楽ですし、スキンシップの時間も増やすこと出来るので親にとっても安心で、日本では添い寝をしながら寝る家庭が多く見られます。 しかし、大人も子育てでクタクタになっていると一緒に深い眠りに落ちてしまうことは避けられないでしょう。 隣に寝ている大人が、身体で赤ちゃんの顔を覆ってしまって息が出来なくなる危険は多いにあるのです。 また、体ではなくても、大人がかけていた寝具が赤ちゃんの顔にかかってしまう事もあります。 大人の寝具は赤ちゃんにとってかなりの重さであり、そう簡単に払いのける事が出来ません。 さらには、大人のベッドから転落してしまうことによって窒息だけではなく、別の事故の可能性も上がります。 年上の兄弟・姉妹がいる場合、彼らの寝相は予測がつかないことが多いので、赤ちゃんに覆いかぶさってしまったりしないように注意が必要です。 よって、赤ちゃんと一緒に横たわっても、赤ちゃんが寝た事を確認した後に、赤ちゃんだけをベビーベッドに寝かせた方が安心です。 おすすめベビーベットの解説記事はこちら.

次の

赤ちゃんのうつぶせ寝は危険!?対策のポイントを医師が解説!

赤ちゃん うつぶせ寝 危険

ニュースでもたびたび見かける、赤ちゃんのうつぶせ寝による悲しい事故。 でも、なぜうつぶせ寝が危険なのかきちんとご存知でしょうか? 今回は、赤ちゃんのうつぶせ寝が危険な理由や、事故防止の工夫についてご紹介します。 赤ちゃんの顔が敷布団や枕・掛け布団・クッションなどに埋まってしまうことが、窒息の原因として考えられています。 特に寝返りを打てない赤ちゃんは、呼吸ができず苦しさを感じても自分ではどうすることもできません。 そのため、寝返りを自分で打てるようになるまでは、うつぶせ寝はさせるべきでないといえます。 これは、「うつぶせの方がよく眠れる」「うつぶせに寝たほうが頭の形がよくなる」という考えがあったからです。 しかし、 1980年代後半になってから 赤ちゃんのうつぶせ寝と乳幼児突然死症候群との関連性が指摘されるようになりました。 乳幼児突然死症候群とは、何の前触れもなく睡眠中に赤ちゃんが死亡するケースを指します。 平成 28年度には、乳幼児突然死症候群で 109名の赤ちゃんが亡くなっています。 乳幼児突然死症候群のはっきりした原因はいまだにわかっていませんが、 うつぶせ寝のときに発症率が高まることがさまざまな研究によって判明しています。 【厚生労働省も推奨】生後 1歳まではうつぶせ寝をさせないようにしましょう 自分で寝返りを打てるようになれば、息苦しさを感じたら自分で顔を動かしたり体勢を変えたりすることができます。 しかし、寝返りが打てないうちは、パパやママが赤ちゃんがうつぶせにならないよう十分に注意する必要があります。 赤ちゃんが自分で寝返りをできるようになるのは、生後 7カ月前後。 しかし、乳幼児突然死症候群の防止の観点からいえば、 1歳になるまではうつぶせで寝かせるのはよいとはいえません。 厚生労働省も、1歳になるまでは仰向けで寝かせることを推奨しています。 赤ちゃんの命を守るためにできる 3つの工夫 赤ちゃんが自分で寝返りを打てるようになると、睡眠中に自分でうつぶせになっていることがあります。 窒息や乳幼児突然死症候群を防ぐために以下の点に注意しましょう。 敷き布団やマットレス・枕類は、硬めのものを用意しましょう。 また、 掛け布団は赤ちゃんが自分で払いのけられるよう軽いものにしてください。 なお、赤ちゃんの寝返りを防ぐための「寝返り防止クッション」というアイテムが販売されていますが、こういったアイテムの使用はあまりおすすめできません。 このクッションによってうつぶせになるのを予防することは可能ですが、クッション自体が窒息の原因になる恐れがあります。 消費者庁からも、寝返り防止クッションの使用には十分注意するよう勧告が出されています。 睡眠中に赤ちゃんがうつぶせになり息苦しさを感じたときに、身軽に動けるよう、寝るときはなるべく薄着のほうがいいでしょう。 特に厚着をさせがちな冬場は注意が必要です。 防寒着を着たまま寝かせるのはやめましょう。 なお、厚着をさせないことで、窒息のリスクを回避できるだけでなく、汗による寝冷えや脱水症状などの予防にもつながります。

次の

【赤ちゃんのうつぶせ寝】危険なの?仰向けにした方が良い?横向きは?【大切です!】

赤ちゃん うつぶせ寝 危険

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。 うつぶせ寝が好きな赤ちゃん… 成長した子供が寝ている姿は、それぞれ特徴があって面白いですよね。 赤ちゃんの個性的な寝姿は、一体いつ決まるものなんでしょうか。 たとえば、息子は仰向けで寝ます。 手足を大きく広げて真上(ちょっと右)を向き、ある意味男らしい寝姿です。 一方、娘はうつぶせで寝ます。 手を顔や身体の下に入れて寝るため、痺れていないか心配です。 寝姿が全く違う2人の共通点は、お互い転がりまくることです。 そのため、娘がうつぶせ寝をしていても、長い髪で顔が隠れていても、それほど心配はしません。 もう3歳ですしね。 でも、赤ちゃんのうつぶせ寝は違います。 赤ちゃんは自力で思うように動けないため、うつぶせ寝をすると、枕やクッションなどで窒息の危険があります。 そのため、「本当に息してる……?」と気になり、落ち着いて眠れません。 うつぶせ寝が推奨されていた時代も ところで、年配の方から「赤ちゃんはうつぶせ寝の方が良いよ。 」と聞いたことはないでしょうか。 実際、1980年代には赤ちゃんのうつぶせ寝を勧める本も何冊か発刊されています(あえて書籍名は載せませんが)。 小さな赤ちゃんのうつぶせ寝が危険なことは、今の育児では当たり前ですが、なぜうつぶせ寝が勧められていた時期があるのでしょうか。 今回は、うつぶせ寝のメリットとデメリット、子供がうつぶせ寝でも安心なのは何歳からなのかについてお話したいと思います。 赤ちゃんのうつぶせ寝のメリット まずはうつぶせ寝のメリットです。 「赤ちゃんのうつぶせ寝はあり得ない!」という人もいると思いますが、一応メリットもあります。 寝付きが良くなる うつぶせ寝は、赤ちゃんがママのお腹の中にいる体勢に近いため、寝付きが良いと言われています。 実際、3歳の娘もうつぶせの方が寝付きが良いです。 というか、うつぶせでしか寝ません。 眠りが深くなる うつぶせ寝は、寝付きが良くなるとともに眠りが深くなる効果があります。 理由は、うつぶせの方が胎児のときの姿勢に似ていて赤ちゃんが安心すること、もう1つが仰向けに寝ると臓器が背中側に圧迫されて寝苦しくなるため、うつぶせ寝の方が寝付きが良くなるというものです。 頭の形が良くなる 赤ちゃんの頭はやわらかいため、仰向けに寝ると成長の過程で少しずつ後頭部が平らになっていきます。 いわゆる絶壁ですね。 うつぶせ寝をすると頭が押さえつけられないため、後頭部が丸い形のまま育っていきやすくなります。 ただし、ちょっとでも横を向くと、長頭傾斜の原因になってしまいます。 赤ちゃんのうつぶせ寝のデメリット うつぶせ寝のデメリットは、赤ちゃんが身動きがとれなかったり、気持ち的には楽でも体が無理な体勢をとることで起こります。 窒息する可能性がある 生後間もない赤ちゃんは、首がすわっていないため自分で頭を持ち上げたり、頭の位置を変えられません。 また、首がすわった赤ちゃんでも、自由自在に頭を動かせるわけではないため、布団が沈んでしまったり、枕で口や鼻が塞がれると窒息する可能性があります。 身体に熱がこもりやすい うつぶせ寝をすると身体に熱がこもり、汗をかきやすくなります。 夏は気をつけているので良いのですが、春や秋など肌寒い時期にしっかり布団をかけると、いつの間にか汗びっしょりです。 放置すると風を引くので、夜中にパジャマを着替えさせることが週に何度もあります。 乳幼児突然死症候群(SIDS)の可能性がある 乳幼児突然死症候群(SIDS)は、赤ちゃんが眠っている間に突然死してしまう病気で、生後1-6か月ごろに多く見られます。 明確にはわかりませんが、窒息や身体にこもる熱が大きな原因だと考えられています。 そのため、乳幼児突然死症候群(SIDS)は仰向け寝よりもうつぶせ寝の方が発生率が高くなります。 子供のうつぶせ寝はいつから安全? たとえ、うつぶせ寝で赤ちゃんの寝付きが良くなったり、眠りが深くなるメリットがあるとしても、赤ちゃんの健康リスクには替えられません。 リスクがある時期は、なるべくうつぶせ寝をさせたくないのが親の本音です。 とはいえ、仰向けで寝た赤ちゃんがいつ寝返りをしてうつぶせになるかわからないため、その度に起きて仰向けに戻すのは大変ですよね。 わたしも、子供たちが小さいころは心配で夜中に何度も目が覚め、うつぶせを見つける度に仰向けに戻して……を繰り返し、寝不足になっていました。 うつぶせ寝がとくに心配な時期 うつぶせ寝がとくに心配な時期は、赤ちゃんが何とか寝返りができるようになった時期から、簡単に寝返り返りでゴロンゴロン転がれる様になるまでです。 早い子で生後3か月過ぎ、一般的には生後4-5か月から生後5-6か月までの期間、ママは赤ちゃんのうつぶせ寝が心配で眠りが浅くなります。 この時期に夜泣きが重なると、睡眠不足が続きます……。 赤ちゃんのうつぶせ寝対策は? 睡眠時間を削って様子を見る 「うつぶせ寝のやめさせ方」「うつぶせ寝の矯正方法」などの本や雑誌をときどき見かけますが、うつぶせ寝の危険が高い時期(乳児の間)が過ぎれば、あまり神経質になる必要はありません。 「とりあえず危険な時期を避けられれば良いかな。 」というママは、赤ちゃんを危険から守るために、しばらくは睡眠時間を削ってお世話をしてください。 寝返り防止用マットを使う もちろん、うつぶせ寝は1歳を過ぎてもデメリットがあるため、うつぶせ寝をさせない育児方針であれば、矯正をしても良いと思います。 うつぶせ寝防止策・矯正策としては、寝返り防止用マットがあるので試してみましょう。

次の