ラッセル・スクエア ホテル。 ヒースロー空港からラッセルスクエア駅への移動について質問...

過去ログ

ラッセル・スクエア ホテル

180㎡(55坪) 着席80名 立食100名• 86㎡(26坪) 着席40名 立食50名• 240㎡(73坪) 着席130名 立食200名• 340㎡(103坪) 着席200名 立食400名• 300㎡(91坪) 着席160名 立食250名• 195㎡(59坪) 着席96名 立食110名• 180㎡(55坪) 着席80名 立食100名• 86㎡(26坪) 着席40名 立食50名• 240㎡(73坪) 着席130名 立食200名• 340㎡(103坪) 着席200名 立食400名• 300㎡(91坪) 着席160名 立食250名• 195㎡(59坪) 着席96名 立食110名•

次の

Top 10 Hotels Closest to Russell Square in London (from ¥6,414/night)

ラッセル・スクエア ホテル

ロンドンの地下鉄について少し説明させていただきます。 まず、料金設定が日本と違い、下車駅までいくら…というものではなく、エリアで分けられています。 ロンドンの中心から円上に、ZONE12…と広がっていき、エリア内は一律料金で、どこまで乗っても同じ金額になります。 基本的に、主だった観光地はZONE1の中にあります。 さて、質問についてですが、ヒースロー空港はZONE6になります。 つまりだいぶ外側。 ラッセルスクエアまで一時間ちょっと…って感じですね。 トラベルカードは一日乗り放題の乗車券です。 なので、ZONE2までのチケットを空港で買えば使えるのは使えます。 が、到着日は当然ですがあまり時間もなく、そんなに電車には乗らないはずなので、どうせなら別の日に使った方がお得です。 じゃあ、どうするかという話ですが、普通にZONE1までの切符を買ってもいいんですが、ロンドンは電車の運賃がめっちゃ高いです。 なので、もしその後も利用されることがあるなら、オイスターカードを購入します。 これは、電子マネーで、関西の『ICOCA』関東の『Suica』に相当します。 事前にいくらか窓口で料金をチャージしておき、同じ要領で使います。 これを使うとぐっと料金が安くなります。 もちろん、5ユーロ以上残高があれば、あとで返金してもらえるという制度があるので安心ですし。 空港の地下鉄乗り場で買えますので、ぜひ利用してください。 ちなみに電車だけでなくバスも乗れます。 補足になりますが、 ロンドンの地下鉄はすべてのラインに色分けがされており、乗り換え時も、ちゃんと矢印が出ているのでそんなに難しくないですよ。 むしろ各停しかないから日本の電車よりずっと分かりやすい。 たくさん走っていて数分置きに来るので、待たされることもほとんどありません。

次の

Visit Russell Square in London

ラッセル・スクエア ホテル

ラッセルスクエア駅 体力に余力があった今回は、地下鉄でヒースロー空港まで行くことにしました。 ブルームズベリーあたりからだと、ラッセルスクエア駅からヒースローまで直通のピカデリーラインに乗れます。 ヒースローから直通だし、24時間オープンしているスーパーなどもあるので、この辺のホテルに泊まる人も多い人気のエリアです。 ラッセルスクエア駅にはリフトがあるんですけど、どうしても15段くらい階段を上らなきゃいけないので、要注意ではあります。 その辺、ちょっとキツイんですけど、なんといってもオフピーク時間で、オイスターカードを使って乗れば、ヒースローまで£2. 4(約312円)ですから。 ロンドンの地下鉄 都営地下鉄大江戸線より狭い感じです。 ラッセルスクエア駅からヒースロー空港駅までは、まともに動いている場合、約1時間かかるので、遠慮せずに席が空いていたら座った方が良いと思います。 ヒースローまで着いてしまえば、後はすごい楽です。 駅を離れる前に、窓口でのオイスターカードの清算をお忘れなく~。 ヒースロー空港での免税手続き 搭乗手続きに入る前の免税手続き、これがちょっと面倒なんです。 帰りの飛行機の時間に寄っても、窓口の込み具合って違うと思うんですけど、 一番多いと思われる夕方発の便を利用する場合、かなり時間の余裕を持って免税手続きの窓口へ並んだ方が良いです。 昨年の11月初旬のオフピーク時でしたが、私は2時間強は並びました。 多分、春から秋口のピーク時にはもっとかかるんだと思います。 どうやら中華圏や中東圏方面への夕方便も多いらしく、買い物威力が凄い彼らの免税手続きの書類は広辞苑並みの厚さの量で、その分、時間がかかる、かかる。。。 時間の余裕があまりなくって、免税書類が数件(戻りが数千円レベル)しかない場合は、諦めちゃった方が無難かもしれません。

次の