ストライク ゾーン 意味。 ストライクゾーンの定義を図を使ってわかりやすく解説【野球人必見】

女なら誰でもいい!?男のストライクゾーンが9割の本当の意味とは?

ストライク ゾーン 意味

「ストライクゾーン」 今までで一番しっくりくるブログタイトルを見つけた気がします。 ブログタイトル。 それは、ブロガーなら誰もが気にするポイント。 なぜなら 「どんなブログか一目(一言)でわかるもの」 「キーワードとして適正(競合が少ない)なもの」 「独自性のあるもの」 など、ブログタイトルといっても、それは子どもの名前を付けるくらい気を使うものなのだ。 (子どもいないけど) イキがってキラキラネームをつけすぎたブログタイトルは変更可能だけど、自分の子どもは一生イタイ思いをして生きるので気をつけましょう。 話が逸れそうなので、進めていきますね。 ストライクゾーンとは? 今回定めたストライクゾーンというブログタイトル。 サブタイトルにも書いていますが、この場合のストライクゾーンは「自分の好き」という意味を込めています。 自分の好きなことをする。 自分の好きな人といる。 自分の好きな場所に住む。 自分の好きなところへ行く。 「好き」とは非常に曖昧で、その好きは、明日突然「嫌い」に変わるかもしれない。 だからこそ、「今の自分の好き」を、自分自身が明確に知っておく必要があります。 「今の自分の好き」がわかっていないと、自分が大して好きでもないことに時間や労力を使うことにもなります。 自分の人生の時間は有限なので、大して好きでもないこと、やりたくもないことに時間や労力をかけるなら、もっと自分の好きに集中したい。 ぼくはそう考えています。 自分の好きを知る方法 日頃生きている中で 「あ〜いいな」って思う人、こと、もの、場所などはありませんか? それを全て文字に起こすと、「今の自分の好き」が見えてきます。 「今の自分の好き」を全て把握している人は意外と多くないので、これだけでもやってみてください。 ぼくは紙とペンを使ってアナログ的に記録していますが、スマホのメモ機能でもいいです。 文字に残して、見返すことができれば。 このメモに完成形はなくて、常に書き加えていきます。 達成した、手に入れた「好き」があれば、二重線で消しています。 世界一周に行きたい• ポルシェに乗りたい• エッフェル塔が見たい• スカイダイビングしたい• GUCCIの財布が欲しい• 彼氏(彼女)と一緒に暮らしたい• 5つ星レストランでステーキを食べたい など。 何でもいいので、思いついたものから順に書き足していきます。 ぼくは大体A4用紙3枚分くらいに書いた紙をいつも持ち歩いています。 書いたら常に携帯して、常に見返して、「自分の好き」を理解します。 好きを知っていると毎日が楽しくなる 自分が好きなものって、わかっているようでわかっていないもの。 だからこそ、把握できただけで毎日が楽しくなります。 理由は最初にも書きましたが、好きがわかると、好きでもないものを人生の中に取り入れなくなるから。 日常が好きで溢れていきます。 ちょっと私ごとですが、このブログ、結構雑記ブログで書きたいこと書いてきました。 「ブロガーとしてそれはどうなん?」 ってツッコミは置いておいて、雑記ブログで書き続けて来た理由は単純に方向性が定まらなかったから。 自分がどんなジャンルを書いたらいいかずっとわからんかった。 ストライクゾーンって言葉を、野球以外で拾い上げた時「これだ!」ってものを感じました。 これまで6年近く書き続けて来た内容は、アフィリエイト報酬やアクセス数狙いで書いた「ウケそうな記事」ではなく、ぼくのリアルそのものだったから。 もちろんこれからも。 自分が好きな場所。 自分が好きで愛用しているもの。 自分が好きなこと。 それで十分じゃないかと。 人間、好きなこと語っている時が一番キラキラする。 オタクはアニメ語らせたら輝くし。 高校野球好きの親父には甲子園を語らせたらずっと喋るし。 ラーメン好きにはラーメン語らせたら輝く。 みんな、そこに資格もキャリアも実績も関係なくて。 自分が見てきた好きを語る時が、人は一番輝くんだ。 売りたくもない会社の商品を営業するよりも、自分が好きなもの語った方が楽しいし勝手に売れる。 そう思いませんか?営業職のみなさん。 自分のストライクゾーンの中で生きよう ぼくのストライクゾーンと、あなたのストライクゾーンは違います。 だから、ぼくにとってはどストライクでも、あなたにとってはクソボールってこともあります。 その逆も然り。 でも、そうなんだから仕方ない。 ぼくはぼくのストライクゾーンを見極めればいいし、人のストライクゾーンにとやかくいう必要もない。 もともと違うストライクゾーンで生きているのだから。 違うのだから、批判も反対も妬みも争いも競うことも必要ない。 ぼくの好きが、誰かのきっかけになればいい。 そう思って、ぼくはぼくの好きを発信していきます。

次の

ストライクゾーンについて

ストライク ゾーン 意味

もくじ• ストライクゾーンの定義 そもそも ストライクゾーンの定義に関しては 「 公認野球規則」という野球のルールブックにあたる規則に次のように書かれています。 打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、 膝頭 ひざがしらの下部のラインを下限とする本塁上の空間をいう。 このストライクゾーンは打者が投球を打つための姿勢で決定されるべきである 公認野球規則 「ちょっと何言ってるか分かんない」笑 確かに書いてあることは 公認野球規則なので正しいですがそんな堅苦しい説明じゃ伝わりませんよね。 これからこの意味を分かりやすく解説していきますのでご安心を。 ストライクゾーンの高さ まずストライクゾーンの 「高さ」ですが、これだけは人によって異なります。 例えば140cmの小学生と180cmの大人では、高さの基準を一定にしてしまうと平等では無くなりますよね。 そのため体格によって高さは変わってくるのです。 ストライクゾーンの上限 ストライクゾーンの 上限は公認野球規則によると 『打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし~…』とあります。 その中間に引いた 赤いラインが ストライクゾーンの上限ということになります。 実際は「肩とズボンの中間ラインが上限で~・・・」とか考える必要はありません。 高さの覚え方としては、 脇 わきの下から 膝 ひざの下と覚えておけばOKです。 ストライクゾーンの横幅 次にストライクゾーンの 横幅です。 横幅は高さのように人によって変わることは無く、 ベースの幅がそのままストライクゾーンの幅になります。 ベースの幅はこのようになっています。 2cmと決まっていますので、ストライクゾーンも同じく 43. 2cmとなります。 ボールの直径が約7. 2cmなので、 ボール6個分ということになりますね。 これを先ほどの図に加えるとこのように ストライクゾーンの面が完成します。 ストライクゾーンの面が完成しました! ただ、ここまでは知っている人も多かったはず。 よく間違われるのはここからですここから! ストライクゾーンは「空間」である そう!ストライクゾーンは面じゃなく 「空間」です! 初めに紹介した公認野球規則にはまだ 重要な要素が書かれていましたよね。 『打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、 膝頭 ひざがしらの下部のラインを下限とする 本塁上の空間をいう。 野球中継ではストライクゾーンが面で表示されることが多い ちなみに 「本塁上の空間」とはホームベースの上の空間ということです。 つまり先ほどまでの説明で作ったストライクゾーンの面を、ホームベース上に立体化すれば本当のストライクゾーンが完成するということになります。 ここまで知っていた人は少なかったんじゃないでしょうか? では次にこのストライクゾーンを使って どのようにストライクが定義されているのか解説していきます。 これもけっこう間違って覚えている人がいるので必見です。 ストライクの定義 では、審判が 「ストライク!」とコールするのはどんな時でしょうか? 「ストライクゾーンにボールが入ったときでしょ!」と思ったあなた! 半分正解で半分ハズレです。 「え?なにがハズレ?」と思った人はこの先も見る価値あります。 でも、 ストライクゾーンにボールが完全に入らないとストライクにならないと思っているならそれは不正解です。 分かりやすいように図で説明しましょう! このように 僅かでもかすればストライクです。 分かりやすいように真上からの図で説明しましたが高さの場合も同じです。 まとめ• 高さは「 脇の下から膝の下」• 幅は 「ホームベースの幅」• ストライクゾーンは 「空間」• ストライクゾーンにかすったらどんな球でもストライク 完璧に知っていた人は優秀です! しかし大半の人はどこかしら間違って覚えていたんじゃないかなと思います。 今回の記事で正しくストライクゾーンを理解をしていただければ嬉しいですし野球が楽しくなるはずです。 もしお子さんやチームメイトなど、周りにも曖昧に覚えていそうな人がいたらこの記事をシェアしてあげてください。 野球に関しては変化球についての記事も読まれています。 こちらもあわせてどうぞ! >> それでは最後までご覧いただきありがとうございました!.

次の

ブログタイトルのストライクゾーンとは自分の好きの中で生きる、自分の好きを発信するブログって意味

ストライク ゾーン 意味

ボール! そしてストライクは3回カウントされるとアウトカウントが1つ増えて、ボールは4回カウントされるとバッターが出塁できます。 野球中継を見ると、当たり前のように聞く言葉ではありますが、改めて ストライクとボールの意味を考えたことがありますか? どうしてこう呼ばれるようになったのでしょうか? 野球が好きな管理人はとことん気になったので、今回徹底的に調べてみました! スポンサーリンク ストライクの意味とは? まずは ストライクの意味から解説していきます。 ストライクとは正式には英語で「 Strike」と表記し、ピッチャーの投げた球に対して下される判定の一つです。 テレビの画面上や球場のバックスクリーンでも、ボールカウントとしてアルファベットの「 S」として表されますが、このSとはStrikeの頭文字から来ています。 公認野球規則によれば、ストライクが宣告される条件は以下のようになっています。 バッターがバットを振って空振りだった場合• バッターがバットを振らなかったが、投球がストライクゾーンを通過した場合• 打球がファウルボールになった場合。 ただし、2ストライクまで• 投球がストライクゾーンを通過したが、打者の身体や着衣に当たった場合• バッターがバットを振ったがバットに当たらず、そのまま身体や着衣に当たった場合(デッドボールではない)• 打球が鋭くキャッチャーの手またはミットに飛び出し、これを捕球した場合• バッターがいつまでたっても打撃姿勢をとろうとしない場合 この7つの条件の場合、審判はストライクを宣告できます。 そしてストライクを3つ宣告されると バッターアウトとなり、アウトカウントが1つ増えます。 ストライクゾーンについて詳しく! ストライクの判定が下されるのは、ボールが ストライクゾーンを通過すればOKです。 ではストライクゾーンとは一体何でしょうか? これも公認野球規則による定義で解説しましょう! 打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のラインを上限とし、ひざ頭の下部のラインを下限とする本塁上の空間をいう。 このストライクゾーンは打者が投球を打つための姿勢で決定されるべきである。 引用元: ただこの説明でも正直分かり辛いですね。 簡単に言えば、「 ここを振ればボールが打てるだろう。 」となっている空間です。 上限は高すぎても駄目ですし、下限は低すぎても駄目です。 横幅は地面にあるホームベースの幅とほぼ同じです。 画像だと上のようになります。 野球の審判の判定の中でも、一番揉めやすいポイントがこのストライクゾーンと言えます。 また 五角柱と 立体的になっているのがポイントで、平面で考えるのも難しいです。 そもそも 審判によって個人差があったりします(汗) バッターからしたら、いかにストライクゾーンの投球を見極めるかが勝負の分かれ目なんですね! 由来について詳しく! 英語で「Strike」となるのですが、その意味を辞書で調べると「打つ、叩く」と書いてありました。 つまり審判が発する「ストライク!」は、「 打て!」と同じ意味なのです。 元々このStrikeという言葉は、本来「Good ball, strike! 」から来ている言葉だったんです。 日本語に訳すと「 良い球だ、打て!」となりますね。 そしてストライクが3つ宣告されると、アウトカウントが一つ増えます。 この際審判は、 Three strikes, batter out! と宣告します。 「 バッターアウト!」の部分は、「バッターは出ていけ!」というのが直訳になります。 これは言い換えれば「3回も良い球が来たのに打たないのはどういうことだ。 今でも野球中継を見ると、ピッチャーの鋭い投球に対して、解説の人が「いやぁー、今の良い球だね!」と発言することがあります。 ただし現在の野球では、昔の野球よりも球速が上がり、またピッチャーのコントロール(制球力)も良いので、「 良い球=バッターが打ちづらい球」という意味合いが強くなりました。 スポンサーリンク ボールの意味とは? 次は同じく投球判定として使われる「 ボール」について解説します。 簡単に言えばボールとは、「ピッチャーの投げた球で、ストライクにならなかった時に与えられる判定」のことです。 ただこれだと少し雑な説明なので、正確な定義を公認野球規則の言葉を借りますと• 投球がストライクゾーンを通過しなかった場合• 投球が地面に触れた場合、この後でストライクゾーンを通過しても駄目• 投球がバッターに当たったが、バッターが避けようとしなかった場合(3ボールまではデッドボールではない)• ランナーがいない時に、ピッチャーが反則投球をした場合• ランナーがいない時に、ピッチャーがいつまで経っても投球しなかった場合 のいずれかの条件に当てはまる時に、ボールが宣告されます。 でもこれってちょっと違和感じゃないですか? 明らかに何か言葉が足りないような気がしますが、もちろんこれも由来を探るとちゃんと別の単語がくっついていました。 正確には「 Unfair balls」(不正球)となります。 「Unfair」とは日本語で「不当な、不公平な」という意味ですが、野球においては「打てない」という意味です。 ここでストライクの意味を振り返ってみましょう! ストライクが日本語で「打て!」という意味でしたね。 そしてストライクは命令文の「Good ball,strike!」から来ています。 ストライクの投球が「Good ball」で「良い球」、すなわち「バッターが打ちやすい球」という意味です。 これに対しボールの投球はストライクゾーンも通過していないので、バッターからしたら非常に打ちづらい球です。 「打ちにくい球」というのは「不当な球」というのと同じ意味合いになるので、「Unfair balls」となったわけです。 この規定は1872年にルールとして加えられました。 後にUnfairの部分だけ省略されて、現在に至っています。 ストライクとボールの本来の意味を理解しよう! ベースボールというのは、元々バッターが打ち易い場所にボールを投げるスポーツでした。 要するにボール球に対しては、.

次の