交通量調査 バイト。 大阪の交通量調査の短期バイト・単発アルバイト|ショットワークス

仕事内容と目的は?大学生に人気の交通量調査のバイト!

交通量調査 バイト

人気エリアから探す• 人気のエリア• 人気の駅• 人気のエリア• 人気の駅• 人気のエリア• 人気の駅• 九州・沖縄• 人気のエリア• 人気の駅• 北海道・東北• 人気のエリア• 人気の駅• 甲信越・北陸• 人気のエリア• 人気の駅• 中国・四国• 人気のエリア• 人気の駅• 株式会社ビデオリサーチ 本社 株式会社ビデオリサーチ【001】• 市場調査・交通量調査,調査・モニターその他,ルートセールス・ラウンダー• 山梨県都留市• 完全出来高制• 株式会社ビデオリサーチ 本社 株式会社ビデオリサーチ【001】• 市場調査・交通量調査,調査・モニターその他,ルートセールス・ラウンダー• 山梨県富士吉田市• 完全出来高制• 株式会社ビデオリサーチ 本社 株式会社ビデオリサーチ【001】• 市場調査・交通量調査,調査・モニターその他,ルートセールス・ラウンダー• 山梨県韮崎市• 完全出来高制• 株式会社アトモ 拠点1• 市場調査・交通量調査,調査・モニターその他,イベントその他• 東京都港区• 日給8,500円~• voice voice support• 覆面調査・ミステリーショッパー,アンケートモニター,市場調査・交通量調査• 東京都台東区• 完全出来高制• voice voice support• 覆面調査・ミステリーショッパー,アンケートモニター,市場調査・交通量調査• 東京都墨田区• 完全出来高制• voice voice support• 覆面調査・ミステリーショッパー,アンケートモニター,市場調査・交通量調査• 千葉県千葉市中央区• 完全出来高制• voice voice support• 覆面調査・ミステリーショッパー,アンケートモニター,市場調査・交通量調査• 愛知県名古屋市中区• 完全出来高制• voice voice support• 覆面調査・ミステリーショッパー,アンケートモニター,市場調査・交通量調査• 神奈川県川崎市川崎区• 完全出来高制• voice voice support• 覆面調査・ミステリーショッパー,アンケートモニター,市場調査・交通量調査• 東京都豊島区• 完全出来高制• voice voice support• 覆面調査・ミステリーショッパー,アンケートモニター,市場調査・交通量調査• 北海道小樽市• 完全出来高制• voice voice support• 覆面調査・ミステリーショッパー,アンケートモニター,市場調査・交通量調査• 東京都千代田区• 完全出来高制• voice voice support• 覆面調査・ミステリーショッパー,アンケートモニター,市場調査・交通量調査• 宮城県仙台市青葉区• 完全出来高制• voice voice support• 覆面調査・ミステリーショッパー,アンケートモニター,市場調査・交通量調査• 東京都江東区• 完全出来高制• voice voice support• 覆面調査・ミステリーショッパー,アンケートモニター,市場調査・交通量調査• 奈良県奈良市• 完全出来高制 交通量調査ではカウンターを使ってその道路を通った車・人の数を数えます。 手前車線と反対車線の両方の車の数を別々に計測する必要があり、大きな道路では両側に人員が配置されますが、小さな道路では片側だけに配置して両側の道路を一人でカウントするということもあります。 この仕事は交通量の多い道路では何度もカウンターを押しますが、交通量の少ない田舎の道路ではやることの少ない仕事でもあります。 常に外にいるため、夏の暑さや冬の寒さ、雨などには特に対策が必要で、天気予報はしっかりとチェックして、準備しておくことが大切です。 場所によってはペアを組むことになる場合もあります。 その場合はペアになった人とうまく作業の折り合いをつけながら、交代で休憩をとるようにするとそれほど大変な仕事ではありません。 また、長時間拘束されるものの作業内容に対して給料がよく単発の仕事として魅力的です。 交通量調査は、椅子に座って通行する車や人の数をチェックする仕事です。 この仕事で求められるのは、根気よく調査を続けられる忍耐力です。 通った車の数や種類を正確に把握することが求められているので、簡単な作業ではあるものの集中を切らすと数えそびれてしまいます。 見逃さない注意力とそれを持続する集中力が大切なのです。 基本的に一人で行う仕事であるため、コミュニケーション能力は必要ありません。 一人で集中して働きたい人に向いている仕事です。 開始する前に、確認しておくべきことや注意点を説明されるので、途中で調査方法に誤りがないようにしましょう。 当日は自分以外に代わりがいないことが多いので、集合場所への遅刻などはしないというのも大前提です。 真夏の交通調査は気温もあがるため、体力も必要になります。 体調を崩さないように、休憩時間に上手く水分補給を行なうようにしましょう。

次の

単発!交通量調査のアルバイトのきつい点(20代男性)

交通量調査 バイト

交通量調査とは、道を行き交う歩行者や車の数をカウントする仕事で、街中でパイプ椅子に座ってカチカチとカウントします。 仕事内容はシンプルで特に接客やコミュニケーションは必要ありませんが、早朝から夕方までと拘束時間が長いことや、天候によって寒かったり熱かったりするので、根気は必要でしょう。 できるだけ個人プレーで働きたい方や、接客や人とコミュニケーションを取りたくない方、そして真面目にコツコツと仕事をこなせる方に向いているバイトでしょう。 また、口コミは過去のサービスや商品に基づいて投稿されている場合があります。 最新情報は交通量調査バイトの公式サイトでご確認ください。 いい評判 スキルがなくてもすぐに稼げる割の良いバイト 24時間で2人一組の2時間交代制で日給2万円でした。 集合場所からどこの調査場所に割り振られるかはその時次第でした。 自分が割り当てられたのはバイパス沿いで車の交通量はほどほどだったのと、座っているだけなので仕事自体はキツさはありませんでした。 ただ秋口だったので深夜? 明け方の寒さと、休憩の2時間を潰せる店やコンビニが近くになく暇つぶしが大変でした。 仕事中よりもこっちのほうが、厳しい点かもしれません。 暇なときにペアの方とおしゃべりしたりはしましたがコミニュケーションは挨拶とか最低限でも大丈夫だと思います。 休憩中は次の交代に戻って来さえすれば自由なのと、バイトが終わって現金でバイト代を直ぐに貰えるのが満足できる点です。 (えどたんさん) 口コミ・評判一覧• もくもくと一人作業するのが好きな人には向いているバイト 交通量調査のバイトは、基本的に服装も髪型も自由だったのでかなり気が楽でした。 交通量をカウントするのに色々ルールや覚えることはありますが、慣れてしまえばカチカチとカウンターをひたすら押していくだけなのでゲームのようで面白いです。 一人でもくもくと黙って作業をしたい、という人には向いているアルバイトだと思います。 ただ、雨のときはカッパを着て雨に打たれながらも外で作業をしなければならなかったので、大変でした。 (どりみさん)• 簡単だけど季節に応じた服装で! 交通量調査をしました。 9:00~17:00で日給約7000円、昼食休憩はは交代制で30分程度ありました。 服装は自由です。 商店街の通行人を指定された分類ごとに人数を調べて最後に報告するだけなのですが、 11月に一日中屋外での作業だったので、とにかく寒かったです>< 16時ごろにはあたりも暗くなってきて震えながらカウンターを押していました。 近くのコンビニで買った温かい紅茶が最高においしかったです。 笑 季節にもよりますが、秋・冬ならば寒さ対策を万全にして行ってください!! (pinrickさん)• 金銭的に困っている時にはありがたいお仕事 福岡県の道路交通調査のスタッフとして一日働きました。 季節は秋だったため暑すぎることもなかったです。 朝の6時集合で7時から行いました。 調査時間は12時間だったため午後7時まで調査を続けました。 カウンターで数え続けるだけなので根気のある人なら簡単にこなすことができると思います。 お給料も14000円頂けたので大変助かりました。 かなり人気のお仕事で募集がかかるとすぐに埋まってしまうので募集サイトなどをチェックし続けることもお仕事ができるコツです。 (えりなさん)• 暑いし、長時間拘束されるのと単調な仕事でつらかった。 簡単な仕事だからと思ってしましたが、同じような姿勢でカチカチと押すのがけっこうしんどかった。 夜遅くまでしていたので、時間がたつのがすごく遅かったです。 おしゃべりしたりとかも駄目だったし、ちょっとむいてないかもって思いました。 ただ、短期のバイトのいいところは、その日だけの仕事だったので、人間関係とかがめんどくさいことにならずに済んだのでその点がよかったです。 後、お給料も日払いだったのでお金がほしいときだったので助かりました。 (ゆきなさん)• 天候や交通量の条件がいい場所なら、とても楽に作業できる仕事です。 仕事内容は、ただ交差点横の歩道に座って、走ってくる車がどちらの進行方向に行くか、かちかちとボタンを押して数を集計するだけの単純作業なので、作業自体は難しくもなく、交通量の少ない交差点だったので忙しすぎることもなく、私の経験ではとても楽ちんで時給もそこそこ悪くなく、満足出来る仕事だったと思います。 ただ、もし真夏の炎天下の中での作業だったり、台風並みの豪雨の日だったり、とてつもない交通量の場所での作業だったら、きつくて二度とやりたくないと思っていたのかもしれません。 たまたま条件のいいところに当たったから良かったのだと思います。 (さくりさん)• 交通量が少ない場所でやるなら最高のバイトです 都内某所の交通量調査です。 通過する乗用車をひたすらカウンターで数えます。 秋だったのですが、深夜から午前中だった上に座りっぱなしなので寒かったです。 1勤務で8000円でした。 近くの3か所を数時間おきに交代しての調査でしたが、そのうち1か所が小学校の通学路でした。 そこは歩行者をカウントするのですが、通学時間帯になると一斉に小学生がきます。 言ったり戻ったりと小学生の動きは全く読めず、正確にカウントできないので苛立ったのを覚えています。 時間と場所さえ選べれば楽な仕事だと思います。 (ecoさん)• まずまず働きやすいバイトです。 時給は1000円くらいです。 ただひたすら車とその車種ナンバーを追いかけて、カウンターを増やしていく仕事です。 トイレに行くときは交代してくれる人がいても、頼みづらいので行きづらかったです。 それ以外は、やりやすいバイトだと思います。 あとは、じっとしているのが耐えられるかどうかだと思います。 信号待ちがあるので、その時に体を動かしたり休憩をして、上手くやり過ごせれば問題ないと思います。 コミュニケーションをとるようなバイトではないので、それが好きな人にはつらい現場かもしれません。 (snufkunさん)• 天候によりますが、性格がマイペースなら天国な仕事です。 吹雪の中での交通量調査のためとても辛いものでしたが、一緒に応募した友人と励まし合いながらやりきりました。 事前に説明会があり、スタッフの方々がフレンドリーだったので雰囲気が良かったです。 ただ、当時私は大学生でしたが、友人を覗いて応募者のほとんどが40代の男性だったのが衝撃的でした。 勤務内容は青森駅前の道路をはじめとした数ヵ所の交通量調査でした。 3人1チームでローテーションを組み、2時間調査して交代し1時間休むという形で行われ、合計で8時間勤務でした。 日給は9500円でした。 (ろみおん33世さん)• 眠気がすごく、とても暇なバイトでした。 短期バイトということもあって時給はよかったです。 交通量を調査するだけなのでとても暇で、眠気が激しく襲ってきました。 眠ってしまったのを見られるとバイト代がでないので眠れないのがすごっくきつかった印章がかなりつよいです。 ただ、誰にでもできるバイトでありながら一日だけなど短期で働けるので「この日だけ働きたい」という気分で受けた自分にはぴったりのバイトで満足でした。 内容がもう少し暇でなかったなら満点だったのですが、そこだけが残念です。 (こっちんさん)• 単純作業に耐えることが出来れば悪くないアルバイト 交通量調査のアルバイトでは指定された地点に待機し通過した車の数をカウントしました。 自分が担当した地点は交通量も少なかったため、焦ることなくカウントをすることが出来ました。 人と一緒に作業する事もほとんどなく自分のペースで仕事出来ることも自分にあっていたと思います。 時給も仕事内容のわりにとても良く、また機会があれば働きたいです。 ただ配置される場所や季節、天候によっては体力的に厳しい場合もある事、一日中ヘルメットを被っての仕事となる事等大変な面も多いと思います。 (コメニンさん)• はじめてやる仕事内容、人間関係でストレスはあります。 単調な仕事で、また冬季に働いたので外気温を考えなければならない仕事です。 夏場は行っていませんが、夏場は脱水にも気をつけて行わなければならない仕事だと思いました。 特に冬季は体を動かす肉体労働よりも寒さを感じる仕事だと思いました。 また時間帯によっては暇な時間帯もあるので眠気との闘いにもなるとおもいます。 やりがいのある仕事という表現よりは、仕事を完了したときに達成感のある仕事だとおもいます。 給料も即日もらえるのがよかったです。 (うたつさん)• 作業は楽だが、孤独と気候に難があるバイトでした。 早朝から二車線道路の交通量を調査するバイトに参加しました。 同じ場所に二人ずつ配置され、一人が直線と左折、もう一人が右折する車両を数えることが仕事内容でした。 冬も近い季節で、寒さはきついですが、作業としては楽で、二人で行う場合は話し相手もいるので、長時間でも苦痛には感じませんでした。 一人の場合だと苦しく思えたことから、単身でやる仕事は辛いと感じさせられました。 服装が自由な点と作業が指先で済む点は満足でした。 暖かい時期であれば尚良かったです。 (らぱんさん)• アルバイトにしては、珍しく給与が高くて良かった 朝のJR大阪駅の地下鉄御堂筋線の乗り換え通路での交通量調査でした。 2時間の仕事で、給料は日払いで5000円でした。 当日の服装は、全員スーツ着用で事前に行われた説明会もスーツ着用でした。 この説明会の時と同じスーツで仕事をして貰うと言われ、仕事についての説明を受けました。 10月中旬の早朝に大阪駅前に集合ということで、しかも天気が良くない日でしたので、肌寒い中で点呼を取られ、カウンターを渡されました。 仕事自体は難しいものではなかったのですが、寒い中2時間ずっと立ちっぱなしは少々きつかったです。 しかし、アルバイトで2時間5000円という仕事は、そうそうあるものではなかったので良かったと思いました。 (あきよしさん)• バイトするなら気候の良い季節を選んだ方がいいです! 場所によっては、人通りが多く大変そうでしたが、私が担当した場所は、人通りもそんなに多くなく、一緒に担当した人とおしゃべりしながら楽しくバイトができました。 時給はそんなに高くありませんが、仕事内容が楽で簡単なので、だいたいそれに見合った額かなと思います。 ただ時期によってはかなり寒かったり、暑かったりするので、バイトするなら気候の良い季節を選んだ方がいいと思います。 寒い日はひざ掛けなど用意したり、自分なりに工夫してる方もいました。 (さまんささん)• 人間関係のストレスもなくて気楽で楽しいです。 交通量の調査のバイトは朝7時から夜の7時までで、3人1組になって2時間調査して1時間休憩という パターンです。 レジなどの仕事に比べて精神的な疲労度は少ないので気が楽です。 それに終始自分のペースでできて、人間関係に気を遣うこともなければ臨機応変さを求められることがなく、 ひとつのことに集中すればいいのでやりやすいです。 反面、厳しいことといえば、集合時間が極めて早くて朝の5時30分か6時ぐらいで始発に乗らなければなりません。 そして冬の寒い時や雨天の時は記録用紙がぬれたりして困難な面もあります。 日給は1万円前後です。 (キティちゃんさん)• 日給が良かったので、寒いなりに良いバイトでした。 極寒の2月に交通量調査のバイトをしました。 日給でお手当は他社よりもかなり良かったです。 お金が必要だったので、非常にありがたかったです。 ただ、男の人のグループもあったのですが、女グループの私たちの方がコンビニから遠いところに配置され、トイレに苦労しました。 あと、土地勘のない場所に配置されたのですが、集合は大阪の事務所だったのに、帰りは配置先の最寄り駅で、どうやって帰っていいのかわからず困りました。 でも、今となっては良い思い出です。 (ささゆきさん)• 面白くはないが1人でできる作業なのでまったく煩わしさがないバイト。 駅の降車人数を調べるだけのバイト。 ただひたすらカウンターをカチカチして調査票に書き込むだけ。 服装は私服で構いません。 動きやすいのがいいかもしれません。 また、屋外、半屋外でのバイトになるので、夏や冬は少し厳しいかと。 カウンターで数を数えるといってもそこまで正確な人数を把握するわけではなく というか把握できるわけがない とにかく目視できた人数だけカチカチし続ける。 本当にただの単純作業なので難しいことは何もないし、仕事中は他のバイト仲間とも距離的に離れたところで作業するので、一人参加でも全く問題なし。 人とそんなに会話する必要がない。 私はJRでのバイトだったのですが半日やって15000円くらい報酬をもらいました。 (たけやんさん)• 短期ならできる仕事でした。 世の中にこんな地味で過酷な仕事があるんだと知れたのは良かったと思います。 岐阜県の路線バスでの交通量調査をしました。 11月の末にしました。 始発から終電までで、1時間交代で、3人一組のグループでした。 上り線に一人、下り線に一人、あと1人は休憩というローテーションでした。 1日限定で日給14000円だったと思います。 ひたすら座って人の数を専用の道具でカウントするお仕事です。 寒い冬だったので、外で同じ体勢で座っていると体がかたまりそうでした。 ブランケットを持っていけばよかったと後悔しました。 ただ、給料はいいので、終わった時のテンションはすごい高かったのは覚えてます。 色んなアルバイトをしましたが、一番地味で過酷でした。 トイレへ行くのと寒さに耐えるのに苦労はしました。 (とうふさん)• 仕事内容は楽でもキツイ環境だと精神的にツラくなる、ということがわかりました。 私は交通量調査をしたことがあるのですが、内容は座ったまま、ひたすらお客さんの乗り降りの人数を確認するというものでした。 なので体を動かすことも誰かと話すということもなく仕事を行っていました。 またその時期が冬で雪が降っていたのでとても寒く、風邪をひきやすい環境にありました。 ただアルバイトの最後のほうに、客さんから「お疲れ様。 これ飲んで頑張って」とホットコーヒーをいただいたことが何よりも嬉しくて心に残っています。 (雪国からハローさん)• しょっちゅうやる仕事でなく、季節によっては寒すぎる、暑すぎる仕事です。 いつも登録されている会社からの、その仕事をたまに引き受けています。 ロケーションはまちまちで、ほとんど早朝から集合なので、終始眠いです。 移動時間は退屈なので、我慢のし通しです。 服装は人目につく仕事なので、割と社会的に常識的な外見を会社から求められます。 パイプ椅子に長時間座ってなくてはいけないので、だんだんお尻が痛くなって困ります。 仕事の終わりで日払いでお給料がもらえます。 やったーと快哉をあげたくなる瞬間です。 (mkitameさん)•

次の

交通量調査のバイト・アルバイト・パートの求人情報|【バイトル】で仕事探し

交通量調査 バイト

交通量調査員の仕事内容 カウンターを何度も押し続ける仕事 一般的なアルバイトとしても人気の高い副業が交通量調査員です。 交差点の端や大型店舗の入り口などに折りたたみイスを設置して、車や人が通り過ぎるたびに、カチカチと膝の上に置いてあるカウンターを押します。 調査対象は車が多く、乗用車、タクシー、バス、自動二輪車、貨物者などに分類して、台数を計測します。 人なら歩行者の性別や世代など、現場によってカウントする対象物や方法はさまざまです。 商店街に訪れる客層、自転車の通行量、パーキングエリアなどを計ることもあります。 発注元は公共機関、大手デベロッパー、マーケティング会社、コンサルタント会社などで安心感があり、その目的も建設や道路工事のための事前調査、店舗の集客率などの市場調査であり、まじめで必要な仕事です。 副業の中でも比較的簡単な作業内容 年齢、学齢、資格、経験は不問、作業内容が単純であり、良い意味で頭と体を使いません。 他の仕事に比べて肉体的な負担が軽く、一緒に仕事をする人たちとコミュニケーションを取る必要もないため、精神的にも気楽です。 実際には2人1組や3人1組で数えることが多く、例えば、交通量の多い交差点などに派遣されます。 1人が車道を通る普通車、軽自動車、大型車、二輪車を計測、1人が歩道を通る歩行者や自転車を数えます。 車種は大きさやナンバープレートで判断できますし、特別に難しくはありません。 役割が決まったらあとは黙々と計測を続けるのみです。 シフト制のために2~3時間に1回1時間の休憩をはさみます。 ただ、夏場と冬場は気温がきついから大変だぬ。 24時間なら1回2万~3万円の収入 交通量調査員の拘束時間には8時間、12時間、24時間の3タイプであり、8時間では1万~1万2000円、12時間では1万2000~1万5000円、24時間では2万~3万円が日給の相場です。 時給換算で1000~1500円程度になります。 都心のほうが地方よりも交通量や調査需要が多いために、日給は高い傾向があります。 実際の応募では単発案件がほとんどですが、給料は即日払いが多く、すぐにまとまったお金を得たい人には打ってつけです。 また、派遣会社に調査員として登録するタイプでは、交通量調査員の案件が常にあるわけではないため、イベント会場の来場者数の計測や大型商業施設のアンケート調査を要望されることもあります。 副業で交通量調査員を始める手順 交通量調査員はアルバイト情報サービスから探すことが一般的です。 賃金が即日支払われることは嬉しいですが、この仕事は1回限りが大半のため、コンスタントに仕事が見つからないと、継続した副収入は見込めません。 定期的に交通量調査員のバイトをする場合は、アルバイト情報サービスに会員登録をして、条件にマッチした求人情報が更新されたらメールに連絡が来る設定にしておくと、案件を逃しにくくなります。 案件は大手ののほうが、更新頻度が高くて見つかりやすいです。 履歴書を書かなくてもウェブ上で応募できますので、交通量調査員が見つかったらそのまま申し込みます。 返信メールに詳細な情報が記載されていますので、指示に従います。 支払い方法は依頼先にもよりますが、仕事完了時に即日受け取り、もしくは2週間以内に賃金が支払われます。 交通量調査員は就労時間が長く、割に合う時給が貰えるため、アルバイト情報サービスに掲載されるとすぐに枠が埋まってしまいます。 できたら 複数のアルバイト情報サービスに会員登録をして、定期的にチェックしましょう。 最も案件が多い月は交通量が安定している10月前後です。 逆に連休、お盆、年末年始は交通量の増減が激しいため、あまり仕事がありません。 また、ベテランになると心地よく働くために、日差しよけに帽子、花粉対策にマスク、寒さ対策にアウター、腰痛対策にコルセットや座布団などをフル装備して、トイレの間隔なども考慮した工夫をしています。 その点、交通量調査員は体力が不要であり、会話力や特別な技術もいらないためにストレスもほとんど感じません。 人や車を数える以外に何かしら考えていないと、睡眠不足のサラリーマンには堪えるかもしれません。 しかし、月2回でも交通量を調査すれば、少なくとも3万円くらいは貰えることはおいしいです。 さらに冬はもっと厳しく、しっかり防寒しないと体を壊しかねません。 ただし、場所によっては移動で往復2時間は拘束されることもあり、その場合は実利が減ります。 例えば、早朝の通勤ラッシュを計測するために朝6時スタート、深夜の交通量を計るために翌朝4時終わりという案件もあって、その時間帯の交通手段も考えないといけません。 長時間座っているだけのアルバイトですが、帰宅後の体力回復も考えると、1日全体を使うことを想定して、土日などの余暇を当てることが望ましいです。 仕事帰りの金曜の夜からでは体が持ちません。 交通量調査員の副業まとめ 総合 4. 0 評価 収入 日給1万~3万円 時間 8~24時間 特徴.

次の