ガイガー カウンター 漫画。 Polimaster PM1610 かわいい線量計・ガイガーカウンター

Polimaster PM1610 かわいい線量計・ガイガーカウンター

ガイガー カウンター 漫画

ルポマンガの第一人者である同氏が、「GCM(ガイガーカウンターミーティング)」における識者の説明を、誰にでも分かるように丁寧に漫画で説明したものだが、ダウンロード数は2万件を突破、Facebookの「いいね!」も2000件を超えるなど、ふだんあまり漫画を読まない層の間でも広く話題になっていた印象だ。 さてそんな同氏が東日本大震災について描く漫画「僕と日本が震えた日」がコミックリュウのサイトにて無料公開された。 掲載誌であるコミックリュウは12月まで休刊となっているが、本作についてはこのままウェブ上で連載を継続し、原稿料は全額義援金となるのだそうだ。 注目の内容は、震災で被害を被った出版社倉庫についてのルポ。 「放射線の正しい測り方」をチェックした人は、こちらも忘れずにチェックしておきたいところだ。 Amazonバージョンが早くも予約受付開始 漫画「よつばと!」に登場したロボット、ダンボー。 ごくシンプルな造形ながらその人気は高く、海洋堂から発売された「リボルテックダンボー」はAmazonバージョンも作られて話題を集めた。 さてそのリボルテックダンボーをモチーフにした写真集「365 Days of Danboard」が、ついに書籍化されることになった。 もともとはFlickrで発表され、約2年ほど前からネットで話題になっていたものだが、このたび正式なライセンス商品として書籍化されることになった模様だ。 ちなみにこちらもリボルテック同様Amazonバージョンが用意されるらしく、10月発売に向けてすでに予約受付は始まっている。 ネットでは早くも「あかん、コレめっちゃ欲しい」「あの味のある写真はプロのものだったのか…納得だわー」「買うしかないだろJK 」などとかなりの評判だ。 jp).

次の

僕らの知る「漫画」は衰退する? 漫画家3人が語る“デジタル×漫画”の未来 (1/2)

ガイガー カウンター 漫画

電子書籍アプリ「電書カプセル」の発表も兼ねて12月7日に行われたイベント「電書カプセルNight!」で、「デジタルと漫画」と題したトークセッションが繰り広げられた。 関連記事: 登壇したのは、ガイガーカウンターの使い方を解説する電子漫画『放射線の正しい測り方』を無償配信して話題を呼んだ鈴木みそ氏、2010年にKindle初の日本語漫画『AOZORA Finder Rock(青空ファインダーロック)』を配信した2人組漫画家「うめ」の原作担当・小沢高広氏(以下、うめ氏)、ブクログのパブーでデジタルならではの表現手法をふんだんに取り入れた『西遊少女』を販売している萱島雄太氏ら、3人の漫画家だ。 デジタル技術によって変わる漫画制作の将来や、デジタル化によって漫画の表現手法がどう変わっていくのかなど、ボーンデジタルの漫画作品を手がけている作家ならではの議論が白熱した。 鈴木氏が1995年に描いたという漫画の1シーンに、QUMARIONとそっくりな人形が トークセッション冒頭、「すごい漫画を見つけました」とうめ氏が紹介したのが、1995年に鈴木氏が描いた漫画の1シーン(『オールナイトライブ』1巻第1話収録)。 そこには、当時から10年後の2005年を想定した、空想の漫画制作現場が描かれていた。 その中で眼を引くのが、人形にポージングをさせると、同じポーズをCGキャラクターが取り、それが漫画の絵として使えるという内容。 実は、同じようなコンセプトの製品が2012年、実際に生まれている。 セルシスの人型入力デバイス「」だ。 この製品も、人形のポージングがそのままCGキャラクターのポーズに反映される。 鈴木氏の想像を現実のものにした、セルシスの「QUMARION」 鈴木氏はQUMARIONの存在を知るや、さっそく製品を購入して使ってみたという。 漫画を「楽に描く」ためにデジタルを導入している同氏にとって、人形を使ってペンを動かさずに漫画が作れてしまう未来は1つの理想型でもある。 QUMARIONについては、思い通りの操作が難しく、鈴木氏の期待ほどには作業が簡略化されなかったようだが、「『コミPo! 』と一緒になってくれたらもっと使いやすくなるはず」と話す。 この「コミPo! 」とは、3Dキャラクターを動かして漫画を作れるソフトウェア。 最近では、ダ・ヴィンチ・恐山氏の『くーろんず』など、同ソフトを使った商業作品も生まれている。 「こういうことは(著作権的に)今はグレーだと言われているが、もっとオープンにしていけばいい。 技術が進化すれば、絵の作風とかもコピーできるようになるはず。 いい作品を作れば、たくさんの人が集まって別の作品を書いてくれるようになる」(鈴木氏)。 親作品と子作品が持ちつ持たれつの関係を作り、共栄できる未来を鈴木氏は思い描いている。 「絵に物語を付けるというスタイルはなくならないと思う。 でもかつての黄表紙(江戸時代の絵本)がなくなったように、今の漫画はなくなるかもしれない。 もしかすると僕らが生きているうちに、そうした変化が起こる可能性もある」(うめ氏) 漫画を取り囲むデジタルの波は、制作現場以外にも広がっている。 こうした作品には、紙の文法とは異なる演出手法が存在することを、うめ氏は指摘する。 「Webで面白かった作品を紙に印刷したらショボく見えたということが何度かあった。 紙とデジタルとでは何かが違う」(うめ氏)。 そして、「逆に、KindleやWebで作品を公開するというときに、果たして紙のままの文法でいいのか」と疑問を投げかける。 ボーンデジタルの電子コミックを製作する萱島氏は、デジタルならではの表現を模索している漫画家の1人。 『西遊少女』では、Webの文化に合わせたスクロール画面で作品を構成し、独特の表現を取り入れている。 紙の漫画ではおなじみのコマとコマとの余白も、縦スクロールの画面では「悪目立ちする」(萱島氏)と考えてなくした。 また、作品は「スマートフォンでもちゃんと読める」ことにこだわり、画面が細かくなるコマの縦割りは行わず、文字の大きさにも気を配っているという。 コマの縦割りがない分「短調になりやすい」(萱島氏)ため、配色でリズムを作っているのもこだわりだ。 無料公開されている『西遊少女』1号。 スクロールとともに空から地表へと風景が流れ、主人公たちが乗る車が現れた 作品を見た鈴木氏は、「僕らは紙が前提だから、見開きで右上から始まって左下で終わって、ページをめくると次に何が待っているか、という文法で作る。 でも『西遊少女』はそれとは文法が全然違う」と舌を巻く。 一方うめ氏は、同作品が取り入れている、色数の抑えられたベタ塗りの彩色が、デジタル漫画に適しているという推測を語った。 しかし、「ビューだけで20万ページビューぐらいで読まれた。 ファイルのダウンロードも含めたら30万ぐらい行っているかも」と、好評を博した。 うめ氏は反響を受けて、簡素に済ませた絵が「逆に正解だった」と感じているという。 描きこみすぎないシンプルな表現の方が、画面では見やすいというわけだ。 パブーで公開されいる『スティーブズ』。 横長の原稿に少なめのコマ。 セリフも大きく見やすい。 確かにこれなら、iPhoneを横持ちしてサクサクと読めそうだ。 海外配信も視野に、セリフが横書きとなっているのもポイント ところで、うめ氏はこの『スティーブズ』の続編を描くために11月から、クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」でパトロンを募集している。 ネットユーザーから支援金を募り、支援者に対して「連載4カ月分の無料購読」など支援金額に応じたさまざまなリターンを用意しているのだが、目標額の50万円を「2、3時間」でサクセスしてしまったという。

次の

Polimaster PM1610 かわいい線量計・ガイガーカウンター

ガイガー カウンター 漫画

電離を検知し、その回数をカウントできる。 を封入した筒の中心部にを取付け陰陽両極に高を掛けるが、通電はしていない。 筒中を放射線が通過すると不活性ガスの電離により、との間に電流が流れるのでこの通電回数を数える。 この回数が多いほどに高い線量ということになる。 非常にが高く 強い信号を得られる半面、一回の電離で生じた電子が次々と電離を引き起こすため放射線の持つエネルギーと出力信号の強さは比例関係にはならないので、パルス電流が流れた回数の計測 つまり線量(=放射線の回数)の測定 のみに使用され、放射線の持つエネルギー()量を測定すること つまり核種の同定 には用いられない。 この装置を用いた線量計は、カウント数から、もしくは線量 への換算表(機種ごとに固有の係数)が添付されている。 放射線のエネルギーを知るためにはなどが必要である。 このようにGM管では放射線のエネルギーがわからないため、線量は直接測定することはできない。 しかしながらこれは校正に用いた核種のガンマ線のみをカウントしたときの被ばく線量であり、他の核種には適用できないため注意が必要である。 構造も取り扱いも簡単かつ安価であるため、幅広い用途で使われている。 ただしGM管にはその設計原理上、いくつかの固有の限界、弱点がある (特に高線量計測において徐々にカウント欠落が増える、エネルギーを測定できない、電磁放射線の検出効率が低い等。 ) ガイガー=ミュラー管 [ ] ガイガー=ミュラー管(GM管)は、1個からのを検知することができる、GM検出器の検知部である。 これを発明したハンス・ガイガーと、ワルター・ミュラーにちなんで名づけられた。 ガイガーはと共に1908年にこの検知器を開発したが、アルファ線だけを検知できるものだった。 1928年にガイガーの教え子だったミュラーが、あらゆる種類の電離放射線を検知できるように改良した。 GM管は気体イオン検出器に分類される。 構造と動作原理 [ ] GM管の構造と原理。 電離放射線が管内のガス分子を電離して流れたパルス電流の回数を右下のカウンターで記録する。 GM管は、、またはといった不活性ガス、もしくはペニング混合ガスを充填した中空の円筒と、その芯に取り付けられた電極から構成される。 円筒と芯の間には数百ボルトの電圧がかけられているが、通常はその間には電流は流れていない。 円筒の内壁は陰極とするため、金属またはで作られるか、またはそれで表面をコーティングされている。 一方、円筒の中心を通る芯が陽極になっている。 GM管に加えられている電圧をだんだん大きくしていくと、電圧を少し変えても入射する放射線に対し、カウント数がほぼ一定となる。 このカウント数が一定となる電圧領域をプラトーという。 それよりも電圧を上げると放電領域となり再び電圧に比例して出力が大きくなってしまうため、GM管を用いるにはプラトー領域の電圧で使用する必要がある。 基本的に、このプラトーのが少ないGM管ほど高性能であるといえ、とくに100Vあたりの放射線量が一定の時のカウント数の増加が5%以内のものが良好とされている。 電離放射線が円筒を通過すると、充填された不活性ガスの分子が電離され、正に帯電したイオンと電子を作り出す。 円筒内にかけられた高電場のためにこのイオンは陰極に向かって加速され、電子は陽極に向かって加速される。 これらのイオン対は加速によって運動エネルギーを得るので、移動中に衝突した気体分子もまた電離させる。 こうして、ガスの中に荷電粒子のが作られる。 この現象の結果、陰極から陽極に向かって短く強いパルス電流が(雪崩状に)流れ、このパルスを測定・計数することができる。 小型GM管 この電流が連続的に流れるとパルスの回数を計数できなくなるので、これを防ぐ(クエンチする)仕組みが存在している。 外部クエンチングは電極間の高電圧を取り除くために外部の電子機器を用いる方式である。 自己クエンチングまたは内部クエンチングは、外部の補助なしに電流を止める設計の管で、内部に微量の多原子有機物ガス(、、またはやのようなハロゲン)を添加してある。 イオンはクエンチガスに衝突するとそれらを解離するためにエネルギーを失うのである。 また、計数が非常に多い場合ではパルスが出力される前に別の放射線が入射してしまい、数え落としが生じてしまう。 このため低線量エリアであればほぼ放射線量にカウント数が比例する一次関数のようなグラフになるが、高線量領域になるとこの数え落としにより線量が増えてもカウント数に反映されなくなる。 当然、線量を増やしても全くカウント数が増えないほどの高線量ではこの公式は通用しない。 というのも、GM管に放射線が入射するとイオン対が生成されるが、陽イオンのほうが重い(陽子は電子よりも重い)ため電荷が反対の電極に到達する速度に差が生じるため 、パルスとして出力されるまでにタイムラグが生じてしまう。 このときに別の放射線が入射してもイオン対が生じないのでパルスが出力されない。 この時間を不感時間という。 一方で陽イオンが陽極から離れた時に放射線が入射すると微弱なパルスが出力されるものの、このパルスが検知できるほど大きくなるのには時間がかかる。 これを分解時間という。 実用上は不感時間=分解時間とおいて良い。 GM管の分解時間は約10 -4秒程度である。 あまりに高線量な放射線をGM管によって測定すると、かえって線量が低下してしまうことがある。 これは分解時間内にほかの放射線が入ってくるとそのパルスが出力できるまで回復するのにかかる時間を回復時間というが 、この回復時間内に更に新しい放射線が入ってくるとまたパルスが成長しきるまでに回復時間がかかり・・・という状態が続いて放射線が一切検知できなくなってしまうためであり、この現象を窒息現象という。 2〜0. 3を超えたあたりの線量からこの窒息現象がはじまる。 現在最も普及しているタイプは、1947年にシドニー・H・リープソンが発明したハロゲン管である。 このハロゲン管の電流発生メカニズムでは、ハロゲン分子をイオン化するのに不活性ガスの準安定状態を利用し効率的に電流を発生させるので、ずっと低い電圧でも動作できる。 通常900 - 1,200ボルトが必要なところを400 - 600ボルトで動作するのである。 また、有機ガスは再結合せず分解される一方である。 1回の放射線の検知で10 10個の有機ガスが喪失するため、10 20個の有機ガスを封入したGM管であればおよそ10 10回の検知が寿命である。 その一方で、ハロゲンイオンは再結合するので寿命も長い。 しかしながらハロゲンガスを用いたGM管ではプラトーが悪くなる(傾きが大きくなる)ため、有機ガスが用いられた物も多い。 利用と特徴 [ ] GM管は通常は端窓型管と呼ばれる形状である。 これは、管の一方の端に放射線が容易に通過できるように窓があることからこう呼ばれる。 反対側の端には通常は電気系のコネクターが付いている。 端窓型管にはガラスマントル型と雲母窓型の二種類が存在する。 ガラス窓型は、アルファ線がガラス窓を通過できないのでアルファ線は検出できず、ガラス窓で低エネルギーベータ線が遮蔽されるため感度も悪いが、大抵はより安価であることと、ベータ線とX線を検出する用途で使われる。 雲母窓型はアルファ線も検出できる上、ベータ線感度もすぐれているが、壊れやすい。 GM管はやなどの荷電粒子はほぼ100%検出できるものの、X線、ガンマ線といった電磁放射線に対する(いわゆる感度)は0. 1〜1%にすぎない。 これはGM管内のガス密度が低いため、透過力の高いガンマ線は相互作用をしにくいためである。 ガンマ線を測定する目的では、NaIシンチレーション検出器の方が適している が、逆にシンチレーション検出器は窓が厚くベータ線は透過できないので、ベータ線の検出には適していない。 またシンチレーション検出器はエネルギーを測定することが可能であり、線量の精密な測定やある程度の核種の分析なども行える。 はガスを電離しないので、GM管はは検出できない。 しかし、管の内側をホウ素でコーティングするか、もしくはヘリウム-3ガスを充填すれば、中性子線にも反応するGM管を作ることもできる。 中性子はホウ素の原子核と反応しアルファ線を生成するか、またはヘリウム-3原子と反応して水素とイオンと電子を生成する。 そうして、これらの荷電粒子が通常のなだれを発生させる。 その他の用途 [ ] GM管は、ハードウェア発生器として用いられることがある。 日本国内での生産 [ ] まで、が、簡易な実験的用途に適した小型軽量なGM管を製造していた。 現在は製造を中止している。 海外での生産 [ ] この節には内容がありません。 して下さる協力者を求めています。 GM管式サーベイメータ [ ] 表面汚染の測定管理の目的で用いられるサーベイメータは、国内では日立製作所(旧・日立アロカメディカル)などから発売されている。 自作 [ ] 精度が低いものであれば、身近な材料で自作もできる。 プラスチック容器とアルミホイルでつくるYY(矢野・米村)式GM管と、ブタン源として使い捨てライターのガスを用いたもの 、さらに蛍光灯グローランプも用いる例 、市販のGM管を用いる などがあるが、いずれも危険を伴う実験であるため十分注意が必要である。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 防護量としては及び、実用量としては線量当量が用いられる。 ガンマ線のさらに高度な分析、放射能(ベクレル)・エネルギー(スペクトル)・核種の同定の精密な計測には、素材になどを用いたが用いられるが、これは運用が非常に難しくコストもかかる。 アルファ線やベータ線、などの測定には、ガンマ線専用とは違った素子を用いたそれぞれの線種に対応した専用のシンチレーション検出器などが用いられる。 GM管でこれらを弁別するにはGM管を紙(アルファ線遮蔽)やや ベータ線遮蔽 などで覆うことによってアルファ線、ベータ線を遮蔽することによって、これらの差分をとることにより、アルファ線やベータ線の有無が判別出来る程度であり、アルファ線やベータ線を放出する核種やベクレルを精密に測定したい場合はそれぞれの線種に対応した専用の測定器を用いる必要性がある。 出典 [ ]• - (2013年4月7日アーカイブ分)• , pp. 199-200. , p. 200. , p. 202. 198. 197. 196. , p. 199. , p. 222. 日本アイソトープ協会• 日立製作所• 公益財団法人放射線計測協会• 日立製作所• 兵庫県立篠山産業高等学校• 日本ガイシ• 電脳実験室 参考文献 [ ]• 大塚徳勝・西谷源展 2007. 大塚徳勝・西谷源展 2015. 関連項目 [ ]•

次の