文字 化け 変換。 日本語の文字が判読不能に「文字化け」したら

文字コードの解析、変換(エンコード、デコード) / SEO、セキュリティ、調査ツール

文字 化け 変換

届いたメールが文字化けしていたときの対処法!原因は文字コードかも!? パソコンで受信したメールの文字が、 意味不明な記号やアルファベットに文字化けしていて解読不能…そんな経験、ありませんか? なにかのウイルスかしら?と不安になることもあるかもしれませんが、 その文字化け、もしかするとメールソフトの設定をちょこっと変えるだけで解決するかもしれません! メール全体が文字化けしている場合と、メールの一部が文字化けしている場合に分けて、 原因と解決方法をご紹介します。 心当たりのある方は、ぜひ一度お試しください! メール全体が文字化けしている場合 メール全体が文字化けしてしまっている場合、 それは「文字コード(エンコード)」が原因かもしれません。 文字コード(エンコード)って何? パソコン上で文字を見てみると、例えば「あ」という文字、一見するとただの「あ」に見えますが、 実は、データ上では「文字コード」と呼ばれる決まりごとに基づいて表示されています。 この場合、人間から見れば同じ文章でも、パソコンにとっては全く異なる文字情報として、 処理されるということになります。 メールの送信や受信をする場合、 「送信する側で設定した文字コード」と「受信する側で設定している文字コード」が異なっていると、 送信側で意図した文字を受信側で正しく表示することができずに、 文字化けを起こしてしまう、という現象が起こってしまうことがあります。 現在、パソコンでの日本語入力は多くの場合「UTF-8」で行われています。 しかし、メールを受信する側のパソコンが「UTF-8」を変換できない設定になっていると、 文字の表示がうまくいかずに文字化けになってしまう場合があるようです。 このように「文字コード」が原因で文字化けが起こっている場合、解決方法は意外と簡単。 まずはお使いのメールソフトの「文字コード(エンコード)」の設定を確認してみてください。 そして、必要に応じて設定を変更してみます。 もしかすると、文字化けしていたメールを見ることができるかもしれません! よく使われているメーラーの文字コードの設定方法(受信の場合)を簡単にご紹介します。 apple. なお、メールソフトの設定を変更しても文字化けが直らない場合、 メール送信側の文字コードが日本語になっていない可能性があります。 その場合は、受信側では解決できないため、 可能であれば、メールの送信者に文字コードの設定を確認してもらいましょう。 メールの一部が文字化けしている場合 パソコンで受信したメールの一部分に「=」や「?」の記号が入ってしまい、 意味が通じない文章になってしまっているのを見かけたことはありませんか? これは「機種依存文字」や「携帯電話の絵文字」が文字化けしたもの。 一般的に、これらの文字はパソコン用のメールソフトでは正しく表示されません。 また、「半角カタカナ」もパソコンのメールソフトでは表示できない場合が多いです。 半角のカタカナを使用したメールでは、エラーが発生するだけでなく、 サーバーにも大きな負担がかかる可能性があります。 「機種依存文字」や「携帯電話の絵文字」、「半角カタカナ」などによる文字化けは、 メールソフトの設定では解決できないため、 パソコンでメールのやりとりをする場合はこれらの文字を使わないで送るようにしましょう。 ご自身のホームページをお持ちの方で、 お問い合わせフォームなどでお客様からのメールを受け付ける場合は 可能であれば「絵文字、機種依存文字、半角カタカナはご利用いただけません。 」 などの一言を掲載するのも一つの手です。 機種依存文字については、こちらの記事でも紹介しています。

次の

日本語の文字が判読不能に「文字化け」したら

文字 化け 変換

インターネット上で業務をする際に、PC間でデータの受け渡しをすることが多いですよね。 最近では、チャットでのデータファイルを添付し、ファイルの受け渡しをすることが多いです。 このやり取りの中で、時おり発生するのが文字化けによりファイルの内容がわからなくなるケース。 文字化けとは、通常テキストで表示されるところを記号として表示されてしまう現象です。 例えば、テキストファイルで原稿を受け取った場合、文字化けにより内容がわからなかったということがあります。 他の場合、MailChimp メールチンプ でエクスポートしたCSVファイルが文字化けしていたというケースもありました。 この文字化け、毎回ある訳ではないですが、現象の原因がわからないと結構焦りますね。 原因は何なのでしょうか? 文字化けが発生する理由 文字化けが発生する理由を知っておいた事が解決策を知るより先です。 解決策が後ほど教えますが、それも原因がわからないと応用がきかないので。 PC上で文字を表示させているは、「文字コード」と呼ばれるものがあるからです。 文字コードとは、PC上で文字を表示させる為に作られたもの(番号)です。 通常、PCは0と1でしかデータを扱えず、0と1だけでは文字を表示できません。 そこで、文字コードと呼ばれるものが作られました。 ですが、最近になり「UTF-8」(Unicode)が使われていることが増えてきています。 この分野については、さらに突き詰めていくとギークな世界ですのでこのくらいにして、この文字コードの互換性が文字化けが発生する原因です。 よくWindowで作成したデータをMacで開くと文字化けしていることがあります。 例えば、Windowの「メモ帳」などで作成したテキストデータの文字コードと、そのテキストデータを開いたMacのテキストエディタ「mi」の対応している文字コードが違っていたら、文字化けするといった仕組みです。 どうしたらいいのかはの解決法は意外とシンプルです。 文字コードを揃えればいいんです。 文字化けの解決法 まず、文字化けしたテキストファイルをテキストエディタで開きましょう。 テキストエディタには、「名前を付けて保存」もしくは、複製できるような機能があります。 (たいだいメニューのファイルに表示されます。 ) そちらをクリックすると、保存ボタン周辺に「文字コード」という項目があります。 そこから、文字コードを変更し、保存してみます。 それで再度、文字コードを変更したデータを開き、正常に表示されるのかを確認する。 といった作業です。 現在主流なのは、「UTF-8」なので、まずはこれを試してみてください。 それでもダメなら、1つずつ正しい文字コードを探す為に、総当たりするしかないです。 これは、ExcelのCSVファイルも同じです。 名前を付けて保存から文字コードの変更をしてみてください。 もしくは、違うテキストエディタで試しに開いてみて確認するといった方法もあります。 Windowsだったら、TeraPadやサクラエディタだったり、最近だとSublime TextやAtomといったテキストエディタがあります。 Macでしたら、標準でついているテキストエディットやmi、そしてMacでもSublime TextやAtomがあります。 個人的には、Sublime Textがオススメです。 あとは、それでも上手くいかない場合は、以下のようなツールもあるので試してみてください。 編集後記 今回は「ファイルのテキストが文字化けする理由と解消法とは?」についてご紹介しました。 場合によっては、HTML・CSSコードを受け取った際にだったり、ダウンロードした際も文字化けが発生することがあります。 今回の内容が参考になれば幸いです。

次の

文字化け解決支援

文字 化け 変換

異なるOSでファイルが圧縮されている• ブラウザが文字コードに対応していない• ダウンロードするサーバー側で文字コードが正しく処理できていない このような文字化け現象は、英数字のファイル名では起こりません。 基本的に「ファイル名が日本語」の場合に、文字コードの違いによってファイル名が文字化けしてしまいます。 異なるOSでファイルが圧縮されている Windows10をはじめとするWindowsシリーズでは、ファイル名を 「Shift-JIS(CP932)」という文字コード形式を採用しています。 しかしMacやLinuxでは、ファイル圧縮時・解凍時に 「UTF-8」という文字コードを使います。 つまり、 WindowsとMac・Linuxではファイル圧縮時・解凍時の文字コードが異なるのです。 結果として、Mac・Linuxで圧縮されたファイルをWindowsで解凍すると、ファイル名が文字化けしてしまうことがあります。 参考: 2. ブラウザが文字コードに対応していない ダウンロードするファイルは、ブラウザが文字コードを自動で解釈してWindowsの標準の文字コード「Shift-JIS」に置き換えます。 しかし、 Windows10の標準ブラウザであるEdgeやIE11では、他のブラウザとは少し異なった解釈をするため、文字化けが起きることが多いようです。 サーバー側で文字コードが正しく処理できていない アップロードやコンバーターなどWebアプリケーションから生成されたファイルをダウンロードすると文字化けが発生する場合は、 サーバー側のプログラムにWindowsの文字化け対策が施されていないことが考えられます。 ダウンロードするブラウザを変えてもファイル名が文字化けする場合は、サーバー側のプログラムに問題がある可能性が高いです。 文字化けしたファイル名を修復するには? ダウンロードしたファイル名の文字化けを直したいという方も多いと思います。 以下の手順でダウンロードしたファイル名に文字化けが発生していても修復することができます。 文字化けの修復手順 まず、文字化けしたファイルを右リックして「名前の変更」を選択してファイル名をコピーします。 次に、文字コードを変換できるテキストエディタを持っている方は、文字コードをShift-JISからUTF-8に変換してみましょう。 持っていない方は、Webサイトの 「文字化け変換サービス」を利用してみましょう。 おすすめのWebサービスは「もじばけらった」。 こちらのサイトに文字化けした文字を入力すると、正しいファイル名が解読できる可能性があります。 ファイル名をペースト後、ページ下部の文字コード群(ISO-2022-JP、ISO-8859-1、EUC-JPなどと書かれているタブ)をクリックし、正しく表示されるものが無いか確認してみましょう。 ファイル名の文字化けを回避する方法 文字化けの原因や修復方法だけでなく、できればダウンロードファイルが文字化けしないようにしたいですよね。 ファイルの提供元に原因がある場合は、自分では対応できないため修正を待つしかありません。 ただし、PC側の設定で対処できる場合もあります。 対処方法を2つ紹介するので、参考にしてみて下さい。 対処1:WindowsのロケールをUTF-8にする Windowsのシステムロケールを「Shift-JIS」から「UTF-8」に変更することで、文字化けを防げる可能性があります。 システムロケールの変更は、最新のWindows10よりできるようになっています。 以下の記事を参考に設定の変更を行い、文字化けが起きないか確認してください。 対処2:ブラウザを変更してみる EdgeやIEが原因で文字化けが発生している場合は、ブラウザを変更することで文字化けを回避できる場合があります。 文字化けしないおすすめブラウザは「GoogleChrome」 最近ではパソコンの定番ブラウザになりつつある「GoogleChrome」。 WebサイトもGoogleChromeを利用することを想定して作成されていることが多いです。 そのため、 ブラウザをChromeに変えるだけでファイル名の文字化けが回避できる場合があります。 ネットを見るとEdgeやIE11で文字化けが起きている方が非常に多いので、これを機にブラウザの変更を検討するのもいいかもしれません。 ファイル名が文字化けした時のおさらい ダウンロードしたファイルの名前が文字化けする場合は、使用しているブラウザかダウンロードしたサーバー側に問題があります。 サーバー側に問題がある場合は、対策のしようがないため修正を待ちましょう。 ブラウザ側に問題がある場合は、Windowsの設定やブラウザの変更をおすすめします。 最新になっているのに文字化けする場合は、日本語フォントを再設定することで解決するようです。 続いて「日本語」を削除してパソコンを再起動してください。 その後、同じく「地域と言語」から「言語を追加する」をクリックして、「日本語」を追加し「既定として設定する」をクリックしてください。 最後にタスクバーの検索ボックスに「フォント」と入力して、一覧より「フォント」を選択。 左メニューの「オプション機能の管理」をクリックして、「日本語補助フォント」をアンインストールしてください。

次の