グラブル オクトー フェイト。 【グラブル】十天衆土SSR「オクトー」最終上限解放&Lv100フェイトエピソードクリアで4アビ「八命の廻り」を習得!

【グラブル】オクトーLv100フェイト【ニオ攻略】

グラブル オクトー フェイト

そうしないと、八命切の方が強く競り負けます。 数回発動してくれないと勝てない仕組みです。 私は10回はチャレンジして突破しました。 ほんと運ゲー辛い。 Lv100フェイト「問おう、汝が最強を」 オクトーは土属性ということで十天衆の中でも風属性のシエテとニオには苦戦するように出来ています。 その他は適当にやっても勝てるような調整具合でした。 ただ、奥義後のTA依存率はシエテ戦の方が高く毎回発動してくれないとかなり厳しい戦いとなりました。 ニオ戦 ニオが非オーバードライブ時の特殊技を食らうとDOTが入りまず勝てなくなります。 そのため開幕は必ずオーバードライブさせないといけないです。 ニオ戦は敵の奥義に魅了の追加効果があるため 数回魅了で行動阻害をさせたら詰みだと思います。 魅了を回避出来るのが一番ですが行動が阻害されなければ問題ないです。 何気にニオの連撃率が高くこれが複数回発動したらこれも同じく詰みで撤退で。 連撃率、攻防UPと非常に厄介ですのでこれも発動を拒否します。 どうするか 画像のような状態に持ち込みます• ニオのHPは50%以上(クオリア発動防止)• アビ1は奥義ゲージと合わせて使用する。 この状態から奥義2回発動とチェインバーストで削り切れます。 ほんと強かったニオ。 十天衆後のフェイト オクトーとグラン君との対戦となりますが、 オクトーは弱体耐性が高く設定されているようなので カオスルーダーで確実に弱体を入れて行くと楽に倒せます。 私はディスペルとグラビティを採用しましたがブラインドやアーマーブレイクもいいと思います。 割と適当にやっても勝てるくらいの難易度でした。 八命切とシエテは行動阻害がないため苦労しないが、ニオには魅了やDOTと厄介な行動があるためある程度の回数は覚悟した方がいいと思う。 私はモニターをぶち破りそうになったがこれを見て少しでも平和にこのシナリオを突破してくれる人が増えることを祈る.

次の

オクトー (SSR)の詳細・評価

グラブル オクトー フェイト

そうしないと、八命切の方が強く競り負けます。 数回発動してくれないと勝てない仕組みです。 私は10回はチャレンジして突破しました。 ほんと運ゲー辛い。 Lv100フェイト「問おう、汝が最強を」 オクトーは土属性ということで十天衆の中でも風属性のシエテとニオには苦戦するように出来ています。 その他は適当にやっても勝てるような調整具合でした。 ただ、奥義後のTA依存率はシエテ戦の方が高く毎回発動してくれないとかなり厳しい戦いとなりました。 ニオ戦 ニオが非オーバードライブ時の特殊技を食らうとDOTが入りまず勝てなくなります。 そのため開幕は必ずオーバードライブさせないといけないです。 ニオ戦は敵の奥義に魅了の追加効果があるため 数回魅了で行動阻害をさせたら詰みだと思います。 魅了を回避出来るのが一番ですが行動が阻害されなければ問題ないです。 何気にニオの連撃率が高くこれが複数回発動したらこれも同じく詰みで撤退で。 連撃率、攻防UPと非常に厄介ですのでこれも発動を拒否します。 どうするか 画像のような状態に持ち込みます• ニオのHPは50%以上(クオリア発動防止)• アビ1は奥義ゲージと合わせて使用する。 この状態から奥義2回発動とチェインバーストで削り切れます。 ほんと強かったニオ。 十天衆後のフェイト オクトーとグラン君との対戦となりますが、 オクトーは弱体耐性が高く設定されているようなので カオスルーダーで確実に弱体を入れて行くと楽に倒せます。 私はディスペルとグラビティを採用しましたがブラインドやアーマーブレイクもいいと思います。 割と適当にやっても勝てるくらいの難易度でした。 八命切とシエテは行動阻害がないため苦労しないが、ニオには魅了やDOTと厄介な行動があるためある程度の回数は覚悟した方がいいと思う。 私はモニターをぶち破りそうになったがこれを見て少しでも平和にこのシナリオを突破してくれる人が増えることを祈る.

次の

どこでも土パマン!~グラブル攻略ブログ ~: オクトーの4アビ解放クエスト攻略

グラブル オクトー フェイト

銀天トレジャー交換用の角集めてますか? 私はコスモス武器交換用に溜めてたのを使うことにしました。 小林です。 ATに初手奥義が必要ですね。 試行回数は少ないですが、一応ピルファー コナン君2アビで ソーンさんの麻痺は入る模様。 みんなもやろう、フラムグラスHL連戦! 前置きはここまでにしておいて、今回は シエテさんと オクトーお爺さんの100フェイトの感想。 連戦の難易度はどちらも簡単でした! 強がりでも何でもなく! ソーンさん、 ニオたそに続いての最終だったわけなんですが、最初の ソーンさんの連戦が苦行だったせいで他が簡単に感じている可能性も否定できない……暗闇入らないと負ける、というのが多かった。 ニオたそは昏睡、特殊バフ、調律バリアと隙がなかったのでヌルゲーでしたね! さす ニオたそ! つおい! そういえばニオたそのフェイトの感想書くと言っておいて更新してない…… シエテさんは賛否両論なく満場一致で簡単だと言ってくださると思います。 1アビで健康体操してステUP、2アビで強力なアビダメを入れるのが基本。 被ダメで剣光が剥がれるので毎ターン張り直す必要あり。 奥義で無敵を張ることで剣光が残ることもあるので、その場合は3アビで奥義を発動することが可能。 不利属性の すら余裕で倒す。 さすが。 フェイト自体も面白く、真っ先に最終すべきだったかもなと思ったり思わなかったり。 七星剣に乗っ取られた体で話は進んでいき次々と十天衆を倒していく シエテさん。 ほんと ウーノ以外からの人望ねーなと感じるも信頼はされていたんだなぁという対話の数々。 全員倒したら恒例の主人公VS シエテ。 このフェイトが他の十天衆とは規模が違う。 残りの十天衆全員と共に シエテを相手にするという内容。 そうなるのも当然。 彼は最強の武器使い十天衆を率いる男! 七人の剣神を召喚し十天衆全員を相手取る シエテさんの姿は十天衆・にふさわしい! こいつぁ最強でさぁ……でも悪ふざけが過ぎるよ。 七星剣の洗脳に打ち勝ったのに自ら取り込まれに行った上に、本気で仲間たちと闘り合った挙句、力の配分を間違えて危うく殺されかける……。 シエテの強さとダメさが同時にわかるフェイト。 とっても優しい主人公ちゃんにすら見限られ殺されそうになる始末……ですが、それでこそ シエテなんだなぁ。 こんな扱いされるのは ヨハンくんと彼ぐらいだな、うん。 シエテの話はここまでにしておいて次は オクトーお爺さんの話。 オクトーの連戦も簡単でした。 1アビでバフをかけ攻撃、相手ゲージがある程度溜まったら3アビでゲージ吸収して合気バフかけつつ奥義が基本。 1アビは最初の奥義に合わせてでもいいかもしれませんが、基本は如何に奥義を撃ってバフを回していくかといった感じ。 強敵だったのはやはり不利属性の ニオたそ。 バフとか色々鬱陶しかったのですが、最後のトリガーさえスルーすれば容易に倒せます。 私個人としては初戦の八命切戦が一番苦労しました。 フェイトはその八命切に最強と見込まれた オクトーが最強と呼ばれる十天衆たちにフェイト名のとおり最強とは何かを問うていく、という内容。 これも十天衆が好きなら必見といった感じ。 それぞれが思う最強の理想に オクトーさんが一言物申していくのが面白い。 シエテと違って仲間からの人望も信頼も厚いのがよくわかる。 武力だけが強さではないという 、強さは一対一だけで測れるものではないという フュンフの考えが印象に残りました。 これで無事に十天最終人数は4人! 土エレがあれば ウーノさんも最終できるから残りは実質5人! 次は サラーサの最終を目指して頑張りますよー! U-kimidaihuku.

次の