アントニオ シウバ。 アンデウソン・シウバ

MMA通信 : アントニオ・シウバ、ストライクフォースの試合について語る

アントニオ シウバ

元世界王者。 元世界ヘビー級王者。 足のサイズが33cmと巨大であることからニックネームは「 PEZAO( ペザオン)」(で"デカ足")、ではそれを英訳した「 ビッグフット」。 背中には「PEZAO」の文字と足形をあしらったを入れ、右腕には「BIGFOOT」の文字と両親が35歳の時の顔のタトゥーを入れている。 そのいかつい風貌と巨体に加えて、に初参戦した際の試合前の煽りVのインタビューで「俺はだ!ゴリラが日本のリングで暴れるぜ!」と発言したことにより、日本での呼び名は「 ザ・ハイパーゴリラ」。 来歴 [ ] 4歳からを始め、ホジェリオ・カモエスの下でを学んだ。 3月6日、プロデビュー戦となったUKMMAC 10でと対戦し、開始48秒でTKO勝ち。 2005年7月2日、世界ヘビー級王座決定でハファエル・カリーノと対戦し、1RTKO勝ちを収め王座獲得に成功した。 5月3日、スーパーバイザーのの推薦でHERO'Sに参戦。 と対戦し、マウントパンチでTKO勝ちを収めた。 2006年10月9日、HERO'Sでカイシノフ・ゲオルギーと対戦し、1R1分8秒、KO勝ち。 2006年12月2日、でエリック・ペレと対戦、でTKO負け。 キャリア8戦目で初黒星を喫した。 2月10日、でと対戦し、パウンドでTKO勝ち。 2007年6月2日、でジョナサン・ウィゾレックと対戦予定であったが、脳下垂体の腫瘍が原因でカリフォルニア州アスレチック・コミッションの許可が出ず欠場した。 当日開会セレモニーで行なわれた聖火リレーに参加した。 2007年11月10日、EliteXC: Renegadeでジョナサン・ウィゾレックと対戦し、で一本勝ち。 2月16日、EliteXC: Street Certifiedでと対戦し、2-1の判定勝ち。 EliteXCのヘビー級(約120kg未満)での参戦のため、大幅な減量を行っての参戦となった。 2008年7月26日、EliteXC: Unfinished Businessの世界ヘビー級王座決定戦でと対戦し、パウンドでTKO勝ちを収め王座獲得に成功した。 試合後の薬物検査での陽性反応が検出されたため、カリフォルニア州アスレチック・コミッションから1年間の出場停止処分および2,500ドルの罰金処分を受けた。 1月4日、初参戦となったでと対戦。 中尾の左膝負傷によりTKO勝ちを収めた。 この試合は、アメリカでの出場停止期間中の出場となった。 Strikeforce [ ] 2009年11月7日、初参戦となったでと対戦し、0-3の判定負け。 5月15日、でと対戦し、3-0の判定勝ち。 2010年5月、を円満離脱し、フリーとなる。 離脱理由については「所属選手が増え過ぎてコーチの集中的な指導を受けるのが難しいから。 ATTを辞めたけど、チームと何の問題も抱えてないし、今でもATTが大好きだ」と語っており 、その後の試合でもATTのコーチと選手がセコンドに就いている。 2010年12月4日、ではと対戦予定だったが、ヴァレンタインの負傷欠場によって試合の5日前にマイク・カイルとの対戦が決定。 を主戦場としているカイルとは大きな体格差があるため、シウバ有利とされたが、1Rに右ストレートを浴びてダウンを奪われ、その後もパウンドを浴び続けるなど危機に陥るが、2Rにしてを極めかけた後、最後はで逆転KO勝ち。 2月12日、のワールドグランプリ1回戦でと対戦。 1Rから右ストレートをクリーンヒットさせ、2R開始早々にテイクダウンしてマウントパンチの連打を浴びせ、を極めかけるなど圧倒。 終始試合を優位に進め、2R終了後ヒョードルの右目負傷によるドクターストップによりTKO勝ちを収めた。 2011年9月10日、のワールドグランプリ準決勝でと対戦し、スタンドパンチ連打でKO負けを喫した。 UFC [ ] 5月26日、初参戦となったでと対戦し、グラウンドので大流血に追い込まれ、パウンドでTKO負けを喫した。 2月2日、のヘビー級王座挑戦者決定戦でと対戦。 序盤こそ劣勢だったが、最終3Rにパンチで攻勢をかけて逆転KO勝ち。 ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 2013年5月25日、の世界ヘビー級タイトルマッチでケイン・ヴェラスケスと再戦し、1RTKO負けを喫し王座獲得に失敗した。 2013年12月7日、でと対戦。 両者流血の壮絶な殴り合いとなり、0-1の判定ドロー。 ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 しかし、試合後の薬物検査で規定を超えた高濃度のが検出され、9か月間の出場停止処分を受けた。 この試合も、シウバ側の戦績はノーコンテスト 無効試合 に変更された。 これについてシウバは、「試合の数ヶ月前にテストステロン補充療法の認可を受けるためにブラジルのUFC公認ドクターと接触し、補充療法を受けて、試合の2週間前にはUFCから必要な検査を全て受けている。 ドクターから補充量を増やすことを勧められるくらい俺のテストステロン濃度は低下していたが、不幸なことに数値が上がり過ぎて出場停止処分を受けてしまった。 俺はこの件に関して精通している人から勧められたことをしただけなので俺のミスじゃない。 」とコメントしている。 9月13日、でヘビー級ランキング14位のと再戦し、1RKO負けを喫した。 2014年9月23日、を手術で摘出した。 2月22日、でヘビー級ランキング13位のと対戦し、KO負けを喫した。 2015年11月14日、でヘビー級ランキング8位のと再戦し、TKO負けを喫した。 9月24日、でヘビー級ランキング11位のと対戦し、KO負けを喫した。 この試合を最後に、UFCをリリースされた。 UFC離脱後 [ ] UFC離脱後の同年11月18日にロシアで開催されたTitov Boxing Promotion: Shtyrkov vs. Silvaでと対戦。 序盤こそ劣勢だったものの、最終3RでシュトルコフをKO寸前まで追い込んだが不可解なブレイクが続きフルマーク判定負けを楔した。 試合後判定でシュトルコフの勝利が告げられた際、地元選手であるにも関わらずシュトルコフにはブーイングが浴びせられたのに対して、ブラジル人選手のシウバがセコンドに担がれた際には大歓声が巻き起こった。 キックボクシング [ ] 10月14日にキックボクシング初参戦となったGLORY 46 ChinaでGLORY世界ヘビー級王者と対戦。 キック初参戦ながらパンチで試合を優勢に進めるも、1R中盤にリコのが偶発的にシウバの下腹部に入り失速。 2Rにパンチ連打でレフェリーストップTKO負けを楔した。 Bare Knuckle Fighting Championship [ ] 10月9日に開催されたボクシングを素手で行うBKFC 8: Silva vs. Gonzagaで同じく元ランカーであったと対戦。 2RにKO負けを楔した。 人物・エピソード [ ]• の定める統一階級制度においてヘビー級の上限は265ポンド 120. 2kg 以下がにおけるヘビー級と定められているが、シウバはアメリカン・トップチーム独自の増減量計画によって、前日計量終了後から試合当日までに9kg以上も増量した状態で試合を戦っている。 脳下垂体の腫瘍が原因で、カリフォルニア州アスレチック・コミッション(CSAC)の判断により、カリフォルニア州で戦うことができない。 祖国愛が強く、がサンパウロの観客を「ブラジルはゴミ溜めだ」「お前ら全員汚い動物だ」等と罵った際にSNSでコビントンを非難した。 又、がでコビントンに勝利を納めた際、彼を称賛するコメントを残した。 HERO'S公式サイト 2006年5月1日• バウトレビュー• SHERDOG 2008年8月21日• MMAPLANET 2009年11月8日• MMAPLANET 2010年5月16日• TATAME. com 2010年5月22日• MMAPLANET 2010年12月5日• MMAPLANET 2011年2月13日• MMA JUNKIE 2013年12月17日• MMAjunkie 2013年12月17日• MMA Fighting 2015年10月20日• 2010年2月12日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• BigfootSilva -• - のプロフィール (英語) 空位 前タイトル獲得者 第3代世界王者 2005年7月2日 - 2008年10月20日 次王者 王座廃止 前王者 王座新設 初代世界王者 2008年7月26日 - 2008年10月20日 次王者 王座廃止.

次の

必読!「マーク・ハント vsアントニオ・シウバ」戦評5連発!■MMA Unleashed:Dropkick:『Dropkick』チャンネル(Dropkick編集部)

アントニオ シウバ

元世界王者。 元世界ヘビー級王者。 足のサイズが33cmと巨大であることからニックネームは「 PEZAO( ペザオン)」(で"デカ足")、ではそれを英訳した「 ビッグフット」。 背中には「PEZAO」の文字と足形をあしらったを入れ、右腕には「BIGFOOT」の文字と両親が35歳の時の顔のタトゥーを入れている。 そのいかつい風貌と巨体に加えて、に初参戦した際の試合前の煽りVのインタビューで「俺はだ!ゴリラが日本のリングで暴れるぜ!」と発言したことにより、日本での呼び名は「 ザ・ハイパーゴリラ」。 来歴 [ ] 4歳からを始め、ホジェリオ・カモエスの下でを学んだ。 3月6日、プロデビュー戦となったUKMMAC 10でと対戦し、開始48秒でTKO勝ち。 2005年7月2日、世界ヘビー級王座決定でハファエル・カリーノと対戦し、1RTKO勝ちを収め王座獲得に成功した。 5月3日、スーパーバイザーのの推薦でHERO'Sに参戦。 と対戦し、マウントパンチでTKO勝ちを収めた。 2006年10月9日、HERO'Sでカイシノフ・ゲオルギーと対戦し、1R1分8秒、KO勝ち。 2006年12月2日、でエリック・ペレと対戦、でTKO負け。 キャリア8戦目で初黒星を喫した。 2月10日、でと対戦し、パウンドでTKO勝ち。 2007年6月2日、でジョナサン・ウィゾレックと対戦予定であったが、脳下垂体の腫瘍が原因でカリフォルニア州アスレチック・コミッションの許可が出ず欠場した。 当日開会セレモニーで行なわれた聖火リレーに参加した。 2007年11月10日、EliteXC: Renegadeでジョナサン・ウィゾレックと対戦し、で一本勝ち。 2月16日、EliteXC: Street Certifiedでと対戦し、2-1の判定勝ち。 EliteXCのヘビー級(約120kg未満)での参戦のため、大幅な減量を行っての参戦となった。 2008年7月26日、EliteXC: Unfinished Businessの世界ヘビー級王座決定戦でと対戦し、パウンドでTKO勝ちを収め王座獲得に成功した。 試合後の薬物検査での陽性反応が検出されたため、カリフォルニア州アスレチック・コミッションから1年間の出場停止処分および2,500ドルの罰金処分を受けた。 1月4日、初参戦となったでと対戦。 中尾の左膝負傷によりTKO勝ちを収めた。 この試合は、アメリカでの出場停止期間中の出場となった。 Strikeforce [ ] 2009年11月7日、初参戦となったでと対戦し、0-3の判定負け。 5月15日、でと対戦し、3-0の判定勝ち。 2010年5月、を円満離脱し、フリーとなる。 離脱理由については「所属選手が増え過ぎてコーチの集中的な指導を受けるのが難しいから。 ATTを辞めたけど、チームと何の問題も抱えてないし、今でもATTが大好きだ」と語っており 、その後の試合でもATTのコーチと選手がセコンドに就いている。 2010年12月4日、ではと対戦予定だったが、ヴァレンタインの負傷欠場によって試合の5日前にマイク・カイルとの対戦が決定。 を主戦場としているカイルとは大きな体格差があるため、シウバ有利とされたが、1Rに右ストレートを浴びてダウンを奪われ、その後もパウンドを浴び続けるなど危機に陥るが、2Rにしてを極めかけた後、最後はで逆転KO勝ち。 2月12日、のワールドグランプリ1回戦でと対戦。 1Rから右ストレートをクリーンヒットさせ、2R開始早々にテイクダウンしてマウントパンチの連打を浴びせ、を極めかけるなど圧倒。 終始試合を優位に進め、2R終了後ヒョードルの右目負傷によるドクターストップによりTKO勝ちを収めた。 2011年9月10日、のワールドグランプリ準決勝でと対戦し、スタンドパンチ連打でKO負けを喫した。 UFC [ ] 5月26日、初参戦となったでと対戦し、グラウンドので大流血に追い込まれ、パウンドでTKO負けを喫した。 2月2日、のヘビー級王座挑戦者決定戦でと対戦。 序盤こそ劣勢だったが、最終3Rにパンチで攻勢をかけて逆転KO勝ち。 ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 2013年5月25日、の世界ヘビー級タイトルマッチでケイン・ヴェラスケスと再戦し、1RTKO負けを喫し王座獲得に失敗した。 2013年12月7日、でと対戦。 両者流血の壮絶な殴り合いとなり、0-1の判定ドロー。 ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 しかし、試合後の薬物検査で規定を超えた高濃度のが検出され、9か月間の出場停止処分を受けた。 この試合も、シウバ側の戦績はノーコンテスト 無効試合 に変更された。 これについてシウバは、「試合の数ヶ月前にテストステロン補充療法の認可を受けるためにブラジルのUFC公認ドクターと接触し、補充療法を受けて、試合の2週間前にはUFCから必要な検査を全て受けている。 ドクターから補充量を増やすことを勧められるくらい俺のテストステロン濃度は低下していたが、不幸なことに数値が上がり過ぎて出場停止処分を受けてしまった。 俺はこの件に関して精通している人から勧められたことをしただけなので俺のミスじゃない。 」とコメントしている。 9月13日、でヘビー級ランキング14位のと再戦し、1RKO負けを喫した。 2014年9月23日、を手術で摘出した。 2月22日、でヘビー級ランキング13位のと対戦し、KO負けを喫した。 2015年11月14日、でヘビー級ランキング8位のと再戦し、TKO負けを喫した。 9月24日、でヘビー級ランキング11位のと対戦し、KO負けを喫した。 この試合を最後に、UFCをリリースされた。 UFC離脱後 [ ] UFC離脱後の同年11月18日にロシアで開催されたTitov Boxing Promotion: Shtyrkov vs. Silvaでと対戦。 序盤こそ劣勢だったものの、最終3RでシュトルコフをKO寸前まで追い込んだが不可解なブレイクが続きフルマーク判定負けを楔した。 試合後判定でシュトルコフの勝利が告げられた際、地元選手であるにも関わらずシュトルコフにはブーイングが浴びせられたのに対して、ブラジル人選手のシウバがセコンドに担がれた際には大歓声が巻き起こった。 キックボクシング [ ] 10月14日にキックボクシング初参戦となったGLORY 46 ChinaでGLORY世界ヘビー級王者と対戦。 キック初参戦ながらパンチで試合を優勢に進めるも、1R中盤にリコのが偶発的にシウバの下腹部に入り失速。 2Rにパンチ連打でレフェリーストップTKO負けを楔した。 Bare Knuckle Fighting Championship [ ] 10月9日に開催されたボクシングを素手で行うBKFC 8: Silva vs. Gonzagaで同じく元ランカーであったと対戦。 2RにKO負けを楔した。 人物・エピソード [ ]• の定める統一階級制度においてヘビー級の上限は265ポンド 120. 2kg 以下がにおけるヘビー級と定められているが、シウバはアメリカン・トップチーム独自の増減量計画によって、前日計量終了後から試合当日までに9kg以上も増量した状態で試合を戦っている。 脳下垂体の腫瘍が原因で、カリフォルニア州アスレチック・コミッション(CSAC)の判断により、カリフォルニア州で戦うことができない。 祖国愛が強く、がサンパウロの観客を「ブラジルはゴミ溜めだ」「お前ら全員汚い動物だ」等と罵った際にSNSでコビントンを非難した。 又、がでコビントンに勝利を納めた際、彼を称賛するコメントを残した。 HERO'S公式サイト 2006年5月1日• バウトレビュー• SHERDOG 2008年8月21日• MMAPLANET 2009年11月8日• MMAPLANET 2010年5月16日• TATAME. com 2010年5月22日• MMAPLANET 2010年12月5日• MMAPLANET 2011年2月13日• MMA JUNKIE 2013年12月17日• MMAjunkie 2013年12月17日• MMA Fighting 2015年10月20日• 2010年2月12日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• BigfootSilva -• - のプロフィール (英語) 空位 前タイトル獲得者 第3代世界王者 2005年7月2日 - 2008年10月20日 次王者 王座廃止 前王者 王座新設 初代世界王者 2008年7月26日 - 2008年10月20日 次王者 王座廃止.

次の

【BKFC】タイソンの対戦相手候補ヴァンダレイ・シウバ「俺のキャリアは素手の試合から始まった」=ベア・ナックル・ファイティング

アントニオ シウバ

通りすがりの通行人の目つきが気に入らぬといっては難くせをつけ、無銭飲食をし、 白昼の路上で婦女子にいたずらをする。 善良な市民は恐怖のドン底に叩き込まれた。 「ゴリィラア!! こいつもそんな騒がれるほどは強くないよ。 こいつ倒すにはスタンドでボコすしかないな。 まぁそのうち敗けるだろうけど。 だがおまえらの過大評価っぷりははっきり言って異常www 前回のMAXのヨーセングライだとかBTTのドラゴにしても 評価を出すのが早すぎるんだよ。 ナツラの寝技が上手いだけ。 アレは体重差もあったし、つかまれたら逃げにくいんだよ。 ドラゴは本当に強いよ。 BB (インターネットプロバイダ) 【 娯楽 】 ・パチンコ、パチスロ店の8割〜9割が在日朝鮮企業 ・歌広場 (カラオケ) ・千葉ロッテ (プロ野球) ・漫画広場 (漫画喫茶) 【 TV、出版、書籍系 】 ・ソフトバンクパブリッシング (書籍、雑誌、「ネットランナー」など) ・イエローキャブ(セクシータレント事務所) 【 金 融 】・サラ金の殆どが朝鮮系 ・青空銀行 ・朝銀(破綻後は「ハナ信金」)・Eトレード証券 【 量販店 】・オリンピック ・ドン・キホーテ 【 交通 】 ・大韓航空 ・アシアナ航空 ・MKタクシー 【 車メーカー 】 ・ヒュンダイ (自動車) 北朝鮮や、北朝鮮を援助している「韓国」や「朝鮮総連」や「韓国民団」に対して怒りを感じている人は、 抗議活動としてこれらの商品を「買わない」「利用しない」という「不買運動」で抗議しましょう。 だから未知なファイターは評価されて当然。 ヒョードルが本当に強くなり始めたのはPRIDEに来てからの2年。 早く出せ。 あの体格にしては、タックルも速かった。 ボブ・サップ危うし。 TO BE CONTINUEDっていう展開になるかな(笑)。 彼は全勝ですからね。 自分の腕一本で、家族を養っていこうというハングリー精神が旺盛な選手なので。 たぶん、アメリカで行なわれることになると思うんですけど、スーパーヘビー級のトーナメントに出したい。 130kg以上のハイレベルな選手を出して、本当の意味での怪獣トーナメントをやりたいです。 先日、ラスベガスで発表したWWEのブロック・レスナーなども出して。 アメリカには、彼を中心として何人かアメリカ人のスター選手を考えています。 優秀な人材を抑えておりますので、いずれ日本で見ることにもなると思います。 しかしこのままじゃ完全に宝の持ち腐れだな。 試合の後は、ワタクシ大得意のジョイスティック連打ポジション からの玉裏8の字舐めを披露させてよ・・・とおもいきや 柿原さんにやられてしまいました。 ごめんね田村さん。 旭川出身アラヤメグミ35歳。 本人もそれわかってての行動だから頑張ってほしいね。 ジョシュや藤田、ヒーリングのように 無駄な日々を長くすごさずに早めにきづいてよかったのでは。 このゴリラ・・・。 プライドの選手だって海外の興行にはよくでてる。 topteamの練習でノゲにボコボコにされるレベルだぞ? 寝技も全然らしいしすぐに化けの皮が剥がれるよ。 ノゲ相手にすればボコボコにも極められもするだろ。。 2h2h. HEROSはヘビー本腰入れる気無さそうだしPRIDE出てほしいなぁ。 なんか好きなんだよなこいつ。 アレキに負けるはずが無い。 下手にボコすとお兄ちゃんが出てきちゃうけど…。 打撃にどう対応するか? アレキをテイクダウンできるか? アレキに有効なパウンド打てるか楽しみだねえ。 正直あんま強いと思えないんだよね、こいつ。 今はノゲとかと中身の濃い練習できてるらしいけど。 いくらでも足抜けるのにパス出来てないし、 仮にパスしたところで、多分サイド取っても何も出来ないと思われる。 BTT所属だからって騙されちゃいかんな。 パワーだけは凄そうだけど。 blogspot. 仕方ない。 当時、雑魚相手に無敗だったし。 体見りゃアホな選択だというのは、普通すぐわかると思うが。 youtube. 田村潔オタクでミニスカ愛用派。 出勤は9時5分から 9時15分とフレキシブル)の会話集より。 アラヤ「いまさあ、長野県の温泉の若旦那とつきあってるんだあ」 友人「うっそーあいつとー、メグって年下専門がポリシーでしょお?」 アラヤ「でもさあ、お金もってるし、格闘技団体にコネとかあるらしいよ」 友人「でも、それであの宮戸優光似のデカ顔とセックスするのは違うでしょ?」 アラヤ「うううん・・でも背に腹はかえられないっつうか、もう東京は辛いよ」 友人「ええええっ!!こないだオフ会いってもう嫁入り気分かよ!はやっ! でもさ、温泉なんてメグの得意分野のEコマースや金融設計系じゃないじゃん」 アラヤ「うん。 私の得意分野のEコマースや金融設計系じゃないよね、確かに」 友人「普段、Eコマースや金融設計系にしか携わってなくて、客商売なんか できないよ。 慰安旅行のオヤジの団体とかきたらどうすんのよ、無理よ無理」 アラヤ「やっぱそお、それに相手は初婚で披露宴とかあって、それがちょっと」 友人「挙式したら、低学歴や惨めな経歴が全部大勢の人前でばれちゃうもんね、 基本的には日本語が流暢なジャパゆきさんと同格なんだからさあ、道民なんて。 でもそういう場面を避けていたら、結局北海道で大学でも出て普通にOLしてればよかったってことにならない?それじゃあまりに自分に卑屈じゃない?」 アラヤ「じゃあ私、どうしたらいいのかな、どうしたらいいと思う?」 友人「平凡な人生が嫌だったから今のメグがあるんだから、そういう 退屈な市民社会のお祭りに合わせなきゃいいんだよ。 披露宴なんてウンコの やることだよ。 そうだね、今度知り合いのオバ専なネパール人でも紹介するから つきあっちゃえ。 ザォの部分どう発音すんだよ。 外国語にしかない音をカタカナにするのは無理があるからな。 で、その中尾もPRIDEへ行ってしまったのがうける。 もちろん、中尾に対する評価も急変。 にゃんまげは本当にニートでクズだ。 ガードワーク上手い強豪にインガードの状態で有効なパウンド当てられる根拠あんのかよ。 これだけの体格があってあれだけ強いパウンドがうてるならどの態勢からでも脅威のパウンドが打てる。 そうサップがノゲイラにやったときみたいに。 サップなんて柔術やったら強くねぇよ。 でもパウンドがあるってだけでノゲイラがふらふらになるくらい寝技でダメージをあたえることができる。 試合流れた=逃げたならヒョードルはどれだけ逃げてんだよって話。 アントニオ・シウバという、 PRIDEとHERO'Sで活躍するヘビー級強豪同士の対決が実現する。 他にもアリスター・オーフレイム vs. ギルバート・アイブルのオランダ人対決等も決定。 その他にニンジャvsファベイラス、トンプソンvsエイネモ、アリスターvsアイブルなど。 対戦相手 Georgi Kaisinovになるだろう。 この試合が3試合契約の2試合目で 来年に予定されているGPの為に、HERO'Sとの契約を延長したい。 2H2Hには出場しない、これは契約の中でPRIDEの興行には参加できない為。 HERO'Sとの 他の興行に出場しない 契約が纏まれば出場しないが 纏まらなければ、12月のユーフォリアに出場するかも。 ヒーローズ好きはプライド好きだぞ。 ここの前スレ見てるだけで分かる。 KIDだけは見てたけどそれ以外ほとんど見ない。 もう少し強い奴とやって経験積まないと。 でもHERO'sじゃ経験積めないか・・・。 カイシノフ・ゲオルギーはロシアのアマレスの有名な選手で地力のある選手。 ノゲイラと変えてくれ。 アレキとやっていたら、負けていただろう。 大晦日に。 シュルトでもいいか。 うまい奴なら簡単にバックとれる。 まぁせいぜいトンプソンとか藤田くらいには勝てるかもな。 でも、その辺のレベルが限界だろうね。 トップどころはでかくても速さも持ってるし。 エイネモ・ドラゴ・ゼンツォフ・ナツラ辺りのPヘビー級中堅勢にも負けそう。 打撃も酷いし、昨日の試合は圧力でも押されたし。 勝つ姿がうかばない。 ニワカ扱いもいいがそれも事実。 何がヒョードル戦だ、笑わせんな。 白金在住。 携帯のストラップには中高生でもしないような M. Iと記した数珠繋ぎのプラスチック玉を使用) よく安旅館なんかのクローゼットに入っている ペアのバスローブがあるでしょ。 白地に紺の模様とか はいってる備品なのかお持ち帰り可なのか微妙なあれ。 普通はあれを何て日本語でいいますか? 「浴衣」、そうユカタですよね。 アラヤメグミはそれのことを「温泉浴衣」だと 言い張るんです。 なんで、温泉でもないのにまた 温泉浴衣なんだろう。 不思議だ。 もしかして、 北海道出身のアラヤメグミは旅館なんかに泊まっても 浴衣などみたことがなく(なにせ寒いからあんな薄手の 寝巻は着れないのか)、温泉で生まれて初めてみた 浴衣が「温泉浴衣」と呼ばれていることから、その スタイルの和服を「温泉浴衣」だと思い込んだんじゃ ないかな。 まじでジャパゆきさんと変わらない女だな、 アラヤメグミは、まったく笑える。 ゴリ男もウスノロだったけどそれ以 上にひどい相手だったな。 寒イボ立ったね。 芸能人ファイタ ーのほうがマシに見えるわ。 こんな弱い奴に期待かけなきゃいけないなんて惨め。 PFP的に考えてイーブスの劣化版でしかないというような見方をすれば穴なんか腐るほど見えてくるだろうに。 なぜだかたまーに馬鹿が延々過大評価し続ける。 むかーし強かった選手を何時までも当時のイメージのまま引きずって過大評価するのもいいがw 全体のレベルの進化のほうが遥かに急速だし。 当時通用したことが今通用しないなんてザラにある。 この前のホーンの件にしてもリンドランドの進化ってよりはホーン側の問題のほうが大きい。 これが専門分野のキックや柔術ならそこからさらに発展させた相性論も必要だが。 というのもアンデウソンとフランクリンの実力差は細かい相性論を持ち出さねば ならないほど小さくはないから。 何でもかんでもヘロスに結び付けて考えるなよ白痴。 まぁ、サップの問題が起きたりして、タイミングにも恵まれなかったんだけど。 相手はGG。 sherdog. php? さすがにトムエリに勝ってGGに負ける事はないと思いたい。 これが無いとグダグダの選手。 ヒースはヘロスルールじゃ無理だよ。 ほぼ勝敗は見えてるけど、会場を暖めるには打ってつけだろうし。 んでそこも大会中止か何かになって宙ぶらりん状態と聞いた。 これで大晦日GGに負けたら多分おさらばだな。 ヘロスヘビーは消滅か路線転換するしかない。 パワーで捻じ伏せられない相手には 何もできない、か。 前田「ノゲイラがスパーリングしたがらないほど強い」 やはり、チンピラの戯言だったか。 アレキに負けるはずが無い。 ホジャーに期待するしかないか。 ペザォンも右ローを返す。 ペザォンがジリジリと間合いを詰めてコーナーでパンチのラッシュ、ペレは手で顔を覆いながら 背を向けて別コーナーに走って逃げるがペザォンに追いかけられコーナー際で転倒。 一気にパウンドを仕掛けたペザォンだがペレの体が外に出たためブレイク。 スタンドで再開。 2度ほど組み合ったあとペザォンが前蹴りからパンチのラッシュ、さらに膝蹴りでペレ防戦一方。 サンドバックのごとく打たれるペレ。 「これで終わりだろ」と思いきやここでペレの右フックが ペザォンの顎を打ち抜いてダウン。 上からパウンドを落とし続けてレフェリーが試合をストップ。 ペレを脂肪を揺らして歓喜の咆哮w。 谷川の考えは知らんが、これでヘロスから追い出されるようなことがあれば ちょっと可哀想だな。 露骨なほど相手に凄く有利なレフェリングだったな。 最後のカウンター以外は、連打もヒザも器用にできるし追う足も速いしで とても巨人選手とは思えないスピードだった。 あちゃー。 もう何の幻想も残ってないだろ。 ゴリラの手打ちパンチにびびって固まってばっか。 あんなのが強豪とかありえない。 寝技ダメダメなタイプが立ちで負けたらそりゃどうしようもないわ。 スタンドはその後からでも遅くないはず。 逆にGGに文句なく勝てばギリギリ中堅どころ程度の評価はキープできるから まあ頑張ってくれ。 無理したら藤田やトンプソンみたいに悲惨なことになる。 改めて動画見たけど、言われてるようにスタンドでは顎、 あと効いてるとはいえ下になった時の対処はかなりお粗末だったように見える。 弱い選手とは思えんがスタンドでもグラウンドでも課題は多いね。 ダウンした後に、すぐにガードして抱きついて、ってのが出来てれば、また違った展開に なってたかもね。 基本がしっかりしてる奴には勝てるイメージがない。 殴りあうと、駄目だろうけど。 そうなると益々GG戦見てぇな。 彼には負けるんじゃないかな。 ぺザォン、藤田、ゼンツォフ、グッドリッジ、ヒーゾ、アイブル、サップ。 藤田が一番勝率高いと見るね。 ガッカリだよ、ガッカリ。 KOされる少し前からペレが何発かパンチ打ってるけど、どれもシウバは見えてない上にガードがら空き。 あのKOは別にラッキーでもなんでもない。 再戦すりゃアレには勝てるかもしれんが、こいつがたいしたことないのは証明された試合といえる。 ゴリラは痛みに極端に弱いから 他の猛獣には殆ど勝てないって聞いたけど。 今のキャベツに負けたら洒落にならんだろう。

次の