ウイルス 性 いぼ 治療 期間。 ウイルス性イボ治療|東京銀座スキンケアクリニック

いぼに液体窒素が効く!痛みはある?治療期間や頻度と間隔は?

ウイルス 性 いぼ 治療 期間

【もくじ】• イボには様々な種類のものがあります。 皮ふにできた出来物をすべていぼというので形や色など様々ですね。 イボは大きく分けると年齢とともにできてくる老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とウイルス感染によるウイルス性疣贅(ういるすせいゆうぜい)があります。 疣贅というのは医学用語で、一般的にいぼのことを指します。 多くのイボはウイルス性のイボです。 病院で治療の対象になるものです。 加齢による老人性疣贅は日常生活に問題がなければ治療する必要はありません。 ウイルス性のイボはどんなウイルスに感染して起こってしまうのでしょうか?それはヒトパピローマウイルス(HPV)というものです。 別名、ヒト乳頭腫ウイルス(ひとにゅうとうしゅういるす)と言われています。 ヒトパピローマウイルスは100種類以上の型があります。 その型によってイボができる場所や見た目や形が違っていきます。 有名なのは子宮頸がんの原因となるウイルスです。 ヒトパピローマウイルスは人同士で感染するものです。 人から動物への感染はありません。 ペットの犬や猫にイボができてしまうことはありません。 ウイルス性のイボの症状 ウイルス性のイボには大きく分けて2種類あります。 尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい) 一般的なウイルス感染によるイボのことです。 尋常というのは普通という意味なので、尋常性疣贅は普通に起こるイボって意味ですね。 出来る場所は手足、ひじ、ヒザなど。 つまり怪我をしやすい場所によくできます。 大人にもできますが子供に出来やすいです。 青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい) 若い人、つまり20代、30代に顔や手の甲に出来やすいイボです。 扁平という言葉のようにイボは平たい形をしています。 出っ張ったり、ドーム状はしていません。 顔に出来たものはひげぞりでイボを傷つけてしまったり、スクラブ洗顔で肌をこすってしまうとウイルスが皮ふに拡大して増えることがあります。 ウイルス性イボのうつりやすさ ウイルス性疣贅は人との接触により感染します。 それではイボを持っている人と握手しただけでうつってしまうのでしょうか?これらのヒトパピローマウイルス(HPV)の感染力はそれほど強くないと言われています。 健康な人の場合、まずうつることはありません。 注意したいのは体調不良や術後などで体力が落ちている人です。 こういう人は体の免疫力が落ちているのでウイルスに感染しやすいです。 またアトピー性皮膚炎などで肌に傷がある人も気を付けたほうがいいです。 肌のバリア機能が弱くなっているので、傷からウイルスが侵入しやすくなります。 そのほかでも手足に傷があるとウイルスに感染しやすくなります。 ただウイルス性イボの中には他人に感染しやすいものもあります。 尖圭(せんけい)コンジローマ、水いぼなどは感染しやすいので注意が必要です。 感染しやすいウイルスなのでわかりやすいように一緒に書きました。 ウイルス性のイボにかかってしまった場合、どのような治療法があるのでしょうか?イボが出来てしまったら、イボが増える前に皮膚科を受診しましょう。 ウイルス性のイボは他人にうつす心配よりも自分で感染を広げてしまうことのほうが心配です。 気になるからと言ってイボを触ったりすることで他の皮ふにもウイルスが拡がってしまいます。 ウイルス性のイボには残念ながら特効薬はありません。 飲んですぐ効く薬はないのです。 そのため患部を物理的に焼くなどできてしまったイボを何らかの形で除去する方法を取ります。 どの方法も時間がかかることを覚悟して行ってください。 ヨクイニン内服療法 ウイルス感染は免疫力の低下が原因と言われています。 ヨクイニンは免疫力を強化するものとして他の治療と一緒に服用します。 イボはできる場所や形が違い、それぞれの患者に適した方法を選んで行われます。 同じような症状でもある患者さんにはとてもよく効いても、他の患者さんには効くとは限りません。 保険がきく治療、自費治療などもありますので医師と相談の上、納得できる治療を選ぶことが大切です。 ウイルス性いぼは増える前に早めに治療したほうがよさそうです。 ただ病院でウイルス性のイボと言われたときには治療する必要がありますが、加齢による老人性イボの場合は、積極的治療する必要はありません。 もちろんやってほしい!と言えば老人性疣贅・いぼも治療してくれます。 ただ傷あとが残ることなどを考えるとおすすめはできません。 それなら自宅でケアできる方法を試してみませんか?老人性イボに良いとされる成分が入った首イボクリームなら毎日塗ることでイボが目立たなく、ポロリしてしまいますよ。 イボ子おすすめ首いぼクリームはこちらです。

次の

ついにイボが治った!自宅でウイルス性イボの取り方。液体窒素だけでは治らない!?私が病院の治療以外にしたこと!【完治】

ウイルス 性 いぼ 治療 期間

ウイルス性イボってどんな見た目? 正式名称は尋常性疣贅 じんじょうせいゆうぜい といいます。 触った感じは硬いです。 子供の足の裏や手のひらは柔らかいのでイボだとすぐに分かります。 子供の足裏の初期ウイルス性イボの写真はこちらです。 ウイルス性イボは放っておくと本当に治りにくくなります! 早期発見が大切です! 子供の足の裏にできた時は初めは小さい白っぽいもので、真ん中に穴が空いていて「何だろう」くらいにしか思ってなかったんです。 なので 放置してました。 3か月くらい。 子供が違和感を訴えるので、久しぶりに確認してびっくり!! ふちが硬く、真ん中の穴が広がり、さらに中が・・・ フサフサしてるんです!絨毯みたいに!! 白いフサフサの中にポツポツと黒いところも。 ・・・キモイです。 ホンマに。 皮膚科で「 ウイルス性イボです」と一瞬で診断されました。 これがウイルス性イボというものか!!! 放置していてごめんね、こんなことになるなんて思ってへんかってん!!! ママが悪かった!!! こんな状態になるとウイルス性イボは本当にしつこいです。 なかなか治りません。 凍結療法です。 液体窒素を使って焼いてもらいます。 液体窒素の付いた綿棒のようなものをイボに押し当てます。 「ジュウゥゥ」とか「ジリジリ」みたいな音が結構します。 液体窒素で焼いてもらうため2週間ごとに半年ほど通いました。 角化症治療剤の 「 オキサロール」という薬を処方してもらいました。 患部にポテっと乗せるように塗って常にオキサロールが乾かないようガーゼで覆って、その上にラップをしてからで塞いでいました。 これは皮膚の組織が異常をおこして硬くなった部分を軟らかくしてくれるらしいです。 軟らかくなった皮膚をお医者さんが削ってくれていました。 液体窒素でウイルス性イボが治らないので自宅でしたこと ここからはかなり自己流です。 もし参考にされる場合は自己責任でお願いいたします。 薬でウイルス性イボを軟らかくする オキサロールを塗っているとウイルス性イボが軟らかくなります。 スピール膏でもイボを軟らかくする意味では効果があるかもと思いますが、実際に試していないので分かりません。 毎日毎日2か月ほど続けたでしょうか。 ウイルス性イボがフサフサしなくなった イボがフサフサしなくなったんです。 硬かったふちも軟らかくなりました。 ・・・おや、イボのようすが・・・(合体してキングイボにはなってません) 薬の塗布やガーゼを止めてほじくるのも止めて様子を見てみました。 すると、ウイルス性イボが居座っていた部分に徐々に指紋(足紋)が現れたんです! 家でイボをほじっている間も2週間ごとに病院の液体窒素治療には通っていました。 2週間様子を見て病院へ行くと先生が足の裏を見て 「足紋が出てきているからもうイボ消えてくれるんじゃない?」 もうね、涙が出そうになりました。 何か月も痛い思いをさせてごめんね。 早期発見していたのに放置していたせいでイボ巨大化させてごめんね。 我慢して治療してくれてありがとう!!! それから、念のため数回液体窒素で焼いてもらいました。 延べ1年と3か月の戦いでした。 でも、イボは再発のしやすいものです。 裸足でマットの上に上がったりするので感染したのかと思います。 後は兄弟間でうつし合っていました。 お風呂上がりのバスマットやタオルの共有などは気を付けなければいけないですね。 お姉ちゃんが足裏にイボができたときは、ずっと靴下を履いてくれていました。 裸足で床やカーペットを歩き回るのは危険かもしれません。 銭湯、プール、スリッパなどあらゆるところでウイルス性イボの感染の危険性があるので注意です。 まとめ 大きくなったイボはもう治らないんじゃないかと思うくらいしつこくて不安でした。 手術も真剣に考えて、でも足の裏だししばらく歩けなくなったら学校どうしようとか。 夏休みに手術をしよう思っていましたが、イボの手術跡の画像を検索して躊躇して… 常にガーゼで覆っていたのはイボのウイルスが靴下やカーペットについて広がらなかったので良かったかも。

次の

いぼの治療は三鷹はなふさ皮膚科へ

ウイルス 性 いぼ 治療 期間

足裏のウィルス性イボ、液体窒素治療について 足裏の親指の付け根(体重が1番かかる部分)に直径5ミリほどのウィルス性イボ(尋常性疣贅)があります。 今年の4月下旬から約6か月間、だいたい2週間に1度通院し、液体窒素(スプレー式)治療を受けています。 が、一向に治る気配がありません。 元々、私の足裏は角質化しているのですが、治療開始時はイボの部分は他の部分に比べてへこんでいました。 今は他の部分と同じ感じで白く角質化していて、液体窒素治療後に患部を見ても黒く点状出血している様子を確認できません。 また、イボ自体は普通に生活したり、歩いても痛むことはありません。 イボ治療は今の病院で2件目です。 1件目の皮膚科は治療以外のことも聞いてきて嫌な思いをしたので、今の病院に変えました。 1件目では患部に直接綿棒で液体窒素を付けていたため、治療中に痛みを感じることもありました。 しかし、今の病院では患部に液体窒素をシューっとしても、ほとんど痛みを感じません。 (2件目の病院に通いだして6か月が経っています) 治療開始時に担当医に「液体窒素を強くあてると早く治るか?」ということを尋ねましたが、「強くあてると痛みがでるから、そうすると治療が続かないので、痛みが出ない程度にあてます」といったことを言われ、正直私の希望と違いました。 私としては多少痛んでもいいから確実に治したいと思っています。 ただ医者の言うことなので、あまり日常生活に支障をきたすのもよくないのかな~と思い、そのまま治療を続けてきました。 また、治療経過について尋ねても「足裏のイボは治るのに時間がかかる」としか言われず、治っている傾向にあるのかもわかりません。 担当医に聞いてもあまりはっきりしたことを言ってくれず、なんだか不安です。 私としては、液体窒素を強くあてることで治るならそうしてもらいたいです。 また、液体窒素で治らない、治りが遅いなら他の治療法も検討した方がいいのかなと思い始めています。 イボ治療をした人に話を聞くと、みんな液体窒素は痛い!ということを言っていて、なんだか私と違っているみたいです。 私の足裏のイボはかなり頑固で液体窒素が聞いていないのかなぁと心配になってきました。 液体窒素治療で治らないイボってあるのでしょうか?また、医師にどこまで希望を言ってもいいものでしょうか? 今年の夏にイボができて皮膚科に行き、1ヵ月半で治りました まず、イボはウィルス性、水イボ等があります 質問者さまがイボが出来てどれくらい放置していたかにより治りも変わってきます 私事ですが、 20数年前に子供の頃、足の裏と指と指の間にイボが出来てしまいずっと放置? 子供の頃なんでまったく気にしませんでした そのせいで、かなり固いイボになってしまい、当時は皮膚科なんてなかったので外科でしたね(知らなかったことと近場になかったこともありますので) 液体窒素で治療をしていましたが、2カ月経っても効果なしのため 医療のハサミで切りました かなり痛く涙目にもなりました 切った後も液体窒素で治療して跡形もなくキレイになくなりました あれから20数年間(今年まで)は一切出来ませんでした 今年に関しては春先ごろから指の一部の皮膚が固くなってきたのがはじまりでした・・・(気がついたとき) 夏頃には、固い部分が膨らみ始めたので初めて皮膚科に行きました イボであり、やはり液体窒素治療でした 後は皮膚をやらかくする塗り薬を貰い、途中から液体窒素でなく同じ感じの冷たいものを当てた治療で黒くなり(血豆)になって1週間たたずになくなりました 私は、お金がかかる機関(医者、車等)に関しては今後の状態(答え)を求めます 医者に行った時には、先生に「今どんな感じですか?」「治りは良いですかね?」「あとどれくらいですか?」とか聞きます 医者によっては煙たがりますが、治っても予防をしなければ再びその病気や怪我する可能性もありますので・・・ でもだいたいは先生方は気持ちよく答えてくれます 治りも人により違いますので、これからも聞いた方がイイです ただ、先生によっては口が悪いが腕は確かだ!と思う方がいますので聞くときには優しくこっちがペコペコする感じで(笑) 治りが遅いと非常にストレスもかかるし、お金もかかるし、時間もかかるし、イイことがないです(涙) 先生に「このままだと切りますかね?」とか聞いてみてもイイと思いますよ 本来、先生は今ままで数えきれないくらい患者と向き合っているので答えが出ないということはないはずです 患者はいつ治るかが知りたいので目安でもいいから答えてほしい 答えてくれない医者はヤブと思われても仕方ないと思います 上の子が皮膚科で綿棒でつける液体窒素治療した時はまったく痛がらず2か月程で完治しました。 下の子は同じように液体窒素治療しましたが泣くほどかなり痛がり、2か月通いましたがほとんど改善しませんでした。 ちなみに治療開始時のいぼの大きさは下の子の方が小さかったです。 先生は、液体窒素治療は、たまに痛がらない人がいるといっていました。 このまま続けるのは下の子がかわいそうに思えて、以前、水虫やいぼに木酢液がよいというのを思い出しました。 匂いはしますが、下の子は痛いよりはいいとので通院をやめ、木酢液を購入し使用ました。 それから2か月程で完治しました。 これで治る保証はありませんが、下の子にとってはよかったみたいです。 別の方法も検討されてはいかがでしょうか。 私はドライアイスで治療し完治しました。 参考になれば幸いですが、あくまでも自己責任で治療してください。 私も同じ体重の掛かる親指と人差し指の根元付近。 魚の目だと思って散々いじくった為に大きくなって皮膚科を受診。 ウイルス性のイボと診断されて毎週一回、液体窒素で焼きました。 焼いたその日は口も聞きたくないくらい痛くて辛いのに、2ケ月経っても改善せず自己治療することにしました。 アイスクリームを買うと固形のドライアイスを呉れるデパートで入手し、4日連続して焼いて3日休みのサイクルで治療しました。 しかし、患部が厚い角質に覆われていると効果は余り出ないようなので、鋭利な刃物で取り除くかイボコロリで角質を除去した方が早いです。 しかし、相手はウイルスなので広がらないように注意して、効果は分かりませんが私はアルコールで消毒してから十分に焼きました。 特に芯の部分は根が深いので念入りに焼きました。 削るのは一週間に一回でしたが、その時は同じ時間を掛けて焼くと眠れないくらい痛むので、ウイルスにも十分効果があると感じます。 次第に芯も浅くなり周りも健康な皮膚になってきますが再発しないように芯は徹底的に焼き切って下さい。 また、指で触って角質が不自然に硬い箇所は患部の可能性もあるので削って焼きます。 完治するまで他に移らせないように細心の注意をしながら続ければ、一週間に一回の治療で通院するよりも、連続して焼くほうが効果があると感じました。 ご参考になれば幸いです。 イボ経験者です。 私は毎週液体窒素で凍らせていました。 最初は凹んでいたのですが、段々と厚く角質化してきて、 それの表面を特殊なハサミみたいなので薄く削って、 そして液体窒素を当てる治療をしていました。 一度肉まで 切られて出血、靴の中が血まみれになったこともありまし たがw、「先生も一生懸命治療してくれているんだから我 慢我慢」と耐えた事もありましたけれど 笑 私はちょっと痛い位に当ててもらってましたよ。 指にも移っ ていたのですが、指の方は皮膚が薄いからという事で軽め でしたけれど。 痛みに強い性格なのか、先生が上手かったのか、痛いの は2,3日で、次に病院に行くときには痛みはなかったですね。 あと、病院ではヨクイニンの漢方薬を処方されました。 「食前に飲んでください。 飲めなければ食後でもいいです」 と言われて、面倒なのでずっと食後に飲んでおりましたが、 昼と夜だけは食前30分前に飲むようにしたところ、イボが 段々薄くなって次第に取れてきたように思います。 たまたま 液体窒素の治療効果が出始めてきた時にヨクイニンの飲み 方を変えただけなのかもしれませんけれど、ヨクイニンを試 してみてはいかがでしょうか? イボの治療は長期間続く人もあれば短期間で終わる人もあるみたいです。 また治療法も色々あるみたいです。 私も、3か所位病院変えましたが、最終的には痛いくらいに 焼いてくれる近所の病院に半年近く通いましたよ。 継続は力なりですから、根気よく治療を続けてください。 必ず治りますから!!(治る・治すと強く思う事も重要らしいですよ!).

次の