猫 くしゃみ 多い。 猫がくしゃみをする理由は?原因と対策

猫のくしゃみは病気のサイン?原因と症状から見分けるポイントを解説

猫 くしゃみ 多い

だけど、体調変化が症状として現れやすい部分ですよね。 我が家の猫たちも目やに・涙が出やすいので、すごく気になります💦 飼い始めた頃は目やにが出る原因がわからず、「病気?怪我?」と頭を悩ませていました。 自然と出なくなるのか、獣医さんに診てもらった方がいいのか……。 猫と暮らし始めて12年、猫の飼育本を読んだり獣医さんに相談して来ましたが、 最近では目やにの色・出かた・そのほかの症状によって、ある程度の状態がわかるようになりました。 病気を特定することはできなくても、ケア方法や治療の必要性は自宅でも判断できます😺💖 この記事では、気になる猫の目やに原因を見分ける方法と、慢性的に目やに&涙が出てしまう我が家の三毛猫の様子をまとめてました。 なに色の目やに?• 片目?両目?• で始めの目やにはネットリとやわらかく、乾いて固くなるとポロッと取れることもあります。 これは人間と同じように、目の中に溜まったゴミや代謝物が涙と一緒に固まった老廃物。 体質によって出やすい子・あまり出ない子がいますが、目をつぶって寝ている間に溜まりやすい目やになので、よく休息をしているという健康の証でもあります。 心配なのは、外傷・感染症や病気・アレルギーですね。 目やに原因を判断する3つのポイントを踏まえながら、ご紹介していきましょう。 外傷による結膜炎の目やに 「オレの縄張りに入ってきたな!猫パンチで追い払ってやる!」 「なにを!生意気だぞ!」 猫同士で爪を出し殴り合ってるシーンに出くわすと、思わず止めに入りたくなりますよね💦 猫のケンカは顔を狙うことが多く、相手に目を引っかかれる恐れがあります。 また、スリスリとあちこちに自分の顔をこすりつけ匂いをつけるマーキングや、なめて湿らせた前あしでせっせと顔を洗っている時に、 自分で目を傷つけてしまうこともあるでしょう。 眼球・目の粘膜が傷つき外傷性の結膜炎を引き起こすと、目やにが出てしまいます。 目が大きいゆえの怪我ですね😔 【結膜炎の目やに】• 白っぽくベタベタしていて、菌が繁殖すると黄色っぽくなる• 片目だけ出ることが多い• 目をつぶったまま・瞬きが多い・触ると嫌がる 結膜炎の目やには、水分量が多く拭き取るとべっとりと粘り気があります。 怪我のていどによりますが、目やにの量が多かったり目を開けられない状態が続くようなら、病院🏥で診察を受け目薬で治療をした方が良いでしょう。 🔻目やにの取り方は、こちらの記事で詳しくご紹介しています。 感染症・病気の目やに うちの三毛ちゃんは水っぽい目やに 猫の感染症には種類があり、素人が目やにだけで病気を特定することは難しいです。 ただし、感染症の場合は目やにに特徴があります。 【猫風邪の目やに】• 白や緑色で水っぽい• 両目から出ることが多い• 目やにと一緒にくしゃみや鼻水が出たり、元気がなくなる 秋から冬にかけて気温が急激に下る時期、室内飼い・外飼いに関わらずかかりやすい猫風邪。 鼻水・くしゃみといった、人間と同じようにほかの風邪症状も現れます。 「クシュンッ😿」大きなくしゃみと一緒に鼻水を飛ばしたら、猫風邪の疑いがありますね。 病院で飲み薬・目薬をもらい治療します。 食欲がない場合は、フードを柔らかくするなど食べやすくする工夫をしてあげましょう。 多頭飼いをしているご家庭では、ほかの子に猫風邪がうつってしまう可能性があるので、 風邪の症状がおさまるまで隔離することをおすすめします。 クラミジア感染症 猫クラミジア細菌の感染により、かかってしまう病気です。 【クラミジア感染症の目やに】• 黄色く水っぽい目やに• まず片方の目が炎症を起こし、続いてもう片方の目も…• 日に日に状態が悪化していくので外傷の違いがわかりやすい 感染ルートは、クラミジアに感染した猫との接触がほとんどなので、完全室内飼をしている猫はかかりにくい病気です。 外をお散歩をさせている飼い猫や野良猫は注意が必要! 治療をせず放置すると鼻水・くしゃみ・咳などの症状が悪化し、肺炎にかかることもあるそうです。 黄色がかった目やにが出ていたら、できるだけ早く病院に🏥連れていき、適切な治療を受けましょう。 先天的にアレルギー体質だったり、飼い始めてからアレルギーが出ることもあるようです😔 皮膚のかゆみ・フケ・涙・目やに・鼻水・くしゃみなど、症状は人間のアレルギーと似ています。 【アレルギーの目やに】• サラサラで水っぽい目やに。 無色透明または赤茶• 両目から出る• 目やに・涙以外にも皮膚の痒みなど症状が出ることが多い 涙目になっていたら、ふき取って様子をみてあげましょう。 一時的なもので、時間がたつとさまることもあります。 改善されないようなら、アレルギー原因をつきとめて対策をしたほうが良いでしょう。 動物病院🏥で診察を受け、部屋にアレルギーを起こすものはないか、毎日の食事で与えているキャットフードの原材料にアレルゲンが含まれていないか、獣医に相談してくださいね。 私の友人の猫は、キャットフードを変えただけで目やにや涙目がおさまったそうです😺 特定の食物に反応しているアレルギーもありますが、 着色料・香料・酸化防止剤といった、添加物を使っていないナチュラルで低刺激なキャットフードの方が、アレルギー体質になりにくいと言われています。 キャットフードの品質は、残念ながら値段に比例している部分があります。 原材料を見ると、高いフードは素材にこだわっているのがわかるんですよね。 もし、今使っているキャットフードがコスパの良い低価格のドライフードでしたら、ワンランク上のプレミアムキャットフードを試してみましょう。 お店に並んでいるフードは、種類が多すぎて選ぶのが難しいですけどね💦 うちの猫たちに食べさせて評判が良かったのは、 サーモンが主原材料に使われてる 「シンプリー」です。 🔻ネット限定なので店頭では購入できません 香料不使用なのにサーモンのいい香りがして、美味しそうに食べてくれます。 目・鼻・耳は週1から2週に1回は掃除する• ブラッシングをまめにする• 爪は週1チェック、伸びすぎないようにする ザラザラの舌を使って入念な毛づくろいをしている姿は可愛いけれど、粘膜部分のお手入れは飼い主さんの出番です💖 こまめにケアをしておくことで粘膜を清潔にたもち、ばい菌の繁殖を防ぎます。 また、感染症や外傷を受けた時に、すぐに気が付きやすく悪化させずに済むでしょう。 爪切りは、血管が通っている上の白い部分を切ります。 飼育本には「血管ギリギリまで」なんて書いてあったりすぐけれど、週1で切るのなら先端の尖った部分を切るだけでも良いと、獣医さんに言われたことがあります。 猫の予防接種は、生後3ヶ月程度で1回目を打ち、その1ヶ月後に追加で2回目を打ちます。 そ の後は、1年毎に受けると効果的でしょう。 予防接種には、3種混合・5種混合・7種混合など種類がありますが、かかりつけ病院で受けられる注射をきき獣医さんに相談して決めてくださいね。 費用はそれぞれ 5000〜6000円で、病院によって違います。 寄生虫駆除は済んでいて、毛並みが綺麗で個性的な子猫。 一目惚れでした😆 ただ、うちに来た時から目やにと涙がひどく、いつも前足で毛づくろいをして気にしていて。 引き取った翌日、健康診断と予防接種のために病院に連れて行ったら、 「風邪をひいているようだから予防接種は体調が整ってからにしましょう」と、1週間分の飲み薬と目薬を出されました。 嫌がる三毛ちゃんをおさえて目薬をさし、くだいた薬をフードに混ぜて食べさせた1週間、症状はまったく治りません。 目の粘膜は綺麗だし、ほかの症状はなし。 平熱、元気あり、食欲旺盛。 病院で再診を受けると、「 体質的に目やにが出やすい(アレルギーの可能性もある)ようだが、目に異常はないからこのまま様子を見ましょう」と言われました。 添加物が原因かもを聞けば、キャットフードを変えてみました。 ハウスダストが原因かもと聞けば、部屋中を掃除して空気清浄機をまわしました。 それでも改善されず、今でも目やにが多いので毎日コットンでふき取っています。 いつか良くなるといいなぁ😔 目やにの原因がわかるのなら改善してあげた方が良いです。 最初にご紹介した健康な猫でも出る茶色い目やには、こまめなお手入れをすれば綺麗な瞳をキープできます。 うちの三毛ちゃんのように、慢性的に目やに・涙目が止まらない猫ちゃんでも、ほかに症状がなければそれほど心配しなくて大丈夫。 茶色い目やに以外は要注意!【まとめ】 猫の目やに原因と予防方法についてでした。 室内飼いをしていれば感染症にかかる可能性は低いだろうと、「うちの子は大丈夫~」なんて油断してしまいがちです。 それだと、いざ病気にかかった時に「どうしたらいいの?なんなの?」と、すごく慌ててしまいますよね💦 白や黄色、緑色の水っぽい目やには菌がたくさん含まれています。 目やに原因を判断する3つのポイントをチェックし、様子を見ているだけで大丈夫か判断しましょう。

次の

猫のくしゃみの原因と予防法 病院へ連れて行く目安とは

猫 くしゃみ 多い

猫のくしゃみ、見分けのポイント• 連続するか• 何日も止まらないか• 鼻水を伴う• 鼻出血を伴う• 顔の様子に変化がある 正常なくしゃみのポイント くしゃみは鼻腔内に侵入した異物やホコリを取り除こうとして起こる生理現象です。 猫の場合、首を左右に高速でひねりながらくしゃみをします。 1日に数回する程度のくしゃみは全く問題ありませんよ。 病気によるくしゃみのポイント 生理現象のくしゃみは問題ありませんが、病気の場合は治療が必要です。 異常を見分けるポイントは、「連続する」「何日も止まらない」「鼻水も伴う」の3つです。 さらに、食欲の低下や目ヤニなどの症状が伴うと病気の可能性は高いので、動物病院を受診してくださいね。 くしゃみの原因を詳しく調べるための方法 鼻炎の症状• 水っぽい鼻水 「室内の乾燥」や「煙やガスの吸い込み」「アレルギー」「ウイルスの感染」が原因で発症する鼻炎は、くしゃみとさらさらとした水っぽい鼻水が出てくるのが代表的な症状です。 症状が重くなると、膿の様な粘ついた鼻水に変化してきますよ。 また、鼻水により鼻がつまり息苦しそうな呼吸をすることもあります。 他にも、匂いが嗅げないため食欲が落ちてしまう猫ちゃんもいます。 軽度な場合では自然治癒することもありますが、感染症の場合では肺炎に進行することがあります。 また、軽度であっても慢性化することが多く、他の呼吸器ウイルス感染と合併してしまうことがありますよ。 食物アレルギーを対策するために 人間と同じで、猫も食物アレルギーを発症します。 アレルギー対策のためにも、普段食べているキャットフードやおやつにどのようなものが含まれているかを事前に調べておくことが大切ですよ。 猫のアレルギー対策について詳しく知りたい方は 猫のくしゃみから考えられる病気2. 「副鼻腔炎」 猫クラミジア感染症の症状• 目ヤニによる結膜炎• 呼吸器系の炎症 くしゃみや鼻水に合わせて、目ヤニがたくさん出てくることが特徴的な猫クラミジア感染症。 症状が重たくなると目ヤニからくる結膜炎や、呼吸器系の炎症を起こします。 まれにですが、猫クラミジア感染症は猫から人へも感染するため「人獣共通感染症」ともよばれています。 特に生後1年未満の子猫がかかりやすく、すでに感染している猫から感染することが1番多いです。 とにかく感染力が強いので多頭飼いをしている場合、1匹が感染すると全ての猫と飼い主さんが一気に感染する恐れもあります。 呼吸器系の病気から死に至ることもある重い病気なので十分に注意が必要ですよ。 クリプトコッカス症の症状• 膿のような鼻水• 血の混じった鼻水• 運動失調• 視神経炎や網膜剥離 クリプトコッカス症の症状としては、くしゃみのほかにも上記のようなものがあります。 また、呼吸器系に影響が出ることによりいびきをかき始めることもあります。 症状が重くなると中枢神経系に影響をおよぼし、痙攣 けいれん や運動失調を起こしたり、視神経炎や網膜剥離といった目の病気を引き起こしたりします。 クリプトコッカスウイルスは「ハトの糞」に多く存在しているため、主な感染経路がハトの糞で汚染された「土」や「空気」です。 人間や犬にも感染する病気なので、室内飼いや多頭飼いをしている方は特に注意をしてくださいね。 猫のくしゃみから考えられる病気7. 「猫エイズウイルス感染症」 猫エイズウイルス感染症の症状• 風邪や下痢• リンパ節の晴れ 少し厄介な猫エイズウイルス感染症。 原因は、交尾や喧嘩による体液からの感染です。 特に、唾液を介した感染が多いですが、エイズウイルス自体は感染力が低く、空気感染や飼育グッズを介しての感染はないとされています。 症状は、感染後「急性期」「無症状キャリア期」「エイズ発症期」と3段階に別れて症状が出てきます。 風邪や下痢、リンパ節の腫れが主な症状です。 次に、無症状キャリア期が5年ほど、長い場合は10年ほど続きます。 この時期は、症状が治ったと思うくらい、目立った症状が何も出ません。 ただ、ウイルスは体の中でリンパ球を破壊し続けています。 最後のエイズ発症期では、歯周辺の炎症や口内炎、よだれが止まらない、口臭が気になるなど多くの症状が出てきます。 風邪や下痢、嘔吐が頻繁に見られます。 他にも免疫力が落ち、ダニが原因で皮膚炎を発症したり、肺炎やガンに感染したりしてしまいます。 くしゃみは兆候!大事なのは病気対策 紹介した病気の中には、子猫のうちからきちんと予防接種をすることで防げる病気もあります。 他にも、飼育環境を清潔に保ってあげることや、猫自体を綺麗にしてあげることなど、人間の病気対策と変わらないことを猫にもしてあげてください。 たかがくしゃみと軽く考えていたら思わぬ病気にかかっていた、ということもありえます。 毎日、猫の状態をよく見て健康管理をきちんとしてあげてくださいね。 万が一に備えて保険加入を検討するのも選択のひとつですよ。

次の

猫のくしゃみや咳にはどんな原因があるの?花粉症などの症状と対処法

猫 くしゃみ 多い

アレルギーとなる成分は含まれていない• 人工添加物が配合されていないフードを選ぶ• 免疫力を高めるため栄養 動物性タンパク質 が豊富 この3つのポイントを抑えることができればくしゃみ・鼻水が多かった猫ちゃんの症状を軽減することに期待ができます。 では、それぞれのポイントの細かい部分についてみていきましょう。 アレルギーとなる成分は含まれていない 猫ちゃんによってアレルギーとなってしまう食材というのは違いますので、 しっかりとどのような食材によってアレルギーを起こしてしまうのかを病院で検査しておくことが先決です。 検査でアレルゲンとなりうる食材がわかった場合、そのアレルゲン食材を含んでいないキャットフードを選べばいいという簡単なポイントが1つ目となります。 意外にもこのアレルギーとなる成分について無頓着な方が多く、くしゃみや鼻水の原因がわからないと四苦八苦していることもあります。 特にアレルゲンになりうる成分として注意してほしいのが 小麦、大豆、とうもろこしといった穀物類 グレイン です。 穀物というのは猫ちゃんにとって消化が難しくアレルギーの原因にもなりえますので、穀物類を取り除いて作られたグレインフリーのキャットフードを選ぶのが良いでしょう。 MEMO 猫ちゃんによってはメイン食材として定番である チキンをアレルゲンとして持つ子もいます。 チキンを始め猫ちゃんに人気の食材以外にも安全性の高いキャットフードは存在するので、無理に食べさせるということはさせないでください。 食物アレルギーも重症化すれば場合によっては呼吸困難や生命の危機に関わってしまうので、何よりもまずアレルギー検査を受けてもらうことをおすすめします。 人工添加物が配合されていないフードを選ぶ 人工添加物というのは長期保存や着色を目的として添加されていることが多く、そのほとんどは猫ちゃんの健康になんのメリットもなく、かえって悪影響を与えてしまいます。 また、アレルギーの症状によってくしゃみや鼻水を起こしているのであればまだそれでも良いほうで、気をつけていなければ発がん性のある人工添加物を与えることにもなるので十分に注意が必要です。 特にキャットフードは人工添加物について曖昧な部分があるので、ヒトの食べ物に入れられない添加物も含まれていることがあるから気をつけるニャ!! 3. 免疫力を高めるため栄養 動物性タンパク質 が豊富 アレルギーとなってしまう物質はある規定量以上摂取することによって起こりますが、猫ちゃんの免疫力によっても左右されます。 特に体調が弱っている際にはアレルギーが起こりやすく、しっかりと栄養補給をして健康管理をすることがくしゃみ・鼻水を抑えるポイントです。 猫ちゃんはほぼ肉食動物なので動物性タンパク質を豊富に含んでいるキャットフードが栄養を補給できて免疫力を維持できるのでおすすめといえます。 中には低品質な動物性タンパク質もあるため、しっかりとした栄養を補給して免疫をつけたい場合は新鮮で高品質なメイン原料を選ぶようにしてください。 MEMO 新鮮で高品質な原料であるかどうかを見極めるコツとして、その肉・魚がどのような状態・部位であるのかを明記しているかを見ましょう。 チキンであれば「骨なしチキン生肉」や「フレッシュチキン」といった記載のあるものがおすすめです。 逆に「チキンミール」、「チキンパウダー」、「肉類副産物」といったように どのような状態かわからないものは4Dミートと呼ばれ、低品質なものだという判断をして選ばない方が良いでしょう。 詳しい記載名や4Dミートがどういうものであるかはを参照してみてください。 【安全性なものだけ】くしゃみ・鼻水で苦しんでる猫向け!キャットフードの比較一覧! 食物アレルギーによってくしゃみや鼻水で苦しんでいる猫ちゃんにとってどのようなポイントを抑えたキャットフードを選べばいいか理解していただけたかと思います。 しかし、実際に市販されているキャットフードから選ぼうとなるととても骨が折れる作業となってしまうでしょう。 そこで今回は当サイトで調査した88種類ものキャットフードのうち、安全性基準において安心できるものが10種類ありますので、先ほどのポイントを基に比較をしてみました。 また、アレルギーの原因になりやすい穀物類 グレイン が含まれておらず、タンパク質も十分に補給できるものが大半なので、あなたが飼っている猫ちゃんのアレルゲンが何であるのかによって選び分けても良いでしょう。 しかし、それでも 10種類の中からキャットフードを選ぶのは手間だし難しい、と感じる方も多いかと思いますので、比較したポイント意外の点も考慮したおすすめキャットフードを3つに絞って次に紹介していきましょう。 くしゃみ・鼻水で苦しんでる猫向け!キャットフードおすすめランキング! 食物アレルギーによってくしゃみや鼻水が出てしまう猫ちゃんにとってどれがおすすめなキャットフードであるのか、先ほどの10種類のうちからさらに3つに絞ってランキング形式にしてみました。 それぞれキャットフードによって特徴がありますので、あなたの飼っている猫ちゃんにはどれが合っているのかを良く考えて比較してみましょう。 カナガン• 鼻炎・アレルギー• 副鼻腔炎• 猫ウイルス性鼻気管炎• 猫クラミジア感染症• 猫カリシウイルス感染症• クリプトコッカス症• 猫エイズウイルス感染症 これらの原因によってくしゃみや鼻水が出てしまうことがあり、それぞれ適切な対処をしなくてはいけません。 特に 感染症の場合は放おっておくと生命の危機に関わるものもあり、またくしゃみや鼻水以外にも併発する症状があり非常に危険です。 また、鼻炎やアレルギー、副鼻腔炎などの炎症も初期症状はくしゃみや鼻水、鼻づまりといったものから重度になると膿の様な粘性のある鼻水によって匂いが嗅げ無くなり、猫ちゃんの食欲が低下して違う病気にかかりやすくなってしまうこともあります。 くしゃみや鼻水が何日も続くようであれば、猫ちゃんの観察を怠らないようにしましょう。 重症?愛猫のくしゃみ・鼻水で動物病院に行く必要がある症状は? くしゃみや鼻水だけの症状で動物病院に行く必要はない、あるいは少しだけ観察して見極めてから動物病院へいこうと考えている人も多いです。 動物病院へ行く場合の見極めとして、 症状がどのぐらい続いているか、あるいはくしゃみ・鼻水以外の症状も併発していないかを確認するのが良いでしょう。 1日数回程度のくしゃみであれば、ヒトと同様に鼻にホコリなどが入り込ん際に起こるものなので自然ですが、上記のように症状が続く、併発した症状があるということだと病気が起きていることを疑いましょう。 特に 感染症を起こしてしまっている場合、くしゃみや鼻水以外に目やにが多く出てしまっている、目が充血、発熱、嘔吐、下痢といった症状も起こってくる可能性が高いです。 まだ症状が軽い場合は風邪と同様の処置をしてしまいがちで発覚したころにはかなり症状が進んでしまっていた、ということが無いようにしなくてはなりません。 そのためには日頃から猫ちゃんの症状をよく観察して、早期発見早期治療を心がけていきましょう。 くしゃみ・鼻水が出るときの対策は? 猫ちゃんがくしゃみや鼻水が出るときにどのような対策をすればいいのかわからない人も少なくないでしょう。 しかし、対策をしっかりと行うことによって風邪であれば早期回復、病気であれば早期発見ですぐに病院へ行くことができますので怠らないようにしていくのが猫ちゃんといつまでも元気で過ごせる秘訣です。 では、まずどのような対策をしていけば良いのかですが、 感染症を予防するためには室内飼いを徹底しましょう。 ウイルスによる感染症は他猫から媒介して感染ってしまうことが多く、感染していない猫を飼っている室内であればほとんど感染することはないでしょう。 また、外で飼っている場合、他の猫ちゃんとケンカをしてしまうことがよくあるため、感染症以外にも外傷によって猫ちゃんの生活に影響を与えてしまう可能性もゼロではありません。 外で飼っているということであれば、くしゃみや鼻水以外に大きいリスクを抱えているという意識を持つようにしましょう。 また、それ以外の方法での対策として、 くしゃみや鼻水が起こってしまった前後にどのような状態であったかを確認しておくということが大切です。 先ほども言ったように1日数回起こるようなくしゃみであれば問題ありませんが、連続して何日も続くようであれば、くしゃみをしだす以前に何か原因はなかったか思い出すことができます。 そこから症状が重くなってきていないか、他の症状も出ていないかを観察することができますので、くしゃみ・鼻水対策ができていると言って良いでしょう。

次の