生後 2 ヶ月 生活 スケジュール。 生後2ヶ月のジーナ式スケジュールと成長!乳児湿疹が治った方法、正しい学資保険の入り方

生後1か月児とママの家事&生活タイムスケジュール

生後 2 ヶ月 生活 スケジュール

生後2ヶ月からはじまる予防接種~上手なスケジュールの立て方 生後2ヶ月になると、いよいよ赤ちゃんの予防接種がはじまります。 これからの数ヶ月間は、予防接種ラッシュといっても過言ではないほど、毎月のように予防接種を受けなければなりません。 とにかく、種類と回数が多いので、事前に接種スケジュールを立てておかないと混乱してしまい、うっかり受け忘れてしまうことも…。 赤ちゃんをウイルスから守るためにも、予防接種についての知識を持ち、きちんとスケジュールを立てることが大事です。 ここでは、生後2ヶ月から始まる予防接種について、基礎知識や接種スケジュールを中心に解説。 現在妊娠中のママや赤ちゃんが生まれたばかりのママは、ぜひ参考にしてください。 生後2か月の赤ちゃんの発達 はじめに、生後2ヶ月の赤ちゃんは、どのような発達段階にあるのかを確認していきましょう。 生後2ヶ月になると、次のような発達が見られるようになります。 視力の発達 生まれたときは明るさを認識できる程度だった視力が、成長によりだんだんと見えるようになってきます。 生後2ヶ月ごろになると、顔の近くにあるものを見て認識することができるようになります。 両目を使って上手に焦点を合わせることができるようになるので、自分の手を見つめるハンドリガードを始めたり、ママに声をかけられて、顔をじーっと見つめたりすることがあります。 また、色の区別もできるようになるのもこの時期。 モノトーンで見えていたものが、赤や青など鮮やかな色の違いが分かるようになるので、カラフルなおもちゃを目の前で動かして見せると、関心を持つはずです。 手足の発達 生まれたばかりの頃は寝たままだった赤ちゃんも、徐々に手足をバタバタさせるようになります。 中にはベッドの上でキックをして移動したり布団を蹴ったりと、ダイナミックな動きをすることも。 赤ちゃんは、これから寝返りやハイハイをするようになることから、手足をバタバタさせることによって、手足の動かし方を覚えるほか、筋肉を鍛える必要があるのです。 さらに、身近の物に興味を持ち始めるため、手や足を動かして楽しむようになるのもこの時期です。 バタバタした時の音や空気が手に触れた時の感触など、些細なことでも赤ちゃんにとっては新鮮に感じられるのでしょう。 皮膚機能の発達 ママのお腹の中にいた頃は、羊水に守られていた赤ちゃんの皮膚は、生まれてから徐々に外の空気に慣れることで、冷たい空気に触れた時や、暑いと感じた時などにうまく反応できるようになります。 赤ちゃんの皮膚を鍛えるために、生後1ヶ月くらいからのが推奨されています。 最初は家の中で窓を開けて外気に触れる程度ですが、生後2ヶ月くらいになると外に出て、20~30分程度の散歩ができるようになります。 外気浴は、生後3~4ヶ月健診でも確認される項目で、呼吸器の発達や生活リズムにも良い影響を与えますので、無理のない範囲で行うことを心がけましょう。 赤ちゃんが生後2か月から予防接種を受ける理由 赤ちゃんは、ママからもらった免疫が徐々に減ってしまうことから、生後6ヶ月くらいまでに、新たに予防接種で免疫を獲得しておく必要があります。 そのため、生後2ヶ月から予防接種を受け始める必要があるのです。 生ワクチンは病原体を弱毒化して作られているのに対し、不活化ワクチンは病原体の毒性をなくしていることから、1回の予防接種では確実に免疫が得られないため、数回受ける必要があります。 一般的に不活化ワクチンは、1週間ほど間隔を空けるようにいわれていますが、安全性や免疫力を考慮すると、次のワクチン接種までに3週間以上はあけたほうがいいといえます。 特に、赤ちゃんが感染すると重篤化する恐れがある感染症については、受けられる時期になったらすぐに受けることが、赤ちゃんを守ることにつながります。 1歳までの予防接種スケジュール 0歳代で受ける予防接種の種類と時期、回数を知っておくと、スケジュール管理が楽になりますよ。 ここで紹介する推奨スケジュールを参考に、予定を立ててみてください。 定期接種と任意接種 赤ちゃんが受けられる予防接種には、定期予防接種と任意予防接種があります。 定期接種は、重症化しやすい感染症や感染力が強く感染症を予防するために、予防接種法という法律で国が接種を推奨している予防接種のことです。 決められた期間内なら、無料で受けられるのが大きな特徴です。 それに対して任意接種は、周囲への感染を考慮して、できるだけ受けたほうがいいとされている予防接種で、受けるかどうかは、保護者が決めることができます。 定期接種と違って任意接種は有料です。 1回あたり5000円から1万円くらいかかりますが、もし感染した場合の医療費や親の負担を考えると、受けておいた方がいいといえます。 予防接種はどこで受けるの? 予防接種は、個別接種と集団接種で受ける場所が違います。 個別接種の場合は、小児科などの医療機関で受けるため、基本的に予約が必要です。 副反応などが起こる可能性を考慮すると、赤ちゃんの健康状態を把握しているかかりつけ医で受けた方が安心なのではないでしょうか。 集団接種は、市町村が日時や場所を決めて行うもので、生後1カ月くらいになるとお知らせが届きますが、もし2ヶ月近くになっても連絡がない場合は、直接確認したほうがよいでしょう。 同時接種が推奨される理由 予防接種を受ける際、違う種類のワクチンを一度に接種する同時接種が広く行われています。 赤ちゃんは1歳までに15回以上の予防接種を受ける必要があり、1つずつ単独で予防接種を受けた場合、全てを受け終わるのに時間がかかってしまいます。 その間に、感染症にかかって重症化してしまうことを防ぐためには、1度に複数のワクチンを接種する同時接種が推奨されているのです。 また、同時接種によって、うっかりと受け逃してしまうことを防ぐことにもつながります。 予防接種を受け忘れてしまったら 予防接種の受け忘れに気付いたら、できるだけ早めに受けた方がいいといえます。 その時期に流行している感染症や、感染した場合に重篤化しやすい感染症の予防接種を優先的に受けるのがポイントです。 もし、スケジュールの立て方が分からない場合は、かかりつけ医に相談しましょう。 予防接種を受け忘れないために 予防接種スケジュールが一目で分かるカレンダーをネットでダウンロードするほか、接種スケジュールを教えてくれるアプリを使うと、受け忘れを防ぐことができます。 予防接種の副反応とは 予防接種を受けた後で、「感染症を予防する」という本来の目的と異なる反応が起こることを副反応といいます。 初めての予防接種でママが一番気になるところですよね。 一番怖い副反応は、予防接種を受けた直後に起こるアナフィラキシーショックです。 そのため、接種後30分は院内で様子をみる必要があります。 それに対して、時間が経ってから現れることの多い副反応は、発熱や接種した部分の腫れです。 また、生ワクチンの予防接種を受けた場合は、そのウイルスに感染した際にみられるような軽度な異変が現れることもあります。 発熱が続く場合や、接種後の赤ちゃんの様子が気になる場合は、予防接種を受けた施設に相談してみるといいでしょう。 予防接種は生後2ヶ月になったらすぐに受けましょう 赤ちゃんの予防接種は、誕生日のきっかり2ヶ月後から受け始めるのがベストです。 予防接種の対象となっている感染症は、感染すると重篤化しやすいため、できる早めに予防接種を受ける必要があります。 1ヶ月健診が終わったあたりを目安に、かかりつけの小児科を決めて、予約しておくといいでしょう。

次の

生後2ヶ月の赤ちゃんとの生活。家事ができないときの工夫や解決策|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

生後 2 ヶ月 生活 スケジュール

おもちゃを差し出すと手を伸ばしてつかむことも 手の動きが活発になって、ハンドリガードもいっそう盛んに。 今まで片手だけだったのが、両手を目の前に出して眺めていることもあります。 あおむけに寝た赤ちゃんの目の前に、おもちゃを差し出すと、手を伸ばして取ろうとします。 手の力もついてくるので、赤ちゃん用のガラガラのような軽くて小さいものなら、つかむことができるようになる赤ちゃんもいます。 握ったら口まで持っていって、口に入れてなめて……がお得意のコース。 目で見て、手に取り、口で感触を確かめて、それがどんなものかを確認しているのです。 【授乳間隔】生活リズムができ、朝までまとめて寝る赤ちゃんも 生活にリズムが出てきます。 このころから、夜から朝までまとめて寝るようになる赤ちゃんもいます。 昼間の授乳は3~4時間おきくらいですが、寝る前にしっかり飲んだら明け方までぐっすり。 ママもだいぶ楽になるでしょう。 一心不乱におっぱいに吸いついていたのに、このころになると、遊び飲みが始まる赤ちゃんもいます。 おっぱいの最中に、目を開けてあたりをきょろきょろ見渡したり、手足をバタつかせたり、急に口を離したりすることも。 ある程度飲んだ後で、もうそれ以上飲まないようなら、「おしまいにしようね」と授乳を終わらせましょう。 【遊び】いつも近くにいるママやパパは特別な存在と認識 ママやパパ、家族など、いつも近くにいて世話をしてくれる人のことが分かってきます。 人見知りをするのはまだ先ですが、ママやパパがあやすと、他の人のときとは違った反応を見せるようになります。 ママやパパの声がするとそっちを向くこともあります。 これは、赤ちゃんの中で、ママやパパが、他の人とは違う特別な存在になってきたから。 ママやパパがあやすと、よろこんで声を出して笑ったり、うれしそうに「ウーウ」「アーアン」と声を出したり、話しかけると「アー」「ウ」と答えたりすることもあるでしょう。 ママやパパだけに見せてくれるかわいい表情に、メロメロになってしまうかも。 【たそがれ泣き】原因は不明だが、成長の一段階と捉えよう このころ、夕方になると、決まって泣きだす赤ちゃんがいます。 「たそがれ泣き」または「コリック」とも言われ、毎日同じ時間ごろに泣きだすのが特徴。 急にぎゃんぎゃん泣く、ぐずぐずと泣く、めそめそといつまでも泣き続けると、泣き方はいろいろあります。 おなかもすいていないし、おむつも替えたばかり、痛いところがあるのかと全身をチェックしても特に原因は見当たらない……。 何をしても泣きやまず、夕方の家事が忙しくなる時間で、ママのほうが泣きたい気分になってしまいます。 残念ながら、たそがれ泣きの原因ははっきり分かっていません。 ベランダに出る、ビニールのカシャカシャした音を聞かせるなど、いろんな方法がありますが、赤ちゃんによっては効いたり効かなかったりで、絶対というものはありません。 ただ、ママやパパが抱っこしていると、少しずつおさまってくるよう。 泣いたら抱っこしてしばらくつきあってあげましょう。 長く続く子でも、1カ月弱で自然となくなってくるようです。 【指しゃぶり】赤ちゃんの不安や緊張を鎮める効果も 指しゃぶりは、無理に外さなくても大丈夫 手が動かせるようになって、自分の手を口に持っていけるようになり、指しゃぶりが始まってきます。 最初は、指だけでなく手のあちこちをしゃぶっていますが、そのうちに、「これだ!」とお気に入りの指が決まって、その指ばかりなめるようになる子も。 親指に限らず、赤ちゃんによってなめる指もいろいろです。 指しゃぶりには、赤ちゃんの不安や緊張を鎮める効果があるともいわれています。 どんなに、夢中になってしゃぶっていても、これから先ずっと続くことはありませんから、無理に口から外したりしなくても大丈夫。 長期間指しゃぶりする子、あまりしない子、それぞれですが、成長に従って自然としなくなっていきます。 【成長】他の子と比べず、個人差も個性と認めて接しよう 外に出かけるようになると、つい他の子と比べてしまいがち。 細い子もいれば、丸々と太った子もいますし、もう首がすわっている子もいれば、腹ばいにしても頭をあげない子もいます。 体格や成長には、個人差があって当たり前。 人と比べるのではなく、目の前の赤ちゃんだけを見てください。 遅い早いはあっても、だんだんと着実に成長しているはずです。 また、このころになると、あやすとよく笑う子、あまりにこにこしない子、活発な子、おとなしい子、喃語をたくさん話す子、静かな子と、それぞれの赤ちゃんの性格も表れてきます。 その子の個性として認めて、赤ちゃんとの接し方に活かしていきましょう。 【予防接種】かかりつけ医と相談しながら接種計画を立てよう かかりつけの病院と相談しながら計画的な接種を このころから定期予防接種が始まります。 対象は、赤ちゃんがかかると重症になりやすい病気で、予防接種によって、罹患する確率を減らし、もしかかっても軽症で済ませることができます。 国が接種をすすめていて期間内なら無料で受けられる「定期接種」と、子どもの健康状態に合わせて自費で受ける「任意接種」があります。 乳幼児期の予防接種は、接種期間や、回数や他の予防接種との間隔が決められていて、ちょっと複雑。 赤ちゃんの体調が悪いときには受けられないので、余裕を持ったスケジューリングが必要です。 かかりつけの病院と相談しながら、しっかりと計画を立てて、接種もれのないようにしましょう。 「」のサイトを参考に。 それぞれの病気やワクチンについての解説や、予防接種スケジュールが紹介されています。 月齢別・赤ちゃんの成長と生活・育児のポイント• 【関連記事】•

次の

生後2ヶ月の赤ちゃんの生活リズムとは?生活リズムの上手な整え方とは?

生後 2 ヶ月 生活 スケジュール

生後8ヶ月頃になると、支えがない状態で1人お座りができるまでに成長します。 生後8ヶ月の頃はうまくハイハイができずに後ろへ下がってしまったり、姿勢が定まらなかったりして上手にハイハイするのは難しいかもしれません。 ハイハイで上手な姿勢で進めなくても、赤ちゃんの行動範囲は広がるのでいろいろな物に興味を示して行動するでしょう。 また、自分の気持ちを表現する力もついてきます。 そのため、楽しいことや嬉しいことには笑顔や行動で表現し、嫌なことにはぐずって自己主張をするようになるでしょう。 ほかにも、これまでは知らない人の前でもにこにこしていた赤ちゃんが、この頃から人見知りをするようになります。 生後8ヶ月の成長の状況にはそれぞれ違いがあるので、ハイハイをしなかったり人見知りをしなかったりする赤ちゃんもいます。 また離乳食は1日2回になりお粥は7~5倍粥が丁度良く、ニンジンなどの根菜類は細かいみじん切りか粗く潰して食べさせてあげましょう。 柔らかさは豆腐くらいが目安です。 赤ちゃんによってはあまり量を食べない場合もありますが、バランスよく少しずつ量を増やしていくと良いでしょう。 (離乳食の3回食や実際のスケジュールについては以下の記事も参考にしてみてください).

次の