マルクス ブラザーズ。 マルクス ブラザーズ DVD 初回限定 5枚組の通販 by みん|ラクマ

マルクス・ブラザーズ DVDコレクション

マルクス ブラザーズ

内容紹介 【20世紀大爆笑コメディDVDシリーズ! いつ見ても、何度見ても飽きない爆笑タイトル総結集! 】 ビリーワイルダー、ウディ・アレン、モンティ・パイソン一派ら、喜劇映画の一流クリエイターたちが敬愛してやまない元祖コメディアン、マルクス・ブラザーズ! シュールでアナーキー、シニカルでハチャメチャ。 暗い世相を笑いで蹴飛ばし、ギャグでパンチする天才集団!! 一向に繁盛しないホテルの経営者ハマーは、二束三文の土地を売りつけるため金持ちの未亡人ポッター夫人に近づく。 詐欺師のハーヴェイはポッター夫人の資産を狙って、彼女の娘ポリーとの結婚を目論み、ポリーと恋仲のホテル従業員ホップの仲を裂くために、ポッター婦人のネックレスを盗み出す・・・。 船長に成りすましたり、世界を股にかける富豪、または怪盗の用心棒になったり、理髪師に化けて船長をとっちめたり、あげくの果てには担架に乗ってニューヨークへ上陸。 チョビ髭のグルーチョ、唖のハーポ、ルンペン帽のチコが繰り広げるナンセンス喜劇。 「ココナッツ」「けだもの組合」に続くシリーズ第3作。 大学の総長に就任したグルチョー博士はやりたい放題。 グルーチョ総長の下に大まじめな顔をして教壇でルンバを踊り、指を鳴らし、ジャズを唄う博士達が続出した。 ある時、息子ゼッポの頼みを聞き入れ、フットボールチームを作るのだが・・・。 大富豪未亡人 常連のM・デュモント のパーティに招かれたスポルディング大尉は探検家。 アフリカ人の担ぐ駕籠で颯爽と現われ、難クセつけて料金を払わないという出だしからグルーチョは奇天烈。 その秘書ゼッポは存在しないのと同じ。 架空の国を舞台に、政治家たちの権力争いと近代戦争の愚行をナンセンスなギャグの応酬で笑い飛ばし、『チャップリンの独裁者』 41 などの反戦コメディ映画のはしりとなったマルクス兄弟の最高傑作。 映画デビュー作『ココナッツ』をはじめ、『けだもの組合』『いんちき商売』『御冗談でショ』『我輩はカモである』の全5作品を収録。 内容(「Oricon」データベースより) 1930年代を中心に、アナーキーで不条理な笑いを武器に活躍したコメディ・ユニット、マルクス兄弟のDVD-BOX。 「ココナッツ」「いんちき商売」「御冗談でショ 華麗なるドタバタ」「けだもの組合」「我輩はカモである」の5作品を収録。 貧しさのため、幼い頃より一家でヴォードヴィル劇団を結成して巡業を行う。 やがて、舞台で成功を収めたのを機に、兄チコとハーポ、弟ゼッポ 四男のガモは映画に出演せず とともに映画の世界へ。 29年、舞台で評判だった「ココナッツ」の映画化でパラマウントよりスクリーンデビューを果たす。 パラマウントとは5本の契約を結び「御冗談でショ」「我輩はカモである」というナンセンス・コメディの傑作を生み出す。 しかし、興行的には失敗に終わり、「我輩はカモである」を最後にパラマウントから契約終了を言い渡されてしまう。 その後、名プロデューサー、アーヴィング・サルバーグが彼らに声を掛けMGMへと移籍する。 MGM移籍第1弾の「マルクス兄弟オペラは踊る」はいきなり大ヒット、批評家からも絶賛される。 その後も、「マルクス一番乗り」「マルクスの二挺拳銃」など喜劇の傑作・快作を生み出した。 マルクス兄弟の笑いは、同時代よりも後の喜劇人、映画人に計り知れない影響を与えた。 「ココナッツ」「いんちき商売」「ご冗談でショ」の、初期の傑作三篇は、 現在、事実上通販でしか入手できず、書店の廉価版DVDコーナーはもとより、 レンタル店でもまったく見ない。 後期のグレードの落ちた作品はいくらでも 転がっているのだが。 特に「ココナッツ」はマルクスの記念すべき最初の映画 1929 で、 昔、VHSで販売、レンタルされていたが、もちろんとうに廃盤。 室内を七面鳥が 乱舞するシーンは圧巻である。 その貴重な三作品が収録された本ボックスは ファンにとっては垂涎のもので、特に中古で買えば断然お買い得。 マルクスものは 将来、DVDも廃盤化が懸念されるので、今のうちに入手しておく方がいいかもしれない。 特にこの国では、喜劇映画は「チャップリン以外はどうでもいい」ようなので。 それにしても、チコやグルーチョの爆裂弾のような早口の毒舌ギャグは、よほど 英語のスラングに通暁した者でないと、日本人には理解困難だろう。 字幕付きでさえ、 そのニュアンスを完全に伝えることはほぼ不可能。 日本で、マルクス愛好家がごく一部の マニアにとどまっているのも、考えてみれば無理はないかもしれない。

次の

マルクス兄弟

マルクス ブラザーズ

困るんだよねー、こういうの。 って私の好きなの、こんなんばっかでんがな。 大阪人になってないで言っとくと、マルクスBroなんて知らなくて、面白いらしい、なーんて思って見るとたぶん全っ然面白くないと思う。 これ何?みたいな。 そりゃもう「笑う犬の太陽」のがナンボかましだと思う。 でもこれ1930年代前半に作られてるんですよ。 私も生まれてないし。 だからどーした、なんだけど、やっぱりそんな遥か昔にこんな馬鹿馬鹿しいモノ創ってた人がいた、ってだけで感動しちゃうです、私は。 20年くらい前に(げっ、もうそんなになるのか...)追っかけてました。 ビデオもそんじょそこらにはないし、物好きな人がやってくれる自主上映会とかでしか観られない作品もあったりして。 京都まで高速バスとかで観に行きましたよ。 しかも十条とかの街外れの小さな映画館で。 スクリーンの中でやってる事は、ドリフ これも古いっすね、スンマセン の足元にも及ばないようなモンで、ギャグもくだらないんだけど、ホンットに楽しそうなの。 出てる人みんなイッちゃってる感じで。 中でもイッちゃってる度の高いのがグルーチョ・マルクスです。 またセクシーだったりするし、この親父が。 すさまじいばかりのくだらなさの中に身を置いていると、笑ってる間に何もかもどうでもよくなる。 細かい事なんかくだらない、と人間が大きくなれます。 いや、いい事かどうかは別として。 ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン 9,800円.

次の

マルクス・ブラザーズ コレクターズ・ボックス〈初回生産限定・5枚組〉 [DVD]

マルクス ブラザーズ

色柄/濃紺ストライプ 生地/ヴィンテージ生地 スタイル/シングル4ボタン エリ/ノッチ 高め 胸ポケット/フネ 通常より傾斜強 腰ポケット/ナナメチェンジポケット 袖ボタン/2個 ボタン間隔3. 5cm ベント/インバーテッドベント スーツお仕立て上がり価格79,000円 税抜き より 「お選びの生地、およびオプションの追加により価格は変動します。 また、写真の生地が品切れの際は、ご了承ください。 」 1890年代終わりから1900年代初頭にかけて一世を風靡したのが「カッタウェイ」と呼ばれる、フロントの合わせが丸く大きくカットされた特徴的なスタイル。 吉田スーツでは百年も前に現れたこのノスタルジックなスタイルに着目。 オリジナル・パターンを起こし現代に蘇らせました。 その名は「マルクス」。 いえ、あの「資本論」のマルクスではありません。 1930年代のアメリカで大人気だったコメディアン兄弟・マルクス・ブラザーズの三男グルーチョ・マルクスです。 葉巻をくわえ燕尾服を着こなした、お洒落なグルーチョに敬意を表し、このノスタルジックな「カッタウェイ」に彼の名を借りました。 さて、あなたならこの「マルクス」、どんな生地で仕立て、どんなカンジで着こなしますか? 2004年春夏お仕立て商品.

次の