ブリティッシュ エア ライン。 ブリティッシュエアラインの座席には、日本製の電化製品(ポータブ...

ブリティッシュエアのAviosでJALの特典航空券を手配してみた

ブリティッシュ エア ライン

9,588,233アクセス• もうヨーロッパへの旅はできないものと覚悟をしていました。 理由は、時差のある12時間に及ぶフライトに耐えられず、ビジネス・クラスなら考えても良いが、先立つものがない。 今年の5月にパリからの帰国直前・・・財布を掏られたのが最後の記念だと思っていましたが、今回旅のデザインルーム社からブリティッシュ・エアライン限定でプレミアム・エコノミー・クラスのツアーが発表され、参加することにしました。 そこで、ビジネスではないが、プレミアム・エコノミーにトライすることにしました。 結果は・・・ワシの様な年寄りには厳しい座席で、ビジネスでなければ無理だと思いました。 爪の先に火を灯し、コツコツと年金をためて行くか、無理せずに近場にするか、選択を迫られているような気がしています。 旅行記としてふさわしいものでないかもしれませんが、搭乗した座席の解説をして、エコノミーかプレミアムか迷っている方の参考になればと思い筆を執りました。 そして投票の返事が遅くなりました。 機内食がちょっと贅沢になっているようですね。 席も結構リクライニングするようですね。 驚きました。 お体に問題がなければ、エコノミーで十分だと思いますが、一度楽な座席を経験すると、次の時が心配です。 本来なら、座席の質より回数を優先するのですが、さすがに年齢的なこともあり、12時間のフライトには耐えれないと思い清水の舞台から飛び降りる気持ちで利用しました。 この時の正直な感じでは。。。 往きは楽でしたが帰りは苦しかった。 エコノミーの時は、往きが苦しくて帰りは爆睡出来るのに。 もう、10時間以上のフライトには耐えれないと思うようになりました。 残す道はビジネスって、機会がございません。 (苦笑) これからもよろしくお願いします。 蓄積するようです。 写真は、手におえないほど多いです。 多分5000枚。 それも、同じような写真ばかり。 (笑) 知らない人が見たら・・・ボケていると思うかも。 しかし、スコットランドからイングランドにかけて、同じような風景で、ワシにはニュージーランドの方がはるかに変化に富んでいると思います。 まぁ、退屈しのぎで旅行記でも作って行こうと思います。 ヨーロッパは、ビジネスでない限り行きません。 今回が最後になったようです。 残す旅行先は、時差の少ない所か、フライト時間が一桁台の近くだけにします。 何時までも若いと思っていたのに、自分はもうヨボヨボの年寄りだったと気づかされた旅行になりました。 運転免許・・・毎年更新は妥当だと思うようになってきました。 これから、ワシの運転する車に乗る場合は、生命保険に加入するように推薦します。 (笑).

次の

最新情報

ブリティッシュ エア ライン

厳密には、「共同運航便」(複数の航空会社から客室乗務員を出し合い、サービスの内容も持ち寄って一つのフライトを運航する形態)とは異なる。 フライトマイル獲得の機会拡大:提携航空会社のフライトでもマイルが貯まる!• マイレージプログラムの分散を避けて、マイルが効率良く貯まる!• 特典航空券が利用できる地域が拡大• 上級会員向けサービスの利用拡大: 一つのFFPで上級会員になれば、提携航空会社の空港ラウンジも利用できるほか、優先搭乗や預け入れ手荷物の優遇などを利用できます。 という点があげられます。 このため、ANAが就航していない地域でのフライトでも、ANAマイルを獲得することができます。 また、貯まったANAマイルを、ユナイテッド航空やルフトハンザ航空といった 同一連合内の他社の特典航空券(無料航空券や無料アップグレード)に交換することもできます。 このように、アライアンス加盟は自社ネットワーク拡大に大きな役割を果たします。 そのため、国際就航路線網において、JALに太刀打ちできないANAは、世界初の本格的な航空連合として1997年に設立されたスターアライアンスに、1999年の時点でいち早く加盟しています。 その一方、日本人の主要な渡航先をカバーするグローバルな路線網を自前で築いているJALは、航空連合に加盟するメリットは少ないと判断したため、JALの航空連合への正式加盟は2007年にようやく実現しました。 3つのエアライン・アライアンス 2018年現在、世界の航空連合として、「 スターアライアンス」(日本からは全日空が参加)、「 ワンワールド」(日本からは日本航空が参加)、「 スカイチーム」の三つのアライアンスがあります。 具体的には、各エアライン・アライアンスから 自分に最も適した航空会社FFPをそれぞれ一つずつ選択することをオススメします。 たとえば、ANAマイレージクラブ(スターアライアンス加盟)会員は、スターアライアンス加盟のアシアナ航空のフライトでも、ANAマイルを獲得できます。 ところが、スターアライアンス非加盟の航空会社(例えばカンタス航空)の機材によるコードシェア便の場合、アシアナ航空の便名がついていたとしても、マイレージ加算の対象とはなりません。 【最終更新日:2018年3月25日】 スターアライアンス(Star Alliance) 加盟28社、毎日18,400便就航。 191カ国1,300空港、空港ラウンジ数1,000ヵ所以上 1997年5月設立。 年間搭乗者数61. 819万人。 毎日約14,500便運航、175ヵ国、就航都市1,050都市、ラウンジ数750ヵ所以上 2000年6月設立。 年間旅客数6億3,000万人。 年間旅客数50,698万人。

次の

JALマイレージバンク

ブリティッシュ エア ライン

JAL特典航空券片道4,500マイル avios で発券は引き続き可能 BAはマイルをaviosと呼んでおりますが、分かりやすいようにマイルと表記させていただきます。 ブリティッシュエアウェイズ BA はワンワールドのため、日本人の方でJALではなくBAで上級会員を目指す方は少数派でしょう。 しかしながら、BAマイルの使い勝手が良いため、アメックスカードや、ホテルポイントをBAに移行し、JAL特典としてJALの国内線特典航空券4,500マイル(片道)を活用されていた方は多いのではないでしょうか。 結論から申し上げますと、この部分につきましては、BA改悪でもメスは入りませんでした。 4月28日以降 特典航空券に必要なマイル数はBA便はオフピークとピークが設定されます BA自社便には、オフピークとピークで必要マイル数が変わります。 * しかし、BAマイルはJAL便やキャセイの特典航空券に交換する方が多いと思いますので、以下が重要になります。 航空会社パートナーの特典フライトには年間を通してBritish Airwaysのピーク期間Avios価格が適用されます。 これは、パートナーとの特典フライト予約がプレミアムキャビンおよび一部のプレミアムエコノミー路線でより多くのAviosが必要になることを意味します。 JALやキャセイなど、ワンワールド各社は全てピーク時の表をご参照ください。 ゾーンは更に8,9と続くのですが、個人的には必要のない区間ですので、割愛させていただきました。 *アメリカ東海岸などがゾーン8となります。 チャートは、個人的に利用する可能性のある都市のみの表記で申し訳ございません。 また、ファーストクラス発券も検討していないため省略させていただきます。 マレーシア航空を利用したクアラルンプール、アメリカン航空を利用したアメリカ各都市等はBAのサイトでご確認をお願いいたします。 こうしてみますと、日本人の方で、BAマイルをJAL国内線特典航空券に交換していた方には影響はありませんし、CX,JLでビジネスクラス香港行きも引き続きOKです。 原油価格の下落により廃止~負担額が少なくなっている期間は良いですが、再び上昇となりますと支払い金額が大きくなるため注意が必要です。 JAL国内線で利用するというのが、便利な使い方かもしれませんね。 BAマイルをフライトで貯める場合 エコノミークラスは大打撃 現在は格安エコノミークラスでも100%マイルが貯まるという大判振る舞いだったブリティッシュエアウェイズの「エグゼクティブクラブ」。 平会員のBLUE会員であったとしても、HND NRT -LHR と東京ーロンドン往復で12,444マイル貯まりました。 この先乗り継いで欧州各地へBA便で飛ぶ場合も100%のフライトマイルが加算されていたのです。 ロンドン経由でヨーロッパへ行く場合、13,500マイル以上貯まったとしますと、JALの国内線特典航空券3区間分となります。 (一部の長距離国内線を除く) 閑散期は10万円台でエコノミークラスのチケットが販売されていました。 JALの国内線に3回乗りますと運賃はおいくらでしょう? いかに、お得であったかが容易に想像できますね。 レガシーキャリア各社が数年前から格安エコノミーでのマイレージ加算率を25%程度に抑えているのですから、BAのエコノミー客に対する今回の措置は残念ですが納得です。 もともと、BAの上級会員はJALのJGCのように永久会員ではありませんから、毎年コンスタントに有償それも上級クラスで飛ぶ方でないと、維持できない仕組みになっております。 エコノミークラスのみで上級会員を目指すことは現在のシステムでも難しいです。 マイルのことだけを考えるのであれば、JAL特典に変えれば十分に活用できますので良いのですが、シルバー資格(サファイア)を目指す場合は有償ビジネスクラスを購入しないといけません。 ビジネスクラスであれば加算率に変化がありませんので、ボーナスマイルに惹かれてブリティッシュエアウェイズを選んでしまいそうです(JALとのコードシェア便がベストですが)。 日本発着のビジネスクラスは髙いため、海外発券で・・・ということになりそうですね。 一庶民の私が有償ビジネスに手を出すなど身の程知らずですが、その分、デルタのスカイマイル、UAのマイレージプラス、ANAマイルを利用して、欧州便の特典航空券を2往復分確保し、節約する予定です。 もしくは、BAマイルで片道JAL特典の欧州便エコノミーを発券するかもしれません。 幸いまだまだ時間がありますので、今年の欧州行き計画をじっくりと練り直す必要がありそうです。 追記 2015年、ブリティッシュエアウェイズのシルバー会員(ワンワールド・サファイア会員)になりました。 2018年も資格維持です。

次の