プラトニック 恋愛。 プラトニック・ラヴ|既婚者同士が肉体関係を持たずに恋愛する時代?

彼女に振られた後でも元気を出す方法!【8つの行動が大事デス♪】

プラトニック 恋愛

プラトニックとは? 「結婚するまでは、肉体関係を持たない。 精神的な愛を理想にする」という考えが強かったようです。 そもそも「プラトニック」とは、「プラトン的な」などの意味があるようで、古代ギリシャの哲学者であるプラトンの名前が由来です。 また、起源はプラトンが同性愛を示した言葉であったようですが、現代に近づくにつれ同性愛から男女愛にすり替わっていったようです。 それが、「プラトニック」の言語の由来です。 プラトニックな恋愛に惹かれる女性とは? 先ほど説明しました、「プラトニック」な恋愛について魅力を感じている女性もいるようです。 基本的に結婚をするまで肉体関係を持たない、精神的なつながりを求める傾向が強いと言えるでしょう。 現在、ほとんどの女性や男性が結婚前までに肉体関係を持つことが当たり前になっていますが、一方で肉体関係を持たないことを理想としている女性も少なからずいます。 その背景には、「肉体関係を持てば、それで終わってしまう男女の恋愛関係」や、「肉体の相性は良いが、精神的なつながりが薄い」など、現代の問題に直面しているところもあるようです。 プラトニックな恋愛の難しさ 大好きな彼氏や婚約者と精神的につながっていたいと思う気持ちは、誰だって強いです。 その理由は、「ずっと信用して付き合ってきたのに、同時進行で浮気をされていた!」「結婚が決まった途端、彼氏の様子がおかしくなった・・」など、様々な恋愛間での不安が影響しています。 そういったことからも、精神的なつながりを大切にしたい女性に対して、男性の考えはそれほど精神的なつながりを重視する傾向はありません。 男性は、「彼女と一緒にいて居心地がいいのか?」「自分と性格が合っているのか?」などを重視します。 それに対して、女性の方は居心地や性格の一致も大切な要素ではあるのですが、やはり「精神的につながっていたい!」と求め、そこに溝が生まれます。 これがプラトニックな恋愛を難しくしている原因です。 では、なぜプラトニックな恋愛を通そうとするのか? 女性は男性よりも、結婚を失敗したくないという思いが強いです。 そのため、肉体的なつながりより精神的なつながりの方が大切と考えます。 お互いが精神的に強くつながっていれば、夫婦にどのような問題や障害が降りかかってきたとしても乗り越えられます。 仲の良い夫婦は、年齢を重ねてもいつまでも仲がいいですよね。 それは、お互いを信頼し、精神的なつながりや絆も深いからでしょう。 このような未来を描くからこそ、プラトニックな恋愛(精神的繋がり)を重視します。 このよなタイプの女性は、経済力などの現実的な問題を軽視する傾向があるのも特徴です。 それがダメだとも思いませんし、人にはそれぞれ違った考えがあることは当たり前だと思います。 ただ、自分を大切にしている女性は、幸せな人生を歩む傾向があるのも事実です。 また、肉体関係やその相性を重視する女性がいることも確かです。 人により満たされる部分も違うので、精神的に満たされたいと思う女性がいる一方で、金銭的なことや、男性の容姿など人により重視するポイントも違います。 もちろん、誰でも結婚すればいつまでも夫婦仲良く過ごしたい気持ちは変わらないわけで・・。 しかし、どんなことを差し置いても精神的なつながりには勝てないのではないのでしょか? もし、いくら旦那様があなたのためにお金を稼いできてくれたとしても、そこに愛がなければ気持ちが満たされることはないでしょう。 また、容姿を重視するあまり、女にだらしない男性を捕まえてしまっては元も子もありません。 年を取れば昔のような男前の容姿は姿形も無くなるらけですし・・。 しかし、精神的なつながりがしっかりしていれば、様々な問題も一緒に乗り越えていけるということです。 彼女は付き合うことを承諾してくれたのです。 ではプラトニックな関係を続けた男性の体験談をご紹介。

次の

既婚者同士の両思い!プラトニックな大人の恋愛関係を保つコツは?

プラトニック 恋愛

1:プラトニック・ラブの意味は? 「プラトニック・ラブ」とは、肉体的な欲求を離れた、精神的な恋愛のことを意味します。 つまり、セックスを伴わない恋愛関係のことです。 プラトニックとは古代ギリシアの哲学者、プラトンに由来するとされています。 しかしプラトン自身は、肉体的な欲求を離れた、精神的な恋愛をしていたわけではないとされています。 では、どうして精神的な恋愛のことをプラトンに由来して「プラトニック・ラブ」とよぶのか・・・・・・。 実は、歴史的に性欲を排斥する精神的な愛の哲学理論を説いたのは、ルネサンス期のイタリア人哲学者、マルシリオ・フィチーノだといわれています。 マルシリオ・フィチーノは、プラトンやプラトン主義の哲学者らの翻訳者であり、注釈者でした。 そのため、マルシリオ・フィチーノはプラトン主義と見なされ、マルシリオ・フィチーノの愛に関する主張も、プラトン主義の理論と見なされるようになったのです。 つまり「プラトニック・ラブ」とは、「プラトンの愛」ではなく「プラトン主義的な愛」という意味なんです。 2:プラトニックな愛は存在する?プラトニックな恋愛とは プラトニック・ラブの言葉の起源がどうであれ、果たして、精神的な恋愛というのは存在するのでしょうか。 それに関するふたつのトピックをご紹介します。 (1)アメリカの禁欲教育 例えばアメリカでは「禁欲教育」というものが行われています。 今から20年前、当時の大統領だったクリントン氏が、禁欲教育に連邦政府として資金援助をすることを決めました。 そして、オバマ元大統領も、性的な禁欲教育に対して資金援助を行う法案を通しています。 このことからひとつ言えることとしては、性的な禁欲(肉体的な欲求を離れた、精神的な恋愛の推奨)は、教育しなければ身につかないものだということ。 つまりは、プラトニック・ラブは自然には存在しないということです。 (2)恋愛における熱情 また、恋愛心理学的に言っても、恋愛感情と肉体的な欲求は深い関係にあります。 例えば、心理学者のスタンバーグは、恋愛は「親密性」「情熱」「コミットメント」の3つで構成されているという「愛の三角理論」を唱えています。 これはつまり、恋愛には性的な欲求は必要不可欠だということ。 スタンバーグに限らず、さまざまな恋愛理論に通じて言われていることです。 ちなみに、「親密性」とはお互いの親しみの深さを、 「情熱」とは性的な欲求を含む興奮の強さを、「コミットメント」はお互いがどれくらい離れられない関係であるかを表します。 そしてこの3つの要素の強弱によって8つの恋愛パターンが生まれると、スタンバーグは指摘しています。 3:プラトニックな恋愛をする男性心理 (1)草食系はプラトニックなの? というわけで、完全に性的な欲求がない恋愛というのは存在しないのであって、そのような感情を恋愛感情と呼ぶことはできません。 ですが、スタンバーグの「愛の三角理論」でも性的な欲求が弱い愛情のパターンを示されていることから、そういう意味でのプラトニック・ラブは存在するのかもしれません。 言い換えるならば、現代日本で「草食系」とか「絶食系」と呼ばれる恋愛こそが、プラトニック・ラブなのでしょう。 (2)性的な欲求が弱い恋愛ってどんな? スタンバーグの「愛の三角理論」による性的な欲求が弱い愛情のパターンには、「好意」「虚愛」「友愛」「非愛」の4つのパターンがあります。 「好意」とは、あくまで好意をもっているだけの段階。 憧れとか、漠然と好きとか、そういう恋愛感情です。 次に挙げられている「虚愛」とは、付き合いだけが長い恋愛です。 言ってみたら、「そんなに好きではないけど、交際が長くて別れるに別れられない」というような恋愛です。 そして、「友愛」とは、親友に対して抱くような深い友情。 そして「悲愛」は、愛がない愛情です。 もちろん、この4つのパターンは、性的な欲求の弱さに加え、親密性やコミットメントの強弱とも関連しています。 ですが、スタンバーグの理論で考えれば、性的な欲求が弱い恋愛パターンは、決して好ましい恋愛とはいえないことがわかるでしょう。 4:既婚女性とのプラトニックな恋愛は成立する? お互いに強く惹かれ合いながら、不倫という道ならぬ恋であるため、一線を越えない関係もまた「プラトニック・ラブ」としてよくあるケースです。 もちろん、既婚女性と独身男性、もしくは既婚女性と既婚男性の間でプラトニックな恋愛は成立するでしょう。 ですが、それが果たして「恋愛」と呼べるものなのでしょうか。 「好意」や「友愛」は、友達に抱くのと同じ感情です。 そう考えると、プラトニック・ラブと友情は、何が違うのかがわかりにくいですよね。 つまり、恋愛心理学的な観点からすると、「プラトニックな恋愛とは、いわゆる恋愛ではない」と考えるのが妥当かもしれません。 恋愛にまつわるテーマとして、「男女の友情は成立するか」ということは、よく取り上げられます。 これも恋愛心理学的にいえば、成立すると言えます。 少なくとも、相手に対する性的な欲求がふたりの間に存在せず、お互いに好意の感情があれば、それを友情と呼ぶわけです。 そう考えると、やはりプラトニックな恋愛とは、恋愛ではなく友情に分類されるものだと言うことがわかるでしょう。 5:まとめ いかがでしょうか。 プラトニック・ラブは、あなたは恋愛感情だと思いますか。 それとも友情の一種だと思いますか。 恋愛をする人の心は千差万別です。 それが恋愛なのかそうではないのかは、本人の意識にのみ、委ねられるのかもしれませんね。 この記事を書いたライター 平松隆円 R. Hiramatsu 大学教員。 化粧研究で博士(教育学)の学位を取得。 専門は化粧心理学や化粧文化論。 大学では魅力をテーマに恋愛心理学も担当。

次の

彼女に振られた後でも元気を出す方法!【8つの行動が大事デス♪】

プラトニック 恋愛

1:プラトニック・ラブの意味は? 「プラトニック・ラブ」とは、肉体的な欲求を離れた、精神的な恋愛のことを意味します。 つまり、セックスを伴わない恋愛関係のことです。 プラトニックとは古代ギリシアの哲学者、プラトンに由来するとされています。 しかしプラトン自身は、肉体的な欲求を離れた、精神的な恋愛をしていたわけではないとされています。 では、どうして精神的な恋愛のことをプラトンに由来して「プラトニック・ラブ」とよぶのか・・・・・・。 実は、歴史的に性欲を排斥する精神的な愛の哲学理論を説いたのは、ルネサンス期のイタリア人哲学者、マルシリオ・フィチーノだといわれています。 マルシリオ・フィチーノは、プラトンやプラトン主義の哲学者らの翻訳者であり、注釈者でした。 そのため、マルシリオ・フィチーノはプラトン主義と見なされ、マルシリオ・フィチーノの愛に関する主張も、プラトン主義の理論と見なされるようになったのです。 つまり「プラトニック・ラブ」とは、「プラトンの愛」ではなく「プラトン主義的な愛」という意味なんです。 2:プラトニックな愛は存在する?プラトニックな恋愛とは プラトニック・ラブの言葉の起源がどうであれ、果たして、精神的な恋愛というのは存在するのでしょうか。 それに関するふたつのトピックをご紹介します。 (1)アメリカの禁欲教育 例えばアメリカでは「禁欲教育」というものが行われています。 今から20年前、当時の大統領だったクリントン氏が、禁欲教育に連邦政府として資金援助をすることを決めました。 そして、オバマ元大統領も、性的な禁欲教育に対して資金援助を行う法案を通しています。 このことからひとつ言えることとしては、性的な禁欲(肉体的な欲求を離れた、精神的な恋愛の推奨)は、教育しなければ身につかないものだということ。 つまりは、プラトニック・ラブは自然には存在しないということです。 (2)恋愛における熱情 また、恋愛心理学的に言っても、恋愛感情と肉体的な欲求は深い関係にあります。 例えば、心理学者のスタンバーグは、恋愛は「親密性」「情熱」「コミットメント」の3つで構成されているという「愛の三角理論」を唱えています。 これはつまり、恋愛には性的な欲求は必要不可欠だということ。 スタンバーグに限らず、さまざまな恋愛理論に通じて言われていることです。 ちなみに、「親密性」とはお互いの親しみの深さを、 「情熱」とは性的な欲求を含む興奮の強さを、「コミットメント」はお互いがどれくらい離れられない関係であるかを表します。 そしてこの3つの要素の強弱によって8つの恋愛パターンが生まれると、スタンバーグは指摘しています。 3:プラトニックな恋愛をする男性心理 (1)草食系はプラトニックなの? というわけで、完全に性的な欲求がない恋愛というのは存在しないのであって、そのような感情を恋愛感情と呼ぶことはできません。 ですが、スタンバーグの「愛の三角理論」でも性的な欲求が弱い愛情のパターンを示されていることから、そういう意味でのプラトニック・ラブは存在するのかもしれません。 言い換えるならば、現代日本で「草食系」とか「絶食系」と呼ばれる恋愛こそが、プラトニック・ラブなのでしょう。 (2)性的な欲求が弱い恋愛ってどんな? スタンバーグの「愛の三角理論」による性的な欲求が弱い愛情のパターンには、「好意」「虚愛」「友愛」「非愛」の4つのパターンがあります。 「好意」とは、あくまで好意をもっているだけの段階。 憧れとか、漠然と好きとか、そういう恋愛感情です。 次に挙げられている「虚愛」とは、付き合いだけが長い恋愛です。 言ってみたら、「そんなに好きではないけど、交際が長くて別れるに別れられない」というような恋愛です。 そして、「友愛」とは、親友に対して抱くような深い友情。 そして「悲愛」は、愛がない愛情です。 もちろん、この4つのパターンは、性的な欲求の弱さに加え、親密性やコミットメントの強弱とも関連しています。 ですが、スタンバーグの理論で考えれば、性的な欲求が弱い恋愛パターンは、決して好ましい恋愛とはいえないことがわかるでしょう。 4:既婚女性とのプラトニックな恋愛は成立する? お互いに強く惹かれ合いながら、不倫という道ならぬ恋であるため、一線を越えない関係もまた「プラトニック・ラブ」としてよくあるケースです。 もちろん、既婚女性と独身男性、もしくは既婚女性と既婚男性の間でプラトニックな恋愛は成立するでしょう。 ですが、それが果たして「恋愛」と呼べるものなのでしょうか。 「好意」や「友愛」は、友達に抱くのと同じ感情です。 そう考えると、プラトニック・ラブと友情は、何が違うのかがわかりにくいですよね。 つまり、恋愛心理学的な観点からすると、「プラトニックな恋愛とは、いわゆる恋愛ではない」と考えるのが妥当かもしれません。 恋愛にまつわるテーマとして、「男女の友情は成立するか」ということは、よく取り上げられます。 これも恋愛心理学的にいえば、成立すると言えます。 少なくとも、相手に対する性的な欲求がふたりの間に存在せず、お互いに好意の感情があれば、それを友情と呼ぶわけです。 そう考えると、やはりプラトニックな恋愛とは、恋愛ではなく友情に分類されるものだと言うことがわかるでしょう。 5:まとめ いかがでしょうか。 プラトニック・ラブは、あなたは恋愛感情だと思いますか。 それとも友情の一種だと思いますか。 恋愛をする人の心は千差万別です。 それが恋愛なのかそうではないのかは、本人の意識にのみ、委ねられるのかもしれませんね。 この記事を書いたライター 平松隆円 R. Hiramatsu 大学教員。 化粧研究で博士(教育学)の学位を取得。 専門は化粧心理学や化粧文化論。 大学では魅力をテーマに恋愛心理学も担当。

次の