背中ニキビ 予防法。 背中ニキビ(身体ニキビ)の予防|くすりと健康の情報局

もう男の背中ニキビに悩まない。背中ニキビの原因とすぐにできる対策8つ

背中ニキビ 予防法

水着を着る予定があるのに、背中ニキビが気になって憂鬱• ウェディングドレスを着るのに背中ニキビがひどい• 彼氏に背中を見られるのが怖い など、背中にブツブツのニキビがあると周りの視線が気になって自信を持って出すことができませんよね。 そこで今回はみなさんが自信を持って背中を出せるように、 背中ニキビの治し方と繰り返しを予防する方法を紹介していきます。 いつ誰に背中を見られても困らないように、早めにケアを始めていきましょう。 背中ニキビが治らないのは「保湿」が足りないから でも書いている• 汗をかいたらこまめに拭き取る• インナーを着る• シャワーは朝晩浴びるようにする などをしても、背中ニキビがなかなか効果を実感しない・・・。 一度できた背中のニキビが治らない。 それは「 お肌が乾燥してしまっているから」です。 特に背中は汗をかきやすく、汗が蒸発するときに、お肌に必要な潤い成分も同時に失われてしまうので、乾燥しがち。 乾燥は大人ニキビの天敵で、お肌が乾燥してしまっている状態では、どれだけニキビの予防をしても治りません。 お肌がカラカラに乾燥することによって、 ターンオーバーが乱れ余分な皮脂を分泌させてしまうのです。 乾燥を防ぐには、スキンケア商品で保湿してあげることが大切。 つまり一番手っ取り早く背中ニキビとさよならするには、 背中ニキビ専用の保湿成分がたっぷりのニキビケアをすることです。 背中ニキビの治し方・ケア商品の選び方 保湿を徹底して背中ニキビの原因を改善 繰り返しになりますが、背中ニキビのケアでは 「保湿」が1番大切。 保湿を徹底し肌内部をうるおいで満たすことができれば、 乾燥と皮脂の過剰分泌をまとめて 改善することができます。 そのため背中ニキビのケア商品は保湿成分がたっぷりと配合されているものを選ぶようにしましょう。 ・セラミド・・・水分と油分のバランスを保ち、うるおいを逃がさないようする。 ・ヒアルロン酸・・・1gで6000mlの水分を保水力がある。 ・コラーゲン・・・水分をとらえたら逃さない親水性があり、肌の潤いを保つ。 この3つは高い保湿力を持つ有名な成分なので参考にしてみてください。 また、肌の奥までしっかりと保湿するためにも、「低分子〇〇」などと表記のある 低分子で浸透力の高い成分が入っている商品がおすすめです。 すばやく炎症を抑えてきれいに治す 背中ニキビは衣類など外部からの刺激を受けやすく炎症をおこしやすいので、ひどくなる前に できるだけ早く炎症を抑えてあげることも大切です。 炎症を早いうちに抑えることで、ニキビの治りが早くなりニキビ跡も防ぐことができます。 そのため、ケア商品は保湿成分だけでなく、 抗炎症成分が入っているものを選ぶようにしましょう。 安めのニキビケア商品に含まれている抗炎症成分「サリチル酸」は肌への刺激が強すぎるので、できる限り避けたいもの。 一方、「甘草 グリチルリチン酸ジカリウム)」など 植物性の抗炎症成分は肌に優しく、敏感になったニキビ肌のケアにおすすめです。 当サイトおすすめの背中ニキビケア商品! 「背中ニキビを一できるだけ早く治したい。 でもどの商品がいいのかわからない!」 という方に、当サイトおすすめの背中ニキビケアを紹介します。 極微粒子化したうるおい成分が5つも入っているのが特徴。 小さなシュガースクワランや水溶性コラーゲンで、背中の肌の奥までしっとりと潤わせてくれます。 毎日使うことで 乾燥がなくニキビのできにくいみずみずしい背中に導いてくれます。 グリチルリチン酸ジカリウムやアラントインなど、炎症ケア成分もたっぷり配合。 赤い背中ニキビもしっかりケアできるので、 「背中ニキビが痛くて気になる!」という人におすすめです。 お値段は通常6,225円のところ、今なら初回は2,490円。 60日間の返金保証もついているのでお試し感覚で始められます。 天然のダマスクローズの香りつきで、1日の疲れを癒してくれるのも嬉しいです。 潤いたっぷりで背中のカサつきを徹底ケアできる「プラクネ」 背中ニキビをなるべく早く治し、繰り返しを予防したい人におすすめなのが『 プラクネ』。 保湿力バツグンで肌の奥までしっとりとした背中に• 痛い背中ニキビの炎症をすばやくケア• 美白作用でニキビがニキビ跡になるのを防ぐ• 使い心地さっぱりで夏でも使いやすい• 180日間返金保証付きだから安心 保湿力バツグンなので、 何よりも保湿を徹底したい背中ニキビのケアにぴったりのクリームです。 スポンサーリンク ナノサイズのヒアルロン酸・コラーゲンなどが肌の奥まで届き、 内側からうるおいのある背中にしてくれます。 浸透しやすいように成分を小さくしてあるので、皮膚が厚い背中もしっかり保湿できるんですね。 またグリチルリチン酸2K・ビタミンE・アロエなど、抗炎症成分もたっぷり。 これ1つで炎症のケアまでバッチリできるので、 痛くて赤いニキビができやすい人にぴったりです。 お値段は 初回1,800円で、1ヶ月たっぷり使えます。 180日間の返金保証もついているので、背中ニキビに効くかじっくり確かめられるのがうれしいですね。 無数の背中ニキビに悩んでいる人は クリニックやサロンに行くのもあり 引用: ・ニキビが背中全体に広がってしまっている ・数えきれないほどニキビができてしまっている など上図のように背中ニキビの状態が重い人なら、クリニックやサロンで治療を受けるのも1つの方法です。 セルフケアで全てのニキビをきれいに治し、更にできにくくするためには、年単位での時間が必要になることがほとんど。 残念ですが市販のスキンケア商品は薬ではありませんし、浸透力にも限界があります。 なので症状の重いニキビに、劇的な変化を望むのはかなり難しいんですね。 一方クリニックやサロンであれば、 薬剤やマシーンを使って効率的に背中ニキビを改善していけます。 セルフケアと併用すれば、 3~6ヶ月など早く結果が出せる可能性が高いです。 少しでも早く背中ニキビを治したいと思う人であれば、一度検討してみることをおすすめします。 背中ニキビ専用のコースがある「シーズ・ラボ」がおすすめ! 「クリニックやサロンといってもどこがいいんだろう…」 という人に、当サイトでは背中ニキビ専用のケアが用意されちるシーズ・ラボをおすすめしています。 すべてのメニューを医師が開発していて、結果を出すことにこだわっているのが特徴のサロンです。 肌の細胞まで元気にすることで、 すばやくニキビのできにくい背中に導いてくれます。 施術中の痛みもないので、赤く腫れたニキビが多くできている人も安心です。 しかも 初回は5,400円でお試しができます。 本当に効果があるか確かめてから、通うかを決められるので安心ですね。 「くり返して増え続ける背中ニキビをなんとかしたい…」と悩んでいる人は試してみる価値ありです 行く前にシーズラボについてもっと詳しく調べたいという人は、以下の記事を参考にしてみてください。 関連: 背中ニキビを繰り返さないための予防法 最後に背中ニキビのくり返しを防ぐために意識してほしいことを紹介します。 汗の処理は入念に 最初にも言いましたが、汗の放置は背中ニキビの大きな原因になります。 汗をかいたらこまめに拭き取る• インナーを着る• シャワーは朝晩浴びるようにする など、 汗が肌に残らないように心掛けてあげることが大切。 人間は寝ている時にたくさん汗をかきますよね。 忙しくて時間がないかもしれませんが、 なるべく朝もシャワーで汗を流してから外出するのが理想的です。 また インナーは触り心地が良く、汗を早く吸収・乾燥できるものがおすすめ。 「夏は暑いからインナーは着たくない」という方も多いかもしれませんが、ニキビの原因になるので必ずインナーを着るようにしましょう。 夏場など汗をかきやすい時期は、特に汗の処理に気を付けるようにしてくださいね。 この順番が逆になるとシャンプーやリンスが背中に付着してニキビの悪化や、毛穴詰まりの原因になります。 ボディソープも洗い流すときは、シャワーをあてるだけでなく手でなでるようにしながらしっかりと流すようにしましょう。 天然繊維のタオルで優しく洗う 現在お使いのボディタオルは肌に優しいものでしょうか? ナイロンタオルやアクリルなどの合成繊維で作られたタオルは泡立ちが良く洗い心地が良い一方で、肌を傷つけてニキビを悪化させやすいので注意が必要です。 刺激を押さえながら背中を洗うためには、 綿などの天然繊維でできているものがおすすめ。 また、 ゴシゴシこするのは禁物です。 ニキビに刺激を与えたり、皮脂をそぎ落とすことで乾燥の原因にもなるので、 タオルで優しくなでるように洗うようにしましょう。 ボディソープよりも石鹸がおすすめ ボディソープは「合成界面活性剤」入りの洗浄力が強すぎるものが多く、お肌に必要な皮脂や潤い成分まで洗い落としてしまうため注意するようにしましょう。 それに対し石鹸は、肌にとって余分な汚れや皮脂だけを落とし、必要な皮脂や潤いを残すことができるので、肌への刺激を減らすことができます。 背中ニキビの予防はもちろん、肌トラブルを起こさないようにするためにも、ボディソープではなく石鹸で体を洗うのがおすすめです。 乾燥を防いで背中ニキビを治す!• スキンケアで保湿を徹底すること• 汗の処理をこまめにすること• 背中への刺激を少なくすること 背中ニキビはこの3つを意識することで改善していくことができます。 どれも簡単なので、無理なく実践していけるのではないでしょうか。 今回紹介したケア方法で、いつでも自信を持って出せるニキビのない美しい背中を作っていきましょう。 特別企画• 人気ランキング• 注目コンテンツ• 新着記事• カテゴリー•

次の

【かゆい背中ニキビ】その原因と対策!治った後の予防法もお伝えします!

背中ニキビ 予防法

記事の目次• [1]背中ニキビとは?原因は? 背中ニキビとは ニキビは、皮脂が毛穴の中に溜まることで毛穴が詰まり、その毛穴にアクネ菌が増殖することが原因でできます。 これは顔だけに限ることではなく、背中にできるニキビも基本的には同じ原因です。 背中は皮膚を構成している角質層が厚い部分です。 洋服が当たり蒸れやすい環境のため汗をかきやすく、皮脂を多く分泌します。 毛穴が詰まりやすく、蒸れやすい、そしてスキンケアのしにくい背中はニキビが発生しやすい場所なのです。 背中ニキビに悩む方の中には、治ってもすぐに次々と化膿したニキビができ、ニキビを繰り返す難治性のニキビになってしまっている方もいます。 ニキビそのものと共にニキビ跡にも悩んでいる方が多いのです。 背中ニキビの原因 背中ニキビが多くできてしまう原因は普段の日常生活にあることが考えられます。 順に見ていきましょう。 ストレスによるホルモンバランスの乱れ ニキビができてしまう原因の一つにホルモンバランスの乱れがあります。 長時間の労働や睡眠不足、強いストレス状態が続くと、自律神経が乱れてしまいます。 自律神経とは、呼吸や消化、血流など生きていくための活動を調整するために働く神経です。 昼間の活動時に優位になる交感神経と、夜間の安静時に優位になる副交感神経があります。 この交感神経と副交感神経はいわばシーソーのような関係性です。 精神的な緊張状態が続いたり、不規則な生活によって、安静時に優位になる副交感神経の働きな鈍くなり、常に交感神経が優位になってしまうことで、自律神経のバランスが乱れ、さまざまは不調は現れます。 交感神経が優位になることで男性ホルモンの分泌も活性化し、皮脂分泌も多くなります。 さらに、交感神経が優位になることで、血流が悪くなり(筋肉が緊張状態になるため)、角質も肥厚しやすくなり、分泌された皮脂を詰まりやすくしてしまいます。 特に女性は、そもそも生理の周期や、妊娠、更年期など、ホルモンバランスが変わりやすいため、そのバランスが崩れてしまうと肌の調子が乱れ毛穴の詰まりが起こりやすくなります。 食生活や食べ物 ニキビができてしまう習慣のひとつに食生活があります。 油物を多くとると肌に悪いという話をきいたことがある人も多いと思いますが、動物性脂肪の多い食事をとると、皮脂腺が刺激されて皮脂分泌の量を増加させてしまいます。 また、炭水化物や糖分もニキビの原因になるのです。 炭水化物の中には食後に血糖値が急上昇する食品があります。 血糖値を下げるためにはたらくインシュリンには、男性ホルモンを刺激する働きもあり、結果的に皮脂が分泌されます。 炭水化物の摂り過ぎは身体の糖化(血中にブドウ糖があふれ出し肌細胞を形成しているたんぱく質に糖が結びつくこと)を進ませ肌の老化を促進させます。 これによりターンオーバー(肌の生まれ変わり)が遅れて角質肥厚が進み、皮脂が詰まりやすい環境を招きます。 結果、ニキビができやすくなってしまいます。 シャンプーなどの洗い残し 背中は洗いにくい場所のため、お風呂で洗う際にシャワーで簡単に済ませてしまっている人も多いのではないでしょうか。 背中の皮膚にボディソープやシャンプー、トリートメントなどが残ったまま洗い流しが不十分だと、毛穴が詰まってしまいます。 また、そもそもよく洗えていないと、古い角質や余分な皮脂が落とせずに毛穴が詰まってしまうこともあります。 原因菌になるカビ ニキビの原因菌であるアクネ菌とは別に、マラセチア菌という常在菌(真菌、カビ)が繁殖することによって、ニキビのような赤い吹き出物が広範囲に発生することがあります。 これを「マラセチア毛包炎」と言います。 アクネ菌が原因のニキビの場合、皮脂の塊やアクネ菌などの雑菌が詰まったニキビの芯があります。 この芯の除去や、芯を小さくすることで普通のニキビはやがて治ります。 しかしマラセチア菌が原因の場合には、吹き出物の中に芯はありません。 マラセチア菌による吹き出物の特徴としては、普通のニキビよりも小さく広範囲に吹き出物が広がっていることが多いです。 マラセチア毛包炎は放っておいても治ることはないので、ニキビでなくマラセチア毛包炎の疑いがあるときは皮膚科に行き適切な治療を受けましょう。 内臓機能の低下 過度のストレスや生活習慣、偏った食生活で栄養が不足すると内蔵機能が低下します。 肝臓や腎臓など代謝や老廃物を輩出する内臓の機能が弱まると、血液が浄化されなくなり、老廃物を排出しづらい状態になります。 すると体の免疫力や抵抗力が低下してしまい、アクネ菌が活発になることでニキビができやすくなります。 [2]背中ニキビを治す方法 背中ニキビの原因の多くは偏った食生活やストレス、生活習慣でした。 普段の生活を見直さなくては、ニキビを繰り返す悪循環を断ち切ることはできません。 自宅でできるニキビ対策をご紹介します。 バスタイムを見直す ニキビの原因の一つに、シャンプーやボディソープなどの洗い残しがあることをお伝えしました。 バスタイムを見直すことは背中ニキビを治すことに繋がります。 まず、シャンプーやボディソープはよく泡立ててから使い、液体が肌に残らないよう洗い終わったらよくすすぎましょう。 その際には熱すぎるお湯ですすがないようにしましょう。 熱いシャワーは肌の乾燥を招き、かゆみを引き起こすだけでなく交感神経を優位にしてしまうため、睡眠前にも向きません。 シャワーの温度はぬるめにしましょう。 洗う順番も髪から洗い、そのあと顔を洗って身体を洗うことで、洗い残しやすすぎ残しを少なくすることができます。 また背中にかゆみや赤み、乾燥している場合、シャンプーやボディソープの成分にも気をつけましょう。 石油系合成界面活性剤が含まれているものは、皮脂の酸化を進ませ、ニキビ、肌荒れの原因になります。 また、共用のバスタオルや、何日か繰り返し使用しているバスタオルも雑菌が繁殖しがちでよくありません。 清潔なバスタオルを使用するようにしましょう。 食生活を見直す 脂質や炭水化物がニキビの原因ということをご紹介しましたが、それ以外にも、刺激の多いカフェインなどが多く含まれている食物は皮脂腺を刺激するためよくないといわれています。 ベーコンやハムなどの加工肉、バターやケーキ、焼き菓子など脂質と糖質の多い食べ物、コーヒー、チョコレートなどのカフェインの多い食べ物はニキビを治したいときは控えるようにしましょう。 しかし、ニキビが気になるからと言って、炭水化物や糖分、脂肪分を極端に減らすのもいけません。 どれも体を維持するには必要な栄養素なのでバランスの良い食生活が重要です。 逆にニキビに良い栄養素は肌に良いことでよく知られる、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンB2やB6などです。 これらはレバー、納豆などのほか、ほうれん草やトマト、しいたけなどに多く含まれています。 野菜が不足すると、これらのビタミンも不足しがちになります。 積極的に摂取するようにしましょう。 肌着や部屋着を見直す 背中は、長時間洋服に触れており、また、汗をかいてもなかなか拭きとりにくく、女性ではブラジャーによっても長時間締めつけられているため、肌に負担がかかってしまっている部分です。 肌着には汗を吸い取る機能もあり、肌着を着ないまま服を直接着てしまうと汗の吸収性が悪くなり、アクネ菌が繁殖してしまう原因にもなります。 下着や肌着はレースなどの華美な装飾のある、化繊のものは汗を吸い取りにくくなっています。 通気性や吸収性の良い、コットン100%のものを使用しましょう。 夏用などに開発されている、湿気や熱気を放出してくれる高機能下着も効果的です。 また、家に帰ってから多くの人が着替える部屋着にも注目しましょう。 部屋着はなるべく背中の通気性が良いものを選び、汗を吸い取り汚れた肌着は取り替えるようにすると効果的です。 [3]背中ニキビの跡を消すには? 背中にニキビがたくさんできてしまうと、今度は気になるのはニキビ跡です。 一度できてしまうと消すのは簡単ではありませんが、日常的なケアや専門院での治療で改善できます。 自宅でのセルフケアで消す 自宅でのセルフケアで大事なのはやはり入浴と生活習慣です。 ニキビを治すために必要な食習慣や下着、入浴方法に加えて、ニキビ跡のみが残っているときにはピーリング効果のある石鹸を使って背中を洗うと良いでしょう。 肌の表面にある古い角質を取り除き、ターンオーバーが正常化するのを助けてくれます。 また、保湿も大切です。 保湿効果の高いプラセンタやセラミド、コラーゲンなどを含む化粧品が効果的です。 塗りにくい背中に使えるスプレータイプのものもありますので使用してみると良いでしょう。 ファンデーションで隠す 背中にファンデーションを塗るのは、日常的にはおすすめしませんが、パーティや結婚式などでどうしても背中のあいたドレスを着たい場合などにはうまく隠すことができます。 ボディ用のファンデーションも販売されていますのでそちらを使うようにしましょう。 顔と同じように清潔な肌に、ちゃんと化粧水と乳液などで保湿してから行う方が肌に負担がかかりません。 また、結婚式でウェディングドレスを着る場合は、式場でボディファンデーションを使ってもらえる場合もあります。 プランナーの方に相談してみましょう。 また、使用した後のクレンジングは念入りにするようにしましょう。 皮膚科で治療する 自分でのケアが限界と感じたら、美容皮膚科での治療も選択肢の一つです。 皮膚科での治療は保険適用範囲内で、ニキビという疾患を治療をすれば終了ですが、美容皮膚科の場合は、ニキビ跡が残ってしまった場合でも、保険外診療で対応ができます。 レーザー治療や、ピーリングなど幅広い治療方があります選択肢のひとつとして、検討してみてください。 [4]背中ニキビを専門医で治す 皮膚科での治療法 背中ニキビが本格的に気になり出したら、皮膚科などの専門医の診断を仰ぐことをおすすめします。 治療には保険適用範囲内のものと保険外診療になるものがあります。 予算やニキビの深刻さに応じて、段階的に選択していくと良いでしょう。 ニキビ治療薬の処方 ニキビの治療の一つとして、塗り薬や飲み薬などによるニキビ治療薬による治療法があります。 炎症を起こしている赤ニキビを鎮めるための抗生物質の服用や塗り薬、毛穴のつまりを改善するためのレチノイド処方、毛穴の汚れやつまりを取り除き柔らかくするための硫黄薬などがあります。 いずれも保険適用範囲内での診療になりますので、まずニキビ治療薬に頼ってみるのは良いでしょう。 面皰圧出 面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)と言って、ニキビを切開し、ニキビの膿を出す治療法です。 炭酸ガスレーザーや器具を使い、傷を最小限にとどめ、膿み出しを行います。 炎症を起こしていない詰まった毛穴や白ニキビにも適応できます。 こちらも保険適用治療ができます。 よくニキビを潰すと跡になるといいますが、自己判断で汚れた手などで潰してしまい細菌が入って膿んでしまったり、まだニキビが開放していないのに無理やり潰して皮脂腺を壊してしまったりした結果であることが多いです。 必ず適切な医療機関で行ってもらいましょう。 ケミカルピーリング ケミカルピーリングは、ふさがってしまった毛穴に対して、毛穴がふさがらないようグリコール酸、サリチル酸などの酸性の薬剤を使い、ニキビが出来にくい肌にしていく治療法です。 酸性の薬剤を患部に塗りこみ、古い角質を取り除く事によって、肌を綺麗にしていきます。 痛みもなく、治療時間も短時間で終わるので気軽に行うことができる治療法ですが、こちらは保険適用外の治療法になります。 光治療 光治療 フォトフェイシャル 特殊なライトを広範囲の肌に当てて行う治療方法で、一般的にシミやそばかすを浮かせて綺麗にする治療として行うことが多いものです。 肌の代謝を促し、ニキビ跡の色素沈着を回数を追うごとに薄くしていってくれます。 しかし、炎症しているニキビの場合にはあまり効果が期待出来ないので、レーザー治療など他の治療と併用して行うと良いでしょう。 こちらも保険適用外の治療法です。 美容皮膚科ではいくつかの治療法を組み合わせた最適な提案をしてくれるところも多いので相談してみてください。 [5]背中ニキビを治しておしゃれをもっと楽しもう なにかと背中を見せる機会は意外と多いものです。 自分でできる日常のケアをしながら、場合によっては皮膚科での治療を行い、背中ニキビを治して、見せられる自信のある背中を手に入れましょう。

次の

背中ニキビ跡の対処法って?予防法や市販のおすすめアイテムもご紹介

背中ニキビ 予防法

ニキビの場所別!原因と予防方法 ニキビの場所別!原因と予防方法 額・おでこは皮脂の分泌量が多いためニキビができやすい場所のひとつです。 とくに思春期ニキビができやすいといわれていますが、大人になっても悩まされている方は少なくありません。 額・おでこのニキビの原因 額・おでこのニキビは思春期にできやすいもので、ホルモンバランスの乱れによって皮脂が過剰に分泌されることが原因です。 一方、大人になって額・おでこにニキビができるのは、前髪の刺激やシャンプーのすすぎ残し、さらに、生活習慣の乱れや間違った洗顔方法などが原因として考えられます。 額・おでこのニキビからわかる体の不調 額・おでこのニキビは体調に関係なく、前髪が触れることで刺激を受けたり、シャンプーや整髪料が残っていたりしてでできるケースが多くみられます。 それらに注意しているにも関わらず頻繁にニキビができる場合は、ストレスによってホルモンバランスが乱れている可能性があります。 額・おでこのニキビの予防方法 額・おでこは、顔の中で皮脂の分泌がもっとも多いため、正しい洗顔によって余分な皮脂を取り除く必要があります。 洗顔料のすすぎ残しもニキビの原因になるので、しっかりと流すことを意識してください。 また、普段の生活では、野菜を中心とした食事を摂り、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。 額・おでこのニキビの治療方法•  眉間・眉毛のニキビ 眉間はTゾーンにあたり、額・おでこと同じように皮脂の分泌量が多く、思春期ニキビができやすい場所です。 また、顔の中央付近なので、鏡に向かった時に目につきやすく、思わず触れてしまうこともあると思いますが、むやみに触れるとニキビを悪化させてしまいます。 眉間・眉毛のニキビの原因 眉間・眉毛のニキビは、皮脂の過剰分泌によって生じることが多く、それを手で触ってしまうと炎症につながります。 また、額・おでこのニキビと同様に、前髪が触れて刺激を与えてしまうこともあります。 目につく場所だけに前髪で隠したくなる気持ちはわかりますが、悪化の原因になるので注意しましょう。 眉間・眉毛のニキビからわかる体の不調 肝機能が低下していると眉間・眉毛にニキビができやすいといわれます。 日頃からアルコールや油っぽい食事の量が多い方は食生活を見直し、ビタミンやミネラルなどを豊富に含んだバランスのよい食事を心がけてください。 眉間・眉毛のニキビの予防方法 目につきやすいだけに思わず触ってしまう方が多いようですが、むやみに触ったり、つぶしてしたりすると悪化するので、絶対に触らないようにしましょう。 同時に正しい洗顔、規則正しい生活を心がけてください。 眉間・眉毛のニキビの治療方法•  鼻のニキビ 鼻や小鼻は、どちらかといえば思春期ニキビができやすい場所といわれますが、大人になっても悩んでいる方は少なくありません。 一度ニキビができると炎症を起こしやすく、また、ニキビ跡が残ると目立つ場所でもあるので、早期の治療をおすすめします。 鼻のニキビの原因 鼻や小鼻は皮脂の分泌量が多く、さらに鼻の毛穴は深さがあって皮脂が溜まりやすいため、ニキビの多発部位といえます。 手で触れたり、紫外線を浴びたりすると症状が悪化してしまうので注意が必要です。 さらに、花粉症の時期は鼻をかむ回数が増え、必要以上に鼻の皮脂を拭きとってしまうため、鼻のニキビができやすくなります。 鼻のニキビからわかる体の不調 大人になって鼻にニキビができる場合、疲労やストレスの蓄積が心配されます。 また、内臓が弱っていると鼻の下にニキビができるといわれます。 暴飲暴食、便秘などが原因となることもあるので、食生活を見直し、アルコールや油っぽい食事は控えるようにしましょう。 鼻のニキビの予防方法 鼻のニキビは、皮脂の分泌量を減らすことで予防できます。 皮脂の量はホルモンバランスに影響されるので、まずはホルモンバランスを整えること。 日頃の生活習慣を見直し、とくに睡眠をしっかりとるようにしてください。 鼻のニキビの治療方法•  頬(ほほ・ほお)のニキビ 頬(ほほ・ほお)は大人になってからニキビができやすい場所です。 しかも、炎症を起こしやすく、放置しているとどんどん悪化し、ニキビ跡になってしまうこともあります。 そうならないためにも、早い段階での適切な治療が望ましいといえるでしょう。 頬(ほほ・ほお)のニキビの原因 頬(ほほ・ほお)は、顔の中で皮脂の分泌量が少ない場所です。 そのため、毛穴詰まりが少なく、ニキビができにくいイメージですが、実際は頬(ほほ・ほお)のニキビに悩んでいる方は少なくありません。 主な原因は、ホルモンバランスの乱れや、乾燥による皮膚のバリア機能の低下など内的要因です。 加えて、枕や布団などが触れる、メイクが合わないなどの外的要因もあります。 頬(ほほ・ほお)のニキビからわかる体の不調 頬(ほほ・ほお)のニキビには、ホルモンバランスが大きく影響していますので、日頃からストレスや疲労を溜めないようにしましょう。 また、胃腸をはじめとする消化器系や肝臓などの内蔵が悪い時もできやすいといわれています。 頬(ほほ・ほお)のニキビの予防方法 頬(ほほ・ほお)のニキビを防ぐには、生活習慣を見直して胃腸や肝臓に負担をかけないこと、さらに、ストレスケアも重要です。 また、女性の場合、メイク道具の雑菌が頬に触れてニキビを発生させるケースもありますので、日頃からメイク道具を清潔に保つようにしましょう。 頬(ほほ・ほお)のニキビ・ニキビ跡の治療方法•  口周り・唇のニキビ 口周りにできるニキビは再発しやすく、治りにくいという特徴があります。 一度できると炎症から化膿へと悪化し、痛みを伴うケースも少なくありません。 そのまま放置するとニキビ跡が残ってしまうので、早期の治療をおすすめします。 口周り・唇のニキビの原因 口周り・唇のニキビは胃腸が弱っている時やストレスが溜まっている時にできやすく、ほかの場所に比べ、この2つの原因の割合が高いとされています。 また、ホルモンバランスの影響も大きいので、女性の場合、婦人科系の病気や冷え性の症状がある方にも多くみられます。 一方、男性の場合は、髭剃りによる刺激や傷からできることもあるので、髭を剃る時に負担をかけ過ぎないよう気をつけるとともに、清潔な刃を使うことも大切です。 口周り・唇のニキビからわかる体の不調 体調が思わしくない時に出やすいのが口周り・唇のニキビです。 疲労やストレスが溜まって胃腸の調子が悪くなっていたり、熱があって抵抗力が落ちていたりすると出やすくなります。 また、ホルモンのバランスが乱れているサインともいわれます。 口周り・唇のニキビの予防方法 女性の場合、体が冷えるとホルモンバランスを崩しやすいので、食べ物や服装に気を配り、体を冷やさないように注意しましょう。 また、胃腸の働きが低下すると、体内に老廃物が溜まったり、免疫力や抵抗力が低下したりして口周り・唇にニキビができることもあります。 頭痛薬や鎮痛剤が胃の負担になる場合もあるので、常用している方は注意が必要です。 口周り・唇のニキビ・ニキビ跡の治療方法•  顎(あご)のニキビ 典型的な大人ニキビである顎(あご)のニキビは、同じところに何度もできて治りにくいのが特徴です。 それは複数の要因が絡み合っているためで、適切なケアや治療を行わないと再発を繰り返し、炎症や化膿の恐れもあります。 顎(あご)のニキビの原因 顎(あご)は髭が生える場所なので、男性ホルモンの影響を受けやすく、ホルモンバランスの乱れによってニキビが出やすい場所です。 男性の場合は、髭を剃った時に肌を傷つけてしまい、そこから雑菌が入ってニキビができることもあります。 また、紫外線にさらされやすい場所でもあるため、紫外線対策が十分でないためにニキビができるケースもあります。 顎(あご)のニキビからわかる体の不調 顎(あご)のニキビには、ホルモンバランスが大きく影響しています。 日頃からストレスや疲労を溜めない、睡眠をたっぷりとるなど、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。 顎(あご)のニキビの予防方法 ホルモンバランスを整えるために生活習慣を見直し、ストレスや睡眠不足などを避けるようにしましょう。 男性の場合、髭剃り後の保湿が不十分なために、肌が乾燥してニキビができることもありますから、スキンケアを丁寧に行いましょう。 それでもニキビができてしまった時は、紫外線の影響も考えられるので、いつもより入念に紫外線対策をしてください。 顎(あご)のニキビ・ニキビ跡の治療方法•  フェイスラインのニキビ 顎(あご)のニキビと同様に、大人ニキビができやすいのがフェイスラインです。 再発しやすい、治りにくい、悪化しやすいという特徴があり、加えて、フェイスラインは肌のターンオーバーが遅いため、ニキビ跡が残りやすい場所でもあります。 それだけに、初期段階での正しいケアや治療が重要です。 フェイスラインのニキビの原因 フェイスラインのニキビの主な原因は、ホルモンバランスの乱れと乾燥です。 ストレスや睡眠不足によってホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンの量が増え過ぎたり、免疫力が低下したりして、ニキビができやすくなります。 さらに、フェイスラインはとても乾燥しやすい場所なので、バリア機能の低下にも注意しなければなりません。 また、男性の場合は、髭剃りの刺激が原因となることもあります。 加えて、フェイスラインは睡眠時に枕や布団があたるので、それらの摩擦という外的要因もあります。 フェイスラインのニキビからわかる体の不調 フェイスラインのニキビは、顎(あご)のニキビと同様に、ホルモンバランスが大きく影響しています。 日頃からストレスや疲労を溜めない、睡眠をたっぷりとるなど、規則正しい生活を心がけましょう。 フェイスラインのニキビの予防方法 フェイスラインのニキビは、髪が触れることでも起こるので、日頃からヘアスタイルに注意するとともに、スタイリング剤も避けるようにしたいものです。 さらに、女性はメイク、クレンジングや洗顔料のすすぎ残しなどにも注意してください。 一方、男性は、髭剃り時に肌へ負担をかけ過ぎないこと。 それらに注意していてもフェイスラインにニキビがきてしまう場合は、ホルモンバランスの乱れや胃腸の機能低下が考えられるので、生活習慣・食事を見直しましょう。 フェイスラインのニキビ・ニキビ跡の治療方法•  背中のニキビ 背中、とくに肩甲骨周りは全身の中でも皮脂腺が多く、皮脂の分泌も活発なため、ニキビができやすい場所のひとつです。 自分では見えないだけに、ニキビに気づくのが遅れて重症化しやすく、さらに、顔に比べて皮膚が厚く硬いので、一度ニキビができると治りにくいという特徴があります。 背中のニキビの原因 背中は皮脂腺が多いだけに、毛穴に皮脂が詰まり、菌が増殖しやすい場所といえます。 しかも衣類でこすれたり、蒸れたりするのもニキビが多発する原因のひとつです。 また、ホルモンバランスが乱れると皮脂の分泌量が増えてニキビができやすくなりますので、日頃から過度なストレスや睡眠不足を避けるようにしたいものです。 背中のニキビからわかる体の不調 正しいケアや生活習慣の見直しをしても背中ニキビが治まらない場合は、マラセチア毛包炎や毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)などの皮膚疾患の可能性があります。 症状が続く場合は、医療機関を受診するようにしてください。 背中のニキビの予防方法 ホルモンバランスが崩れないよう生活習慣・食事を見直し、ストレスや睡眠不足のない生活を心がけるのが第一です。 その上で注意したいのが、背中を清潔に保つこと。 入浴時にきちんと洗っているつもりでも、皮脂や汚れが残っていることもあるので、隅々まで丁寧に洗い、すすぎ残しのないようにしてください。 また、乾燥すると皮脂の分泌量が増えてしまうので、保湿もしっかりと。 なにより、背中のニキビは気づきにくいので定期的にチェックして、気になる症状があったらすぐに治療するようにしましょう。 背中のニキビ・ニキビ跡の治療方法•  ニキビの進行段階にも要注意 ニキビを適切にケアするためには、ニキビの段階にも注意が必要です。 こちらでは、ニキビの種類の見分け方や、対処法・治療方法をご紹介いたします。 ニキビができる場所に合わせた治療 東京の美容皮膚科・銀座肌クリニックでは、ニキビができる場所や一人ひとりの肌質によって治療を組み合わせて、ニキビで悩んでいたこと自体を忘れるような、体質改善を目指すニキビ治療を行っています。 繰り返し同じ場所にできるニキビにお悩みの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

次の