ゲオ アイフォン 6s 買取。 【2020年5月更新】iPhoneの高価買取はBOOKOFF(ブックオフ)! 買取相場を紹介

【すぐわかる】iPhone6s買取相場早見表!プロが教える高額買取のコツ4つとは?

ゲオ アイフォン 6s 買取

随時更新のiPhone買取価格一覧表あり• 送料無料の宅配買取• 全国約800店舗展開の業界最大手チェーン店 買取店紹介 ブックオフは中古のコミックやDVD、ゲーム、スマホやテレビなどを買取しています。 そのなかでもiPhoneの買取にはかなり力を入れており、様々な世代のiPhoneが買取強化の対象になっているようです。 公式サイトでは、iPhone5シリーズから、最新機種のiPhoneSE(第2世代)までの参考買取価格が掲載されており、買取価格を簡単にチェック出来るでしょう。 また同じく公式サイトには、iPhoneを買取に出す際に何かと不安なデータ削除や移行の手順が詳しく解説されたページも。 画面のスクリーンショット付きの非常にわかりやすく整理された説明なので、初めての方や電子機器の扱いに自信のない方でも無理なく買取に挑戦できるでしょう。 細かいところでは引き継ぎの際のLINEのトーク履歴の残し方や、引き継ぎ設定が必要なスマホゲームの例示までしてくれている点が好印象です。 全国に800店舗以上を展開し、さらにネットでの買取受付や宅配買取も行っているので、買取価格や手順を確認したらすぐにでも売りに行くことができます。 買取方法• 店頭買取• 宅配買取• ここではその中でも買取価格の高いものを発売順に紹介していきます。 (2020年5月現在、出典:) iPhone 6s 128GB(Softbank):3,850~5,500円 iPhone 6s 128GB(Softbank)は2015年9月に発売されたiPhoneです。 古い機種ですがスペックとしては決して低くはなく、現在でも十分使えるスマホと言えます。 SIMロック解除のできる機種なので、解除していればSIMフリーiPhoneとして使用することも可能なためその点にも大きな価値があります。 ディスプレイは4. 7インチ、内蔵メモリは128GBと、視認性もよく記憶容量も大容量となっており、ヘビーユーザーでも満足できるスペックと言えます。 カラーにはスペースグレイ、ゴールド、シルバー、ローズゴールドがありますが、カラーによる買取額の差はありません。 iPhone 6s plus 128GB(docomo):7,700~11,000円 iPhone 6s plus 128GB(docomo)は、2015年9月発売のiPhone6sの大型版です。 画面サイズが5. 5インチとかなり大きく、視認性は十分以上です。 さらに128GBの大容量のメモリが搭載されているので、日常使いだけでなく仕事などにも存分に使うことができます。 当時使っていて自宅に置いたままになっているという方は、試しに査定に出してみるといいでしょう。 iPhone SE 64GB(au):2,800~4,000円 iPhone SE 64GB(au)は2016年3月に発売されたiPhoneです。 画面サイズは4インチとやや小さめで、記憶容量も64GBなのでヘビーユーザー向きではありません。 しかし、iPhone 5やiPodのような手にちょうど良く収まるサイズ感には根強い人気があり、強い需要がある機種です。 iPhone 7 128GB(Softbank):9,100~13,000円 iPhone 7 128GB(Softbank)は、2016年9月に発売されたiPhoneです。 画面サイズは4. 7インチと、適度な大きさとなっています。 テザリング機能が有り、4K動画も撮影可能となっていて、スペックの高さがこの世代から際立ってきていますね。 iPhone 7 256GB(docomo):11,900~17,000円 iPhone 7 256GB(docomo)は、人気機種であるiPhone 7のなかでも最大容量を誇る機種です。 動画やゲームなどを大いに使うという方向けの高スペックiPhoneと言えます。 キャリアもdocomoなためSIMフリー時の応用範囲も広く、使い勝手がいいため買取価格もかなり高額です iPhone 7 plus 128GB(docomo):15,400~22,000円 iPhone 7 plus 128GB docomoは、2016年9月発売のiPhoneの大型タイプです。 記憶容量は128GB。 一般的なスマホなら十分な大容量と言えます。 SIMロック解除可能なのでSIMフリーiPhoneとしても利用可能。 キャリアがdocomoなので格安SIMの利用できる範囲が広いため高額買取となっています。 安定した性能と人気の高まりを見せる大型iPhoneということで、高値買取安定も当然と言えます。 カラーにはブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールド、ジェットブラックがあり、それぞれ人気があります。 どのカラーでも同じ買取価格なので安心です。 iPhone 7 plus 256GB(docomo):17,500~25,000円 iPhone 7 plus 256GB(docomo)は5. 5インチの大画面に256GBという大容量を乗せたビッグなiPhoneです。 まるで業務用のようなスペックですが、これだけ余裕があると使い勝手の良さがほかの機種とは段違いになってきます。 仕事でもプライベートでもiPhoneを手放せないという方にぴったりな機種で、発売は2016年ですがまだまだ現役として活躍しています。 iPhone 8 256GB(au):15,400~22,000円 iPhone 8 256GB(au)は2017年の秋に発売されたモデルです。 iPhone 8 plus 256GB(docomo):21,000~30,000円 iPhone 8 plus 256GB(docomo)はiPhone 8の大型タイプになります。 画面サイズは安定の5. 5インチで、全面ガラスという美しいiPhoneで、とても人気があります。 またバッテリー持ちもいいとの評判で、大容量と併せてヘビーユーザー向けの最新機種です。 iPhone X 256GB(au):18,900~27,000円 iPhone X 256GB(au)は、2017年11月に発売されたまだ発売1年未満のiPhoneです。 キャリアシミュレーションでの機種代金64,080円に対して、ブックオフの買取額は最大で27,000円となっています。 iPhoneXSMax 256GB(Softbank):28,000~40,000円 2018年9月に発売。 現在は、Apple Storeでの販売を終了した機種でもあります。 iPhoneXR 256GB(docomo):24,500~35,000円 2018年9月に発売された機種です。 iPhone11 256GB(au):36,400~52,000円 2019年9月に発売された機種です。 iPhone11Pro Max 256GB(Softbank):50,400~72,000円 2019年9月に発売された機種です。 現在人気のある機種の一つです。 iPhoneSE(第2世代) 256GB(au):21,000~30,000円 2020年5月に発売。 サイズなどから根強い人気のあるSEシリーズの新作です。 高価買取のコツ iPhoneをブックオフで高価買取してもらうために押さえておきたい、高価買取に繋げるためのコツを紹介していきます。 付属品をセットにする ブックオフではiPhone本体のみでも買取をしていますが、付属品をセットとしたほうがより高額買取となります。 付属品単体では買取してもらえないか、買取してもらえても高い価値は付きづらいです。 一方、セットにすることで本体も付属品も両方の評価が上がります。 ACアダプタやケーブル、取扱説明書、イヤホンや元箱など、大切に保管しておいて一緒に買取に出しましょう。 ブックオフ側も商品として再販売するために買取を行うので、セットが揃っているほうが嬉しく、まさしくwin-winな買取ができるでしょう。 また、iPhoneの箱だけでも買取が可能なお店もあります。 関連記事: クリーニングをしっかり行う iPhoneを買取に出す場合、必ずきれいにクリーニングをしましょう。 お店でクリーニングしてくれるから、売るときにはそのままでいいと思いがちですが、実は汚れたままのiPhoneは確実に買取額が下がってしまいます。 なぜなら汚れたiPhoneはクリーニングが必須な分、余計な手間がかかるからです。 事前にクリーニングしておけば、お店側も簡単なクリーニングだけで再販売することができます。 買取店側も買取時にはこの手間を考慮するため、自分でクリーニングをしっかり行えば快く高価買取を提示してくれるでしょう。 早期買い替えで買取アップ 今回見ていただいたiPhoneの買取額の一覧でもわかるとおり、iPhoneは新しいほうがより高い買取価格になっています。 これはどんなものでも当たり前と思ってしまいがちですが、iPhoneにはそれなりの事情があります。 それは内蔵バッテリーです。 iPhoneなどのスマホのバッテリーが十分にその性能を発揮できるのは2年前後と言われており、そのためそれ以降の買取額が大きく下がってしまうのです。 そういったことを考えると、iPhoneは2年を経過したらすぐに買取に出したほうがいいと言えるでしょう。 2年ごとに買取に出して機種変更の資金を作ることが、賢いiPhoneの利用方法だといえるでしょう。 まとめ 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ブックオフでは古いiPhoneでも最新のiPhoneでも、かなりの高額買取を提示してくれます。 また買取に至るまでのサポートや、買取価格を上げるためのサービスも充実しています。 これらは大型チェーンであるブックオフだからこその体制であり、存分に利用することで買取価格を他店よりも伸ばすことが可能になるでしょう。 , , ,.

次の

ゲオのスマホ買取ってどうなの?ブックオフ・TSUTAYAと比較!

ゲオ アイフォン 6s 買取

関連記事• ゲオは、全国のゲオショップ・ゲオモバイル約1600店舗で取り扱った中古スマホのデータを集計した「ゲオ中古スマートフォン12月間ランキング」を発表。 販売では3キャリアすべての1位がiPhone 6となり、4〜6位もiPhone 6sに。 買い取りでもiPhoneシリーズが人気を集めている。 ゲオは、12月18日に全国のゲオショップ・ゲオモバイル約1600店舗で取り扱った中古スマホの販売・買い取り数ランキングを発表。 総合は販売・買い取りともにiPhoneシリーズがTOP10を独占し、最も台数が多いのは2014年9月発売「iPhone 6」。 キャリア別のランキングを見ると、Androidでは販売・買い取りともに「Xperia」が非常に人気を集めた。 ゲオは、全国のゲオショップ・ゲオモバイル約1600店舗で取り扱った中古スマホのデータを集計した「ゲオ中古スマートフォン11月間ランキング」を発表。 販売では3キャリアすべてでiPhone 6/6sが人気を二分し、買い取りではiPhone 6/6s/7が上位を占めた。 ゲオが、全国のゲオショップ・ゲオモバイル約1600店舗で販売した中古携帯電話の売上金額を発表。 2013年度から前年度比が5年連続で100%を超え、2018年度4月〜9月時点で前年同期比125. 8%となっている。 販売台数も2017年度は約120万台と順調に推移し、2018年度も100万台を超える見込み。 ゲオは、2018年8月度の中古スマートフォン販売台数ランキングを発表した。 総合ランキングの1〜9位にはiPhone 6/6sがランクインし、販売台数が最も多かったのはauの「iPhone 6(16GB)」。 3キャリアを比較してもiPhone 6/6sが売れ筋の中心となった一方、NTTドコモはAndroidの需要も高い傾向にある。 ゲオが、中古スマートフォンの購入と同時に「OCN モバイル ONE」を契約すると端末を最大で1万5000円引きとするキャンペーンを開始した。 中古端末の買い取り価格を10〜20%アップする「スマホ買取強化キャンペーン」も開催する。 関連リンク•

次の

ゲオモバイル スマホ・タブレット買取キャンペーン

ゲオ アイフォン 6s 買取

随時更新のiPhone買取価格一覧表あり• 送料無料の宅配買取• 全国約800店舗展開の業界最大手チェーン店 買取店紹介 ブックオフは中古のコミックやDVD、ゲーム、スマホやテレビなどを買取しています。 そのなかでもiPhoneの買取にはかなり力を入れており、様々な世代のiPhoneが買取強化の対象になっているようです。 公式サイトでは、iPhone5シリーズから、最新機種のiPhoneSE(第2世代)までの参考買取価格が掲載されており、買取価格を簡単にチェック出来るでしょう。 また同じく公式サイトには、iPhoneを買取に出す際に何かと不安なデータ削除や移行の手順が詳しく解説されたページも。 画面のスクリーンショット付きの非常にわかりやすく整理された説明なので、初めての方や電子機器の扱いに自信のない方でも無理なく買取に挑戦できるでしょう。 細かいところでは引き継ぎの際のLINEのトーク履歴の残し方や、引き継ぎ設定が必要なスマホゲームの例示までしてくれている点が好印象です。 全国に800店舗以上を展開し、さらにネットでの買取受付や宅配買取も行っているので、買取価格や手順を確認したらすぐにでも売りに行くことができます。 買取方法• 店頭買取• 宅配買取• ここではその中でも買取価格の高いものを発売順に紹介していきます。 (2020年5月現在、出典:) iPhone 6s 128GB(Softbank):3,850~5,500円 iPhone 6s 128GB(Softbank)は2015年9月に発売されたiPhoneです。 古い機種ですがスペックとしては決して低くはなく、現在でも十分使えるスマホと言えます。 SIMロック解除のできる機種なので、解除していればSIMフリーiPhoneとして使用することも可能なためその点にも大きな価値があります。 ディスプレイは4. 7インチ、内蔵メモリは128GBと、視認性もよく記憶容量も大容量となっており、ヘビーユーザーでも満足できるスペックと言えます。 カラーにはスペースグレイ、ゴールド、シルバー、ローズゴールドがありますが、カラーによる買取額の差はありません。 iPhone 6s plus 128GB(docomo):7,700~11,000円 iPhone 6s plus 128GB(docomo)は、2015年9月発売のiPhone6sの大型版です。 画面サイズが5. 5インチとかなり大きく、視認性は十分以上です。 さらに128GBの大容量のメモリが搭載されているので、日常使いだけでなく仕事などにも存分に使うことができます。 当時使っていて自宅に置いたままになっているという方は、試しに査定に出してみるといいでしょう。 iPhone SE 64GB(au):2,800~4,000円 iPhone SE 64GB(au)は2016年3月に発売されたiPhoneです。 画面サイズは4インチとやや小さめで、記憶容量も64GBなのでヘビーユーザー向きではありません。 しかし、iPhone 5やiPodのような手にちょうど良く収まるサイズ感には根強い人気があり、強い需要がある機種です。 iPhone 7 128GB(Softbank):9,100~13,000円 iPhone 7 128GB(Softbank)は、2016年9月に発売されたiPhoneです。 画面サイズは4. 7インチと、適度な大きさとなっています。 テザリング機能が有り、4K動画も撮影可能となっていて、スペックの高さがこの世代から際立ってきていますね。 iPhone 7 256GB(docomo):11,900~17,000円 iPhone 7 256GB(docomo)は、人気機種であるiPhone 7のなかでも最大容量を誇る機種です。 動画やゲームなどを大いに使うという方向けの高スペックiPhoneと言えます。 キャリアもdocomoなためSIMフリー時の応用範囲も広く、使い勝手がいいため買取価格もかなり高額です iPhone 7 plus 128GB(docomo):15,400~22,000円 iPhone 7 plus 128GB docomoは、2016年9月発売のiPhoneの大型タイプです。 記憶容量は128GB。 一般的なスマホなら十分な大容量と言えます。 SIMロック解除可能なのでSIMフリーiPhoneとしても利用可能。 キャリアがdocomoなので格安SIMの利用できる範囲が広いため高額買取となっています。 安定した性能と人気の高まりを見せる大型iPhoneということで、高値買取安定も当然と言えます。 カラーにはブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールド、ジェットブラックがあり、それぞれ人気があります。 どのカラーでも同じ買取価格なので安心です。 iPhone 7 plus 256GB(docomo):17,500~25,000円 iPhone 7 plus 256GB(docomo)は5. 5インチの大画面に256GBという大容量を乗せたビッグなiPhoneです。 まるで業務用のようなスペックですが、これだけ余裕があると使い勝手の良さがほかの機種とは段違いになってきます。 仕事でもプライベートでもiPhoneを手放せないという方にぴったりな機種で、発売は2016年ですがまだまだ現役として活躍しています。 iPhone 8 256GB(au):15,400~22,000円 iPhone 8 256GB(au)は2017年の秋に発売されたモデルです。 iPhone 8 plus 256GB(docomo):21,000~30,000円 iPhone 8 plus 256GB(docomo)はiPhone 8の大型タイプになります。 画面サイズは安定の5. 5インチで、全面ガラスという美しいiPhoneで、とても人気があります。 またバッテリー持ちもいいとの評判で、大容量と併せてヘビーユーザー向けの最新機種です。 iPhone X 256GB(au):18,900~27,000円 iPhone X 256GB(au)は、2017年11月に発売されたまだ発売1年未満のiPhoneです。 キャリアシミュレーションでの機種代金64,080円に対して、ブックオフの買取額は最大で27,000円となっています。 iPhoneXSMax 256GB(Softbank):28,000~40,000円 2018年9月に発売。 現在は、Apple Storeでの販売を終了した機種でもあります。 iPhoneXR 256GB(docomo):24,500~35,000円 2018年9月に発売された機種です。 iPhone11 256GB(au):36,400~52,000円 2019年9月に発売された機種です。 iPhone11Pro Max 256GB(Softbank):50,400~72,000円 2019年9月に発売された機種です。 現在人気のある機種の一つです。 iPhoneSE(第2世代) 256GB(au):21,000~30,000円 2020年5月に発売。 サイズなどから根強い人気のあるSEシリーズの新作です。 高価買取のコツ iPhoneをブックオフで高価買取してもらうために押さえておきたい、高価買取に繋げるためのコツを紹介していきます。 付属品をセットにする ブックオフではiPhone本体のみでも買取をしていますが、付属品をセットとしたほうがより高額買取となります。 付属品単体では買取してもらえないか、買取してもらえても高い価値は付きづらいです。 一方、セットにすることで本体も付属品も両方の評価が上がります。 ACアダプタやケーブル、取扱説明書、イヤホンや元箱など、大切に保管しておいて一緒に買取に出しましょう。 ブックオフ側も商品として再販売するために買取を行うので、セットが揃っているほうが嬉しく、まさしくwin-winな買取ができるでしょう。 また、iPhoneの箱だけでも買取が可能なお店もあります。 関連記事: クリーニングをしっかり行う iPhoneを買取に出す場合、必ずきれいにクリーニングをしましょう。 お店でクリーニングしてくれるから、売るときにはそのままでいいと思いがちですが、実は汚れたままのiPhoneは確実に買取額が下がってしまいます。 なぜなら汚れたiPhoneはクリーニングが必須な分、余計な手間がかかるからです。 事前にクリーニングしておけば、お店側も簡単なクリーニングだけで再販売することができます。 買取店側も買取時にはこの手間を考慮するため、自分でクリーニングをしっかり行えば快く高価買取を提示してくれるでしょう。 早期買い替えで買取アップ 今回見ていただいたiPhoneの買取額の一覧でもわかるとおり、iPhoneは新しいほうがより高い買取価格になっています。 これはどんなものでも当たり前と思ってしまいがちですが、iPhoneにはそれなりの事情があります。 それは内蔵バッテリーです。 iPhoneなどのスマホのバッテリーが十分にその性能を発揮できるのは2年前後と言われており、そのためそれ以降の買取額が大きく下がってしまうのです。 そういったことを考えると、iPhoneは2年を経過したらすぐに買取に出したほうがいいと言えるでしょう。 2年ごとに買取に出して機種変更の資金を作ることが、賢いiPhoneの利用方法だといえるでしょう。 まとめ 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 ブックオフでは古いiPhoneでも最新のiPhoneでも、かなりの高額買取を提示してくれます。 また買取に至るまでのサポートや、買取価格を上げるためのサービスも充実しています。 これらは大型チェーンであるブックオフだからこその体制であり、存分に利用することで買取価格を他店よりも伸ばすことが可能になるでしょう。 , , ,.

次の