モバイル suica キャッシュ レス 還元。 キャッシュレス消費者還元事業で「Suica・モバイルSuica」は?注意点等<まとめ>

【キャッシュレス還元】Suica、PASMOなど交通系ICカードで利用する方法は?

モバイル suica キャッシュ レス 還元

この政府主導の動きに応じるようにやなど各社が大きなキャンペーンを実施して自社のシェアを広げようと頑張っていますね。 キャッシュレス決済はたくさん種類がありますが、その本命はJR東日本の「 Suica(スイカ)」と「PayPay」でしょう。 SuicaはJR東日本利用者を中心にすでに圧倒的に多くの利用者や加盟店がいることが最大のメリットになります。 また、PayPayなどのQR決済やクレジットカードと比較してかなりスピーディーなのもポイントが高いです。 端末にタッチするだけで決済できますからね。 最近ではJR東日本の範囲を超えて全国各地の鉄道やバスでも利用できますから利用者がどんどん増えているのです。 そんなSuicaですが、 キャッシュレス・消費者還元事業でポイントを得るためには登録が必要なんですよ。 登録しなければもらえるはずの5%が無駄になってしまうのです・・・ 今回はSuicaでキャッシュレスの還元を受けるためにはあらかじめ登録が必要な件についてみていきます。 「JRE POINT」のサイトでSuicaを登録するだけです。 逆に言えば 登録しないともらえないのです。 すでにSuicaを持っている方はJRE POINTのサイトでメールアドレス(Suica識別ID とパスワードを紐付けるだけですからそれほど難しくありません。 登録作業をしていないとポイント還元の対象となりませんので忘れないように登録しておく必要があります。 SuicaでもらえるポイントはJRE POINT Suicaで貯まるポイントは「JRE POINT」です。 ポイントの還元は通常、(キャッシュレス還元事業分を除く)以下の通り貯まります。 スマホなどに入れるモバイルSuicaとカードタイプでは付与ポイントが違うんですよ。 ただし、これはSuicaが使える すべてのお店ではなく以下のマークが記載された店舗のみとなります。 出典:JRE POINT WEBページ エキナカのNewDaysやキオスクなどはもちろん、飲食店でも対象となっている店舗もありますから嬉しい限りですね。 キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗ならさらに・・・ キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗(中小企業が条件)ならばさらに国からの還元がありますのでさらにポイントが増えます。 JREカード(クレジットカード)で払うよりもSuicaで払ったほうがお得なんですね。 これが登録をしていないとみすみす逃してしまうことに・・・ 必ず登録しておきましょうね。 JRE POINTは何に使えるのか せっかく貯めたポイントでも使いみちがなければなんの意味もありません。 それでは貯まった「JRE POINT」は何に使えるのでしょうか? 「JRE POINT」のサイトで提示されている使い方は以下です。 >> 個人的には今回の キャッシュレス決済を巡っての争いは「Suica(スイカ)」と「PayPay」が本命だと考えています。 現在はかなり過当競争ですが、徐々に淘汰されていくでしょう。 その点を考えても「Suica(スイカ)」と「PayPay」は作っておいても良いと思いますね。 また、お店はせめてこの2つの決済はできるようにしておいてほしいところ・・・ これから始めるならPayPayとSuicaがおすすめ まだ、キャッシュレス決済をなにも使ってない方は、10月からのキャッシュレス・消費者還元事業に向けてとりあえずPayPayとSuicaだけでも用意しておきましょう。 PayPay 大規模なキャンペーンを繰り返し実施しているソフトバンク・ヤフー系列のPayPayはまずオススメです。 すでに利用者も1000万人を突破し、利用できる店舗もどんどん増えています。 こういう類のサービスははじめにシェアをとってしまったところが圧倒的に有利です。 その点PayPayはかなり今後も有利でしょう。 PayPayをこれから始める方はこちらからダウンロードをどうぞ Suica キャッシュレス決済の弱点であるというのが心配の方はチャージ式のSuicaがおすすめです。 Suicaは多くの駅でも利用できますから使える範囲はかなり広いです。 また、タッチだけで決済ができますので他よりも会計は格段に早いです。 ただし、チャージ式ですからちょっと面倒な部分もありますけどね お店が今からキャッシュレスを導入するならPayPayかAirペイがおすすめ まだ、キャッシュレス決済なにも導入していないお店の方はとりあえずPayPayかAirペイ(Suicaが使える)がおすすめですね。 PayPay PayPayは初期導入費無料、決済手数料無料、入金手数料無料です。 更に提携銀行利用の場合には売上が翌日入金となります。 ユーザー側から見てもアプリの使い勝手がかなり良いのがありがたいところ。 Airペイ テレビCMでおなじみのリクルートの「Airペイ」はクレジットカードから電子マネー、QR決済まで幅広く対応できるのが魅力ですね。 特に今回ご紹介したSuica(スイカ)が使えるのが嬉しいですね。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 フェイスブックページ、ツイッターはじめました。 「シェア」、「いいね」、「フォロー」してくれるとうれしいです•

次の

キャッシュレス消費者還元事業で「Suica・モバイルSuica」は?注意点等<まとめ>

モバイル suica キャッシュ レス 還元

いままでポイントの魅力は薄かったが... これまでSuicaは、JRE POINT加盟店でのみポイント還元が行われていたこともあって、PayPayなどのコード決済に比べて、「おトクさ」では地味な印象があった。 しかし還元事業により、JRE POINTと紐付ければ、加盟店以外でも還元対象店舗であれば2%もしくは5%が還元され、JR東日本圏外に住む多くの人でも、恩恵を得られることになった。 本来の用途である鉄道乗車にもメリットができた。 Suicaでは2019年10月から、チャージ残高で乗車した場合に、JRE POINTが還元される。 カード型は0. 5%(200円ごとに1ポイント)、モバイルSuicaでは2. 0%(50円ごとに1ポイント)が付与され、モバイルSuicaの場合には定期券購入も対象となる。 たまったポイントはSuicaチャージもできるため、JR東日本管内のユーザーにはうれしい変更だ。 Suicaをはじめとするタッチ決済は、なにより利便性が高い。 コード決済であれば、レジでスマホ画面を読み取ってもらうか、店のコードをスマホのカメラで読み取る必要がある。 後者では、みずから金額を入力しなければならない場面も多い。 この手間がタッチひとつで省けるのも、「最強」と呼ばれる理由だ。 利用履歴が「物販」だらけなのは残念 デメリットとしては、もともと交通利用のために作られたこともあり、買い物に向いてないことがある。 Suicaはカードもモバイルも、チャージの上限額は2万円。 大きな買い物は難しい。 また、オートチャージ対応が、JR東日本系列の「ビューカード」に限られているのもネックだ。 そして、個人的に一番不便を感じるのが、利用履歴に「物販」としか書かれない点だ。 家計簿を付けるにしても、日付と価格をもとにして、レシートと突き合わせながら、科目を決めなくてはならない。 近頃は自動取得型の家計簿アプリが普及していて、筆者もマネーフォワードとモバイルSuicaを連携しているが、こちらの履歴にも「物販」が並んでいる。 カード型の利用履歴でも同様に、「物販」の詳細は印字されない。 キャッシュレス化のメリットとして、利便性はもちろんだが、「家計の見える化」もある。 どのような用途に、日々お金を使っているかが、自動的に記録されれば、浪費をおさえるのに役立つ。 ここが補われれば、さらなる「強み」が加わることになるだろう。 (J-CASTニュース編集部 城戸譲).

次の

【キャッシュレス還元】Suica、PASMOなど交通系ICカードで利用する方法は?

モバイル suica キャッシュ レス 還元

政府は今回の増税に合わせたポイント還元事業も実施していますので、こちらもぜひ有効活用していきたいところです。 そこでこの記事では「交通も買物も」という便利さで広く使われている電子マネー、モバイルSuicaの増税後のポイント還元についてまとめます。 先に要点から挙げれば以下の通りとなります。 ビューカードも組み合わせれば3. ただしSuicaの場合はこのマークが示されていて、さらに従来からSuicaポイント還元サービスのあった JRE POINT加盟店のマークがあるお店のみが政府ポイント還元対象です。 ポイント還元の例• よりお得なポイント還元サービスを受けたいなら、ぜひモバイルSuicaを利用したいところです(iPhone、Androidスマホどちらでも利用可能)。 モバイルSuica+ビューカードで還元率3. それはJRグループが発行するクレジットカードである ビューカードでSuicaチャージをする方法です。 ビューカードは基本利用ではポイント還元率が0. 5~1. つまりビューカードでモバイルSuicaをチャージして使うことにより ポイント2重取りとなり、合計の還元率が 3. また、ビューカードをSuicaチャージに設定する場合のみ オートチャージも利用可能となります。 Suicaオートチャージを利用すれば、例えばモバイルSuicaの残高が1000円をきると改札口でタッチした時に自動的に3000円がクレジットカード払いとしてチャージされる、などの設定が可能になります(金額は自由に設定可能)。 改札で引っかかることがなくなり、毎回わざわざ残高を確認してチャージする手間が省けるので、普段からSuicaを使う方にとっては 「一度使ったら手放せない!」と感じるほど抜群に便利となります。 おすすめビューカードは年会費無料のビックカメラSuicaカード! そのビューカードにも様々な種類があります。 以下に代表的な3種類の違いを比較してより優れた点を 色づけします。 ビックカメラsuicaカード ビュー・スイカカード ルミネカード 年会費 初年度無料。 2年目以降は477円+税だが年一度使えば無料 477円+税 953円+税 通常ポイント還元率 1. ビックカメラで使うと10%ポイント還元 定期機能つき 定期機能つき&ルミネで使うと5%オフ VIEWプラスサービス=suicaチャージや定期券、特急券などのJRサービス モバイルsuicaチャージ用クレジットカードとしては、 年会費無料で持てる ビックカメラsuicaカードが最もおすすめです。 基本のポイント還元率が1. 他の2カードで利用可能なsuica定期券機能がついてないのがデメリットですが、モバイルsuicaから定期券機能を設定利用するなら何も問題はありません。 さらにビューカードはウェブ明細を利用することで毎月50ポイントのJREポイントが付与されますので、ビックカメラsuicaカードは年会費無料どころか、 毎年600ポイント(suica600円ぶん)がもらえるというお得さがあります。 例えビックカメラを普段それほど利用しない方でも、 「年会費無料」 「鉄道利用でJREポイントが3. 今回の増税を機に ビックカメラSuicaカード+モバイルSuicaで強力なポイント還元3. 5% ポケットポイント 最強クラスの還元率1. 5% DCハッピープレゼント最強クラスの還元率1. 5% ポイント交換先が豊富 リボ払い専用カード A 1% dポイント 高還元でdポイントが貯まる。 docomoユーザーはポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 年1回使えば年会費無料 ローソンが5%オフ A 1% WALLETポイント auユーザーは年会費無料&ポイントがケータイ料金支払いにすぐ使えて便利 A 1% AmazonポイントAmazonで還元率1. 25% レックスポイント 高還元&ポイントが現金還元されるカード 利用額しだいで年会費無料も可 B+ 1.

次の