前輪ブレーキ。 自転車のブレーキの交換方法!正しいやり方と気をつけたい注意点!

質問!ITmedia

前輪ブレーキ

フットブレーキとパーキングブレーキ、それにエンジンブレーキ、さらに回生ブレーキだ。 パーキングブレーキは駐車時にクルマが動かないように固定しておくためのブレーキで、ワイヤーやモーター内のブレーキだけを作動させる。 ジムカーナのサイドターンや欧州では緊急時の危険回避のために活用されることも多い。 エンジンブレーキはアクセルオフの状態で空走させるものでエンジンの駆動抵抗がブレーキの代わりに減速させる力になり、ブレーキの負担を軽減させる。 回生ブレーキはハイブリッド車やEV のモーターを減速時に発電機として使うことで、運動エネルギーを電力として蓄えるもので、発電抵抗がブレーキになる。 これらは補助的なものであり、クルマの速度をコントロールしたり、前後の荷重移動、緊急時の急制動など減速を司るのはフットブレーキだ。 ブレーキペダルを踏み込むと4輪に備わるブレーキに液圧で力が伝わり、運動エネルギーを摩擦熱にして減速させる。 前に進んでいる状態から減速させると、前輪により多くの荷重がかかるため前輪のブレーキが強くかかる。 そのためクルマのブレーキは前輪用の方が強力で、発熱に対する耐久性も高められている。 ディスクブレーキとは円盤状のディスクローターをキャリパーが挟み込んで摩擦を発生させるもので、ほとんどのクルマの前輪に用いられている。 ディスクローターが外気に触れているので放熱性が高いのが特徴で、より放熱性を高めるべくローターを立体構造にして中央部にも数が通るようにしたベンチレーテッドディスクという構造もある。 ポルシェなどの高性能車はローターに鋳鉄ではなくカーボンセラミックなどの耐熱性と軽量性を兼ね備えた素材を用いているモノも多い。 N-BOX、デイズ/ek、ワゴンR、タント、スペーシア、ハスラー、ジムニーほか、リアブレーキにドラムブレーキを採用している軽自動車が多い ドラム(筒 の内側に三日月状のブレーキシューを配置して、液圧によってブレーキシューをドラムに押し付けることにより摩擦を発生させる。 ブレーキとしての歴史はドラムブレーキのほうが古く、昔は4輪ともドラムブレーキのクルマも珍しくなかった。 ドラムブレーキでは足元のブレーキペダルを踏んだ力はブレーキブースター(倍力装置)で力を増し、マスターシリンダーによって液圧(油圧)に変換。 その圧力は、ブレーキオイル(ブレーキフルード)で満たされている配管を通って伝わり、4つの車輪に装着されたブレーキ内のピストンを押す力となる。 ピストンは摩擦材であるブレーキライニングを車輪とともに回転するブレーキドラムの内側に押しつける。 回転するドラムの内側にライニングが押しつけられることによって車輪の回転が止まり、クルマが減速、停止 ドラムブレーキのメリットは、安くて堅牢、制動力の高いブレーキが作れること。 回転するドラムにシューを押し付けるのだが、回転方向の前方に支点があるリーディング側のシューは、自らドラムに食い付こうとする自己倍力作用が働くのだ。 ドラムの面積に対し、シューの接触面も大きいことも制動力が高い理由。 ディスクブレーキはパッドの接触面積は小さめだが、その分放熱性が高い。 ただし、ドラムブレーキは放熱性が低く、摩擦で発生した熱がドラム内部にこもってしまう。 ディスクブレーキはローター径を大きくしたり、キャリパーのピストン数を増やして回転方向に長くすることで、制動力を高められるが、ドラムブレーキは作り替えたり強化するのは構造上難しい。 ただし、前述のパーキングブレーキにはドラムブレーキのほうが向いているため、リアのディスクブレーキの内側にパーキングブレーキ用にドラムブレーキを備えている高級車もある。 コンパクトカーのリアブレーキや大型トラックのブレーキ(欧米はディスクが多い)にはドラムブレーキが多く、乗用車でも高級車(重い)、高性能車になるほど大きなディスクブレーキが装着されている理由がお分かりいただけただろうか。

次の

【自転車】前輪ブレーキの左右ズレ、片効きを直してみる【ママチャリ】

前輪ブレーキ

ブレーキシュー(ゴム)と、リムが平行になったからです。 すなわち、シューに角度をつければ音が止みます。 ママチャリでしたら、シュー取り付け部にドライバー等を差込み、後方が開くようにちょびっとひねって下さい。 私は、故意に少し音が出るように調整しています。 ベルを鳴らす手間が省けます。 シューは100円ショップでも売っています。 自転車屋さんでも数百円で売られています。 取り付けはそんなに難しくありません。 リムが傷ついてからシューを取り替えても間に合います。 傷ついても乗れます。 中古のリムと交換すれば新品を買わなくても良い。 (と、言っても安いママチャリなら1万円で買えますが) つまり、その自転車屋さんは技術を持っていないか、単に新車を販売したいだけです。 この回答への補足 今日、色々やってみました。 と言っても試行錯誤でしたが。 まず、後輪ですが、自動車用のタイミングベルトの鳴き防止スプレーをシュッとやってみました。 おぉ、一発で鳴かなくなりました。 ついでにブレーキも全くきかなくなりました・・・。 シュー交換は部品の入手が困難そうだし、手間も掛かりそうなので、あきらめて前輪へ。 前輪にも、とりあえず鳴き防止スプレーをシュッ。 こちらは全く効果が無く、鳴き止みません。 次にゴムパッドを新品に交換。 全く鳴き止みません。 リムとゴムパッドをウェスでごしごし拭きました。 全く鳴き止みません。 んで、ゴムパッドを無理やりモンキースパナではさんで曲げて、前が開く様(逆八の字)にしたら、全く効果なし。 んで、今度は後ろが開く様(八の字)にしたら・・・。 みごとピタッと鳴かなくなりました。 これで、なんとか買わずにすみそうです。 もし、後ろのブレーキの直し方がわかりましたら、教えて下さい。 トーインといってハの字で音消えます。 自転車屋さんは自転車売りたかっただけでしょう。 後ろのブレーキは、バンドブレーキの場合、あきらめるしかないと思います。 (各自転車メーカーもお手上げのようです)保証書には走行上問題の無い音にはクレーム効きません。 (うるさくて問題ありですが。 ) 後ろのホイール(タイヤ)を外して、 ブレーキも外して、ブレーキの内側のゴムを紙やすりで少しごしごしと。 気休めには。 あとは、ブレーキの交換サーボブレーキというのがあります。 これもどうか、バンドブレーキより良いと思いますが。 付くかどうか?ですがブリヂストンのダイネックスブレーキ。 名前あってるか? ローラーブレーキはハブ(タイヤの中心の部分)がローラーブレーキ用で無いとつきません、ハブの交換に(ここまでするなら本当に新しいものの方が。 ) ローラーブレーキが音鳴りの場合は、専用のグリスがありますからいれるといいかも、他のグリスはダメですし、あくまでもローラーブレーキだけです。 自転車を色々整備するのは楽しいものです、がんばってください。 くれぐれも、物がブレーキだけに事故の無いように。 気をつけてください。 お疲れ様でした。 後輪の効き具合は如何ですか? 鳴き防止スプレーで効かないのであれば、直ちに洗剤で洗い流してください。 後輪はドラムブレーキ(バンドブレーキ)でしょうか? そうであれば、一時しのぎの方法はあります。 止めるバンド部と回転する部分の隙間に、練り歯磨きを米粒くらいかませて下さい。 その後、走っては止めを繰り返して研磨して下さい。 最初は効きが悪くなりますので十分注意して下さい。 ずっと効きが悪い場合、水を充てて洗い落として下さい。 残留物で滑面状態だったのが多少落とせて、若干回復します。 自転車屋さんでローラーブレーキなどに交換すると4~5千円かかります。 私は、後輪がもともとローラーブレーキの自転車を購入しました。 物凄く効くわけでは有りませんが、従来のバンドブレーキに比べ効きが良く、音がしません。 私も皆さんの意見と同じですがリムが傷つくくらい乗っているのであればこれから別の部品も壊れてくるであろうと言う意味も含めているのであると思います。 もしリム交換をしてブレーキゴムを替えても数千円でしょう。 しかし後ろブレーキが鳴り始めたら修理は可能ですが自転車屋からしてみると自転車自体の寿命と見るようです。 それらを含めてこれから修理が必要であろう金額を考えたら買い換えた方がよいといったんだと思います。 使われる方の「まだ使える」と自転車屋の「まだ使える」はかなりのズレがありますからね。 きっとどこに修理に行っても商売もありますがついでに壊れそうな部品をあらかじめ交換しておきましょうと進められると思いますよ。 応急処置としてはサビ取りなどでリムを磨くと音がおさまる事もあります。 A ベストアンサー 一般的な自転車についているブレーキは、バンドブレーキというタイプで、鉄のドラムをゴムバンドみたいなので締め付けて止めるんですけど、そのゴムがだんだん劣化してきて、滑る部分と滑らない部分ができてきます。 そうすると、効く、効かない、効く、効かないの繰り返しで、その振動が、キーッという嫌な音を生みます。 たぶんなってるはずです。 ブレーキだけ変えるのは、できます。 もちろん新しいバンド部ーレ気をつけることもできますが、やはり音鳴りしない、しにくい、サーボブレーキに変えるのをお勧めします。 自分で交換できないことはないですが、ドラムの径が微妙に違うため、取り換える必要が出てきます。 取り換えるのに専門工具がいるので、自転車屋さんに頼むのがいいです。 ちゃんとした自転車屋さんで。 ホームセンターでは サーボブレーキ?なにそれ?? でしたよw ブレーキ部分に歯磨き粉を塗れば一時的に回復し、音もなりませんが、すぐに再発するので、ブレーキユニットの交換をお勧めします。 A ベストアンサー ブレーキシューを使ってタイヤを挟んで減速する構造のもの。 リム(ホイール)を挟んで止めるタイプのものですと、 まずは、上から見た状態で左右のブレーキシューがハの字にリムに当たるようにする。 気持ちハの字にしただけでも収まる場合があります。 ブレーキシューの付いている枠をペンチとかで曲げるか、ブレーキシューを固定してあるボルトで調整てみてください。 次に、リムの掃除をしてみてください、耐水研磨紙#200くらいのもので、水をつけながら、こすってみる。 ブレーキシューを掃除する、ヤスリで軽くこする、表面の汚れを取るような感じで。 最後に、ブレーキシューを交換してみる、 自信がないなら自転車屋さんに持っていく、有料。 それでもだめなら自転車屋さんに持っていく。 後輪のブレーキから音が出る場合 サーボブレーキはまず音がしません、ローラーブレーキはグリスがなくなると音が出る場合があるので、自転車屋さんで専用グリスを入れてもらってください、サーブで音がしたらすぐに自転車屋さんへ。 バンドブレーキは 研磨材(コンパウンド、サビ取り剤等)と、やや太めの針金かそれに似たもの(長串とか)を用意します。 研磨材を針金の先にご飯粒の半分くらい付けてブレーキの内側の金属部分に付けます。 (ペダル側から見ると内部が見えます) そしてタイヤを回しブレーキをかけるを繰り返す。 最初はブレーキの利きが悪いです、、何度か繰り返すと大丈夫です。 何回やっても効きが悪い時は研磨材の付けすぎ、しばらくは注意して乗ってください。 バンドブレーキは新品なら音は出ないのですが、使い込んでいくとどうしても音が出ます、なので、上記の方法などで音を止めてもいずれまた出ます。 ブレーキシューを使ってタイヤを挟んで減速する構造のもの。 リム(ホイール)を挟んで止めるタイプのものですと、 まずは、上から見た状態で左右のブレーキシューがハの字にリムに当たるようにする。 気持ちハの字にしただけでも収まる場合があります。 ブレーキシューの付いている枠をペンチとかで曲げるか、ブレーキシューを固定してあるボルトで調整てみてください。 次に、リムの掃除をしてみてください、耐水研磨紙#200くらいのもので、水をつけながら、こすってみる。 ブレーキシューを掃除する、ヤ... A ベストアンサー 既出のように自転車用のチェーンにシール付きのものはありませんので、チェーンを傷める心配はありません。 何もしないでチェーンをキシキシ言わせて走るよりは556でも注した方がまだマシでしょう。 でも556は揮発成分が多いのか、すぐに無くなってしまいます。 ですから市販のチェーンオイルを注した方が良いです。 556は洗い油の代わりになりますのでたっぷり注しておいてウェスで拭けば汚れを落とすのに使えます。 チェーンオイルの注し方は、リンクのピンやブッシュの部分(内側です)にたっぷりと注ししばらく置いたり、空回りさせてからウェスで拭き取ります。 この作業で余分な油を汚れと一緒に落とすわけです。 リンクの中に残っている油が役に立つのであって、プレートの外側に付いているのは埃を吸着するだけでろくなことはありません。 このやりかたでも乗り続けていると油汚れや埃が溜まってきますので、その時はディグリーザーや556をつけて歯ブラシ・ウェスなどで清掃をします。 なおクレの「チェーンルブ」はオートバイ・動力機用のグリスなのでしょう、しばらく乗ると埃の団子になってしまいますから自転車には不向きと私は思います。 自転車チェーンの場合「グリス」は不向きで、自転車屋で「チェーンオイル」として売っているものが適当だと思います。 (粘度は各種ありますので、好みのものを見つけるといいです) 今使っているチェーンは油を注さずに1500km踏み倒しているとのことで、設定より早めに摩耗してしまっている可能性はありますね。 特に、同じ歯ばかり使っているとその歯だけ摩耗してしまいます。 チェーンも摩耗してピッチが伸びてしまい、減っていない歯でかえって歯飛びや異音がするようになります。 既出のように自転車用のチェーンにシール付きのものはありませんので、チェーンを傷める心配はありません。 何もしないでチェーンをキシキシ言わせて走るよりは556でも注した方がまだマシでしょう。 でも556は揮発成分が多いのか、すぐに無くなってしまいます。 ですから市販のチェーンオイルを注した方が良いです。 556は洗い油の代わりになりますのでたっぷり注しておいてウェスで拭けば汚れを落とすのに使えます。 チェーンオイルの注し方は、リンクのピンやブッシュの部分(内側です)にたっぷりと注ししば... ただ、トーインの方が一般的? で、どうしても直らない場合だけトーアウトにします。 bufsiz. html 【トーイン】 自転車にまたがってブレーキを見たときに、「ハ」の字になっているように調整することです。 ブレーキシューの後ろ側に名刺なり何なりを挟んだ状態でネジを締めます。 【トーアウト】 「逆ハ」の字に調整します。 前側に挟んで調整します。 因みにブレーキシューの角度は1mm単位で少しずつつけていきます。 極端に角度をつけすぎると、ブレーキタッチまで悪くなるので、注意してください。 A ベストアンサー どういった自転車のブレーキでしょう ママチャリの場合 ホームセンターや量販店の安い 1万ちょいの自転車の場合 バンドブレーキは、いじれば弄るほど 鳴きが止まらなくなります。 なので 自転車屋さんは、触りたくない・関わりたくなく 修理を断るんです。 部品が粗悪な作りで 鳴きが仕方ない様です。 購入した店に相談するしかないですが 調整できるような店か??? 最悪は、捨てるしかない 以後ちゃんとした自転車店で ちゃんとしたメーカー車を購入することですかねー スポーツ車の場合 シューの固定を ハの字に設定します 回転方向前方が先に当たるように 後方を1mm程度隙間を明かせるように取り付けることで ビビり音(ジャダー)を発生させない様にできます。 リムに対して水平に当たると ビビり音が出るんです。 A ベストアンサー 素人が、構造をよく知らずに、 オイルを塗ったり、潤滑スプレーを塗布したりする事は、 逆効果になることもありますので、 こと、ブレーキに関しては自転車屋に任せた方がいいです。 ブレーキのものすごい鳴りは、 回りもそうですが、自分もかなり赤面ものですよね?笑 大体、安価な軽快車 ママチャリなど)に、 使われているバンドブレーキが、 磨耗により、お話のような音が響きやすいです。 バンドが磨り減ってくるので、 古くなるとどうしても音が出ますし、 また、砂などの異物が入っても音が出ます。 自転車屋に行って、 ブレーキそのものを交換してもらってください。 自転車屋に相談すれば、教えてもらえると思いますが、 ローラーブレーキ、もしくは、 サーボブレーキなどが、音鳴りがありません。 やっぱ、恐竜を退治するためには、 後輪ブレーキを交換しかないです。 ブレーキのきかない原因は円盤と円環の間に油が侵入し、両者の間の摩擦が小さくなったのが原因と思われます。 よって、円盤と円環の間にできた油の層を除去すれば、もとの性能が復活するはずです。 その層をどうやって除去するかは、これまでに回答されているクリーナーを使うのがベストだと思います。 クリーナーを買ってくるのがめんどうな場合は、食器用洗剤を水でうすめたものを利用するといいかも知れません。 食器用洗剤はかなり油を落とします。 あくまでも自己責任でお願いします。

次の

自転車前ブレーキがくっつきます(涙)右側がくっついたまま。左側は凄い...

前輪ブレーキ

ブレーキシュー(ゴム)と、リムが平行になったからです。 すなわち、シューに角度をつければ音が止みます。 ママチャリでしたら、シュー取り付け部にドライバー等を差込み、後方が開くようにちょびっとひねって下さい。 私は、故意に少し音が出るように調整しています。 ベルを鳴らす手間が省けます。 シューは100円ショップでも売っています。 自転車屋さんでも数百円で売られています。 取り付けはそんなに難しくありません。 リムが傷ついてからシューを取り替えても間に合います。 傷ついても乗れます。 中古のリムと交換すれば新品を買わなくても良い。 (と、言っても安いママチャリなら1万円で買えますが) つまり、その自転車屋さんは技術を持っていないか、単に新車を販売したいだけです。 この回答への補足 今日、色々やってみました。 と言っても試行錯誤でしたが。 まず、後輪ですが、自動車用のタイミングベルトの鳴き防止スプレーをシュッとやってみました。 おぉ、一発で鳴かなくなりました。 ついでにブレーキも全くきかなくなりました・・・。 シュー交換は部品の入手が困難そうだし、手間も掛かりそうなので、あきらめて前輪へ。 前輪にも、とりあえず鳴き防止スプレーをシュッ。 こちらは全く効果が無く、鳴き止みません。 次にゴムパッドを新品に交換。 全く鳴き止みません。 リムとゴムパッドをウェスでごしごし拭きました。 全く鳴き止みません。 んで、ゴムパッドを無理やりモンキースパナではさんで曲げて、前が開く様(逆八の字)にしたら、全く効果なし。 んで、今度は後ろが開く様(八の字)にしたら・・・。 みごとピタッと鳴かなくなりました。 これで、なんとか買わずにすみそうです。 もし、後ろのブレーキの直し方がわかりましたら、教えて下さい。 トーインといってハの字で音消えます。 自転車屋さんは自転車売りたかっただけでしょう。 後ろのブレーキは、バンドブレーキの場合、あきらめるしかないと思います。 (各自転車メーカーもお手上げのようです)保証書には走行上問題の無い音にはクレーム効きません。 (うるさくて問題ありですが。 ) 後ろのホイール(タイヤ)を外して、 ブレーキも外して、ブレーキの内側のゴムを紙やすりで少しごしごしと。 気休めには。 あとは、ブレーキの交換サーボブレーキというのがあります。 これもどうか、バンドブレーキより良いと思いますが。 付くかどうか?ですがブリヂストンのダイネックスブレーキ。 名前あってるか? ローラーブレーキはハブ(タイヤの中心の部分)がローラーブレーキ用で無いとつきません、ハブの交換に(ここまでするなら本当に新しいものの方が。 ) ローラーブレーキが音鳴りの場合は、専用のグリスがありますからいれるといいかも、他のグリスはダメですし、あくまでもローラーブレーキだけです。 自転車を色々整備するのは楽しいものです、がんばってください。 くれぐれも、物がブレーキだけに事故の無いように。 気をつけてください。 お疲れ様でした。 後輪の効き具合は如何ですか? 鳴き防止スプレーで効かないのであれば、直ちに洗剤で洗い流してください。 後輪はドラムブレーキ(バンドブレーキ)でしょうか? そうであれば、一時しのぎの方法はあります。 止めるバンド部と回転する部分の隙間に、練り歯磨きを米粒くらいかませて下さい。 その後、走っては止めを繰り返して研磨して下さい。 最初は効きが悪くなりますので十分注意して下さい。 ずっと効きが悪い場合、水を充てて洗い落として下さい。 残留物で滑面状態だったのが多少落とせて、若干回復します。 自転車屋さんでローラーブレーキなどに交換すると4~5千円かかります。 私は、後輪がもともとローラーブレーキの自転車を購入しました。 物凄く効くわけでは有りませんが、従来のバンドブレーキに比べ効きが良く、音がしません。 私も皆さんの意見と同じですがリムが傷つくくらい乗っているのであればこれから別の部品も壊れてくるであろうと言う意味も含めているのであると思います。 もしリム交換をしてブレーキゴムを替えても数千円でしょう。 しかし後ろブレーキが鳴り始めたら修理は可能ですが自転車屋からしてみると自転車自体の寿命と見るようです。 それらを含めてこれから修理が必要であろう金額を考えたら買い換えた方がよいといったんだと思います。 使われる方の「まだ使える」と自転車屋の「まだ使える」はかなりのズレがありますからね。 きっとどこに修理に行っても商売もありますがついでに壊れそうな部品をあらかじめ交換しておきましょうと進められると思いますよ。 応急処置としてはサビ取りなどでリムを磨くと音がおさまる事もあります。 A ベストアンサー 一般的な自転車についているブレーキは、バンドブレーキというタイプで、鉄のドラムをゴムバンドみたいなので締め付けて止めるんですけど、そのゴムがだんだん劣化してきて、滑る部分と滑らない部分ができてきます。 そうすると、効く、効かない、効く、効かないの繰り返しで、その振動が、キーッという嫌な音を生みます。 たぶんなってるはずです。 ブレーキだけ変えるのは、できます。 もちろん新しいバンド部ーレ気をつけることもできますが、やはり音鳴りしない、しにくい、サーボブレーキに変えるのをお勧めします。 自分で交換できないことはないですが、ドラムの径が微妙に違うため、取り換える必要が出てきます。 取り換えるのに専門工具がいるので、自転車屋さんに頼むのがいいです。 ちゃんとした自転車屋さんで。 ホームセンターでは サーボブレーキ?なにそれ?? でしたよw ブレーキ部分に歯磨き粉を塗れば一時的に回復し、音もなりませんが、すぐに再発するので、ブレーキユニットの交換をお勧めします。 A ベストアンサー ブレーキシューを使ってタイヤを挟んで減速する構造のもの。 リム(ホイール)を挟んで止めるタイプのものですと、 まずは、上から見た状態で左右のブレーキシューがハの字にリムに当たるようにする。 気持ちハの字にしただけでも収まる場合があります。 ブレーキシューの付いている枠をペンチとかで曲げるか、ブレーキシューを固定してあるボルトで調整てみてください。 次に、リムの掃除をしてみてください、耐水研磨紙#200くらいのもので、水をつけながら、こすってみる。 ブレーキシューを掃除する、ヤスリで軽くこする、表面の汚れを取るような感じで。 最後に、ブレーキシューを交換してみる、 自信がないなら自転車屋さんに持っていく、有料。 それでもだめなら自転車屋さんに持っていく。 後輪のブレーキから音が出る場合 サーボブレーキはまず音がしません、ローラーブレーキはグリスがなくなると音が出る場合があるので、自転車屋さんで専用グリスを入れてもらってください、サーブで音がしたらすぐに自転車屋さんへ。 バンドブレーキは 研磨材(コンパウンド、サビ取り剤等)と、やや太めの針金かそれに似たもの(長串とか)を用意します。 研磨材を針金の先にご飯粒の半分くらい付けてブレーキの内側の金属部分に付けます。 (ペダル側から見ると内部が見えます) そしてタイヤを回しブレーキをかけるを繰り返す。 最初はブレーキの利きが悪いです、、何度か繰り返すと大丈夫です。 何回やっても効きが悪い時は研磨材の付けすぎ、しばらくは注意して乗ってください。 バンドブレーキは新品なら音は出ないのですが、使い込んでいくとどうしても音が出ます、なので、上記の方法などで音を止めてもいずれまた出ます。 ブレーキシューを使ってタイヤを挟んで減速する構造のもの。 リム(ホイール)を挟んで止めるタイプのものですと、 まずは、上から見た状態で左右のブレーキシューがハの字にリムに当たるようにする。 気持ちハの字にしただけでも収まる場合があります。 ブレーキシューの付いている枠をペンチとかで曲げるか、ブレーキシューを固定してあるボルトで調整てみてください。 次に、リムの掃除をしてみてください、耐水研磨紙#200くらいのもので、水をつけながら、こすってみる。 ブレーキシューを掃除する、ヤ... A ベストアンサー 既出のように自転車用のチェーンにシール付きのものはありませんので、チェーンを傷める心配はありません。 何もしないでチェーンをキシキシ言わせて走るよりは556でも注した方がまだマシでしょう。 でも556は揮発成分が多いのか、すぐに無くなってしまいます。 ですから市販のチェーンオイルを注した方が良いです。 556は洗い油の代わりになりますのでたっぷり注しておいてウェスで拭けば汚れを落とすのに使えます。 チェーンオイルの注し方は、リンクのピンやブッシュの部分(内側です)にたっぷりと注ししばらく置いたり、空回りさせてからウェスで拭き取ります。 この作業で余分な油を汚れと一緒に落とすわけです。 リンクの中に残っている油が役に立つのであって、プレートの外側に付いているのは埃を吸着するだけでろくなことはありません。 このやりかたでも乗り続けていると油汚れや埃が溜まってきますので、その時はディグリーザーや556をつけて歯ブラシ・ウェスなどで清掃をします。 なおクレの「チェーンルブ」はオートバイ・動力機用のグリスなのでしょう、しばらく乗ると埃の団子になってしまいますから自転車には不向きと私は思います。 自転車チェーンの場合「グリス」は不向きで、自転車屋で「チェーンオイル」として売っているものが適当だと思います。 (粘度は各種ありますので、好みのものを見つけるといいです) 今使っているチェーンは油を注さずに1500km踏み倒しているとのことで、設定より早めに摩耗してしまっている可能性はありますね。 特に、同じ歯ばかり使っているとその歯だけ摩耗してしまいます。 チェーンも摩耗してピッチが伸びてしまい、減っていない歯でかえって歯飛びや異音がするようになります。 既出のように自転車用のチェーンにシール付きのものはありませんので、チェーンを傷める心配はありません。 何もしないでチェーンをキシキシ言わせて走るよりは556でも注した方がまだマシでしょう。 でも556は揮発成分が多いのか、すぐに無くなってしまいます。 ですから市販のチェーンオイルを注した方が良いです。 556は洗い油の代わりになりますのでたっぷり注しておいてウェスで拭けば汚れを落とすのに使えます。 チェーンオイルの注し方は、リンクのピンやブッシュの部分(内側です)にたっぷりと注ししば... ただ、トーインの方が一般的? で、どうしても直らない場合だけトーアウトにします。 bufsiz. html 【トーイン】 自転車にまたがってブレーキを見たときに、「ハ」の字になっているように調整することです。 ブレーキシューの後ろ側に名刺なり何なりを挟んだ状態でネジを締めます。 【トーアウト】 「逆ハ」の字に調整します。 前側に挟んで調整します。 因みにブレーキシューの角度は1mm単位で少しずつつけていきます。 極端に角度をつけすぎると、ブレーキタッチまで悪くなるので、注意してください。 A ベストアンサー どういった自転車のブレーキでしょう ママチャリの場合 ホームセンターや量販店の安い 1万ちょいの自転車の場合 バンドブレーキは、いじれば弄るほど 鳴きが止まらなくなります。 なので 自転車屋さんは、触りたくない・関わりたくなく 修理を断るんです。 部品が粗悪な作りで 鳴きが仕方ない様です。 購入した店に相談するしかないですが 調整できるような店か??? 最悪は、捨てるしかない 以後ちゃんとした自転車店で ちゃんとしたメーカー車を購入することですかねー スポーツ車の場合 シューの固定を ハの字に設定します 回転方向前方が先に当たるように 後方を1mm程度隙間を明かせるように取り付けることで ビビり音(ジャダー)を発生させない様にできます。 リムに対して水平に当たると ビビり音が出るんです。 A ベストアンサー 素人が、構造をよく知らずに、 オイルを塗ったり、潤滑スプレーを塗布したりする事は、 逆効果になることもありますので、 こと、ブレーキに関しては自転車屋に任せた方がいいです。 ブレーキのものすごい鳴りは、 回りもそうですが、自分もかなり赤面ものですよね?笑 大体、安価な軽快車 ママチャリなど)に、 使われているバンドブレーキが、 磨耗により、お話のような音が響きやすいです。 バンドが磨り減ってくるので、 古くなるとどうしても音が出ますし、 また、砂などの異物が入っても音が出ます。 自転車屋に行って、 ブレーキそのものを交換してもらってください。 自転車屋に相談すれば、教えてもらえると思いますが、 ローラーブレーキ、もしくは、 サーボブレーキなどが、音鳴りがありません。 やっぱ、恐竜を退治するためには、 後輪ブレーキを交換しかないです。 ブレーキのきかない原因は円盤と円環の間に油が侵入し、両者の間の摩擦が小さくなったのが原因と思われます。 よって、円盤と円環の間にできた油の層を除去すれば、もとの性能が復活するはずです。 その層をどうやって除去するかは、これまでに回答されているクリーナーを使うのがベストだと思います。 クリーナーを買ってくるのがめんどうな場合は、食器用洗剤を水でうすめたものを利用するといいかも知れません。 食器用洗剤はかなり油を落とします。 あくまでも自己責任でお願いします。

次の