ポケモン ブリムオン。 【ポケモン剣盾】ブリムオンの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】ブリムオンの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン ブリムオン

今回の解説はブリムオンです。 基本データ No. 858 分類 せいじゃく 英語名 Hatterene タイプ パー フェアリー H57 A90 B95 C136 D103 S29 高さ 2. 1m 重さ 5. シールド 別名は森の魔女。 騒ぎたてると触手のツメで引き裂かれるかもしれないぞ。 帽子の先から垂れた触手が箒のようになっている。 実は顔から下に小さな手足を持つ体がある。 さながら塔に小さなが囚われたかのようだ。 概要 テブリムの進化形で、ミブリムの最終進化形。 普段は帽子から生えた触手でバトル時に相手に対しての攻撃手段や喜怒哀楽を表現する際に腕として機能している。 手足は内部に隠れているのが常であるが、やられモーションの時のみ、本体の上半身の部分やスカート内に薄っすら見える足を一瞬ではあるが垣間見る事が出来る。 性質は分類通り静寂を好む。 頭痛を引き起こすサイコパワーを放ったり、箒型の触手で敵を引き裂くなどして己の身を守っている。 高さに対してあまりに軽すぎる体重設定はではよくあることだが、ブリムオンは高さ2. 1mに対して体重が5. 1kgというなかなか異次元の軽さである。 頭部の本体以外には実体が無いのだろうか。 との類似 族とは完全な同タイプかつ「他者の感情を読み取れる」という点で似通っている。 は明るい感情を持つ人間に近寄ってきて、その感情をエネルギーにし、育ててくれたトレーナーを全力で守る。 対してブリムオン族は、穏やかな感情を持つ者にしか心を開かず、激しい感情を持つ者がいれば力業で黙らせ、強力なサイコパワーで他者を遠ざける。 ワイルドエリアでも野生で登場するが、やはこちらを見ると近寄ってくるのに対し、ブリムオンはこちらに気づくとテレポートで距離を取ろうとする。 モチーフ に登場する魔法使いマーリン 塔に死ぬまで幽閉される運命にある。 ブリムオンのキョックスの姿も正しく塔に囚われたかのような姿になる。 か、に伝えられるだと思われる。 ただし、マーリンの性別は男性。 女性の登場人物という焦点に絞って考察した場合、の湖周辺に生息する事を考えればにを授けた『湖の乙女』、魔女としての側面を鑑みれば『モルガン』あたりが元ネタか。 見張り塔跡地• エンジンリバーサイド• ハシノマ原っぱ• ナックル丘陵 キョックスのすがた キョックスすると毛の部分が二股に分かれる。 通常形態では隠れていた顔から下の上半身部分が丸見えになり、恰も小さな本体が巨大なアーマーを操縦しているかの様な見た目に変化する。 キョックス技はフェアリータイプの「キョダイテン」。 相手全体を混乱させる。 妖精なのに天罰と聞くとおかしいと思われるが、妖精は神同様に自然の化身である以上に、神の零落した姿としての側面を持っている。 元々口の小さいブリムオンだが、キョックス後はそれが更に顕著になる。 加えて通常時とは異なり前に乗り出し首を突き出した姿勢になる。 更に状況によってはそれを下から見上げる形になるため、首の影が目立ってしまう。 結果のような縦に長いのっぺりとした顔と錯覚しそうになる。 だが、よく見ると元のブリムオンとそれと同じ位置にしっかり口がある。 対戦のブリムオン 能力 見た目通り特殊面に寄った能力値。 意外にも物理側もそれなりにある。 その代償として思いっきり素早さをかなぐり捨てた鈍足。 防御や特防は高いもののHPは少々心許ない。 「きけんよち」は戦闘に出てきた時、相手が『こうかは ばつぐん』や一撃必殺となる技を持っているかが分かる。 技の名前などは分からない。 は「マジックミラー」。 技『』で跳ね返すことのできる技を跳ね返せる。 自身には使えない 備考 ダブル用 おさきにどうぞ タイプ ノーマル 効果 素早さ等を無視して相手を即時行動させる 備考 ダブル用 さきおくり タイプ あく 効果 素早さ等を無視して相手の行動を最後にする 命中 100 備考 ダブル用 てだすけ タイプ ノーマル 効果 味方の技威力を1. 5倍にする 備考 ダブル用。 これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の

【ポケモン剣盾】ブリムオンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン ブリムオン

戦闘に出てきた時、相手が『こうかは ばつぐん』や一撃必殺となる技を持っているかが分かる。 技の名前などは分からない。 通常攻撃。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『ちょすい』『よびみず』の味方は特性が発動するため、この技の効果は無効。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトルで味方に使うと良い Lv. 通常攻撃。 『くさ』タイプや特性『ぼうじん』、道具『ぼうじんゴーグル』を持っているポケモンには無効。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 もう1度使用すると元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 通常攻撃。 ダブルバトル用。 ダブルバトル用。 ダブルバトル用。 5倍になり フィールドの1. 3倍の効果もさらに加わる 、また相手全体を攻撃する その時ダブルバトルではダメージは0. 75倍。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 場の状態が『ミストフィールド』で、自分が『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではなく地面にいる時、威力が1. 5倍になる。 相手全体を1〜4ターンの間『こんらん』状態にする。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。

次の

【ポケモン剣盾】ブリムオンの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモン ブリムオン

魔法使いポケモン「ブリムオン」 今日は「ブリムオン」を紹介します。 今作から追加された新ポケモン「ブリムオン」 現在環境に沢山いる「受けポケモン」に強いと注目されています。 今日はそんな魔法使いポケモンブリムオンを紹介していきたいと思います。 ブリムオンのタイプ 「エスパー」「ふぇありー」 弱点2倍:「はがね」「ゴースト」「どく」 耐性2分の1:「エスパー」 耐性4分の1:「かくとう」 耐性無効:「ドラゴン」 弱点3タイプで少なく、4倍弱点はないです。 耐性も3タイプです。 ブリムオンの種族値 種族値 HP 57 攻撃 90 防御 95 特攻 136 特防 103 素早さ 29 合計種族値 510 魔法使いっぽい見た目通り、「とくこう」「とくぼう」の数値が高い。 特に「とくこう」は145の数値を持つ、「クワガノン」「シャンデラ」「ムゲンダイナ」「サニゴーン」のトップ勢の次に高い136で、かなりの火力を誇る。 物理耐久も低い数字ではないため、「ドリュウズ」や「キリキザン」などの高い攻撃力からの弱点技もぼうぎょに努力値を振れば耐えることができる。 そして、もうひとつの特徴は、異常に低い「すばやさ」にもあります。 ブリムオンのとくせい マジックミラー 他の特性に「きけんよち」「いやしのこころ」がありますが、この「マジックミラー」が強すぎる為この特性のみ解説します。 相手が巻いてくる、「ステルスロック」「おにび」「どくどく」「でんじは」「ちからをすいとる」「ねばねばネット」「まきびし」「どくびし」「ちょうはつ」など相手に対して行う補助技を跳ね返す効果がある。 wikiによると、、、、、、、、、、、、、、、 、、、、、、、は跳ね返すことができない。 多いように見えるが、逆を言えばこれ以外の補助技は全て跳ね返すというのは本当に強い。 特に耐久型のポケモンは、「どくどく」などを大切なダメージソースとしてもっているなど、補助技でバトルを組み立てることも多い為、型によってはブリムオンに何もできない場合もある。 また後述するが、ブリムオンはこのとくせいのおかげで、 「トリックルーム」「めいそう」など「ブリムオン」側の補助技が妨害されず非常に打ちやすく、受けポケモンを起点にドンドン積んでいける。 低い「すばやさ」と、この「マジックミラー」のおかげで、ブリムオンは自らトリルを張り殴っていける鈍足エースとして唯一無二の性能を持っています。 すばやさ個体値も0が望ましいです。 トリックルームを採用しない型の場合は、下降補正をかける必要ないと思うので、「ひかえめ」や「おだやか」で構いません。 ブリムオンの持ち物 「きあいのタスキ」 「すばやさ」が低く必ず先に行動されると思うべきなので、行動保証があるアイテムのほうが安心して使うことが出来るでしょう。 「リリバのみ」 「はがね」タイプのばつぐん技を軽減する効果があり、「きあいのタスキ」を持たせたい仲間がいるならこちらでも可。 環境に多いゴーストタイプの対策にはならないので少し微妙か。 等倍以上の相手にガンガン打っていく。 マジカルシャイン フェアリー技打点 タイプ一致威力80 命中100 こちらもメインウエポン。 「エスパー」「フェアリー」で「はがね」タイプ以外は全て等倍以上がとれる。 マジカルフレイム ほのお技打点。 「エスパー」「フェアリー」が通らないはがねタイプに。 とくこうダウンの効果はとても優秀だがアーマーガアに打つと、とくせい「ミラーアーマー」で自分のとくこうがさげられてめんどくさい。 そもそもはがねタイプを対面から相手しないほうが良いかもしれない。 サイコショック エスパー技打点 タイプ一致威力80 命中100 とくしゅ技だが、相手のとくぼうではなく、ぼうぎょ力に依存したダメージを与える。 「めいそう」の積み合いに強い。 こうげき技がこの技のみだった場合、物理受けに受けられてしまうという、不思議な事態が起きる。 ギガドレイン 草技打点。 威力75 命中100 与えたダメージの半分回復する。 「ヌオー」や「トリトドン」などの草技4倍のポケモンへの打点。 体力半分回復も美味しいが、技スペースがない。 補助技 トリックルーム 5ターンの間、すばやさの遅いポケモンから行動する空間を作る。 使ったターンが1ターン目として計算され、実際に行動できるのは4ターン。 今作はダイマックスで全ポケモンが、ダイウォールを持てる為、ターン消費をさせられやすい。 有利対面でブリムオンを消耗させずに打てれば、一回の試合中に2回展開も可能である。 めいそう とくこうととくぼうを1段階ずつあげる。 役割を受けポケモンへと絞るなら大いにあり、「トリックルーム」と「めいそう」を採用する場合は攻撃技に悩むところ。 いやしのねがい 自主退場技。 自らが、ひんしになる代わりに後から出てきたポケモンのHPを全回復する。 状態異常は回復しない。 消耗したエースを再度暴れさせる為の技。 トリルターンを無駄に消費せずに後続につなげることができる。 前作ではメガガルーラと組んだ「みかづきのまい」をもつクレセリアをよく見かけました。 ブリムオンのつよさ! ブリムオンは何と言っても受けポケモンに何もさせない「マジックミラー」がとってもつよいです。 「ミミッキュ」「ドラパルト」などのゴーストタイプや「ドリュウズ」「アーマーガア」などのはがねタイプは、他ポケモンでしっかり対策を打ちましょう。

次の