風花雪月 スカウト いつまで。 【FE風花雪月】全員スカウトのコツ/必要技能まとめ

【FE風花雪月】三つの学級 白雲の章の攻略チャートと選択肢

風花雪月 スカウト いつまで

ディミトリ [ディミトリ] ……ここは静かだな、先生。 聞いたことがある• 興味がなかった• 「聞いたことがある」を選択 [ディミトリ] へえ、意外だな。 「興味がなかった」を選択 [ディミトリ] やっぱり、そうか。 そんなことだろうと思った。 信じていない? 1つのみ [ディミトリ] 伝説は伝説だ。 本気で願いが叶うと 思っている者なんて、ほんの一握りだろう。 何か願い事でもしてみたらどうだ。 そちらこそ• 思いつかないのでどうぞ• 「そちらこそ」「思いつかないのでどうぞ」を選択 共通 [ディミトリ] ……俺の、願い事か。 良いと思う• 自分も同じことを願おう• 「良いと思う」「自分も同じことを願おう」を選択 共通 [ディミトリ] ありがとう、先生……。 俺も少しは、冗談が上手くなっただろうか。 人が悪い• 冗談に聞こえない• 「人が悪い」「冗談に聞こえない」を選択 共通 [ディミトリ] ……すまない、何が悪かったのだろう。 言い方の問題か、それとも内容か……。 実を言うと、反省しているんだ。 ……さて、そろそろ戻ろうか。 そちらこそ• なんとなく• 「そちらこそ」を選択(《共通》へ)• 「なんとなく」を選択 [ドゥドゥー] ……では、おれと同じか。 まだここにいる• 戻る気はない• 「まだここにいる」「戻る気はない」を選択 共通 [ドゥドゥー] ……そうか。 ならば、それもいいだろう。 どこの人間も、考えることは同じか。 お前は、何か誓うことはないのか。 思いつかない• フォドラの平和を• 「思いつかない」を選択 [ドゥドゥー] ……そんなものだろうな。 「フォドラの平和を」を選択 [ドゥドゥー] ……平和、か。 何をもって平和と 呼ぶのか、おれにはよくわからんがな。 おれも、お前と約束をしよう。 いい考えだ• 楽しみにしている• 「いい考えだ」「楽しみにしている」を選択 共通 [ドゥドゥー] ……ああ。 ……風邪を引く前に、中へ戻れ。 一緒に戻ろう• 戻ったら踊ろう• 「一緒に戻ろう」を選択 [ドゥドゥー] ……そうだな。 おれが相手ならば、下世話な噂も立つまい。 「戻ったら踊ろう」を選択 [ドゥドゥー] ……実は踊り方が、わからなくてな。 お前が教えてくれるのならば心強いが。 誰かと思えば、お前か。 どうしてここに?• 誰かと待ち合わせ?• 「どうしてここに?」を選択 [フェリクス] 静かな場所に来たかっただけだ。 どこもかしこも騒がしくてたまらん……。 「誰かと待ち合わせ?」を選択 [フェリクス] そんな予定はない。 ……ただ静かな場所に来たかっただけだ。 フェリクスがいるかと思って• フェリクスと同じ理由で……• 「フェリクスがいるかと思って」を選択 [フェリクス] 俺が? ……何だお前は。 おかしな奴だな。 「フェリクスと同じ理由で……」を選択 [フェリクス] ……そうか。 それも当然だな。 誓いが必ず成就する、というやつだ。 ぶ、物騒……• そういう誓い?• 「ぶ、物騒……」「そういう誓い?」を選択 共通 [フェリクス] 何だ、不満か。 それが俺のすべてだ。 つれない• 意味がわからない• 「つれない」「意味がわからない」を選択 共通 [フェリクス] 何とでも言え。 俺はそろそろ、訓練場に戻る。 ……訓練の相手がいなくなると困る。 そうだ• アッシュを捜して• 「そうだ」を選択 [アッシュ] あはは、僕と同じですね。 僕も、ちょっと疲れちゃって。 舞踏会が楽しくないことはないんですけど。 自分もだ• 場違いではない• 「自分もだ」を選択 [アッシュ] え、先生も……ですか? ……あはは、何だか安心しました。 「場違いではない」を選択 [アッシュ] そ、そうですよね。 僕も士官学校の一員なんだから……。 アッシュの願い事は?• 一緒に願い事をしよう• 「アッシュの願い事は?」を選択 [アッシュ] 僕はいいんです。 先生のお願い事にしましょうよ。 自分の願い事は……• アッシュの願いが叶うこと• 思いつかない• 「アッシュの願いが叶うこと」を選択 [アッシュ] え……ぼ、僕の願いですか? ……そ、そうですね。 アッシュらしい• 良いと思う• 「アッシュらしい」「良いと思う」を選択 共通 [アッシュ] えへへ、ちょっとだけ恥ずかしいですね。 こういうのって……。 一緒に踊る?• 雲も少なくて、星が綺麗に見える。 逢瀬……?• 「逢瀬……?」を選択 [シルヴァン] ……いや待ってくれ。 今更、何を。 どうして一人で来たのか• 女生徒を誘わなくていいのか• 「どうして一人で来たのか」を選択 [シルヴァン] え?ああ、そのですね……実を言うと、 先生を待ってる相手が誰か、気になって。 ……いや、正直安心しましたよ。 「女生徒を誘わなくていいのか」を選択 [シルヴァン] そうですねえ。 誘ってもいいんですけど、 本命の相手が、目の前にいるし。 ……自分を?• 「……自分を?」を選択 [シルヴァン] ええ。 他に誰がいるって言うんです。 そういうのはまだ早い• 信用ならない• 「そういうのはまだ早い」「信用ならない」を選択 共通 [シルヴァン] あっはは、まあそうですよねえ。 それはさておき。 まだここにいる• 「戻る」を選択 [シルヴァン] なら、大広間に戻った後には 踊りの相手を願えませんか、お嬢さん。 「まだここにいる」を選択 [シルヴァン] 止めないが……今日は冷えるぜ? 風邪引かないようにしてくださいよ。 そんな目で見ないでくださいよ……。 こんなところにいたのね〜。 やっぱり人気者は大変ねえ、先生。 疲れた• 「疲れた」を選択 [メルセデス] そうよねえ。 それじゃ、 しばらくここでのんびりしていましょうか。 初めて聞いた• 聞いたことはあったが……• 「初めて聞いた」を選択 [メルセデス] あらあら、駄目よ、先生。 生徒の話題にも敏感でいなくっちゃ。 「聞いたことはあったが……」を選択 [メルセデス] あら、やっぱりこれだけ有名な話だと、 先生でも聞いたことがあるものなのね〜。 思わない• 「思う」を選択 [メルセデス] ふふっ、そうよね〜。 「思わない」を選択 [メルセデス] あら、そうなの? 変わってるのねえ、先生は。 予定はない• メルセデスが来るのを待っていた• 「予定はない」を選択 [メルセデス] そう、良かった〜。 私、お邪魔しちゃったら悪いと思って。 「メルセデスが来るのを待っていた」を選択 [メルセデス] あらあら、約束もしていないのに? もう、先生ったら口が上手いんだから〜。 そう言えば私、 先生を捜しに来たんだったわ。 逃げてきた• 疲れた• 「逃げてきた」「疲れた」を選択 [アネット] あれっ、そうだったんですか? ……そっかあ。 ここで• 歌詞は変だって言われるんですけど……。 お腹が空いてきた• その替え歌は……• 「お腹が空いてきた」「その替え歌は……」を選択 [アネット] あ、この間、修道士の人に教えてもらった 煮込み料理の作り方なんですけど。 ……あの。 先生が一人で、良かったです。 知らなかった• 興味がなかった• 「知らなかった」「興味がなかった」を選択 [アネット] あはは……先生のことだし、 そんなことだろうと思ってました。 あたしたちも約束しましょうよ。 どんな約束?• 構わない• 「どんな約束?」「構わない」を選択 [アネット] ふっふっふ。 実は、願い事はもう決めてあるんです。 嬉しい• 恥ずかしい• 「恥ずかしい」を選択 [アネット] ……た、確かに。 今考えてみたら、ちょっと 恥ずかしいお願いだったかも……えへへ。 イングリットを追って• 特に理由はない• 「特に理由はない」を選択 [イングリット] ほ……本当にただの偶然なら、 それはそれで、いいのですが。 誰かを待っていた?• 「誰かを待っていた?」を選択 [イングリット] いえ……生憎、逢瀬の相手はいません。 ただの、腹ごなしの散歩です。 ……二人きり、ですね。 恋人同士に見られるかも• 二人きりか……• 「二人きりか……」を選択 [イングリット] ……! そ、そう言われると、 急に恥ずかしくなってきた気が……。 嫌じゃない• ならば一緒に戻ろう• 「嫌じゃない」を選択 [イングリット] そ、そうですか。 ……良かった。 今日は、星空が綺麗に見えますから。 ……で、では、戻るとしましょうか。 ディミトリ選択時の会話とされているものの前半部は、他の生徒を選択した場合でも発生する会話のようですが、当該箇所は章別会話のページに移すべきでしょうか。 -- 2019-09-15 日 13:42:31• 他の生徒でも発生する部分はストーリー上必ず見る、という意味なのでやはり章別会話が望ましいと思います。 女神の塔の個別会話はその時支援値が高いキャラもしくは門番に話しかけていればそのキャラが選択されるのでその部分だけこちらに纏めた方が良いかと。 -- 2019-09-15 日 14:03:47• ディミトリの前半部「幼き思い出・青獅子の学級」 エクストラのイベント鑑賞で見られる題 は勝手ながら章別会話の項に移動させていただきました。 一応、確認してもらえると助かります。 -- 2019-09-27 金 00:48:00• 黒鷲 -- 2020-01-30 木 22:58:45.

次の

【FE風花雪月】全員スカウトのコツ/必要技能まとめ

風花雪月 スカウト いつまで

最初に違和感を抱いたのは、5年間の眠りから目覚めて教え子達と再会した時だっただろうか。 10代から20代へと。 不穏な空気を持ちながらも学校という平和な箱庭世界から争いの世界へと飲まれ、または自ら身を投じ、時を重ねた彼らは学生時代の幼なさを無くし、成長した大人の姿へと変えて現れた。 成長を、生きていたことを喜び、そしてまた激闘の中へと身を投じていくうちにその違和感を抱くことも徐々に少なくなくなり。 戦いに勝利した後もこの国の王として統治し世界の夜明けを迎え…一通りの情勢も落ち着いた頃。 再びあの時の違和感が、放置してきた月日の分大きな波となって襲ってきた。 年月を重ねても変わらない己の姿。 ここ最近では鏡を見る度に置いて逝かれるという漠然とした、けれども強大な恐怖に襲われ続ける日々で。 ベレスはとうとういても立ってもいられず、少なくない仕事を放り出してガルク=マクの外れにある封じられた森へと来ていた。 己が神祖ソティスと一体化し、力を受け継いだ場所。 己の中に消えた彼女がここにいればふいに現れるようなそんな祈りにも似た希望に駆られていたが、そこはただただ静かな自然が広がるだけだった。 ずりずりと木の幹に寄りかかり、そして膝を抱えてどれだけの時間が経ったのだろうか。 パキリ、と小枝を踏みつける音がして慣れ親しんだ気配が傍に立った。 「探しましたよ」 視線を合わせるためかその人はベレスの前に膝をつくと、あやす様に頭をそっと撫でる。 事実、あやしているつもりなのだろう。 殊更優しく緑の髪を撫でるその手つきは確かに子どもをあやす様でもあった。 貴女のシルヴァンですよ。 どうしたんです?またクロードに無理難題なお願いでもされました?あいつパルミラから来る度に難問ふっかけては帰っていきますからねー。 女官が叫んでましたよ、陛下ががまた消えたーって。 ま、俺はその分あんたを独り占めできるんでいいんですが」 そう言ってシルヴァンはベレスの隣に座ると何をする訳でもなく手を繋いで空を見上げる。 きゅ、と遠慮がちにベレスが握り返すのだけは改めて握り返して返事をしたが。 俺たち元生徒と会ったあとが多いので目につくのかもしれません」 「そうか。 そうかもしれない」 「特にクロードと会ったあとは必ずなんで妬いちゃいますよ」 「そうなのか」 「そうなんです。 折角あいつがパルミラに帰ってあんた独り占めできたってのにあいつはいつまで経っても俺の中で大きな障害ですよ、全く」 核心に触れない会話でも気にせず返すシルヴァンにベレスの強ばっていた身体から力が抜けていく。 ふぅ、と息をつくとベレスはふんわりと微笑んでみせた。 「それはすまなかった。 シルヴァンはいつもそばに居てくれるからなかなか気づかなかったけど、みんな変わっていくなと思ってたんだ。 特にクロードは遠いから。 今日も久々に会ったけど更に精悍さが増していたよ」 ここで、シルヴァンが少しでも気にする素振りをみせず、またまたぁ、と流せばそれで終わりだったし、ベレスも終わりにしようと思っていた。 が、その言葉にシルヴァンの手がピクリと震える。 繋いでいても注意しなければ気付かないほど小さなその震えに、ベレスはあぁ、と腑に落ちた。 それはそうだろう。 シルヴァンは級長であったクロードを差し置き学生の頃から己の1番近くにいて、1番己を見て来たのだから。 「気付いていたんだな。 いや、寧ろ私が疎かったのか」 「あんたは自分のことには殊更疎いからもう少しいけると思ったんだが」 はぁ、と諦めたようなため息をつくシルヴァンは改めて見れば昔よりも顔つきが大人の男らしくなり、戦時中上げていた前髪を下ろしても幼くは見えない年齢にまできている。 こうした端的な会話でもお互い全てを察するくらいには長く付き合ってきた。 それなのに、今の今まで気付かなかったのだ。 気付きたくなかったのかもしれない。 シルヴァンが恐れ隠し、敢えてこちらが気付くまで触れないでいた事。 「私は、老いないのだな」 ポロリと零した言葉にまたシルヴァンは震える。 シルヴァンの表情を見ず、俯いたままベレスは言葉を紡いだ。 「ここも、木々ばかりだから変わっていないだろうと思ったけれど、新しい命が芽吹き、育まれ、私の記憶していた森とは変わっていたよ。 私は、ひとりになるのだろうか」 見上げた琥珀色の瞳に映る自分が頼りなく揺れているのが分かる。 シルヴァンの表情も同じように揺れていて、それを自分の瞳を通してシルヴァンが見ているのもわかる。 それでもシルヴァンはその表情を隠すかのように1度瞬きをすると繋いだままの手と反対の手を伸ばし昔より幾ばくか長く伸びた髪をひと房掬い、シルヴァンはそれに口付けた。 祈るように。 懺悔するように。 「あんたが望むのならば俺はあんたの眷属にでも何にでもなってずっとそばに居る。 人として一生を終えてくれというなら俺は死ぬまであんたの傍にいるし、死んでも傍にいる。 どちらにせよ、永遠にこの体も心もあんたのものだ。 ベレス、あんたが嫌がってもな」 「シルヴァン」 「いつまでも貴女の傍に、ってね」 にっ、と笑いながらウインクしていつの間にかキツく握られていた手を今度は柔らかく握りなおす。 そして先程までのおどけた様子を一変させて真面目な顔になるとシルヴァンはそのまま跪いた。 洗礼を受ける騎士のように頭を垂れると、握った手のひらをそっと己の額にあてがう。 「ここに誓う。 俺は生まれ変わってもあんたを、ベレスを見つけてまた結婚を申し込む。 昔はそろそろ忘れてくれませんかねー」 「すまない、ちょっと意地悪してみただけだ。 愛してるよ、シルヴァン」 昔よりも。 そしてこれからも。 「俺も愛してますよ。 あんたがただの教師だった頃から恋焦がれてる。 こうやって結ばれた後も」 俺がいつか死んでしまっても。 お互いの言葉は柔らかく触れる唇に飲み込まれた。 遥か昔、大聖堂と呼ばれた場所は遺跡としてある程度の形を残してはいるものの、記憶にある荘厳さは無くなっていた。 所々朽ち、風化し、今の倍の年月を重ねれば全て砂となるだろう。 さらりと外壁だったものに触れればポロポロと崩れていく。 「シルヴァン」 彼の死後、こう呟けばどんな時でも柔らかい気持ちに包まれた。 今でもそう呟けば暖かな感情が胸に広がる。 その気持ちが消えてしまわないよう大切に抱きしめながらベレスは歩を進め、1本の大樹の元へとたどり着いた。 彼の死後芽を出したその木は今では1番立派なもので、ベレスがちょうど腰掛けれる位置が少し窪み、天然の椅子のようになっていた。 そこにそっと座り、もたれ掛かるとゆっくりと目を閉じる。 脳裏に広がるのはここで過ごした日々。 結局、シルヴァンは生まれ変わって現れることはなかった。 それに恨みはない。 この木こそがシルヴァンのような気がしてベレスは度々この木のそばで過ごしたし、そう神祖である己が定めてしまったせいで現れられなかったのかもしれない。 恨みはなくても、語り合えない寂しさはある。 それでも、彼の重荷であった紋章、そしてフォドラの過度な女神崇拝が消えるまでベレスはその命を繋いだ。 今ではベレスの名はどこにも残っていない。 「そろそろ眠ってもいいだろう?」 誰に問うでもなくそう言って木の幹を撫でる。 「眠るならシルヴァン、君の中で眠りたい」 その声に答えるように木の枝が伸び、ベレスの体を包んでいく。 とうとう全て包まれ、ゆっくり瞳を閉じる。 今まで耐えてきた何かが、崩れた。 「無理だシルヴァン。 ベレスは俯いたまま暗く笑う。 『あぁシルヴァン。 また会えるね。 次は、共に生きよう』 そうして歯車はまた回り出す。 …to be continued…?

次の

【FE風花雪月】外伝の出現条件・時期・報酬一覧まとめ!【ファイアーエムブレム風花雪月】│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

風花雪月 スカウト いつまで

最新情報• お役立ち情報 初心者向け• 豆知識・小ネタ• その他• システム情報 育成関連• バトル関連• キャラクター• 黒鷲の学級• 青獅子の学級• 金鹿の学級• 灰狼の学級• その他• 初期兵種• 初級職• 中級職• 上級職• 最上級職• ストーリー攻略チャート• 第1部 白雲の章• 第2部 紅花の章• 第2部 銀雪の章• 第2部 蒼月の章• 第2部 翠風の章• 各キャラのスカウト条件やスカウトできないキャラも掲載しているので、他学級の生徒をスカウトする際にお役立てください! 目次• スカウトの概要 他学級のキャラを自学級へ スカウトは自由行動中に行うことができる要素となり、他の学級のキャラを自学級へ招き入れることができます。 他の学級に気になるキャラがいる場合はスカウトを利用しましょう。 学級ごとの生徒一覧 各学級の級長など、一部キャラはスカウトすることができなくなっています。 必要な要素はキャラによって異なり、基本的にキャラごとの得意分野の技能レベルが必要となるので、あらかじめ主人公の能力を伸ばしておきましょう。 スカウトしたキャラは2部以降も仲間に! 第2部は最初に選んだ学級のキャラと共に戦うこととなりますが、第1部の時に他学級からスカウトしたキャラも使用することができます。 生徒以外もスカウト可能 ストーリーを進めることで生徒以外のキャラもスカウトすることができます。 生徒以外のキャラの多くはステータスや技能ではなく、キャラレベルを要求してくるので、生徒のスカウトよりかは敷居が低いです。 その他スカウト可能キャラ一覧 その他スカウト可能キャラ一覧 複数のキャラをスカウトできる スカウトできるキャラに制限は特に無く、複数のキャラをスカウトすることができます。 第2部になっても仲間キャラとして使っていけるため、多くスカウトすればするほど攻略が有利になります。 そのため、自由行動時に散策を選択し、修道院内にいるキャラの元へ向かいましょう。 逆に条件を満たしていなければどのような技能・ステータスが上がれば良いのかが表示されるので、それらの能力を伸ばしてから再スカウトを狙いましょう。 支援レベルを上げておくとスカウトしやすい スカウトしたいキャラと一緒にご飯や贈り物を渡して支援レベルを上げておくと、スカウトする時の必要ステータスや技能レベルが下がります。 特に主人公が上げづらい魔力や理学などが必要なキャラをスカウトする際は、優先して支援レベルを上げておくと良いでしょう。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前•

次の