株 たん。 株探

テクノスジャパン

株 たん

プライバシーポリシー 本プライバシーポリシーは株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(以下、「当社」といいます。 )が所有するすべてのサイト、およびこれに付随・関連する全てのサービス(以下、「本サービス」といいます。 )に適用されます。 個人情報保護に関する基本方針 当社は提供する事業を運営していくうえで、個人情報の重要性を深く認識するとともに、その保護の徹底を図ることを最大の責務と考えております。 この考え方に基づき、本プライバシーポリシーを制定し、これに従うことで個人情報を適切に取扱います。 具体的には、お客様に安心して本サービスをご利用いただけるよう、個人情報の取扱いに関する法令、国が定める指針その他の規範ならびに個人情報保護マネジメントシステムの要求事項(JIS Q 15001:2006)を役員および全従業員が遵守するとともに、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏えい、滅失、毀損破壊等のリスクに対する社内規程を整備するなど、合理的な安全対策、予防策および是正策を講じます。 また、これらを役員および全従業員に周知徹底のうえ、必要に応じて当社の個人情報保護マネジメントシステムを見直し、経営環境などに照らしつつ継続的に個人情報保護マネジメントシステムの改善を図ります。 個人情報とは 個人情報とは、本サービスをご利用にあたって入力された情報(氏名、生年月日、性別、住所、電子メールアドレス等)、本サービスの有料コンテンツご利用にあたって入力された情報(利用料金の支払い方法、利用料金の支払いに関する情報(クレジットカード番号ないし銀行口座番号)、コンテンツ提供料金の振込みに関する情報 口座番号等 、契約締結年月日等)、その他ご意見、ご要望、苦情、お問い合わせの内容およびこれらに付随して取得した情報等であって、単独あるいはこれらの情報を組み合せることによって特定の個人を識別できるものをいいます。 個人情報の取得について 当社は、適法かつ公正な手段によって個人情報を取得し、お客様の意思に反する不正な方法により取得することはいたしません。 また、第三者から個人情報を取得する場合でも、その取得する個人情報が、情報提供者により適正に取得されたものであるかを確認します。 個人情報の利用目的 当社は、取得した個人情報を以下の利用目的の範囲内で利用します。 また、目的外の利用を行わないための必要な措置を講じ、個人情報を適切に取り扱います。 本サービスを提供するため• お客様ご本人、またはご本人の代理人であることを確認するため• お客様への連絡、メールによる各種情報の無料提供を行うため• お客様の年齢、職業、性別、趣味等に合わせて本サービス上の情報、本サービスおよび広告配信をカスタマイズするため• マーケティング(調査、アンケートの実施等)、データ分析や本サービスの研究や開発に利用するため• お客様および取引相手先との取引に関する事務を行うため• お客様との契約、ならびに法令等に基づく権利の行使や義務の履行のため• インサイダー取引の禁止等不公正取引の防止のため• その他、お客様および取引相手先とのお取引を適切かつ円滑に履行するため 個人情報の第三者への提供について 当社が保有するお客様の個人情報は、お客様の同意なしに第三者に開示・提供いたしません。 ただし、以下の場合はお客さまの同意なく個人データを開示・提供することがあります。 法令に基づく場合• 人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難である場合• 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客様の同意を得ることが困難である場合• 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合• 当社と守秘義務契約を結んだ業務委託先に、当社の監督の元、当社に代わって電話・DM・電子メール・その他手段を利用して情報を委託する場合• 本サービスの有料コンテンツを利用するお客様に利用料金を請求する目的で、当社と守秘義務契約を結んだ業務委託先である決済代行会社、クレジット会社および金融機関に個人情報を預託する場合 委託先の監督について 取得した個人情報の取扱いを外部委託先に取り扱わせる場合には、その委託先につき厳正な調査を行ったうえ、秘密を保持させるために必要かつ適切な監督を行います。 クッキー(Cookie)について 当社は、現在、当社のインターネット業務およびコミュニケーションを管理し最適化するため複数のオンライン・パートナーと契約しています。 また当社は、当社の宣伝効果およびお客様がどのように本サービスを使用されているかを測定し、お客様により良いサービスを提供するためにマーケティング会社の支援サービスを利用しています。 そのため、当社は本サービス上においてマーケティング会社から提供されたWebビーコンおよびクッキー(Cookie)を使用 しています。 当社が収集する情報の種類には、IPアドレス、ドメイン名、リファラーなどの情報、閲覧されたページの情報等が含まれます。 この情報により、お客様が最も興味を持ったページやサービス、好んで閲覧されたページ等を知ることができますが、これにより個人を特定できるものではなく、お客様のプライバシーを侵害することはありません。 なお、当社ではマーケティング会社のサービスを通じて本サービスの情報を記録していますが、当該データの取扱方法等ついては当社が管理しています。 本サービスを提供するウェブサイトに表示されている広告の一部はヤフー株式会社に配信を委託しています。 ヤフー株式会社から配信される広告が表示されるページを訪問した際には、ヤフー株式会社もクッキー情報を取得しており、ヤフー株式会社が収集するクッキー情報については当社に提供・開示されることはなく、ヤフー株式会社が定めるプライバシーの考え方にしたがって管理されます。 くわしくはをご覧ください。 また、ヤフー株式会社から配信される行動ターゲティング広告についてはをご覧下さい。 本サービスでは、お客様により良いサービスを提供するために、株式会社マイクロアドにより提供されるサービス及びクッキーを使用しています。 同サービスにおけるクッキーに関する詳細な説明、取得される情報、オプトアウト(クッキーの利用の無効化)の手続等については、をご覧下さい。 本サービスでは、お客様により良いサービスを提供するために、株式会社オプトにより提供されるサービス及びクッキーを使用しております。 同サービスにおけるクッキーに関する詳細な説明、取得される情報、オプトアウト(クッキーの利用の無効化)の手続等については、をご覧下さい。 本サービスでは、お客様により良いサービスを提供するために、ソネット・メディア・ネットワークス株式会社により提供されるサービス及びクッキーを使用しております。 同サービスにおけるクッキーに関する詳細な説明、取得される情報、オプトアウト(クッキーの利用の無効化)の手続等については、をご覧下さい。 本サービスでは、お客様により良いサービスを提供するために、アクセスログの収集及び解析にGoogle Inc. により提供されるGoogleアナリティクスを使用しております。 同サービスにおけるクッキーに関する詳細な説明、取得される情報等については、をご覧下さい。 なお、オプトアウト(クッキーの利用の無効化)の手続は、Google Inc. のから行えます。 本サービスでは、お客様により良いサービスを提供するために、株式会社ジーニーにより提供されるサービス及びクッキーを使用しており ます。 同サービスにおけるクッキーに関する詳細な説明、取得される情報、オプトアウト(クッキーの利用の無効化)の手続等については、をご覧下さい。 個人情報の開示・訂正・利用停止・消去について お客様の個人情報は、本サービスにログイン後、操作することでいつでも開示・訂正・消去することが可能です。 また、それ以外の情報つきましても、お客様ご本人からお申し出があった場合に、遅滞なくその調査を行い、訂正・利用の停止・消去を必要とする事由があると判断された場合はこれに応じます。 ただし、開示することにより以下のいずれかに該当する場合は、その全部又は一部を開示しない場合があります。 お客様または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合• 当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合• 他の法令に違反することとなる場合 プライバシーポリシーの改訂について 当社では、お客様の個人情報を保護するために、また、法令その他の規範の変更に対応するために、プライバシーポリシーを改訂する場合があります。 改訂があった場合は本サービス内にて通知いたします。 平成19年03月31日 制定• 平成30年11月1日 改定 匿名加工情報の作成・第三者提供について 当社は、当社が保有するお客様による下記の当社サービスの利用状況に関する情報について、特定の個人を識別すること、および作成に用いる個人情報を復元することができないよう個人情報保護委員会規則で定める基準に従い、匿名加工情報として作成し、下記の方法で第三者に提供いたします。 なお、これらの匿名加工情報については、今後も継続的に作成・提供することを予定しています。 ・匿名加工情報に含まれる個人に関する情報の項目 閲覧したページおよびこれらのページへのアクセス時間ならびに会員資格に関する情報 ・匿名加工情報の提供の方法 サーバーにアップロードする方法、電子メールまたは電磁的記録媒体の交付• 平成31年1月8日 改定.

次の

Old Tweets: kabutan_jp (株探(かぶたん)公式)

株 たん

ポストコロナの世界では、「マスクの着用」「三密を避ける」「手洗いを頻繁にする」といったガイドライン的対応だけではなく、ビジネスの現場ではテレワーク の利用が一般化し、教育の現場ではオンライン学習が広がりをみせるようになるだろう。 特に現在、広がりをみせているのがテレワークだ。 東京都が従業員数30人以上の都内企業1万社に対して2020年3月及び4月に行ったテレワークの導入状況アンケート調査によると、導入していると回答した企業は、4月は62. 7%と3月の調査より38. 7ポイントの大幅増となった。 テレワークの普及に伴い、事務業務や打ち合わせをリモートやオンラインで行うだけではなく、企業の営業活動継続においてもオンラインを導入するケースが増えている。 コロナの感染拡大を防止する観点からも、パソコンなどの画面越しに商談する非対面の営業手法は重要度が増すとみられており、関連する企業のビジネスチャンス拡大につながろう。 0%だった。 そのなかでも、新型コロナウイルス感染症対策として導入を始めたのが48. 5%、本格的に稼働したのが28. 1%と、感染症対策をきっかけにオンライン商談が広がっていることがうかがえる。 また、オンライン商談の継続については「続けたい」とする回答は25. 2%だったが、コロナ前から導入済みの人に絞ると「続けたい」が44. 3%と上昇している。 この背景には、コロナ禍により急遽導入したケースと、コロナ禍前から導入しノウハウを積み上げてきた差があるとみられている。 また、「続けたい」とした理由として、移動コスト削減や利便性といったメリットが挙げられているという。 こうしたメリットが評価されれば、ポストコロナでもオンライン商談を導入する企業の増加が期待できよう。 同社ではオンライン商談に向けて、専用のWeb会議ツール「V-CUBE セールスプラス」を提供している。 営業担当者は専用のログイン画面からIDとパスワードを入力してログインする一方、顧客はブラウザに簡単なURLを入力するだけで、すぐに商談をスタートできるというもので、電話での音声を補足する「高画質な映像」と「画面共有」「資料共有」「ファイル転送」などの機能やテキストによる「チャット」機能を搭載。 安定した接続性により顧客にストレスを感じさせない営業活動が行えるのが特徴という。 同社では9月末まで無償提供を行っており、将来の顧客獲得につながることが期待されている。 また、ソフトクリエイトホールディングス 子会社でEC支援を手掛けるecbeingは、オンライン商談システムツール「WEBセールス・オフィス」をサブスクリプション型で提供している。 同サービスは、スマートフォンやタブレットで営業担当者同士が取引先の状況をリアルタイムに確認可能で、顧客とブラウザで同一の画面を見て一緒に商品の選択や販売をすることが可能なほか、顧客の操作を営業担当者がサポートすることで対面と変わらない営業が実現できることなどが特徴。 ECサイト運営者などに納入実績を増やしている。 Sansan [東証M]は、法人向けクラウド型名刺管理サービス「Sansan」の提供が主力だが、オンライン商談に向けてオンライン名刺サービスを6月から提供している。 同サービスは、「Sansan」ユーザー同士だけではなく、「Sansan」ユーザーと一般ユーザーとのオンライン名刺交換も可能で、テレビCM効果もあり、「Sansan」の利用拡大に貢献している。 営業活動は「フィールドセールス」と「インサイドセールス」の2つに大別できるが、客先に訪問し対面で営業を行う「フィールドセールス」に対して、「インサイドセールス」は直接対面せずに、電話やインターネットなどを使って営業活動を行うというもの。 現状や課題のヒアリングやニーズの把握、見込み客の確度の見極めなどをインサイドセールスで行い、成約確度の上がったものをフィールドセールスで対応するケースが多いが、商材によってはインサイドセールスのみで受注まで完結させる場合も増えている。 このインサイドセールスで注目されるのが、ブリッジインターナショナル [東証M]だ。 同社はインサイドセールスのアウトソーシングサービスを展開。 5月に発表した第1四半期(1-3月)単独業績では、足もとで引き続き既存顧客の取引規模が拡大しているほか、新規顧客も順調に獲得が進んだとしており、同事業は前年同期比14. 5%増と伸長。 20年12月通期営業利益は4億2400万円(前期比10. 0%増)と2ケタ増を見込んでいる。 また、インサイドセールスでは、MA(マーケティングオートメーション)や、SFA(営業支援システム)/CRM(顧客管理システム)などのツールの活用が重要となるが、シャノン [東証M]は、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」を提供し、顧客の管理から見込み顧客の育成まで、メールマーケティングを中心にセミナー/イベントの管理を支援している。 6月に発表した上期決算でもMAサブスクリプション売上高が前年同期比16. 6%増と伸長しており、業績向上に貢献している。 ユーザベース [東証M]は、企業・業界分析を行う企業向けデータサービス「SPEEDA」や、国内経済メディア「NewsPicks」を運営しているが、子会社FORCASが、セールスリサーチプラットフォーム「FORCAS Sales」をリリースした。 営業前の情報収集で顧客課題を特定するのに効果を発揮するとしており、注目したい。 株探ニュース• また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

Old Tweets: kabutan_jp (株探(かぶたん)公式)

株 たん

株価 ニュース 決算 テーマや企業情報などが満載です。 株価変動要因となる情報や株式の売買タイミングに役立つ情報、迅速な投資判断ができる仕組みを提供します。 こちらでは株探の配信するニュースを見ることができます。 関連ニュース総数:100,067件 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の