小泉 純一郎 離婚。 小泉進次郎は「父ではない」…できちゃった婚の「意外なリスク」(井戸 まさえ)

小泉純一郎

小泉 純一郎 離婚

1972年初当選組の「YKKトリオ」 1972年の初当選組である小泉純一郎・加藤紘一・山崎拓の3人は「 YKKトリオ」と呼ばれ、1990年代の政治界、特に自民党内で存在感を発揮していました。 ただ、小泉さん自身は一匹狼的な言動もあったことから、時には「 永田町の変人」と言われたこともありました。 小泉純一郎さんの主な経歴は、 厚生大臣や 郵政大臣、 外務大臣などを経て、2001年に 内閣総理大臣に就任し、2006年に退任しています。 また、内閣総理大臣としては、1980日間という長期政権になりました。 小泉政権時代には、敵勢力は悪役とし、自身は 明確なキャッチフレーズによって大衆の味方であることをマスメディアを通し伝え、圧倒的で絶大な支持を獲得しました。 小泉純一郎の父は、小泉純也! 小泉純也さんは、1930年代〜1960年代まで衆議院議員として活動され、1964年〜65年には防衛庁長官を務められました。 お子さんは、小泉純一郎さんを含めた3男2女がいます。 小泉純也さんは、小泉又次郎の娘(愛人の子で、のちに本妻に子供がいなかった小泉家に引き取られている)・ 芳江さんと婿入り結婚し、政治家となりました。 元々、小泉純也さんは、又次郎さんが所属する立憲民政党の事務員だったそうで、それが縁で芳江さんと知り合ったと言います。 そういった経緯で、小泉芳江さんは小泉純也さんさんと結婚したのです。 芳江は結婚相手に民主党の事務員である鮫島純彌(すみや)を選んだ。 小泉家の世襲を成り立たせたのは、芳江の存在だったのである。 引用: その後、池田勇人内閣で防衛庁長官として初入閣した純彌は、65歳という若さで急逝。 跡継ぎとして呼ばれたのが、イギリスに留学中の長男・純一郎だった。 又次郎の孫であることをアピールし、選挙を仕切ったのは、もちろん芳江だ。 国会議員として当選後、純一郎の秘書を務めたのも小泉家の一族だ。 「家族で一致団結して家業を守り立てる。 Wikipediaによると、イケメン好きの芳江さんが純也さんと恋に落ち、その後2人は駆け落ち同然となったので、 純也さんが跡取りとなることを条件に又次郎さんが結婚を許したそうです。 また、この小泉純也さんについては何やら怪しい噂もあります…。 朝鮮総連本部が競売にかけられた競売で、45億で競り落としたのが鹿児島にある寺の池口恵観法主という人物で、その彼の本名が「鮫島正純」でした。 小泉純也さんの結婚前の本名は「鮫島純也」であることから、2人は「どういった関係が?」という怪情報もありました。 小泉純一郎の若い頃がイケメンだと話題に 小泉純一郎さんの元嫁・宮本佳代子さん 宮本佳代子(みやもと かよこ) 誕生日:1957年生まれ 血液型:B型 出身地:神奈川県鎌倉市 出身校:青山学院大学 小泉純一郎さんは、 1977年の青山学院大学在学中に宮本佳代子さんとお見合いし、その日のうちにプロポーズし、翌年1978年に結婚しました。 宮本佳代子さんは、 エスエス製薬の社長・会長を務められた泰道照山を祖父に持つお家柄で、政治的な背景のある(政略結婚?)と思われていました。 ですが、幼い時に実の父親と死別していた宮本佳代子さんの父親代わりだった泰道照山さんはこの結婚に反対だったと言われています。 なので、この結婚により宮本さんは実家である 泰道家と関係が悪化したようですが、小泉純一郎さんを信じて結婚しました。 泰道照山の血縁者は「 結局、泰道家とは絶縁寸前までいった。 僕たちの結婚には関係ない。 白紙のままで来てほしい。 結婚期間、約4年間の間に3人の子供に恵まれながらも離婚という結果に至った背景には、一体何があったのでしょうか? 小泉純一郎と宮本佳代子さんの離婚原因 小泉純一郎さんと宮本佳代子さんの離婚原因で主に言われているのが、 小泉家の兄弟姉妹の存在でした。 離婚原因は小泉純一郎の姉(信子)が原因? 小泉家は3代続く政治一家なので、家族の結束が非常に強いそうで、結婚後も義母、義姉、義弟夫妻が同居していました。 引用: 特に、小泉純一郎さんを公私共にサポートしていた姉の信子さんの存在が強いようでした。 小泉家を事実上取り仕切ってきたのは、純一郎の姉で秘書も務めてきた信子さんです。 信子さんは純一郎が首相時代は首相公邸に同居し、純一郎の折々の政治決断に大きな影響を与えました。 また、純一郎の元妻のAさんにかなり厳しく当たり、 離婚後に進次郎たちと会うことを許さなかったのも信子さんだといわれています。 引用: 小泉信子さんは、父・小泉純也さんの代から、政治のサポート役をしていたそうで、弟の純一郎さんの代になってもその選挙活動を取り仕切り・政治的助言までもしていたと言われています。 宮本佳代子さんが後に語った話では、結婚期間中に「何もしなくて良い」と言われたものの、 「政治家の嫁」として選挙活動に注力していたそうです。 小泉純一郎、女癖の悪さも離婚に影響? 前述にあるように、小泉家のしきたりに宮本佳代子さんが馴染むことができなかったのが、離婚原因だと言われています。 しかし、一方では、若い頃はイケメンでモテモテだった小泉純一郎さんの 女性問題や、それ以外の要因もあったのではないかと言われています。 なんでも小泉純一郎さんは、かつての政治家仲間からは、「 女の話しかしない」などと評されているほどでした。 それは婚姻期間中の話ではありませんが、女性関係ではかなりの悪評が流れていたのです。 3人目を妊娠中に離婚! 小泉家には、ご存じの通り上の息子2人が残りましたが、離婚時に妊娠中だった三男は、調停の末、宮本さん側に引き取られることになりました。 これまでたくさんの依頼があっても何も話さなかった宮本佳代子さんでしたが、2016年に初めて小泉純一郎さんとの離婚時のことをインタビューで明かしました。 しかも、ふたりの息子とは生き別れた状態でしたから、胸の中にはさまざまな思いが渦巻いて…。 今振り返っても、離婚直後はいちばんつらく悲しい時期で、一生分くらいの涙を流した気がします》 引用: 離婚後、宮本佳代子さんは、無事に 三男(佳長さん)を出産しています。 その半年後には、三井不動産グループ・三井不動産リアルティに入社し、宅建を取得し、女手一つで見事子供を育てあげました。 日本賃貸住宅管理協会のレディース委員会で講演をした宮本さんは、不動産業界を選択した理由についてこう明かした。 「身内を頼ることもできたが、それは嫌なので働くことにした。 その際、 女性ではめったに扱えない億単位の仕事ができる不動産を選んだ」 引用: 小泉純一郎の子供は息子3人 小泉純一郎さんと宮本佳代子さんの間には、子供が3人いらっしゃいます。 宮本佳代子さん曰く、長男が1番母親似、次男は父と母の中間、三男は1番父親似だそうです。 小泉純一郎の長男・小泉孝太郎 次男:小泉進次郎(こいずみ しんじろう) 誕生日:1981年4月14日 出身地:神奈川県横須賀市 職 業:政治家(衆議院議員) 所 属:自由民主党 小泉進次郎さんが滝川クリステルさんと結婚した際には、「自分は父親のような父親になりたい」と話されていました。 政治家小泉純一郎のまねはすべきじゃないし、したくもないと思いますけど、父親としては、 小泉純一郎のような父親になりたいなと。 愛情深く、心から自分が親から愛されているということを一点の曇りもなく思わせてくれたから、こうやって生きてこれたと思うので、そんな父親になりたいと思います。 引用: この発言からも、かなり良い環境で育ってきたことが分ります。 また、小泉進次郎さんは、幼少期に両親が離婚していたため、母親代わりに育ててくれていた小泉純一郎さんの姉である道子さんを本当の母親だと思って過ごしてきたそうです。 中学2年生の頃に真実を打ち明けられた際には、「ウソ!」とかなりショックを受けたそうですが、「道子さんが本当の母親だと思ってる」とも話していたそうです。 小泉純一郎の三男・宮本佳長 三男:宮本佳長 誕生年:1983年 宮本佳代子さんに引き取られたのが、三男の宮本佳長さんです。 佳長さんの詳細は不明ですが、中学卒業後には、アメリカ・テネシー州の高校に留学し、帰国後は京都の私立大学に通い、中国語を学ばれたそうです。 そして、大学卒業後に母親と同じ、不動産業界のサラリーマンになったそうです。 2007年に大学卒業後、佳長さんは母親と同じく不動産の道へ。 そのときのことを母・宮本さんはこう述懐しています。 < 同じ不動産業界に進んだときは、うれしかったですね。 私の背中を見ていてくれたのかな、と。 私は「 父親が有名でも、あなたとは関係ない。 あなたの母はいちサラリーマン。 勘違いしないで生きなさい> 引用: 宮本佳長さんは、長い間、父親の小泉純一郎さんや兄弟たちとは 絶縁状態だったそうですが、 小泉純一郎さんが政界を引退する前後に再会しています。 また、2013年に結婚されていますが、結婚式には父兄弟たちが訪れたことも伝えられています。 小泉純一郎の現在 小泉純一郎さんは、現在は主に「 脱原発ゼロ」を主張されています。 現在は、「脱原発推進」 小泉氏は 「あの事故が起こるまでは原発に疑いを持っていなかった」と述べ、「日本の原子力発電は絶対安全で、低コスト、クリーンエネルギーと言われていた」と振り返った上で 「この3大大義名分は全部うそだった」と強調した。 引用: 「事故前に全国40基の原発でまかなわれていた電力は全体の約30%。 現在は太陽光や風力発電などで15%の電力がまかなわれている」と話し、 「原発の大義名分にだまされた私があほやねん。 そうと分かれば自然エネルギーでやっていこう」と呼び掛けた。 引用: 講演会はもちろんのこと、ラジオや雑誌などでも脱原発ゼロを熱く語られています。 首相時代の頃は、むしろ推進派だったそうですが、2011年の 東日本大震災をきっかけに脱原発へと方向転換したと言います。 まとめ.

次の

小泉進次郎の母親は宮本佳代子で孝太郎とは母親が違う?現在や離婚理由を調査!|RealVoice

小泉 純一郎 離婚

33年前に離婚した小泉純一郎元総理(74)の元妻が女性誌で初めて「手記」を発表した。 〈今まで小泉純一郎氏が首相に就任したり、孝太郎や進次郎が表舞台に出たりするたびにマスコミからコメントを求められ、すべてお断りしてきたのに、こうしてインタビュー取材に応じる日が来るなんて、自分でもびっくりしています〉 純一郎氏の元妻・宮本佳代子さん(60)が手記の冒頭でこう語ったのは、3月10日に発売されたシニア女性向けの雑誌「いきいき」4月号でのことだった。 特集は6ページに及び、三男の佳長氏が結婚したことや、自身が還暦を迎えたことで、沈黙を破る決心がついたことが明かされている。 手記では「息子との生き別れ」や「離婚後の生活」がつづられる中、純一郎氏との結婚も振り返っている。 エスエス製薬の創始者・泰道照山氏の孫娘である宮本さんは、青山学院大学4年の時、国会議員だった純一郎氏とお見合い。 その翌年に結婚した。 〈その後の結婚生活で、私は2回の選挙を経験し、その間に孝太郎と進次郎を出産しました。 当時、小泉氏の選挙区には強い候補者が多く、いつ落ちてもおかしくない状況でした。 私は「落選させるわけにはいかない」という一心で選挙区を回り、まだ赤ん坊だった息子をおんぶひもで背負って横須賀中央駅前に立ったこともあります〉 プロポーズの際、純一郎氏から、「政治家の世界は何も知らないでいい」と言われていた宮本さんだが、夫のために奮闘していたようだ。 それでも、結婚生活は約4年で破綻。 離婚の理由は、よかれと思っていた「選挙」活動にあったという。 「人間小泉純一郎」(講談社)の著者で、政治評論家の浅川博忠氏が明かす。 (宮本さんは)それをちゃんと理解していなかったのか、女系家族で発言力が強く、選挙を取りしきっていた小泉氏の母親や姉との折り合いが悪くなり、離婚の大きな原因になったと言われています」 小泉家を追い出された時、おなかの中には妊娠6カ月の佳長氏がいた。 孝太郎氏と進次郎氏の親権は小泉家側にあったが、家庭裁判所で調停の末、三男の親権を勝ち取った。 出産から半年、宮本さんは三井不動産のグループ会社に入社。 営業などの仕事を始めながら「宅建」を取得して、キャリアを積み重ねてきた。 昨年11月16日に開かれた、日本賃貸住宅管理協会のレディース委員会で講演をした宮本さんは、不動産業界を選択した理由についてこう明かした。 「身内を頼ることもできたが、それは嫌なので働くことにした。 その際、女性ではめったに扱えない億単位の仕事ができる不動産を選んだ」 離婚後、小泉家とは音信不通だったが、総理に就任していた当時、純一郎氏の母・芳江さんが亡くなり、01年11月2日の告別式に宮本さんは三男と参列に訪れた。 当時の様子を政治部記者が振り返る。 総理と顔を合わせることを拒否され、焼香や献花も許されなかったんです」 前出・浅川氏も「夫婦関係」についてこう語る。 「当時、自民党内や官邸で、小泉氏の元妻について話すのはタブーという雰囲気があった。 外国を訪問する時も代理のファーストレディをどうするのかという話さえ、出なかったそうです」 それでも純一郎氏が政界を引退してから、子供同士で顔を合わせるようになり、交流が始まったという。 今回、宮本さんが取材に応じた件について「いきいき」編集部に確認すると、 「反響をいただいているのですが、宮本さんへの配慮として、これ以上の週刊誌やテレビへ出ることは控えることになりました。 こちらからお答えはできません」 宮本さんのメッセージが、次世代の「小泉劇場」の幕開けとなるのか。

次の

小泉進次郎は「父ではない」…できちゃった婚の「意外なリスク」(井戸 まさえ)

小泉 純一郎 離婚

33年前に離婚した小泉純一郎元総理(74)の元妻が女性誌で初めて「手記」を発表した。 〈今まで小泉純一郎氏が首相に就任したり、孝太郎や進次郎が表舞台に出たりするたびにマスコミからコメントを求められ、すべてお断りしてきたのに、こうしてインタビュー取材に応じる日が来るなんて、自分でもびっくりしています〉 純一郎氏の元妻・宮本佳代子さん(60)が手記の冒頭でこう語ったのは、3月10日に発売されたシニア女性向けの雑誌「いきいき」4月号でのことだった。 特集は6ページに及び、三男の佳長氏が結婚したことや、自身が還暦を迎えたことで、沈黙を破る決心がついたことが明かされている。 手記では「息子との生き別れ」や「離婚後の生活」がつづられる中、純一郎氏との結婚も振り返っている。 エスエス製薬の創始者・泰道照山氏の孫娘である宮本さんは、青山学院大学4年の時、国会議員だった純一郎氏とお見合い。 その翌年に結婚した。 〈その後の結婚生活で、私は2回の選挙を経験し、その間に孝太郎と進次郎を出産しました。 当時、小泉氏の選挙区には強い候補者が多く、いつ落ちてもおかしくない状況でした。 私は「落選させるわけにはいかない」という一心で選挙区を回り、まだ赤ん坊だった息子をおんぶひもで背負って横須賀中央駅前に立ったこともあります〉 プロポーズの際、純一郎氏から、「政治家の世界は何も知らないでいい」と言われていた宮本さんだが、夫のために奮闘していたようだ。 それでも、結婚生活は約4年で破綻。 離婚の理由は、よかれと思っていた「選挙」活動にあったという。 「人間小泉純一郎」(講談社)の著者で、政治評論家の浅川博忠氏が明かす。 (宮本さんは)それをちゃんと理解していなかったのか、女系家族で発言力が強く、選挙を取りしきっていた小泉氏の母親や姉との折り合いが悪くなり、離婚の大きな原因になったと言われています」 小泉家を追い出された時、おなかの中には妊娠6カ月の佳長氏がいた。 孝太郎氏と進次郎氏の親権は小泉家側にあったが、家庭裁判所で調停の末、三男の親権を勝ち取った。 出産から半年、宮本さんは三井不動産のグループ会社に入社。 営業などの仕事を始めながら「宅建」を取得して、キャリアを積み重ねてきた。 昨年11月16日に開かれた、日本賃貸住宅管理協会のレディース委員会で講演をした宮本さんは、不動産業界を選択した理由についてこう明かした。 「身内を頼ることもできたが、それは嫌なので働くことにした。 その際、女性ではめったに扱えない億単位の仕事ができる不動産を選んだ」 離婚後、小泉家とは音信不通だったが、総理に就任していた当時、純一郎氏の母・芳江さんが亡くなり、01年11月2日の告別式に宮本さんは三男と参列に訪れた。 当時の様子を政治部記者が振り返る。 総理と顔を合わせることを拒否され、焼香や献花も許されなかったんです」 前出・浅川氏も「夫婦関係」についてこう語る。 「当時、自民党内や官邸で、小泉氏の元妻について話すのはタブーという雰囲気があった。 外国を訪問する時も代理のファーストレディをどうするのかという話さえ、出なかったそうです」 それでも純一郎氏が政界を引退してから、子供同士で顔を合わせるようになり、交流が始まったという。 今回、宮本さんが取材に応じた件について「いきいき」編集部に確認すると、 「反響をいただいているのですが、宮本さんへの配慮として、これ以上の週刊誌やテレビへ出ることは控えることになりました。 こちらからお答えはできません」 宮本さんのメッセージが、次世代の「小泉劇場」の幕開けとなるのか。

次の