マンウィズ メンバー。 MAN WITH A MISSIONの正体は元Gantz疑惑。素顔もバレバレ?

マンウィズの設定を改めて見たらただの音楽バカだった、設定も分かりやすく説明

マンウィズ メンバー

マンウィズの設定 そういえばあの狼野郎達ってどんな設定だったっけ? 過去に軽く目を通したことはあるけど改めて目を通してみることした。 なるほど、かなり凝った設定だ。 しかし、相当無理がある。 だが私は大人だ。 そもそもあの狼野郎達が普通の人間だということも知ってる。 正体がGrantzだということも。 だからそもそもありもしない設定にああだこうだ口を挟むこと自体間違ってるかもしれない。 でもあえてそこを色々つっこんでいきたい。 加えてマンウィズの設定もできる限り分かりやすく説明していく。 公式の設定は難しい単語も多いので少し分かりづらいのだ。 流れとしては分かりやすく書き換えた設定を区切りのいい所まで書いた後に、ああだこうだ意見などを書いていこうと思う。 書き換えてるので本来の設定と多少変化してしまっている可能性もあるがそこはご了承いただきたい。 でも全然誤差の範囲だと思います。 マンウィズ誕生の流れ 〈説明〉 19XX年、地球では多くの戦争が起こり、多くの被害が発生していた。 そんな時、エレクトリックレディーランドと呼ばれる地球の最果てで、天才生物学者であるジミー・ヘンドリックスの常識外れの大発明によりマンウィズという生命体が誕生した。 まだ全然設定としては普通。 ちなみにこの「ジミー・ヘンドリックス」はあの伝説のギタリスト「ジミ・ヘンドリックス」を意識しているのだろうが、ジミーと伸ばしてるあたり、同一人物ではありませんよーと主張したいのだろう。 まぁそうだろう。 彼は生物学者と二足のわらじをはいて到達できるレベルのギタリストではない。 そしてこの「エレクトリックレディーランド」は実際にジミ・ヘンドリックスがリリースしているアルバムのタイトル。 でも正しくは「エレクトリック・レディーランド」。 「・」が入る。 文字変換ではなく「ー」と「・」をたすことによって同一名を回避している感じだ。 〈説明〉 ジミーはギターを趣味にしていた。 その為、音楽の能力もプログラミングされていたマンウィズのメンバー。 彼らは超人的な肉体と頭脳をもっていた為、様々な権力者から利用された。 その罪の意識に耐えきれなくなったジミーはマンウィズを誰の手にも渡らせない為に、自分の命と引き換えにマンウィズを南極の氷河の中に氷漬けにした。 趣味にしていたのはギターだけなのにその他の音楽の能力もプログラミングされていたというのは多少納得がいかないがまあ許すとしよう。 ちなみにこの権力者は「アドルフ・ヒトラー」「ヨシフ・スターリン」といった実名で過去の権力者があげられてるんだけど、「ギレン・ザビ」という機動戦士ガンダムの登場人物まで名前があげられている。 急に架空の人物が登場。 そこはリアリティのある設定を貫いてほしかった。 自分の命と引き換えにということは、おそらくジミーもマンウィズと一緒に氷漬けになったと解釈するのが正しいと思うんだけど、開発者ならもっと最良の手段があったと思うし、氷が溶けてまた世に放たれることも予想できたんじゃないかと思う。 事実この後そうなるのだから。 音楽活動を始めるマンウィズ 〈説明〉 凍結中、オオカミの特徴でもある発達した聴覚で世界中の様々な音楽を聴いていたマンウィズ。 そこで耳にした1997年に開催されたAIR JAMというフェスでの音楽を聴き、音楽で何か世界を変えられないかと音楽活動を志すようになる。 それからも凍結状態は続いたが、2010年の地球温暖化の影響で氷がとけ復活。 バンド活動を開始した。 ここまでで設定の説明は以上となる。 凍結中も普通に生きていることもそうだが、「世界中の様々な音楽を聴いていた」というのは聴覚が発達したとかいう次元を遥かに超えている。 地球上の全ての音楽が聴こえているのだ。 うるさいとかいう次元の話ではない。 仮に自由に聴き分けられたとして、なぜ世界を変える活動が音楽だったのだろう? 世界をどう変えたかったのかは分からないが、世界中のありとあらゆる音、つまりは会話なども聞こえているのだ。 これだけの能力があれば世界を変えるもっと最良の選択肢は必ずある。 どんな機密情報の会話でさえ聞き分けれるのだ。 音楽でどうこうの前に十分世界を変えていける能力をすでに持っている。 これを利用しない意味が分からない。 そもそも何か志しをもてる状況じゃない。 凍結中なんだから。 地球温暖化で氷が溶ける算段でもあったんだろうか。 結論、彼らはただの音楽バカということで終わりにしたいと思う。 幼稚な考察やつっこみにお付き合いいただきありがとう。 ではまた、ライターのでした。

次の

マンウィズのファンの呼び方や愛称は?年齢層や男女比はどれくらい?

マンウィズ メンバー

狼の被り物で有名な日本屈指の人気バンド「MAN WITH A MISSION」。 音楽ファンの間では「マンウィズ」の略で知られ、かっこいい音楽はフェスやワンマンを満員に埋めるほど需要があります。 結成当初は「どうせコミックバンドだろ」などイロモノ扱いでしたが、今となってはフェスにいれば絶対に見なきゃいけない大物バンドにまでなりました。 マンウィズに関して、最初誰もが思うのは「中の人は誰?」ということです。 あれだけ良い曲を量産して、ライブでの演奏がうまくて、MCも面白くて、今まで素人だった人が急にやりだしたとは考えにくいです。 実はマンウィズの元々の正体は、ほとんどの音楽ファンの間でなんとなく割れてます。 MAN WITH A MISSIONの正体はグランツ説の証拠 マンウィズの登場した時期と設定 一時期、国内ではビークルなど覆面バンドが売れてた時期があります。 マンウィズが狼をかぶって登場した時期は2010年なので、ビークルの全盛期よりも後ろです。 一応、マンウィズの設定では「頭はオオカミ、体は人間という外見」。 「ジミー・ヘンドリックス博士が作り上げた究極の生命体5人で構成される日本のロックバンドです。 」 という、これまでの覆面バンドよりも世界観が深い感じです。。 笑 ちなみに グランツの活動期間は2002年から2010年なので、MAN WITH A MISSIONと入れ替わりの時期ということがわかります。 MAN WITH A MISSIONのメンバー構成と同じ バンド名の意味では「MAN WITH A MISSION」は日本語で「使命を持った男」ということです。 メンバーはDJを含めた5人です。 Tokyo Tanaka(トーキョー・タナカ):ボーカル担当兼リーダー Jean-Ken Johnny(ジャン・ケン・ジョニー):ボーカル兼ギター担当 Kamikaze Boy(カミカゼ・ボーイ):ベース担当 DJ Santa Monica(DJサンタ・モニカ):DJ担当 Spear Rib(スペア・リブ):ドラム担当 ちなみにグランツのメンバー構成は、 Tsuyoshi:ボーカル担当 Nishida:ベース担当 Hiroshi:ボーカル兼ギター担当 Nakajima:DJ担当 Yumiza:ドラム担当 と マンウィズとメンバー構成が全く一緒ということがわかりますね! 10FEETと仲良し グランツはバンド活動をしてた当時から10FEETと仲良しで、ライブで共演も果たしてました。 そして現在のマンウィズも10FETTと仲良しで共演もされてます。 メンバーのやり取りを見てる限り、同年代のようなので、その点怪しいです。 仮にマンウィズが2010年からの純粋な新人バンドだったとしたら、もっと10FEETとはへこへこしてないとおかしいですから! ということで、業界の仲良しな友達を受け継いでる意味でも、マンウィズのグランツ説は強いです。 Grantzのカバー曲をMAN WITH A MISSIONも演奏 かつてグランツは、ニルバーナの名曲をカバーしていました。 そしてマンウィズも、同じくニルバーナの楽曲をカバーしてます。 しかも、同じ 「Smells Like Teen Spirit」で、アレンジもほとんど同じ・・・笑。 全く同じ曲を同じ風にカバーしてる点でも、マンウィズとグランツは被ってます。 さらに MAN WITH A MISSIONと所属事務所eggman Co. ,Ltdとeggman社長と、グランツの当時の形とかぶってる点がモロにあります。 このような点からも、マンウィズがグランツであったことは丸わかりですね! マンウィズの素顔はグランツでバレバレ? 元グランツだった証拠がいくつも上がっているということで、気になるマンウィズメンバーの素顔もそのままと考えても良さげです。 しかし、グランツというのは、活動してたときからメディアで目立っていたわけではなく、 今になってグランツのメンバーの画像を探しても多くは出てきません。 今後、マンウィズが覆面を外すことは無さげなので、リアルタイムの素顔はわからないままになりそうです。 年齢的に GRANTZ時代よりも20歳は年を食ってると考えると、今の顔というのは想像が難しいです。 マンウィズメンバーの Twitterなどを見てると、 普通にライブ観戦してたり、そこらへんで食事してたりしてるので、ほかのアーティストからしたら相当羨ましいでしょうね・・・。 いくらおじさんになっても人気に影響が出ないのは強みです。。 笑 ただ、彼らが覆面にしたから売れたというわけではないことは確かです。 GRANTZ時代からコツコツと活動の幅を広げて人脈も付けていたのですから。 曲も良くてパフォーマンスも良い。 誰でも真似できるバンドではないのは確かです。

次の

マンウィズ人気イケメンランキング!かっこいい性格のメンバーは誰?【MAN WITH A MISSION】

マンウィズ メンバー

Contents• ファンは言わずもがな容姿を見れば誰だかわかるのですが、どの人も同じに見える~!という方も然り。 そして、5人の内2人は舌を出していたり、口が開いていたり…それぞれ顔にも見分けるポイントがあります。 まず、見分け方がわからない~という方は、ライブの場合はまず、 楽器を見て覚えてみましょう! 一番見分けられる簡単な方法としてはそれですね(^^) ライブ時の見分け方や特徴もまとめてみました! トーキョータナカ…メインボーカル担当、MC時のパフォーマンスが多い。 メンバーカラー: オレンジ ジャンケンジョニー…ギター・サブボーカル・ラップ担当、唯一喋る(他メンバーはしゃべらない)メンバーカラー: レッド カミカゼボーイ…ベース・コーラス担当、曲によっては目が光る事も!手を真っすぐ上に伸ばしガウポーズをする。 メンバーカラー: 紺 DJサンタモニカ…DJ・サンプリング担当、DJ大丈夫か!?となるくらいとにかく動く、踊っている。 メンバーカラー: 緑 スペアリブ…ドラム担当、最後に掛け声のアンコールをしてくれる。 肘を曲げてガウポーズをする事が多い。 メンバーカラー: ピンク マンウィズアミッションメンバーの特徴 ライブ以外にも、バラエティ番組にも出演するマンウィズアミッション。 ワイルド系• がっしりしている• 口の右側から舌が出ている• 腕を組んでいる事が多い• パンツの裾が7分丈が多い• 額に十字マーク(最近はY字マークだった) ~ジャンケンジョニー~• メンバー内で唯一喋る• シャクレな顔 ~カミカゼボーイ~• キョトン顔• 一番背が高い• スキニーパンツ ~DJサンタモニカ~• クール系の顔• 口の左側から舌が出ている ~スペアリブ~• 可愛い系の顔• する事なす事何でも可愛い!• いじられキャラ• 一番背が低い マンウィズアミッションファンの年齢層や男女比率はどのくらい? マンウィズアミッションのファンの年齢層や男女比率はどうでしょうか? マンウィズアミッションは2010年からの活動期間にもかかわらず、年齢層が厚いようです! 10代~40代のファンの方もいらっしゃいました! それだけ、マンウィズアミッションの曲の良さが広がっているという事でしょう! バンドは男性が好むイメージが強かったのですが、マンウィズアミッションのファンは女性ファンも多く、ライブでは狼の被り物を被って参戦している方も多数いらっしゃいました。 比率は 6:4くらいでしょうか。 ライブ会場はちょっとしたハロウィン状態ですね 笑 スポンサーリンク 私個人でチョイスしてしまいましたが、チョイスした曲はマンウィズアミッションライブで良く歌われる事が多いし、マンウィズアミッションを初めて聞く曲としてはオススメです! ライブに行く前は、 FLY AGAINと Get Off of My Mayの振付は覚えていくことをオススメします!! 今ならマンウィズアミッションの曲が無料で聞き放題!! マンウィズアミッションとは…? 顔は狼、身体は人間の究極の生命体。 ジミーヘンドリック博士により作られた生物。 ジャンケンジョニー以外は喋らず、言葉は理解しており、ジェスチャーで表現している。 ジャンケンジョニー自身も、カタコトの日本語を話す。

次の