お 坊さん に なるには。 僧侶(お坊さん)になるには専門の大学に行かなくても大丈夫

お坊さん(僧侶)になるのはむずかしい?住職に詳しく聞いてみた!ウラ話あり

お 坊さん に なるには

お坊さんの仕事内容・役割 お坊さんは、僧侶や住職ともいわれ、一番の仕事は葬儀や各種法事で読経を行うなどして、故人を弔うことでしょう。 お寺や宗派により、その方法は様々です。 お寺で葬儀や法事を行うだけでなく、葬儀会社の葬祭場、個人宅などに出向くことも多いです。 また、お坊さんはお寺や所有している墓地の管理など、事務的な仕事もあります。 お寺自体を経営するのも、多くの場合はお坊さんです。 お寺によっては、幼稚園などを併設していたり、寺カフェや写経などの教室運営をしていたりすることもあり、お坊さんの仕事の幅に広がりが出ています。 タレント、イラストレーター、歌手、作家として副業をこなすお坊さんもいます。 お坊さんは、仏の教えを広める役割もありますが、檀家さんにとっては困った時に相談できるのもお坊さんです。 最近では寺カフェなどもあり、再び身近になりつつあるお寺とお坊さんの存在は、地域の憩い場として、相談役として、社会貢献にもなっているケースもあります。 お坊さんの種類 お坊さんは、修行の年数により、「僧階」と言われる階級があります。 宗派により違いはありますが、権律師、律師、大律師と始まり、中僧正、権大僧正、大僧正と上位の僧階に上り詰めるまで、15ほどの階級に分けられています。 上下関係が重んじられるお坊さんの世界では、上座に座っているお坊さんがそこにいる中で一番上位のお坊さんということです。 お坊さんになるには お坊さんになるのは、「得度」と呼ばれる儀式を通して、仏門に入る許可を得ることから始まります。 得度のためには、まず自分自身が信仰を持ち、仏教を深く理解し、知識を持つ必要があります。 お坊さんになるために必要な学歴・資格 お坊さんになるために、特に必要な学歴や資格はありません。 「得度」を受けるための師匠を探し、修行をするのが一般的です。 お坊さんの中には、大学を卒業している人もたくさんいます。 特に、有名な大きなお寺のお坊さんは、ほとんどが大卒者でしょう。 仏教系の大学で学べば、卒業後の修行先も探しやすいでしょう。 お坊さんの年収 お坊さんの収入は、檀家さんの寄付と葬儀などのお布施などが主になり決まります。 地域性やお寺の規模に、大きく左右されます。 住職の年収についての正式な調査結果はありませんが、一般的に小中規模のお寺の経営が難しい状況になっているのは、マスコミでも取り上げられているのが実情です。 昔は、坊主丸儲けという言葉がありましたが、今はそんなお坊さんはほんの一握りと言えるでしょう。 お坊さんとして高収入を目指すなら、お寺の責任者である住職を目指すのもひとつの方法です。 住職になるには、特別な資格などは要りませんが、一般的には世襲で住職が決まります。 ですから、跡取りがいないお寺の住職なら、なれる可能性はあります。 素の場合には、各宗派の本山で厳しい修行を積み、そこで認められて、跡取りにいないお寺に住職として推薦してもらうのが一番よい方法でしょう。 その他の職種・自分の平均年収が気になる方はこちらが参考になります。

次の

僧侶になるには

お 坊さん に なるには

になるまでの道のり 住職とは寺院の たちをまとめ、葬儀や法事の責任者となる人のことを指し、いわば寺院の顔となる存在です。 中高生から住職になるには、まず僧侶にならなければいけません。 僧侶になるには、仏教を専門に学べる大学を卒業するか、専門学校や通信講座で学ぶか、寺に弟子入りして修行をすることで目指すことが可能です。 僧侶から住職になるために必要な資格はありませんが、ほとんどの寺院は世襲によって住職を継承します。 したがって後継者のいる寺院で住職を目指すのは、難しいでしょう。 跡取りのない寺院では、本山から推薦された僧侶を住職として迎えるため、寺院の生まれでない僧侶が住職を目指す場合は、本山で厳しい修行を積み、認められる必要があります。 住職は一寺の最高位の僧侶であるため、常に向上心を持って継承したあとも厳しく鍛錬に励み続けなければいけません。 住職のほとんどは寺院の跡取りですが、そうでなくても真面目に学問をし、地道な修行を積み重ね、認められれば住職を目指すことは十分可能です。 住職の資格・難易度 住職になるために資格は問われません。 基本的に世襲制となるため、住職の子どもとして生まれた人が住職になる場合がほとんどです。 それ以外の人が目指す場合には、継承者がいない寺に推薦してもらえるように地道な修行と努力を重ねる必要があります。 住職のキャリアプラン・キャリアパス 住職になるには僧侶として修行を積み、世襲をするか、本山に推薦されることで就くことができます。 住職になった後にも、仏教への理解を深めること、日々の修行は欠かせません。 さらに現代のようなものすごい速さで環境が変化する時代における寺院の経営は、今までになく困難になってきているため経営努力が必要です。 代々受け継がれてきた寺院を次の世代につなぐ大切な役割を担う住職の責任は、決して軽いものではありません。 住職はこの重い責任の分だけほかの僧侶よりも待遇はよくなっており、当然収入も一般の僧侶より高額です。 しかし住職を目指す人は、金銭には代えられない責任と使命が課せられていることを知っておくべきでしょう。 住職を目指せる年齢は? 住職を目指す年齢に制限はありません。 最近では、会社を退職した60歳以上の人が、第二の人生として僧侶になり、住職をしているケースも出てきています。 ただし僧侶の見習い募集の中には年齢制限を設けている場合もありますし、僧侶の階級である「僧階」は修行年数や貢献度によって決定するのがルールです。 そのため若いうちから住職を目指した人の方が、見習いとして受け入れてくれる寺院の選択肢が多く、僧階も高い階級を目指せることを知っておく必要があるでしょう。 住職は高卒から目指せる? 住職は高卒から目指すことができますが、まずは仏門に入門するための「得度」の儀式をしてくれる僧侶を探すのが難関といわれています。 宗派によってはその後の修行の内容なども異なるため、直接お寺に話を聞きに行くのがよいでしょう。 ただし得度をしたあとの修行期間は、高卒の方が大卒よりも長くなる傾向にあります。 そのため大学進学をしてから得度を受け、修行後に僧侶となり、それから修行を経て住職を目指すのが一般的です。 住職は女性でもなれる? 住職は、女性でもなることができます。 住職は男性というイメージが強い人も多いと思いますが、仏教が生まれた2,500年ほど前のお釈迦さまの時代から女性の僧侶はいますし、現代でも女性の僧侶や住職は活躍しているのです。 寺院のひとり娘として生まれて住職を目指した人もいれば、一般家庭に育ったものの僧侶の言葉に救われて仏門を目指した女性僧侶もいます。 ただし男性に比べて女性僧侶の数自体が少ないため、女性が住職のお寺はまだまだ少ないのが現状です。 中には、結婚して子育てをしながら住職の仕事と両立していたり、女性ならではの視点で人々の駆け込み寺として機能している寺院もあるなど、女性住職たちの今後の活躍が期待されています。

次の

僧侶(お坊さん)になるには専門の大学に行かなくても大丈夫

お 坊さん に なるには

になるまでの道のり 住職とは寺院の たちをまとめ、葬儀や法事の責任者となる人のことを指し、いわば寺院の顔となる存在です。 中高生から住職になるには、まず僧侶にならなければいけません。 僧侶になるには、仏教を専門に学べる大学を卒業するか、専門学校や通信講座で学ぶか、寺に弟子入りして修行をすることで目指すことが可能です。 僧侶から住職になるために必要な資格はありませんが、ほとんどの寺院は世襲によって住職を継承します。 したがって後継者のいる寺院で住職を目指すのは、難しいでしょう。 跡取りのない寺院では、本山から推薦された僧侶を住職として迎えるため、寺院の生まれでない僧侶が住職を目指す場合は、本山で厳しい修行を積み、認められる必要があります。 住職は一寺の最高位の僧侶であるため、常に向上心を持って継承したあとも厳しく鍛錬に励み続けなければいけません。 住職のほとんどは寺院の跡取りですが、そうでなくても真面目に学問をし、地道な修行を積み重ね、認められれば住職を目指すことは十分可能です。 住職の資格・難易度 住職になるために資格は問われません。 基本的に世襲制となるため、住職の子どもとして生まれた人が住職になる場合がほとんどです。 それ以外の人が目指す場合には、継承者がいない寺に推薦してもらえるように地道な修行と努力を重ねる必要があります。 住職のキャリアプラン・キャリアパス 住職になるには僧侶として修行を積み、世襲をするか、本山に推薦されることで就くことができます。 住職になった後にも、仏教への理解を深めること、日々の修行は欠かせません。 さらに現代のようなものすごい速さで環境が変化する時代における寺院の経営は、今までになく困難になってきているため経営努力が必要です。 代々受け継がれてきた寺院を次の世代につなぐ大切な役割を担う住職の責任は、決して軽いものではありません。 住職はこの重い責任の分だけほかの僧侶よりも待遇はよくなっており、当然収入も一般の僧侶より高額です。 しかし住職を目指す人は、金銭には代えられない責任と使命が課せられていることを知っておくべきでしょう。 住職を目指せる年齢は? 住職を目指す年齢に制限はありません。 最近では、会社を退職した60歳以上の人が、第二の人生として僧侶になり、住職をしているケースも出てきています。 ただし僧侶の見習い募集の中には年齢制限を設けている場合もありますし、僧侶の階級である「僧階」は修行年数や貢献度によって決定するのがルールです。 そのため若いうちから住職を目指した人の方が、見習いとして受け入れてくれる寺院の選択肢が多く、僧階も高い階級を目指せることを知っておく必要があるでしょう。 住職は高卒から目指せる? 住職は高卒から目指すことができますが、まずは仏門に入門するための「得度」の儀式をしてくれる僧侶を探すのが難関といわれています。 宗派によってはその後の修行の内容なども異なるため、直接お寺に話を聞きに行くのがよいでしょう。 ただし得度をしたあとの修行期間は、高卒の方が大卒よりも長くなる傾向にあります。 そのため大学進学をしてから得度を受け、修行後に僧侶となり、それから修行を経て住職を目指すのが一般的です。 住職は女性でもなれる? 住職は、女性でもなることができます。 住職は男性というイメージが強い人も多いと思いますが、仏教が生まれた2,500年ほど前のお釈迦さまの時代から女性の僧侶はいますし、現代でも女性の僧侶や住職は活躍しているのです。 寺院のひとり娘として生まれて住職を目指した人もいれば、一般家庭に育ったものの僧侶の言葉に救われて仏門を目指した女性僧侶もいます。 ただし男性に比べて女性僧侶の数自体が少ないため、女性が住職のお寺はまだまだ少ないのが現状です。 中には、結婚して子育てをしながら住職の仕事と両立していたり、女性ならではの視点で人々の駆け込み寺として機能している寺院もあるなど、女性住職たちの今後の活躍が期待されています。

次の