ゲート オープン 開放。 PLC設定方法

WiMAXはポート開放できる?ポート開放の説明や設定の手順を公開

ゲート オープン 開放

ポート開放と言う言葉はそもそも正しいものではありません。 正しくは ポート転送設定と申しまして、これをわかりやすくポート開放とさせて頂いております。 因みに海外ではport forwardとして説明サイトが多数存在します。 それではポート転送について簡単に説明させて頂きますが、まず以下の意味を理解してから参照下さい。 グローバルIPアドレス WAN(ワイドエリアネットワーク、一般的に言うインターネット)で使用される、IPアドレスとなります。 電話番号で例えるとわかりやすいと思います。 例えば、遠く離れた家族や友人に電話する場合、該当する携帯電話や電話機に割り当てたれた電話番号に外部通信しますよね。 この外部通信を可能としている部分がコンピュータのネットワーク上必要なグローバルIPアドレスとなります。 一方 ローカルIPアドレス(プレイベートIPアドレスとも呼びます)は、外部通信出来ないアドレスになります。 これは、自宅内での限られた環境下にあるローカルエリアネットワーク(LAN)内のデータ通信しか出来ないアドレスで、例えば会社で例えると内線番号となるわけです。 インターネットを行う際の絶対条件としては以下の グローバルIPアドレスが必ずパソコンに割り当てられていないと、 インターネットが出来ないことをまずご理解下さい。 携帯電話に例えると、電話番号を割り当てられていない携帯電話で電話を掛ける事が出来ないと同じ。 スポンサーリンク グローバルIPアドレスとルータの仕組み それでは一般的にルータがある状態での図です。 以下を参照頂くと、グローバルIPアドレスはルータが取得する事になります。 ルータ以下にはプレーベートIPアドレス(ローカルIPアドレス)が自動的に(DHCPサービスと申します)割り当てられます。 ローカルIPで何故インターネットできるんですか?次の説明を見て見ましょう ルータ以下にあるインターネット接続出来ない機器がどうやってインターネットと通信出来るか簡単な図です。 以下の様に、ルータへ繋いでいるPSPから、YAHOOを見たいとルータにリクエストを出します。 すると外部通信可能なルータはYAHOOからホームページデータを取ってきて、リクエストが発生したPSPにデータを渡します。 するとPSPでYAHOOを見る事が出来ると言うわけです。 スポンサーリンク よって、ルータ以下に繋がっている複数のローカルIPアドレスのパソコンやネットワーク対応機器はルータを通してネットに繋ぐことが出来るわけです。 (少し詳しい方から見ればproxy説明だと思われますが、一般的なユーザー様向け説明の為ご了承願います。 ) 本題のポート開放説明です 冒頭でも申し上げましたが、本当はポート転送設定と申します。 外部から、例えばMPOのゲームをしよう!とリクエストを発信します。 発信とはグローバルIPアドレスに対してです。 冒頭でも説明しましましたローカルIPアドレスはインターネットと繋げることが出来ないので、例えばよくあるホストアドレスに192. 168. 2等を指定してもポート開放されないとありますが、物理的に開放される事は100%ありません。 例えば、MPO(メタルギアソリッドと言うオンライン対応ゲーム)の部屋を作成して友達にアクセスしてもらうとします。 外部アクセスリクエストはグローバルIPアドレスを持つルータに対して行われますので、ルータ側で5730番と言うMPOアプリケーション通信開始リクエストは破棄されまます。 ルータがファイヤーウォールの役目をするのはこの部分を意味します。 ルータにポート転送設定(ポート開放)を行う ルータ設定にあるポート開放(ポート変換、静的IPマスカレード、ポート転送、ポートマッピング、バーチャルサーバ)を行うことで以下の様に、外部リクエストは正しくPSPやパソコンへ転送され、オンライン対戦やサーバ・ホストを運営する事が出来るようになるわけです。 以下の青文字の設定がポート開放設定となります。 また以下をご覧頂いてご理解頂けると思いますが、ホストを開始する場合はルータ以下にあるローカルIPアドレスを指定するのではなく、ルータが取得しているWAN通信可能なグローバルIPアドレスと言うこともご理解頂けるかと思います。 因みに ルータが無ければ、以下の様にネットワーク対応機器がグローバルIPアドレスを持っているので問題なくオンライン対戦(ネット対戦やホスト)を開始出来ます。 つまりルータのない環境では、ポート開放する必要はありません。 グローバルIPを取得している通信機器は全てのポートを制限無く利用できます。 注)図にあるPSPで取得させるにはYAHOOインターネット・有線BB・CATV回線・フレッツの場合MSシリーズモデム以外は難しいと無線LANアクセスポイントを用意しないと取得させる事は出来ません。 一覧に戻る.

次の

PLC設定方法

ゲート オープン 開放

ホスト IPアドレス 192. 168. 1 ホスト ポート番号 0 MELSEC IPアドレス 192. 168. 4 MELSEC ポート番号 1025 PCパラメータ 解説• GX Works2の「PCパラメータ」画面を開き、「内蔵Ethernetポート設定」タブを選択します。 【留意事項】 内蔵Ethernetポートは、シーケンサCPU側に下記の制約があります。 自動オープンUDPポート(5000番)は使用できません• ブロックアクセス機能(コマンド)は使用できません• マルチCPUシステムの他号機CPUを指定してアクセスできません• MELSECNETの他局を指定してアクセスできません• ランダムアクセスバッファ交信はできません• 特殊ユニットのバッファメモリにアクセスできません• A互換1EプロトコルとQ互換4Eプロトコルは使用できません• ネットワーク環境 ここで説明するサンプルは次のようなケースを想定しています。 ポート1025 0x401 UDP ポート1026 0x402 TCP Unpassive PCパラメータ 解説• ポート番号は「16進数」で入力してください。 自動オープンUDPポート「5000」は使用できませんので、必ずオープン設定を行ってください。 iQWorksからのアクセスを可能にするために、最低1ポートは「MELSOFT接続」を設定してください。 Ethernetユニット設定例 IPアドレスやポート番号等のEthernetパラメータは、GX Works2のネットワークパラメータ画面で設定します。 ネットワーク環境 ここで説明するサンプルは次のようなケースを想定しています。 ホスト IPアドレス 192. 168. 1 ホスト ポート番号 0 MELSEC IPアドレス 192. 168. 【留意事項】• 自動オープンUDPポート(5000番)が利用可能です。 必要に応じて、イニシャル設定にて生存確認間隔の設定を行ってください。 ネットワークパラメータの反映には、パラメーター書き込み後、CPUのリセットが必要です。 Ethernet設定の動作設定で次のように設定します。 ネットワーク環境 ここで説明するサンプルは次のようなケースを想定しています。 ポート1025 0x401 UDP ポート1026 0x402 TCP Unpassive オープン設定 解説• ポート番号は入力形式「10進数」/「16進数」に正しく変換して入力してください。 自動オープンUDPポート「5000」は使用する場合は、オープン設定不要です。 UDPの場合は、交信相手IPアドレスを255. 255. 255. 255、交信相手ポート番号65535に指定することで、相手先を選ばず通信できます。 TCPの場合は、オープン方式「Unpassive」として頂くことを推奨いたします。 GX Works2などからのMELSOFTからのアクセスを可能にするために、最低1ポートは「MELSOFT接続」を設定してください。

次の

ポート開放とは? 基本的なやり方と確認方法

ゲート オープン 開放

ホスト IPアドレス 192. 168. 1 ホスト ポート番号 0 MELSEC IPアドレス 192. 168. 4 MELSEC ポート番号 1025 PCパラメータ 解説• GX Works2の「PCパラメータ」画面を開き、「内蔵Ethernetポート設定」タブを選択します。 【留意事項】 内蔵Ethernetポートは、シーケンサCPU側に下記の制約があります。 自動オープンUDPポート(5000番)は使用できません• ブロックアクセス機能(コマンド)は使用できません• マルチCPUシステムの他号機CPUを指定してアクセスできません• MELSECNETの他局を指定してアクセスできません• ランダムアクセスバッファ交信はできません• 特殊ユニットのバッファメモリにアクセスできません• A互換1EプロトコルとQ互換4Eプロトコルは使用できません• ネットワーク環境 ここで説明するサンプルは次のようなケースを想定しています。 ポート1025 0x401 UDP ポート1026 0x402 TCP Unpassive PCパラメータ 解説• ポート番号は「16進数」で入力してください。 自動オープンUDPポート「5000」は使用できませんので、必ずオープン設定を行ってください。 iQWorksからのアクセスを可能にするために、最低1ポートは「MELSOFT接続」を設定してください。 Ethernetユニット設定例 IPアドレスやポート番号等のEthernetパラメータは、GX Works2のネットワークパラメータ画面で設定します。 ネットワーク環境 ここで説明するサンプルは次のようなケースを想定しています。 ホスト IPアドレス 192. 168. 1 ホスト ポート番号 0 MELSEC IPアドレス 192. 168. 【留意事項】• 自動オープンUDPポート(5000番)が利用可能です。 必要に応じて、イニシャル設定にて生存確認間隔の設定を行ってください。 ネットワークパラメータの反映には、パラメーター書き込み後、CPUのリセットが必要です。 Ethernet設定の動作設定で次のように設定します。 ネットワーク環境 ここで説明するサンプルは次のようなケースを想定しています。 ポート1025 0x401 UDP ポート1026 0x402 TCP Unpassive オープン設定 解説• ポート番号は入力形式「10進数」/「16進数」に正しく変換して入力してください。 自動オープンUDPポート「5000」は使用する場合は、オープン設定不要です。 UDPの場合は、交信相手IPアドレスを255. 255. 255. 255、交信相手ポート番号65535に指定することで、相手先を選ばず通信できます。 TCPの場合は、オープン方式「Unpassive」として頂くことを推奨いたします。 GX Works2などからのMELSOFTからのアクセスを可能にするために、最低1ポートは「MELSOFT接続」を設定してください。

次の