バーナム ピアノ テクニック 2。 バーナム シリーズ一覧 : 全音楽譜出版社

楽譜ネット|楽譜・楽器販売サイト

バーナム ピアノ テクニック 2

挿絵は子供の落書きみたいな絵なのですが、例えば『歩こう』とか『屈伸』などといったように、運動や体操に例えられています。 題名や挿絵を通して曲のイメージを膨らますことが出来ます。 バーナムを根気よく練習することによって、スケール・アルペジオ・和音・オクターブ・半音階・装飾音・トリルなどのテクニックを無理なく少しづつ、楽しみながら身に付けていくことが出来ます。 技術だけではなくて、表現する力を同時にマスターできるのがバーナムの特徴で、毎回ピアノ練習の最初に、バーナムを使う習慣をつけると良いようです。 ピアノ初心者の私がバーナムを選んだ理由 40代からピアノに再チャレンジしようと、ヤマハ大人のピアノ教室に通い始めて早1ヶ月、自宅でピアノの練習をしながらふと思いました。 『自分のピアノ演奏には基礎が全くない・・・。 』 指の力が均一ではなく鍵盤の上でツルツル指が滑って安定しなかったり、動きが悪くて力も弱い上に、関係のない指がピョコピョコとつられて動いてバタバタします。 グループ4と5 シャープやフラットなどの臨時記号がバンバン出てきます。 長調と短調、調子の違いを聞き分けられるように、晴れの日と曇りの日で長調と短調の音の違いをしっかりと学びます。 【バーナム導入書グループ5の最初のページ】 グループ1・2・3までは難なく出来るのですが、自分の中で苦手意識のあるシャープやフラットが頻出するせいでグループ4・5あたりから難易度がぐんと上がったという感じがします。 特にグループ5は見るからに難しいのでクリアするのに時間がかかりそうです。 バーナム1巻の特徴 1巻は、導入書に比べまたさらに難易度が上がっています。 調性はグループ1~5まですべてハ長調で書かれており、時々シャープ・フラットの臨時記号が登場します。 リンク 1回目はレガートで弾いて2回目はスタッカートで弾く、という指示がある譜面も所々あります。 ミニブックや導入書では5本の指だけで弾けるものがほとんどだったのに対し、第1巻は音域がかなり広がって、腕を伸ばさないと届きにくい高音部や低音部も練習領域に入ります。 特に大きな違いは、足のペダルを使って音を大きく響かせる練習も行うという部分でしょうか。 【バーナム第1巻グループ1の最初のページ】 【バーナム第1巻グループ5の最初のページ】 後ろの方のグループ5になってくるとだいぶ難しい感じがしますね。 第1巻でマスターすべきはスケール、アルペジオ、三和音と転回系の指使いなどです。 私は導入書と並行しながら第1巻の冒頭『歩こう・走ろう』『スキップしよう』『ホッピングしよう』の練習も時々しています。 16分音符が登場したりして、かなり弾きごたえがあります。 その先は今の私には難しすぎますので当分は導入書をじっくりと練習したいと考えています。 ミニブック・導入書・第1巻を並べて写真で比べる 上の写真は、 ミニブック・導入書・第1巻それぞれの【グループ1】の一番初めのページを横に並べて撮影しました。 ミニブックは導入書よりも大きくて見やすいですね。 コツや注意すべき点など、ポイントを先生が直接書き込んでくれています。 下の写真は、左側が導入書で、右側が第1巻です。 同じくグループ1の最初のページを並べて撮影しました。 音符の大きさが違うのと、第1巻の方はしょっぱなから16分音符が出てきており、見るからに難しそうです。 まとめ ヤマハの先生もバーナムを良い教材だとおっしゃってましたし、オンピーノの先生もバーナムを取り入れて娘にピアノを教えて下さっているので、ピアノ初心者の方の基礎練習にかなりお勧めできるピアノテキスト本だと思います。

次の

「指が動かない!」ピアノ初心者の方でもすぐに弾ける基礎練習曲集2選|ピアノのせんせい

バーナム ピアノ テクニック 2

難易度 検定 ステップ テクニック メソード 難易度 検定 ステップ 練習曲集 曲集 難易度 検定 ステップ バロック 古典 難易度 検定 ステップ ロマン 近・現代 難易度 検定 ステップ ポピュラー 大人のための教本 連弾曲集 ステップ 検定 難易度 導入 A3 1 導入1 バーナムピアノテクニック 導入書 ス ケ | ル と ア ル ペ ジ オ の た め の テ ク ニ ッ ク うたとピアノの絵本 3 りょうて みんなの オルガン・ピアノの本1 ピーターラビット ピアノの本1 ピアノドリーム1 バスティン ピアノベーシックス プリマー みんなのグローバー 導入編 P14〜26 トンプソン 小さな手ためのピアノ教本 メトードローズ P13〜15 メトードローズ 上 アルフレッド A 導入 A3 1 導入1 バイエル 7〜17 ピアノランド1 5〜19 導入 A3 1 導入1 バッハへの道1 導入 A3 1 導入1 はじめてのギロック バスティン先生 のお気に入り1 導入 A3 1 導入1 ピアノ・パレード1 こども ピアノワールド1 おとなのための テクニックマスター1 大人のためのピアノ悠々塾 入門編 P18〜22 大人のためのピアノ教本1 P15〜28 シュンゲラー 新しい子どもの うたの本1 導入1 1 A3 導入 A2 2 導入2 ピーターラビット ピアノの本2 ピアノドリーム2 みんなのグローバー 導入編 P28〜44 トンプソン 現代ピアノ教本1 メトードローズ P15〜19 アルフレッド B A2 2 導入2 ヤマハピアノライブラリ 初歩のピアノ練習曲集1 バイエル 18〜28 ピアノランド2 1〜10 A2 2 導入2 A2 2 導入2 A2 2 導入2 ピアノ・パレード2 大人のためのピアノ悠々塾 入門編 P24〜44 大人のためのピアノ教本1 P30〜39 導入2 2 A2 3 導入3 みんなの オルガン・ピアノの本2 バスティン ピアノベーシックス1 みんなのグローバー1 P6〜44 メトードローズ P21〜27 アルフレッド C 3 導入3 バイエル 29〜44 ピアノランド2 11〜20 リトルコスモス ピアノコスモス シューレ1 3 導入3 3 導入3 邦人作品集 3 導入3 こども ピアノワールド2 大人のためのピアノ悠々塾 入門編 P46〜58 大人のためのピアノ教本1 P44〜50 導入3 3 初級 A1 4 基礎1 バーナムピアノテクニック1 バ | ナ ム 全 調 の 練 習 ピアノドリーム3 みんなのグローバー2 P4〜26 メトードローズ P29〜39 メトードローズ 下 アルフレッド D 初級 A1 4 基礎1 ヤマハピアノライブラリ 初歩のピアノ練習曲集2 バイエル 45〜60 ピアノランド3 1〜7 ピアノの小品 55曲集 初級 A1 4 基礎1 ポリフォニーアルバム1 初級 A1 4 基礎1 バスティン先生 のお気に入り2 初級 A1 4 基礎1 ピアノ・パレード3 ブルクミュラー ファンタジー ショパン ファンタジー バッハ ファンタジー おとなのための テクニックマスター2 大人のためのピアノ悠々塾 基礎編 P10〜26 大人のためのピアノ教本2 P6〜26 ディアベリ ピアノ連弾のための 28の旋律的練習曲 Op. 481 応用4 12 C 13 応用5 13 応用5 ツェルニー30番 8〜15 ピアノの練習 ラジリテー 18〜25 13 応用5 13 応用5 13 応用5 日本の抒情歌 応用5 13 14 応用6 14 応用6 ツェルニー30番 16〜22 バスティン リトルチャー4 14 応用6 バロックアルバム1 36の小品集 ベートーベン エリーゼのために 14 応用6 ロマン期名曲集 上 ショパン ワルツ集 ドビュッシー 小品集 14 応用6 アンドレ・ギャニオン 作品集1,2 スコット・ジョプリン 作品集 応用6 14 15 応用7 15 応用7 ツェルニー30番 23〜30 15 応用7 15 応用7 カスキ ピアノ小品集 メンデルスゾーン 無言歌集 15 応用7 シュンゲラー 新しい子どもの うたの本2 応用7 15 上級 D 16 発展1 トンプソン 現代ピアノ教本5 上級 D 16 発展1 ツェルニー40番 1〜10 ピアノ名曲集 上級 上級 D 16 発展1 バロック名曲集 下 バッハ フランス組曲 バッハ 3声シンフォニア モーツァルト ソナタ ベートーベン ソナタ 上級 D 16 発展1 グリーグ 叙情小曲集 シューベルト 楽興の時 D780 Op. 94-3 上級 D 16 発展1 ポピュラーピアノ エクセレント シリーズ 発展1 16 D 上級 17 発展2 17 発展2 クラーマー=ビューロー 60の練習曲 1〜13 ツェルニー40番 11〜20 17 発展2 17 発展2 17 発展2 発展2 17 E 18 発展3 E 18 発展3 クラーマー=ビューロー 60の練習曲 14〜24 ツェルニー40番 21〜30 モシュコフスキ20の 小練習曲 Op. 91 1〜10 E 18 発展3 バッハ 平均律クラヴィーア曲集 E 18 発展3 現代日本ピアノ曲集 ドビュッシー 子供の領分 E 18 発展3 発展3 18 E 19 発展4 19 発展4 クラーマー=ビューロー 60の練習曲 25〜36 ツェルニー40番 31〜40 モシュコフスキ20の 小練習曲 Op. 91 11〜20 19 発展4 バッハ イタリア協奏曲 19 発展4 ショパン ノクターン集 フォーレ ピアノ小品集 19 発展4 発展4 19 F 20 発展5 F 20 発展5 クラーマー=ビューロー 60の練習曲 37〜48 ツェルニー50番 1〜12 F 20 発展5 バッハ イギリス組曲 F 20 発展5 ショパン 幻想即興曲 F 20 発展5 発展5 20 F 21 展開1 21 展開1 クラーマー=ビューロー 60の練習曲 49〜60 ツェルニー50番 13〜24 モシュコフスキ15の 練習曲 Op. 72 1〜5 ショパン練習曲 Op. 10,Op. 25 21 展開1 21 展開1 シューマン 幻想小曲集 ショパン 即興曲 プロコフィエフ 束の間の幻影 21 展開1 展開1 21 G 22 展開2 G 22 展開2 ツェルニー50番 25〜36 モシュコフスキ15の 練習曲 Op. 72 6〜10 G 22 展開2 G 22 展開2 G 22 展開2 展開2 22 G 23 展開3 23 展開3 ツェルニー50番 37〜50 モシュコフスキ15の 練習曲 Op. あくまでも目安です。

次の

『バーナム ピアノテクニック』のススメ

バーナム ピアノ テクニック 2

少し経験があったら、1巻から始めています。 まず、純粋に「1番」から始めると思いますよね。 これが です。 でも違うんです。 「バーナム1」に入る前に、2冊の本が存在するんです。 まず 1冊目がこれ。 紫色の本です。 で、 2冊目がこれです。 「導入書」オレンジの本。 (「導入書」って書いてるから、これが一番最初の本って思いますけど、「ミニブック」が終わったら弾く本です。 要するに 「バーナム1」を弾くには、「ミニブック」と「導入書」をクリアしてからってことです。 スポンサーリンク 本の中身を教えて! まず「ミニブック」から。 ピアノがまったく初めての方向け。 まず、一番最初の曲は、これです。 「ド」と「レ」しか出てきません。 右手だけで弾きます。 次の曲は、スタッカートが出てきます(音を短く切って弾きます) 次に、「導入書」。 両手でなんとか弾けるぐらいの人向け。 1ページ目の曲です。 これは左右別々の動きをするので、なかなか弾きにくいです。 これは、両手で弾くし、左手がよく動きます。 初めて3連符が出てきました。 3連符は、4分音符を1拍として、1拍を3つに分けたリズムです。 最後のページはこんな感じになっています 「バーナム1巻」です。 この本は、昔、ピアノを習っていた人向けかな。 初めのページはこれ。 16分音符が出てきます。 終わりのページはこんな感じ。 1曲が短いのでやりやすいし。 急に難しくなったりしません。 イマイチやなと感じるところ 人によっては、人形のイラストが苦手な子がいるので注意です! 個人的には、私が習った本なので、大好きです! それぞれの難易度は? 「ミニブック」・・・ピアノをまったく初めて弾く人 「導入書」・・・両手でなんとか弾ける人 なので、両手でなんとか弾けるのであれば、「ミニブック」を飛ばして、「導入書」から始めてもいいと思います。 「バーナム1巻」・・・昔、ピアノを習っていた人 おまけ動画 動画を撮ってみました。 参考になったらうれしいです。

次の