タッチレタッチ。 何でも消せちゃう⁈【TouchRetouch(タッチリタッチ)】の使い方完全まとめ♡

物や人など写真の映り込みも簡単に消せるアプリ「タッチレタッチ」が超オススメ!|今日もむー気分。

タッチレタッチ

この記事のINDEX• インスタグラム、楽しんでますか? 以前、多くのフォロワーを持つインスタグラマーの人に、「いいね!」がつく投稿の秘訣を聞いたところ、「写真に無駄なものをいれないことが大事」と言っていました! 写真を見返してみると、意外と写したいもの以外のものが入ってる…。 無料アプリが良い方は「 Easy Eraser(イージー イレイサー)」をおすすめします。 真ん中にいる人を丸く囲んだら、右下に表示されている[GO]をタップ。 すると、魔法のように人が消えました! この要領で、人や車をどんどん消していきましょう。 消す対象が小さく写っている場合は、ズームし、ペンサイズを小さくして塗っていきます。 丸いペン先では囲みづらい複雑な形は、[投げ縄]で対応。 使っている間は、指先の動きを示す小さな窓が表示されるので、かなり無駄なく囲むことができるはず。 草むらや道路など、同じ質感が続いている場合は [コピースタンプ]を使うと便利です。 消すのはこの画像の右上に写っている、空のコップとお手拭きの紙。 [オブジェクト除去]ではみ出してしまった部分を、[コピースタンプ]で修正したら… 写真が完成!(だいぶ雑ですが…) 元の写真と比べてみると、ゴミが写っているかどうかでだいぶ雰囲気が違いますね。

次の

あっ。これは無かったことに...ができる無料のレタッチアプリ「TouchRetouch Free」

タッチレタッチ

かんたん写真レタッチ!Photoshopのグラデーションマップ一つで映画のような写真にする方法。 映画のような色にする方法と書いておいてあれですが、映画のような色にするに留まりません。 今回のテクニックでは、映画やミュージックビデオの特色として独特なカラースキームが挙げられますが、あくまでそれを実現する手法の一つとして検討してもらえると良いと思います。 映画のカラースキームを調べる方法。 そもそも映画のカラースキームってなに?という方は是非こちらの記事を読んでみてください。 こちらの記事で、映画のカラースキームを調べて、合わせた色合いに変えると良いと思います。 TUTORIALS 何故グラデーションマップなのか カラースキームを再現したり、写真に合わせたり自分なりのカラーで写真表現をする方法は、グラデーションマップに限らず、トーンカーブに始まりレベル補正やカラーバランスであったり色々用意されています。 何度か触れていますが、トーンカーブがあれば基本的なカラーコレクションというのは大体可能です。 つまり他の色調補正もトーンカーブで代替可能だったりするのですが、そこにはやはり直感的な使いやすさなどがありまして、その点ではグラデーションマップに分があります。 直感的かつ自由に、シャドウ部分とハイライト部分の色味を変えられるという点においては、グラデーションマップは悪くない選択肢だと思います。 グラデーションマップを使って色を変えよう ということで、無数にあるPhotoshopの機能の中では、比較的直感的に使えるグラデーションマップですが、写真と合わせ使用する方法をご紹介します。 Photoshopで画像を開く。 まずはPhotoshopで画像をひらきましょう。 ここが最大の難関で、ここで開くためには写真を撮ってこなければなりません。 しかもできるだけ自分が納得できる写真です!難しすぎてこれは自分もうまくできているかわかりません。 最初に最大の難関があるので、ここにさえくれば後は勝利したも同然です。 調整レイヤーからグラデーションマップを選択。 調整レイヤーパレットか、もしくは画像のようにレイヤーパレット内からグラデーションマップを選択しましょう。 作成された調整レイヤー以下のレイヤーに効果が反映されます。 もし、グラデーションマップ前に肌の補正や露出の調整をしたい場合には事前に済ませておくと良いですね。 グラデーションが適用される。 グラデーションマップを選択すると、、グラデーションマップが作成されてグラデーションが適用されました。 自分の環境では、描画色から背景色へのグラデーションが作成されました。 画像左側のツールパレットにある描画色と背景色ですね。 グラデーションエディターを開く。 属性パレットのグラデーション部分をクリックすると、グラデーションエディターを開けます。 ここで様々なグラデーションを設定できます。 色を変えたり、濃さを変えたり、バランスを変えたり、色のポイントを増やしたり、グラデーションタイプという項目でグラデーションをベタ塗りかノイズか選択したりも出来ますが、ここはあまり使いません。 しかしこのままではただモノクロ画像になったようでやりたい事とは違うので、既にあるプリセットから好きな色を選択して OKを押します。 描画モードで効果を変更する。 グラデーションマップを適用すると、ベタ塗りのグラデーションができました。 属性パレットをみるとわかるように、グラデーション左側は水色、右側はピンクの色になっています。 このグラデーションは、ヒストグラムのように左側がシャドウ部となり、右側はハイライト部分を表現しています。 つまり シャドウから ハイライトに向けて、 水色から ピンクの色が ベタ塗りで重ねられていることになります。 とは言え見ての通りこのままでは困るので、この色を描画モードを変更することで調整します。 描画モードからソフトライトもしくはオーバーレイを選択しましょう。 描画モード:ソフトライトとは 合成色に応じて、カラーを暗くまたは明るくします。 画像上でスポットライトを照らしたような効果が得られます。 合成色(光源)が 50 %グレーよりも明るい場合、画像は覆い焼きされたかのように明るくなります。 合成色が 50 %グレーよりも暗い場合、画像は焼き込んだように暗くなります。 純粋な黒または白でペイントすると、その部分の明暗ははっきりしますが、純粋な黒または白にはなりません。 Adobe Help 不透明度で適用具合を調整する。 ソフトライトにしてみると色が変化しました。 描画モードのソフトライトとオーバーレイは、合成色に応じて中間域を起点に色が暗くなったり明るくなったりしてくれるので、グラデーションマップの階調に合わせて適応され相性が良いです。 この一連の流れで基本的には様々な色合いをシャドウからハイライトにかけて設定可能です。 ポイント• グラデーションマップで好きなカラーを用意する。 ソフトライトかオーバーレイで色を乗せる。 グラデーション左側がシャドウ部分、右側がハイライト部分。 不透明度で効果のかかり具合を調整する。 グラデーションマップを使いこなそう。 一通りの流れはこれまで説明したとおりですが、グラデーションマップをもう少し深く使えるようになると好みの色を再現しやすいです。 色を変更する。 再度グラデーションエディターをひらきましょう。 属性パレットにあるような紫色から水色のグラデーションが表示されています。 グラデーションの右端と左端には、上下にポインタがありまして、下側のポインタは現在設定されている色になっています。 このポインタを選択すると、左下のカラーという部分で色を変更できます。 こうして自分の好きな色を選択できるわけですね。 これは既にソフトライトと不透明度を調整してから変更すると効果の具合がわかりやすいのでおすすめです。 グラデーションの色を増やすことも可能。 更に、グラデーションエディターのグラデーション部分下側で任意のポイントをクリックすると新たなポイントが作成されます。 ここで別の色を選択すれば、その他ポイントで設定されている色との グラデーションが自動生成されます。 こうすることで幾層にも重なったグラデーションを作成することが出来ます。 グラデーション左部分の色を変えると、画像内の暗い部分に色が反映されますし、 真中付近の色を変えると、画像内の明るさが中間の領域に色が反映されます。 右側であれば画像内の明るい部分です。 グラデーションをヒストグラムのようなものだと思って、そのポインタ地点の色に効果が反映されるという点を理解しておく必要がありますね〜。 バランスを変更して適用範囲を変える。 更に、グラデーション下部にはダイヤモンドのような小さなアイコンもあります。 このアイコンの上にマウスをもっていくと左右に移動することが可能です。 移動すると、シャドウ部分とハイライト部分のバランスを変更することができるので、 シャドウ領域を広くしたり、ハイライト領域を広くしたりということができます。 勘の良い方はお気づきだと思いますが、Lightroomの明暗別色補正にあるバランスのような機能です。 そもそもグラデーションマップ自体を今回のように使用すると明暗別色補正に近しい設定になります。 そういう意味でも、初心者向けと言えるかもしれません。 シャドウとハイライトのバランスが変更される。 試しにバランスを変更してみると、写真のようなバランスになりました。 シャドウ部分の適用範囲が変わって、より広くパープルが写真に適用されました。 このような各種設定を利用して自分なりの色を突き詰めてみると良いでしょう。 様々なカラースキームを作成してみる。 以上がグラデーションマップを使用した色調整の方法でした〜。 試しにいくつか自分が設定したものを貼っておきます。 一つではなく色々な可能性が考えられるので、自分なりにしっくりくるカラーを見つけてもらえると良いですね。 ちなみに、映画のようなと言いながら特に映画は関係なく好きなグラデーションを作成したのでお察しください 笑 例 1. 例 2. 例 3. 例 4. まとめ グラデーションマップは、比較的手っ取り早く色を変えられるので知っている人からすると常套手段の一つです。 ただ、問題もあってソフトライトやオーバーレイでは仕組み上、暗い部分がより暗く、明るい部分がより明るくなってしまうので、描画モードをカラーにして不透明度をより下げるという手法も検討すると良いかもしれません。 参考画像のいくつかもそうですが、シャドウ部分の階調がトーンジャンプしているように見えるケースもあります。 細かく調整する場合には、マスク処理やトーンカーブを利用してもう少し繊細に色を変えるようにしましょう。

次の

タッチ (漫画)

タッチレタッチ

Round3……勝者『TouchRetouch』! 空の部分では双方ともに若干の消しムラが現れてしまいましたが、手すりを見事に再現した点で差がつき、見事『TouchRetouch』の勝利という結果になりました。 ですが、ここで注意点。 いくら『TouchRetouch』の性能を以てしても、 使用する画像によっては、上手くレタッチできない場合がある ということを覚えておかなければなりません。 コピースタンプは、カーソルを置いた位置と同じ画像を、なぞった部分に張り付けることができる機能。 クイックリペアに比べ細かい作業を要しますが、クイックリペアでは消しきれなかった細かい部分のレタッチには優れています。 コピースタンプを使用する際のコツは、選択する部分を細かく変更すること。 ずっと同じ部分を使用すると、なぞった部分すべてに同じ画像が貼り付けられ、のぺっりとした不自然な印象になってしまいます。 なぞるのをやめたら、もう一度範囲を設定し直すのを意識づけることが、キレイに仕上げるコツです。 『Photoshop』に勝利する性能。 レタッチのみが目的なら、買う価値十分アリ! 今回行った3本勝負では『Photoshop』に2勝1敗と、『TouchRetouch』の驚くべきレタッチ性能が明らかなになりました。 有料とは言え、月数千円の『Photoshop』と比較すれば、かなりコスパに優れているのではないでしょうか。 ですが『TouchRetouch』でできるのは、いらないものを消去するレタッチ機能のみ。 色味調節や画像合成といった加工はできませんが、画像のレタッチだけが目的なら間違いなく買う価値アリですよ。 こちらの記事もおすすめ.

次の