ニライカナイ 石垣島。 絶景ドライブスポット!ニライカナイ橋の魅力と周辺スポット♪

石垣島「そばどころ ニライカナイ」で歌手・夏川りみの母の味をいただく。

ニライカナイ 石垣島

沖縄の信仰は、琉球王朝が明治時代まで続いていたため、全国的なものとは違いますよね。 沖縄の信仰で全国的にも知られる言葉と言えば、 「ニライカナイ」です。 「ニライカナイ」は言わば、 「神々の住む国」なのですが、この神々の住む国の存在をよくよく理解していくと、沖縄の信仰や御願文化も分かってきます。 せっかく御願を行うなら、 沖縄の信仰まで理解して心を込めて拝みたいですよね。 そこで今日は、沖縄の信仰が分かる、 ニライカナイについてお伝えします。 沖縄の信仰って? 「ニライカナイ」や「アマミキヨ」とは 沖縄の信仰、「ニライカナイ」って? 沖縄ではひとつの信仰として、「ニライカナイ」をよく聞きますよね。 ニライカナイは東の海…、沖縄は海に囲まれていますから、外国など他の大陸をイメージしますが、どうも違うのかもしれません。 海の神様は「リュウグ(竜宮)」と言います。 浦島太郎の竜宮城をイメージしますよね。 ・ 沖縄では昔から漁業が盛んでした。 魚やアーサ・貝…、 あらゆる海の恵みが海からやってきたのです。 沖縄ではハーリー大会で知られるユッカヌヒーなど、多くの 海の神様(リュウグ)への祈願が行われてきました。 沖縄の信仰、アマミキヨの伝説 もうひとつ、沖縄で 神職を司る役割に女性が多いことが分かるのが、天帝の命を受けた 「アマミキヨ」の伝説です。 実はニライカナイではなく、 天にあるもうひとつの神の国「オホツガグラ」から来た女神なのですが、このアマミキヨが沖縄開闢の祖と言い伝えられてきました。 夫婦神ではあるのですが、 主にアマミキヨの功労だと言われています。 ・ そのためか琉球王朝では、神事を司る役割は 「ノロ(祝女)」と呼ばれる女性でした。 民衆の神事でも女性が多く、男性の神人「カミンチュ」もいますが、女性の神職である「ユタ」さんが有名です。 この「アマミキヨ」ですが、その他にも 「アマミク」などとも呼ばれ、奄美大島でも同じようなアマミキヨの伝説が残っており、一説では「奄美」はアマミキヨが語源と言われています。 死者の魂はニライカナイへ 前項でお伝えしたように、琉球にはもうひとつの神々が住む 天界の島「オホツカグラ」があります。 ただこちらはどちらかと言えば琉球王朝の考え方で、「偉大なる神」として 力を持つ神々だったようです。 一方、 民衆の間で広がった天界が、海に存在する「ニライカナイ」だったようで、民衆に寄り添う存在でした。 ですから、 故人の魂もニライカナイへと帰ると信じられてきました。 ・ そして沖縄の信仰では、死者の魂はニライカナイで、その家の 守護神として生まれ変るとされ、「死者が亡くなってから 七代目に守護神になる」と信じられています。 これが沖縄の祖霊信仰、 御先祖様を神様とする由縁です。 ちなみに「魂」にも独自の沖縄の信仰があります。 こちらもお話すると長いので、また別の日にお伝えしますね。 琉球信仰の学者のなかには、死者の魂は交わらない 「超自然の神々」の世界と言われてもいます。 届けられるものは、良いものばかりではない このようにニライカナイは死者の魂が帰り、お仏壇やお墓を通して繋がって、お盆や清明祭では故人の魂がやってくる他、海の恵みを多く届ける 竜宮城のような存在です。 けれどもニライカナイが届けるのは、恵み多きものだけではありません。 害虫・疫虫と言った、災いも海を通して運んでくるとされてきました。 ・ 例えば、旧暦2月吉日に宮古や八重山地方で見られる旧暦行事、「 虫精進」(八重山地方ではタカビ)や、旧暦四月十四・十五日に行う「 アブシバレー」などもそのひとつです。 これらの旧暦行事では、田畑で取った害虫を草の船に乗せて、 海へと流す儀礼があります。 ニライカナイは、神道の「常世国」? ここまで知っていくと、沖縄の信仰は 神道に通じるものがあることが分かります。 民衆に広がった アミニズム文化と言えるのかもしれません。 ここから人々は多くの恵みを受けて生きてきました。 ・ この「常世国」が、ニライカナイの考え方と とても似ていることに気づきます。 ありがとう いかがでしたでしょうか、今日は沖縄の信仰が分かってくる、 「ニライカナイ」の存在を、女性神である「アマミキヨ(アマミク)」の伝説と共にお伝えしました。 沖縄では 拝みを捧げる聖地「御嶽」がありますが、その多くが川や大樹、海と言った自然そのものを祀っています。 また沖縄の信仰に祖霊信仰があるために、もともとは 遠い御先祖様のお墓だった御嶽も特徴的です。 これは自然由来の神様を祀った 御嶽を中心に、人々が暮らしがあったから…、今も沖縄では多くの人々が、祖霊を神様とし、 神羅万象を神様として拝みを捧げています。 まとめ ニライカナイに分かる、沖縄の信仰 ・ニライカナイは海に存在する、神々の国 ・アマミキヨが琉球開闢の女神 ・沖縄では神事は代々女性が担ってきた ・死者の魂はニライカナイへ帰った ・七代後に死者の魂が守護神となる ・ニライカナイからは害虫・疫虫も運ばれた ・ニライカナイは神道の「常世国」に似ている.

次の

絶景ドライブスポット!ニライカナイ橋の魅力と周辺スポット♪

ニライカナイ 石垣島

コンテンツ• 命の生まれる場所と帰って行く場所 人の魂(命)はニライカナイからやって来て、ニライカナイへ帰って行く…いわば人間の誕生と死が同じ場所で営まれているということでしょう。 こんなことから、民俗学者柳田國男は、日本神話にある死者の国【根の国】とニライカナイを同一のものと考えていました。 現在でも沖縄ではニライカナイを信じ、祀る人も多いと聞きます。 人間の生死に深く関わり、生活に不可欠な恵みをもたらしてくれるニライカナイ。 沖縄の文化にとって、ニライカナイの概念は無視できない大切なものなのです。 個人的な考えですが、【海の彼方にあるニライカナイが豊穣をもたらす】という考えは、日本人は渡来人であり、南方から来たのだという説と重なる部分があるのではないかと感じます。 小説における『ニライカナイ』 理想郷、ユートピア、この世以外のすばらしい場所としてのニライカナイは小説などにも登場します。 篠田節子 『ニライカナイ』 強かでしなやかな女性描写に定評のある篠田節子の短編『ニライカナイ』は、自殺しようとした女が【海から来るモノ】を目撃したことで、捨て鉢な人生から手応えのある人生へとチェンジします。 死んでもいいと無気力な生活を送っていた女は、山あり谷ありの生活を送ることになります。 主人公の女にとっては【ニライカナイとは豊穣と幸福をもたらし、還って行く場所】だったと思われます。 モンスト『ニライカナイ』 ニライカナイがゲームに登場しているのにはびっくりしました。 理想郷=ニライカナイを目指して冒険の旅に出発する勇者達の友情物語と思ったのですが、違ったようですね(苦笑) 人気ゲーム『モンスト』に登場するモンスターの一人とは…驚きです。 性質はやはり水属性で【悠久の祈りと魂が還る聖なる海】ということで、沖縄の伝承に忠実な性質のモンスターなんですね。 ストライクショットの「ニヌファブシ」は、「子の方角の星」という意味で北極星を表します。 北極星はいつも同じ場所にあるので、航海の目当てになるといった意味でしょうか。 ストライクショットの名前にまで沖縄方言を取り入れているところがさすがモンストです。 また、【悠久の祈りと魂が還る聖なる海】降臨クエストの中でも最も難しい部類の「爆絶降臨」の中の一つです。 筆者にはちんぷんかんぷんですが、皆さんは説明しなくてもわかってらっしゃるでしょう。 【降臨】で思い出すのは、ラスボスと呼ばれた小林幸子が紅白で初音ミクを歌ったときのこと。 「ラスボス降臨」とネット上ではリアルタイムで大騒ぎになりました。 ゲーム上のニライカナイは、きかん気な少年の姿をしています。 伝承における性質(全てを生み出し、受け入れる)を考えると、ドンと構えたお母さんタイプの気がするのですが、ゲーマーの年齢を考えれば少年のなってしまうのは当然かも知れませんね。 ニライカナイ~命が生まれ、帰って行く常世の国~ まとめ 遠く海の彼方に存在するというニライカナイ。 南の島の住人達は、命はそこから生まれ、魂はそこへ還って行くと信じていました。 どんな生き方をしても、どんな死に方をしても、みんなが同じ場所に還るんだという思いは、苦難の道を生きてきた沖縄の人達の救いでもあったような気がします。 その思いが籠もったニライカナイというモンスターは強敵である爆絶モンスターですから、そう簡単には倒せないと思いますよ。 最後まで読んでくださってありがとうございます。 マイベスト漫画は何と言っても山岸凉子の『日出処の天子』連載初回に心臓わしづかみにされました。 「なんでなんで聖徳太子が、1万円札が、こんな妖しい美少年に!?」などと興奮しつつ毎月雑誌を購入して読みふけりました。 (当時の万札は聖徳太子だったのですよ、念のため) もともと歴史が好きだったので、興味は日本史からシルクロード、三国志、ヨーロッパ、世界史へと展開。 その流れでギリシャ神話にもドはまりして、本やら漫画を集めたり…それが今に役立ってるのかな?と思ってます。 現在、欠かさず読んでいるのが『龍帥の翼』。 司馬遼太郎の『項羽と劉邦』は有名ですが、劉邦の軍師となった張良が主役の漫画です。 頭が切れるのに、病弱で美形という少女漫画のようなキャラですが、史実ですからね。 マニアックな人間ですが、これからもよろしくお願いします。

次の

沖縄の信仰って?「ニライカナイ」や「アマミキヨ」とは

ニライカナイ 石垣島

沖縄の信仰は、琉球王朝が明治時代まで続いていたため、全国的なものとは違いますよね。 沖縄の信仰で全国的にも知られる言葉と言えば、 「ニライカナイ」です。 「ニライカナイ」は言わば、 「神々の住む国」なのですが、この神々の住む国の存在をよくよく理解していくと、沖縄の信仰や御願文化も分かってきます。 せっかく御願を行うなら、 沖縄の信仰まで理解して心を込めて拝みたいですよね。 そこで今日は、沖縄の信仰が分かる、 ニライカナイについてお伝えします。 沖縄の信仰って? 「ニライカナイ」や「アマミキヨ」とは 沖縄の信仰、「ニライカナイ」って? 沖縄ではひとつの信仰として、「ニライカナイ」をよく聞きますよね。 ニライカナイは東の海…、沖縄は海に囲まれていますから、外国など他の大陸をイメージしますが、どうも違うのかもしれません。 海の神様は「リュウグ(竜宮)」と言います。 浦島太郎の竜宮城をイメージしますよね。 ・ 沖縄では昔から漁業が盛んでした。 魚やアーサ・貝…、 あらゆる海の恵みが海からやってきたのです。 沖縄ではハーリー大会で知られるユッカヌヒーなど、多くの 海の神様(リュウグ)への祈願が行われてきました。 沖縄の信仰、アマミキヨの伝説 もうひとつ、沖縄で 神職を司る役割に女性が多いことが分かるのが、天帝の命を受けた 「アマミキヨ」の伝説です。 実はニライカナイではなく、 天にあるもうひとつの神の国「オホツガグラ」から来た女神なのですが、このアマミキヨが沖縄開闢の祖と言い伝えられてきました。 夫婦神ではあるのですが、 主にアマミキヨの功労だと言われています。 ・ そのためか琉球王朝では、神事を司る役割は 「ノロ(祝女)」と呼ばれる女性でした。 民衆の神事でも女性が多く、男性の神人「カミンチュ」もいますが、女性の神職である「ユタ」さんが有名です。 この「アマミキヨ」ですが、その他にも 「アマミク」などとも呼ばれ、奄美大島でも同じようなアマミキヨの伝説が残っており、一説では「奄美」はアマミキヨが語源と言われています。 死者の魂はニライカナイへ 前項でお伝えしたように、琉球にはもうひとつの神々が住む 天界の島「オホツカグラ」があります。 ただこちらはどちらかと言えば琉球王朝の考え方で、「偉大なる神」として 力を持つ神々だったようです。 一方、 民衆の間で広がった天界が、海に存在する「ニライカナイ」だったようで、民衆に寄り添う存在でした。 ですから、 故人の魂もニライカナイへと帰ると信じられてきました。 ・ そして沖縄の信仰では、死者の魂はニライカナイで、その家の 守護神として生まれ変るとされ、「死者が亡くなってから 七代目に守護神になる」と信じられています。 これが沖縄の祖霊信仰、 御先祖様を神様とする由縁です。 ちなみに「魂」にも独自の沖縄の信仰があります。 こちらもお話すると長いので、また別の日にお伝えしますね。 琉球信仰の学者のなかには、死者の魂は交わらない 「超自然の神々」の世界と言われてもいます。 届けられるものは、良いものばかりではない このようにニライカナイは死者の魂が帰り、お仏壇やお墓を通して繋がって、お盆や清明祭では故人の魂がやってくる他、海の恵みを多く届ける 竜宮城のような存在です。 けれどもニライカナイが届けるのは、恵み多きものだけではありません。 害虫・疫虫と言った、災いも海を通して運んでくるとされてきました。 ・ 例えば、旧暦2月吉日に宮古や八重山地方で見られる旧暦行事、「 虫精進」(八重山地方ではタカビ)や、旧暦四月十四・十五日に行う「 アブシバレー」などもそのひとつです。 これらの旧暦行事では、田畑で取った害虫を草の船に乗せて、 海へと流す儀礼があります。 ニライカナイは、神道の「常世国」? ここまで知っていくと、沖縄の信仰は 神道に通じるものがあることが分かります。 民衆に広がった アミニズム文化と言えるのかもしれません。 ここから人々は多くの恵みを受けて生きてきました。 ・ この「常世国」が、ニライカナイの考え方と とても似ていることに気づきます。 ありがとう いかがでしたでしょうか、今日は沖縄の信仰が分かってくる、 「ニライカナイ」の存在を、女性神である「アマミキヨ(アマミク)」の伝説と共にお伝えしました。 沖縄では 拝みを捧げる聖地「御嶽」がありますが、その多くが川や大樹、海と言った自然そのものを祀っています。 また沖縄の信仰に祖霊信仰があるために、もともとは 遠い御先祖様のお墓だった御嶽も特徴的です。 これは自然由来の神様を祀った 御嶽を中心に、人々が暮らしがあったから…、今も沖縄では多くの人々が、祖霊を神様とし、 神羅万象を神様として拝みを捧げています。 まとめ ニライカナイに分かる、沖縄の信仰 ・ニライカナイは海に存在する、神々の国 ・アマミキヨが琉球開闢の女神 ・沖縄では神事は代々女性が担ってきた ・死者の魂はニライカナイへ帰った ・七代後に死者の魂が守護神となる ・ニライカナイからは害虫・疫虫も運ばれた ・ニライカナイは神道の「常世国」に似ている.

次の