椿 町 ロンリー プラネット 無料。 椿町ロンリープラネット 1

椿町ロンリープラネット 68話 12巻の収録だと思うのでネタバレに気をつけてください

椿 町 ロンリー プラネット 無料

6人の方が「参考になった」と投票しています。 この先の展開に期待!! ネタバレありのレビューです。 やまもり先生の作品はとにかく絵がお洒落で素敵!男性の色気が半端無いです。 父親の借金返済のため高校生で住み込み家政婦…。 ちょっとありえないスタートですが、読み進めていくうちに暁とふみの恋愛下手がもどかしくもキュンキュンしてしまい、先の展開が気になり過ぎて最新話まで一気読み。 ひるなかでは当然獅子尾先生とハッピーエンドだろうと思っていただけに、椿町ではまさか吾郎と?…なんてつい疑ってしまう描写もあります。 ひるなかの結末が悲し過ぎて思い出したくない!というのもあり、個人的に椿町とは分けて欲しい。 6人の方が「参考になった」と投票しています。 文句なく星5つ。 ネタバレありのレビューです。 作品のあらすじ端折ります。 これはすごく良いです。 親の借金のせいで住み込みで働くことになった女子高生が住み込み先の無愛想イケメンに恋する、という 文で言えばこれだけなのです。 今となっては良くある展開といえばそれまでなのです。 が、 その題材でこんなにも夢中にしてくれる作品に久しぶりに出会いました。 まず、人物描写が一つ一つ丁寧に描かれているので、キャラがぶれることなく安心して移入できます。 キャラクターの背景も徐々に出てくるのですが、きちんと作り込まれているので矛盾が生じない。 ここが雑だと、読んでいるうちに冷めてしまうのですが、非常に丁寧に感じました。 登場人物は何人も出てきますが、脇役、意地悪なライバル含めてすべて「わかる」って感じ。 どんな人にもその人生があってここにいて、その人なりの正解がある。 100パーセント悪も善もいなくて 、それが意識的にか無意識にかで描かれている作品はすごく好きです。 また、一見では突出して美麗とまでは感じない絵柄ですが、全ての作画が極めて安定していてどの角度からも人物描写が魅力的で色気があるというところに、嫌味・くせのない画力の高さを感じます。 ごめんなさい上からっぽいですが平たくいえば絵柄も絶妙で作品にすごくよくあってて大好きです! 語彙力急募 先生かっこよすぎて惚れてまうやろ。 ふみちゃんも可愛すぎやろ。 反則やろ。 大好きだ。 登場人物がすべていい味出してて、かつ主人公たちを応援できる作品です。 ドキドキもします。 いくら課金してもいいし作者に印税を払いたい単行本も購入します。 いつまでも手元に置いておきたい作品です。 36人の方が「参考になった」と投票しています。 裏切らない さすがですの一言に尽きます。 数多くの漫画家さんの中でも、群を抜いてお洒落でセンスのいい絵を描かれているというのが個人的な感想。 そして絵がまたどんどん上手くなっていらっしゃるから恐ろしいくらい。 笑 絵だけ上手くて中身空っぽ、なんてことも全く無く、主人公ふみちゃんのバックグランドや、出来上がっているキャラクターにブレがないからこのお話の世界に迷いなくどっぷり浸れる。 これが漫画の醍醐味ではないでしょうか。 あと、タイトルの中の『ロンリープラネット』の意味がここにきて解ったという新発見!! 多くは語りません、先生お見事です! 絵はもちろんですが、表紙にも作品の色がよく出ててお洒落で単行本も買って揃える価値ありです^^ やまもり先生作品のキャラの名前も、妙に好きですね。 つまり、この作品は読む価値大!読まなきゃ損!のオススメ漫画ということ。 3人の方が「参考になった」と投票しています。 すごく楽しい ネタバレありのレビューです。 久しぶりに少女漫画にはまりました! 番外編以外一気に読みました。 今振り返り中です。 親の借金のために働く女子高生家政婦ヒロイン、しかも家事上手でイイコ。 雇い主は年上だけど若いイケメン作家。 な~んて現実にはあり得ない設定なんだけど、でも、それがいいんだと思います。 私は暁先生に惚れました。 あの話し方、しぐさ、不器用なところ、顔、大好きです! 作者さんのイケメンの書き方のうまさに脱帽。。 それと、ふみちゃんのつくるお料理をみてて、私も家族のために料理頑張ろうって思えました。 正直、2人のラブシーンはもっと見たかったな、、とは思いますけど。 出会えてよかった作品です。 26人の方が「参考になった」と投票しています。 1日で一気に読んで三週しました、、 本当にいい漫画です。

次の

主婦目線の『椿町ロンリープラネット』1〜9巻感想・ネタバレ 年上作家先生との恋

椿 町 ロンリー プラネット 無料

椿町ロンリープラネット のあらすじ 母親を早くに亡くし、父親も借金のため遠くに働きに行き、 さらに家も立ち退かなければいけないという 状況に置かれている女子高生、大野ふみ。 父親が最後にふみに残してくれたのは、 木曳野暁という作家の家での家政婦の仕事。 そんな状況でも、借金返済の皮算用を目を輝かせながらするふみ。 そこいらの主婦よりよっぽど庶民じみてしまっているのが残念ですが、 目がクリっとしたとても可愛らしい女子です。 そんなふみの奉公先であり、新しい家は、椿町にある趣ある古民家。 いざ奉公に・・・と向かうふみでしたが、そこで見たものは・・・!? なんと、玄関先に倒れている男性。 慌てるふみですが、起き上がり、ふみの名前と年齢を聞いて、 小娘と言い放つ男。 家主は年配の作家だとばかり思っていたふみでしたが、 この男性こそ、作家で家主の木曳野暁なのでした。 ふみの目にはそう映ってないようですが・・・。 使えない小娘・・・という暁の発言に闘争心に火をつけられたふみ。 連日、家政婦としての仕事をきっちりこなします。 しかし、食事について言い合いになり、ふらっと前の家の前まで来るふみ。 そこへ暁がやって来て、帰るぞ・・・と言います。 暁は、編集担当であり、ふみを紹介した幼馴染に、 ふみの境遇を聞いたのでした。 家に帰ると、ふみの部屋が用意されていて・・・。 暁なりにふみを受け入れたようです。 こうしてスタートした主従関係のある二人の生活。 謎多き暁の生活も、なんとなく理解できるようになり、子どものように明るい表情、 誉められて照れる顏・・・そんな暁の色々な一面に触れ、 暁とうまくやっていけそうに思ってきたふみ。 そんな矢先、下着泥棒と遭遇したふみ。 暁に迷惑をかけないようにと、一人で立ち向かいますが、 逆に襲われそうになったところを暁に助けられます。 恐怖にうずくまるふみに、 「オレが守ってやる 頼れ」と言う暁。 それ以降、暁を意識して暁を避けるふみ。 さらに、ふみにからんでくる転校生。 ふみの彼氏疑惑浮上や、暁の風邪。 前作に引き続き、大人男子の色気と、 古き良き時代の女子との恋愛になるかならないか・・・ そんな日々が、読んでいてとても面白いです。 個人的には、ふみの考え込む横顔がとても美しくて好きです。 そして、暁が痴漢撃退後にふみに言ったセリフが最高に胸キュンでした。 また、丁寧な描写とセリフが、読んでいて小気味よく、気持ちがいい漫画です。 「椿町ロンリープラネット」は7巻まで出ています。

次の

[やまもり三香] 椿町ロンリープラネット 全14巻

椿 町 ロンリー プラネット 無料

1 丷• 4,860 views• 3,770 views• 3,340 views• 2,350 views• 2,200 views• 2,030 views• 1,870 views• 1,860 views• 1,790 views• 1,750 views• 1,670 views• 1,520 views• 1,480 views• 1,470 views• 1,420 views• 1,350 views• 1,340 views• 1,330 views• 1,300 views• 1,180 views• 1,120 views• 1,100 views• 1,090 views• 1,080 views• 1,070 views• 1,060 views• 1,040 views• 1,040 views• 1,000 views• 960 views• 950 views• 940 views• 860 views• 800 views• 780 views• 770 views• 760 views• 750 views• 750 views• 750 views• 730 views• 710 views• 700 views• 700 views• 700 views• 690 views• 690 views• 660 views• 660 views• 660 views•

次の