遺族 年金 いくら もらえる。 誤解の多い遺族年金のしくみとは

遺族年金の計算方法 誰でも5分で簡単に計算できる | マネーの達人

遺族 年金 いくら もらえる

夫が突然亡くなる!あり得ないようで実は身近に存在しています。 もしも夫が亡くなったら生活はどうなってしまう!? 私は45歳から遺族年金をもらっています。 実際未亡人になった女性は遺族年金だけで生活が出来るのでしょうか? 全く考えていないとかなり悲惨になります。 夫の仕事環境がしっかりとしたもので会社からの恩恵も受けられれば安心ですが。 もしもの時に困らないように経済的な地盤もしっかりと固めていれば心配いらないかもしれませんね。 夫が会社員だった場合は遺族年金はどのくらいもらえるのでしょうか?中高齢寡婦加算額が無くなる65歳からの年金は?残された妻は遺族年金だけで食べていけるのでしょうか? Contents• 夫が亡くなったら遺族年金はどのくらいもらえるの? <スポンサードリンク> 私の夫が亡くなった時、夫は厚生年金を25年しかかけていませんでした。 きっと満額40年かけていれば私が2か月に1回振り込まれる遺族年金ももっと多かったと思います。 それでも社会保険事務所の方は「あなたは恵まれている。 もっともらえていない主婦がいますからね」と言われました。 私が頂いている遺族年金は45歳から65歳までもらえる 中高齢寡婦加算額がプラスされています。 この額はみんな同じで、1年間に約59万円。 全部合わせた私の遺族年金の合計はOLの初任給位です。 だいたい、50代位の年代の平均的遺族年金合算はこのくらいだと思います。 もちろんもっと少ない人や多い人はいます。 中高齢寡婦加算が65歳で無くなったら遺族年金はかなり減るの? 私が今一番不安な点はココ!65歳まで10年切ってる私は65歳になったら中高齢寡婦加算が無くなってしまうのです。 約59万円が減るのはかなり痛手です。 ただし代わりに経過的寡婦加算というものが加算されます。 ただ・・・私はもらえない。 昭和31年4月1日以前に生まれた人しか加算されないのです。 年齢が若いほどそこまで金額的には多い額ではありませんが。 それでももらえたほうが良いですよね。 中高齢寡婦加算が無くなってしまったら65歳からいくら遺族年金がもらえるの? <スポンサードリンク> 中高齢寡婦加算が無くなってしまったら、年間の59万円が入金されてきませんし、私の場合昭和31年4月生まれよりも後に生まれたので、経過的寡婦加算もない! 今よりもかなり遺族年金が少なくなってしまう? 中高齢寡婦加算が65歳から全く無くなっても代わりに自分の老齢年金が入るのです。 でもそこも微妙。 計算式は二つあるようです。 自営業の夫が亡くなって悠々自適を送っている未亡人 自営業で国民年金しか下りない、子供がいない場合は夫が会社員と違ってまともに遺族年金が出ないとなると自助努力をするかしないかが分かれ道になって来ます。 うちの近所の商店の自営業の奥さんは夫が亡くなってから、家を丸ごと建て替え。 今まで夫婦二人で商売をしていましたがそれをたたんで何もしていない様子。 こんな女性が近所に二人。 とても立派な家を建て替えました。 おそらく仕事をしていないということは夫にもしもの時には毎月年金のように入ってくる保険に入っていたのかもしれないですね。 または結構な額の保険金をかけていたんだと思います。 自営業で働いている夫婦はもしもの時のことを考えなければ本当に大変です。 もう一人の女性はまさか夫が突然亡くなるなんて思わないから、保険もかけてませんでした。 一生懸命今その女性は働いています。 幸運なことに実家の家で家賃なしで住めているからまだ救われます。 国民年金は微々たるもの。 やはり自営業の人は先々の経済的な不安を解消しておかなくては後が大変なことになります。 いろんなケースにより、保険も様々ですが自営業の人は特に将来のお金の計画を早めにファイナンシャルプランナーの方に相談しましょう。

次の

遺族年金はいつまで・いくらもらえる?支給条件などわかりやすく解説

遺族 年金 いくら もらえる

遺族年金とは?わかりやすく解説します! 遺族年金は、国民年金または厚生年金保険の被保険者または被保険者であった方が、亡くなったときに、その方によって生計を維持されていた遺族が受けることができる年金です。 参考: 遺族年金について、まず知っておかなければならないのが、 【国民年金または厚生年金の受給要件を満たしていること】 これが遺族年金制度の土台にあります。 そして、• ややこしくなりますが、自分はどの年金をもらえるのかを確認しておきましょう! 遺族基礎年金の条件 遺族年金を受給できるのは『国民年金に加入している』または『25年以上の加入期間がある人』で、残された遺族が『子のいる配偶者』と『子ども』です。 年金をもらえるのは、子どもが18歳になったあとに最初に迎える3月31日までです。 つまり、遺族基礎年金は『子どもの育英年金』と考えることができます。 遺族厚生年金の条件• 厚生年金の加入者が在職中に死亡したとき• 退職後でも、在職中に初診日があり、その傷病によって5年以内に死亡したとき• 障害厚生年金の受給資格者(1級または2級)• 老齢厚生年金の受給資格者(25年以上の加入期間) 上記の条件を満たした場合、• 妻(子のない30歳未満の妻は5年間の給付のみ)• 子、孫(18歳になったあとに最初に迎える3月31日まで)• 55歳以上の夫、父母、祖父母(60歳から受給できる) 一方の、厚生年金は会社員や公務員と、その配偶者(被扶養者)となっている人が加入しています。 自営業やフリーランスの人たちは厚生年金に加入できないので、遺族厚生年金の支給条件を満たしていないことになります。 遺族基礎年金 遺族厚生年金 自営業、フリーランス、学生 (第1号被保険者) もらえる 資格なし 会社員、公務員、その被扶養者 (第2号被保険者と第3号被保険者) もらえる 資格あり 遺族年金はいくらもらえる? では、実際にどれくらいの年金がもらえるのかを確認していきましょう! 遺族基礎年金の計算方法 年金額は毎年のように変更されているので、細かく正確に計算したい場合は日本年金機構で年金額の確認が必要です。 とはいっても、そこまで大きく変化することはないので、ざっくりどれくらい?って人は調べる必要はないかと思います。 子の加算とは、2人目までは1人につき224,500円が加算され、3人目以降は74,800円が加算されていきます。 遺族厚生年金の計算方法 遺族厚生年金の計算方法は非常に面倒です。 に計算式が公開されていますが、今までの自分の給料明細を確認しないと不可能です! ということで、【年金定期便】の出番です! 年金定期便の『これまでの加入実績に応じた老齢厚生年金額』という欄に『年金額』が記載されていますね! この金額の4分の3の金額が遺族年金として受給できる金額になります! 厚生年金の加入期間が25年未満の人 在職中に死亡した人や、 障害厚生年金の受給資格者(1級または2級)に該当する場合は、加入期間が25年に満たなくても遺族厚生年金を受給できることができましたね! この条件に該当する人は、加入期間がたとえば5年でも25年として計算されます。 『これまでの加入実績に応じた老齢厚生年金額』は、加入期間が5年だと当然、低い金額になってしまいますよね。 中高齢の加算ってなに?• 夫が亡くなったときに40歳~65歳未満で生計を同じにしている子がいない妻• 遺族基礎年金と遺族厚生年金を受け取っていた子のいる妻が、子が18歳に達して遺族基礎年金を受給できなくなった(40歳に到達した当時、遺族基礎年金を受け取っていることが条件) 上記のどちらかの条件に当てはまる場合、年額で585,100円が遺族厚生年金に加算されます。 この制度は年金を受け取る時期までの空白の期間を埋めるためのものですね! 40~65歳のあいだに夫が亡くなった場合、収入の減少分を補うのは難しいことです。 十分な加算額とは言えないにしろ、中高齢の加算で少しでもお金の負担を減らせるのは、ありがたいことだと思います。 遺族年金はどうやって請求するの? 遺族年金は【請求】しないともらえません。 自動的に事務処理が行われるわけではありません。 必要な書類• 年金手帳• 戸籍謄本• 世帯全員の住民票(マイナンバーがわかれば省略できる)• 住民票の除票(なくなった人の)• 子の収入がわかるもの(中学生以下は不要、マイナンバーがわかれば省略できる)• 死亡診断書• 印鑑(認印) 用意する書類が多いですが、マイナンバーがわかれば、省略できるものもありますね! どこで請求するの? 遺族基礎年金は、住んでいるところの市区町村役場の窓口で請求できます。 ただし、在職中に死亡した場合は、年金事務所または年金相談センターで請求することになります。 遺族厚生年金は、 年金事務所または年金相談センターで請求することになります。 遺族年金を貰えなくなることはある?• 再婚したとき• 年収が850万円を長期的に越える予想ができる場合 この場合は、遺族年金が止まり、もらえなくなります。 年金は『収入の保険』ですので、収入を補える状況になれば、年金はなくなるってことですね。 つまり、月額で12万7,000円の遺族年金を受給できることになります。 この金額を考えると、生命保険でどれくらいの金額を用意するればいいのかもわかってきますね! まとめ 遺族年金を受給できる条件は細かく決められているため、この記事を読んで、 『もしかしたら該当してるかも?』 と思った人は、住んでいる近くの年金事務所か年金相談センターに問い合わせるようにしましょう! できる限りわかりやすく解説したつもりですが私自身、遺族年金を受給した経験がないための資料を読み込み、執筆しました。 自営業やフリーランスの第1号被保険者の人は遺族厚生年金がもらえないですし、遺族基礎年金についても25年の加入条件があるため、なかなか受け取ることが難しくなっています。 会社員や公務員よりも『死亡したときの対処』をしっかりと考えて準備しておかないと残された遺族が苦しむことになってしまいます。 また、公務員や会社員の人でも遺族厚生年金だけでは残された家族が十分な年金を受け取れるとは言えません。 死亡のリスク対策が重要なんです!! 遺族年金は、一般的な年金よりもわかりにくく、受給条件を満たしているか微妙なケースも多いので、制度をある程度理解したら、電話等で問い合わせるようにしましょう! 男の子3人の子育てに奮闘する30歳のシングルファザー。 お菓子作りや、お裁縫、料理が得意な女子力高めのパパです! 笑 2級ファイナンシャルプランナーの資格を取得し、年金や税金、投資に関する記事を中心に執筆中。 趣味は読書で月に10~15冊ほどを読んでいます。 休日は息子たちにいろいろな体験をしてもらうために、お出かけが中心の生活です。 関連する記事• 突然ですが『付加年金』というものを知っていますか? とってもお得な制度で、元が取れるっていうレベルじゃないくらい凄い制度です。 しかし、付加年金って言[…]• 年金定期便は毎年、誕生月に送られてくるものですね。 何気なく目を通して、そのままゴミ箱に・・・なんて人もいるみたいですが、老後にもらえる年金額も記載さ[…]• 日本の年金の種類は、 国民年金と厚生年金の2種類です。 あれ?共済年金は違うの? という疑問を持つ人もいるかもしれませんが、共済年金は2015年10月[…]• 老後までに2,000万円を自分で準備しないと『老後破綻』する…。 新聞やニュース、ネットで話題になった老後2,000万円問題ですが、『夫婦2人』という[…]• 公益財団法人生命保険文化センターによると、生命保険の世帯加入率は88. […]• 20歳になると、会社員、フリーランス、学生、フリーター、無職などなど。 どんな職業の人でも国民年金の保険料を納付することになります。 年金と聞くと、い[…]• 日本の年金制度は破綻する! 専門家がメディアでこんなことを言っていますが、 それって本気で言ってますか?と私は疑問に感じてしまいます。 ハッキリ言って[…]• 自分はいったいどれくらい年金をもらえるの? 老後の主な収入源は年金になりますし、もらえる金額は非常に重要なことですね。 年金の金額はどれくらいなのか?[…]• 公的年金と聞くとなんだか難しそう、ややこしくて良くわかんない。 と思ったことはないですか? 公的年金といっても『国民年金』、『厚生年金』、『共済年金』が[…]• 国民年金基金は社会人なら聞いたことのある言葉だと思いますが、どういった制度なのかをしっかりと分かっている人は多くありません。 iDeCoも話題になって[…].

次の

夫婦で年金受給の世帯で夫が死んだらどうなる?

遺族 年金 いくら もらえる

遺族年金は 70歳以上でももらえる 遺族年金は、 70歳以上でも、要件を満たせばもらえます。 夫婦共に 70歳以上の場合でも、夫婦のうち亡くなった人だけが 70歳以上の場合でも、遺族となった人だけが 70歳以上の場合でも、要件さえ満たせばもらえます。 70歳になる前と後とで、もらうための要件が変わることもありません(つまり、 69歳でも 70歳以上でも変わりません。 遺族年金には、遺族基礎年金と遺族厚生年金があります。 遺族基礎年金については、亡くなった人やその配偶者の年齢は関係ありません。 子供の年齢等の要件(子供が 18歳になった年度末の 3月 31日まではもらえる)を満たせばもらえます。 遺族厚生年金については、受給資格期間が 25年以上あること等の要件を満たせば、もらえます。 遺族年金をもらうための要件 遺族年金をもらうための要件について、遺族基礎年金と遺族厚生年金とに分けて、それぞれ説明します。 遺族基礎年金 遺族基礎年金は、亡くなった人に関する要件と、遺族に関する要件の両方を満たしている場合でなければもらえません。 始めにお伝えしておくと、 亡くなった人に子供がいない場合や亡くなった時点で子供が 20歳以上の場合は、遺族基礎年金はもらえないので、遺族基礎年金の説明は飛ばして、遺族厚生年金の説明に移ってください。 それでは、以下、遺族基礎年金がもらえる要件について説明します。 亡くなった人に関する要件 亡くなった人が、次のいずれにも該当しない場合は、遺族基礎年金はもらえません。 国民年金の被保険者である間に死亡したとき• 国民年金の被保険者であった 60歳以上 65歳未満の人で、日本国内に住所を有していた人が死亡したとき• 老齢基礎年金の受給権者であった人(保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間を合算した期間が 25年以上ある人に限られます。 )が死亡したとき• 保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間を合算した期間が 25年以上ある人が死亡したとき 上記の 1または 2の場合は、死亡日が含まれている月の前々月までの被保険者期間に、国民年金の保険料納付済期間および免除期間、厚生年金保険の被保険者期間、共済組合の組合員期間の合計が 3分の 2以上あることが必要です。 なお、 死亡日が 2026年 3月末日までのときは、亡くなった人が 65歳未満であれば、死亡日が含まれる月の前々月までの直近 1年間に保険料の未納がなければよいことになっています。 遺族に関する要件 まず、 「死亡した人によって生計を維持された人」でなければ、遺族基礎年金はもらえません。 「死亡した人によって生計を維持された人」とは、死亡当時、死亡した人と生計を同一にしていた人で、原則として、年収 850万円未満の人が該当します。 そのうえで、遺族基礎年金を受け取ることができる遺族に該当するかどうかは、簡易的に、下のフローチャートに沿って確かめることができます。 (出典:日本年金機構「遺族年金ガイド 平成 30年度版」) この フローチャートで「該当しません」になった場合は、遺族基礎年金はもらえません。 遺族厚生年金 遺族厚生年金も、遺族基礎年金と同様に、亡くなった人に関する要件と、遺族に関する要件の両方を満たしている場合でなければもらえません。 始めにお伝えしておくと、 亡くなった人が厚生年金と共済年金のいずれにも加入したことがない場合は、遺族厚生年金はもらえません。 それでは、以下、遺族厚生年金がもらえるケースについて説明します。 亡くなった人に関する要件 まず、 亡くなった人について、次のいずれかにも該当しない場合は、遺族厚生年金はもらえません。 厚生年金保険の被保険者である間に死亡したとき• 1級・ 2級の障害厚生年金を受け取っている人が死亡したとき• 老齢厚生年金の受給権者であった人(保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間を合算した期間が 25年以上ある人に限られます。 )が死亡したとき• 厚生年金保険の保険料納付済期間、保険料免除期間および合算対象期間を合算した期間が 25年以上ある人が死亡したとき 上記の 1、 2の場合は、死亡日が含まれる月の前々月までの被保険者期間に、国民年金の保険料納付済期間および免除期間、厚生年金保険の非保険者期間、共済組合の組合員期間の合計が 3分の 2以上であることが必要です。 なお、死亡日が 2026年 3月末日までのときは、死亡した人が 65歳未満であれば、死亡日が含まれる月の前々月までの直近 1年間に保険料の未納がなければよいことになっています。 遺族に関する要件 遺族厚生年金は、「死亡した人によって生計を維持された人」でなければもらえません。 「死亡した人によって生計を維持された人」とは、死亡当時、死亡した人と生計を同一にしていた人で、原則として、年収 850万円未満の人が該当しますが、死亡当時に年収 850万円以上であっても、概ね 5年以内に年収が 850万円未満となると認められる事由(退職・廃業など)がある人は、遺族厚生年金を受け取ることができます。 そのうえで、遺族基礎年金を受け取ることができる遺族に該当するかどうかは、簡易的に、下のフローチャートに沿って確かめることができます。 (出典:日本年金機構「遺族年金ガイド 平成 30年度版」) このフローチャートで「該当しません」になった場合は、遺族厚生年金を受給資格はありません。 しかし、 「該当します」になった場合は、死亡当時に死亡した方によって生計を維持されていた遺族の中で、以下の優先順位が最も高い方が遺族厚生年金をもらえます。 (出典:日本年金機構「遺族年金ガイド 平成 30年度版」) 70歳以上の場合、遺族年金はいくらもらえる? 70歳になる前となった後とで遺族年金の金額が変わることはありません(つまり、69歳でも70歳以上でも変わりません。 以下、配偶者がもらえる遺族年金の金額の基本的な計算方法について、遺族基礎年金と遺族厚生年金とに分けて説明します。 配偶者がもらえる遺族基礎年金の基本的な計算方法 配偶者が受け取る遺族基礎年金の金額(年額)は、「 779,300円+子の加算額」で計算することができます。 子の加算額は、 1人目と 2人目が 1人につき 224,300円、 3人目以降が 1人につき 74,800円です。 なお、 子の加算額の対象となる子は、遺族基礎年金の受給資格と同じく、次の 1と 2のいずれかを満たし、かつ、 3も同時に満たす子のみです。 20歳未満で障害等級 1級または 2級の障害の状態にあること• 婚姻していないこと したがって、例えば、ある子が 18歳になった年度の年度末を過ぎると、その子は子の加算額の対象からも外れます。 対象となる子が 3人以上の場合に 1人が対象から外れると、加算額は 74,800円減額されます。 対象となる子が 2人以下の場合に 1人が対象から外れると、加算額は 224,300円減額されます。 配偶者がもらえる遺族厚生年金の基本的な計算方法 遺族厚生年金の金額は、老齢厚生年金の報酬比例部分の 4分の 3 です。 老齢厚生年金とは、公的年金制度のひとつで、厚生年金に加入していて受給要件を満たした人が、原則 65歳に達してから老齢基礎年金に上乗せしてもらえる年金のことです。 老齢厚生年金には、報酬比例部分と定額部分とがあり、報酬比例部分とは、年金額が厚生年金保険加入期間中の報酬及び加入期間に基づいて計算される部分です。 老齢厚生年金の報酬比例部分は、平成 15年 3月以前の加入期間におけるもの( A)と、平成 15年 4月以降の加入期間におけるもの( B)とを足し算して計算します。 Aは、次の計算式で求めることができます。 標準報酬月額とは、被保険者が事業主から受ける毎月の給料などの報酬の月額を区切りのよい幅で区分したもののことです。 なお、亡くなった人が老齢厚生年金の受給権者だった場合は、 A式中の 7. Bは、次の計算式で求めることができます。 標準賞与額とは、税引き前の賞与総額から千円未満を切り捨てた金額です( 1か月あたり 150万円が上限)。 亡くなった人が老齢厚生年金の受給権者だった場合(前述の死亡した人に関する要件の 4に該当する場合)は、 B式中の 5. なお、 前述の死亡した人に関する要件の 1~ 3に該当する場合は、厚生年金の被保険者期間が 300月( 25年)未満の場合は、 300月とみなして計算します。 遺族年金は自分の年金(老齢年金)と両方一緒にもらえるの? 遺族基礎年金と老齢年金は両方一緒にはもらえない 遺族基礎年金と老齢年金は、両方一緒にはもらえず、どちらをもらうか選択しなければなりません。 もらえる老齢年金が老齢基礎年金だけの場合(自営業者だった人など)は、通常、老齢基礎年金の金額よりも遺族基礎年金の金額の方が大きいので、遺族基礎年金を選択した方が得になるでしょう。 一方、老齢基礎年金に加えて老齢厚生年金ももらえる場合(会社員や公務人だった人など)は、通常、遺族基礎年金の金額よりも「老齢基礎年金+老齢厚生年金」の金額の方が大きいので、老齢年金を選択した方が得になるでしょう。 しかし、 老齢厚生年金をもらえる場合は、遺族厚生年金ももらえることが多く、上の例のように、遺族厚生年金と遺族基礎年金のみという組み合わせの方はほとんどいないでしょう。 遺族厚生年金と老齢年金は両方一緒にもらえるケースともらえないケースがある 遺族厚生年金と老齢年金は、両方一緒にもらえるケースともらえないケースがあります。 まず、 遺族厚生年金と老齢基礎年金は、両方一緒にもらえます。 他方、老齢厚生年金については、少し複雑です。 まず、遺族厚生年金と、特別支給の老齢厚生年金は、両方一緒にはもらえず、どちらかを選択しなければなりません。 特別支給の老齢厚生年金とは、 60歳から 64歳までの間にもらえる老齢厚生年金のことです。 通常は、遺族厚生年金の方が金額が大きく、そちらを選択することになるでしょう。 そして、 65歳以降にもらう老齢厚生年金は、遺族厚生年金と両方一緒にもらうことになりますが、遺族厚生年金の老齢厚生年金に相当する金額はもらえません。 つまり、もらえる金額としては、老齢厚生年金をもらっていないのと同じことになります(もっとも、遺族年金は非課税で、老齢年金は課税されるという違いはあります)。 そうすると、 自分自身が納めた保険料が年金額に反映されないように思われるかもしれません。 しかし、遺族厚生年金の金額は、次の 2通りの計算方法のうち、いずれか多い額が支給されることになっています(遺族厚生年金の受給権者が亡くなった人の配偶者である場合)。 税制上の扶養 税制上の扶養に入るメリットは扶養している人の税金が安くなることです。 70歳以上の人が子供や孫の扶養に入る場合、同居している場合は、所得税が 58万円、住民税が 45万円控除され、同居していない場合は、所得税が 48万円、住民税が 38万円控除されます。 例えば、年収 500万円の人が同居の 70歳以上の親を扶養に入れた場合、所得税と住民税を合わせて 10万円近く税金が安くなります。 税制上の扶養に入るには、生計を一にしていること、年間の合計所得額が 38万円以下(給与収入のみの場合、 103万円以下)であること等の条件があります。 遺族年金は非課税なので、合計所得額に含まれません。 社会保険上の扶養 社会保険上の扶養に入るメリットは扶養されている人が国民健康保険料を納付しなくてよくなることです。 国民健康保険料は 75歳になるまで納めなければならないので、 75歳未満の人であれば、社会保険上の扶養に入るメリットがあるといえます。 なお、扶養する人が社会保険組合ではなく国民健康保険の被保険者(加入者)の場合は、扶養されていても、扶養されていなくても、健康保険料の金額は同じなので、扶養に入る意味はありません。 遺族年金をもらっていても、遺族年金を含めた年収が、 180万円以下で( 60歳未満の場合は 130万円)、かつ、同居の場合は被保険者本人の年収の 2分の 1未満、別居の場合は被保険者本人からの仕送り額よりも少ないときは、社会保険上の扶養に入ることができます。 まとめ 以上、 70歳以上の人の遺族年金について説明しました。 家族が亡くなると、年金関係に限らず、様々な相続手続きが必要となることが多いです。 行政書士、司法書士といった専門家にまとめて依頼することで、手間が省けますし、申請漏れで損することもなくなります。 一度、相談してみるとよいでしょう。

次の