エアリスとセフィロス 関係。 FF7の正ヒロインがエアリスである客観的な理由

【FF7リメイク】クラウドはティファが好きなのかエアリスが好きなのかどっちなの?【FF7R】

エアリスとセフィロス 関係

注意 このキャラクターは、その所業ゆえにアンチが非常に多く、時折 過剰なキャラヘイト表現や、『似たような人物』などの本来の趣旨から離れた内容の書き込みが行われる事があり、それが原因となって編集合戦へと発展する事も多々あります。 原則中立性のある記事を保つ為、そして無益な編集合戦を防ぐ為にも そういった書き込みは極力控える様お願い致します。 ちなみに、千葉氏はFFシリーズではほかにとサボテン車掌を演じている ミッドガルを牛耳る大会社「神羅カンパニー」の科学部門総括である科学者。 人の命すら研究材料として扱う、危険な思想を持った。 笑い声は「クックック……」だが、狂気があらわになると「クァックァックァ! 」という哄笑に変化する。 更にテンションが上がると「ヒーッヒッヒッヒッ! 」になる。 の出生に大きく関係があり、そのため『FFVII』シリーズの殆どの事件に何らかの形で関わっていると言える。 FF7DC、CCとFF7Rではデザインが若干異なる。 リメイク版ではメガネのデザインやノーネクタイになっている等細部のデザインが異なる。 経歴 神羅カンパニーに入社する前の経歴や故郷などは一切判明していない(FF7世界でとても珍しい漢字表記の名前のためウータイ方面出身なのでは?という考察も在る)。 最初から科学部門総括だったわけではなく、昔は前科学部門総括であるが提唱した古代種を蘇らせる「ジェノバ・プロジェクト」に、後に妻となると共に参加する立場であった。 この際に、自分とルクレツィアの子供をガストのジェノバ・プロジェクトに提供した。 つまり の実父である。 しかし、胎児のに細胞を移植した結果、ルクレツィアに異変が起こる。 これによりジェノバは古代種ではないと発覚する。 プロジェクトの責任者のガスト博士が「とんでもないことをしてしまった」と神羅から手を切り失踪してしまったため、ホランダーと後任をめぐる争いがあった後に正式に後任として科学部門総括に就任し、ジェノバの利用方法の解明と本物の古代種の捜索も行っていた。 戦士として優れた資質を発揮したセフィロスの模倣としてジェノバ細胞と魔晄を用いて強化した人間「ソルジャー」の開発や、ジェノバ細胞のリユニオン仮説の証明のための実験体「セフィロスコピー」なども彼の研究の一環である。 劇中に登場するモンスターも、人間に高密度の魔晄を浴びせて変異させた存在である。 に改造手術を施して不老で怪物に変身する能力を与えたり、本物の古代種を確保する際にそれを止めようとしたガスト博士が死ぬ原因を作るなど、いくつかの因縁も生み出している。 古代種を用いた実験の意義について「この星の運命を変えることができるんですよ!」とガスト博士に熱く語っていたが、ガスト博士の死や神羅が古代種の力を用いたネオ・ミッドガルド計画を凍結したためか、 神羅の実験所から脱走した後の純血古代種(イファルナ)についての動向は知らなかったようで、ビーチで出会ったエアリスに彼女が元気にしているか訪ねている。 リメイクではイファルナを解剖し彼女をサンプルとして保存している発言をしている。 この時の千葉氏の演技は正に怪演と言っていい物なので必見。 人物 一言で言ってしまえば、科学と自身の頭脳を絶対として、研究や科学の発展のためなら何をやっても構わないというとんでもない外道なマッドサイエンティストそのものである。 人の命が研究のために失われることをなんとも思わず、異種交配実験や悍ましい研究サンプルなど命を弄んでいるようにさえ見える。 しかし、昔からずっとこういう性格だったわけではないようで、ルクレツィアの胎児にジェノバの細胞を移植することについても 「反対だ!そんな人体実験をなぜ!」と激しく問い詰めるヴィンセントに 「私も、彼女も、科学者だ!!」と激しく反論する… 続編の一つであるの回想シーンでも、自分を選んでくれたルクレツィアを温かく迎え抱擁を交わし合うなど、当時の宝条は倫理観や情緒的な問題を理解できてはいた様子で、 ヴィンセントは狂気に飲まれた現在の宝条を目の当たりにするまでは、同情的な面さえ見せていた。 曰く、 「宝条…不幸な男」「科学的センスのなさ…つきまとう天才ガスト博士との比較……」 「ルクレツィアは宝条を守ろうとしてあの男を選んだ……今ならわかる……わかるが……しかし……」とのこと。 本編での本人もマッドサイエンティストとして振る舞いながらも実際は自分に科学センスがないことを自覚し、その劣等感を時折垣間見せている。 とある理由でだと思いこんでいた自分の科学的センスのなさを見せつけられた際には「自分の科学的センスのなさを痛感させられる」「自分がイヤになる」と自嘲している。 ルクレツィアが身篭った自分の子供(セフィロス)に対しては(歪んではいるが)愛情を持っていたようだが、父親として接することはなくセフィロスからは嫌われていた。 過去のセフィロスは「コンプレックスの塊のような男」とその劣等感を評し、「偉大な科学者の仕事を引き継いだ未熟な男」「こんなことをしたって、あんたはガスト博士にはかなわないのさ」と天才のガスト博士と比較して宝条を蔑んでいた。 このことは宝条自身も知っており、「見下していた私が父親だと知ったらどう思うかな」と哄笑を上げている。 また、セフィロスによると「不思議な力なんて非科学的な言い方は許さん! 魔法なんて呼び方もダメだ!」という科学的でない曖昧な表現を嫌う面もあったとのこと。 一方で飄々としたところがあり、神羅ビルでの事件の後は独自にセフィロスを追うために神羅カンパニーを辞めたのだが、何故かビーチで女の子たちを侍らせて日光浴をしていた。 しかも「たまにこういうのもいいものだね」と満更でもない様子。 唐突なキャラ崩壊にもほどがある。 最期 科学、そして科学者であることに拘り、数々の非道に手を染めて来たが、終盤で人智を超えた力を手に入れたセフィロスが成そうとしていることを前に 「お前の前では科学は無力だ」「悔しいが認めてやる」と敗北を認め、「科学を超えてゆけ」と称して最後の手助けとしてを使って砲身の爆発による自身の死もミッドガルの被害も省みずに息子であるセフィロスに大量の魔晄エネルギーを送ろうとする(理由に関しては「息子が力を必要としている」「罪滅ぼしなどではなく科学者としての欲望だ」とのこと)。 そしてそれを止めに来たたちと交戦する。 科学者としての欲望に負け、事前にジェノバ細胞を移植しており、その力クラウドたちで試そうとする。 更に追い詰められると魔晄ジュースを服用し、人としての姿も失ったモンスターと化してクラウド達に襲い掛かるが敗北。 散々重ねた非道を自らの肉体に体現した末に死亡するという末路を辿った。 この時ヴィンセントを連れていると「宝条……永遠に眠れ……」と言葉を手向けられる。 モンスターとしての宝条 宝条 LV:50 HP:13000 MP:250 プドゥレアサンプル LV:42 HP:10000 MP:200 イビルラップサンプル LV:34 HP:11000 MP:120 シスターレイにおいて3連戦。 ジェノバ戦専用BGM「J-E-N-O-V-A」が流れる中、戦う事になる。 マッドサイエンティストの状態では「カプセル」で2体のサンプルを呼び出すが、体力的にも低いため楽。 2体のサンプルは倒してもキリがないので、宝条だけを狙うこと。 倒せば ヘレティック宝条へ進化する。 ヘレティック宝条 LV:55 HP:26000 MP:200 (右腕) LV:55 HP:5000 MP:300 (左腕) LV:55 HP:24000 MP:400 魔洸ジュース(ジェノバ細胞)によって人ならぬ姿となった宝条。 右腕は切っても切っても再生する。 なお、 ヘレティックとは 「異端」の意。 「」を唱えるので、混乱状態には注意すること。 稀に同士討ちをして敗北することもある。 HPは本体が26000、右腕が5000、左腕が24000。 実は本体を倒さずとも、両腕を潰してしまえばその時点で極限生命体宝条NA戦に移行する。 とはいえHPを見れば分かるように、普通に本体を倒してしまう方が早いのだが。 極限生命体宝条NA(きょくげんせいめいたいほうじょうエヌエー) LV:58 HP:30000 MP:100 ジェノバ細胞によって人ならぬ姿となった宝条の最終形態。 「NA]の意味は公式には説明されていないが、「Not Available = 該当データ無し」が有力。 得意技はコンボ。 内容は、1、3発目が単体物理、2、4発目が単体魔法の4連続攻撃で、 1発目は異常なしだが、2発目が毒、3発目が暗闇、4発目が睡眠の状態異常を持っている。 を装備しないと危ない。 魔法で攻撃すると、でカウンターをして沈黙状態にしようとする。 ヴィンセントの因縁の相手であり、最終決戦にヴィンセントを連れていくと彼の妻や息子に悪びれない発言を聞いてヴィンセントが怒りと決別を告げる追加演出が発生する。 しかし、 宝条側からの追加セリフは一切無いので宝条側からヴィンセントに何を思っているかは不明。 そもそも二人の会話シーン自体が過去の人体実験について口論になっているシーンのみであり、交友関係はジェノバ・プロジェクト当時護衛であったこと以外は詳細不明。 FF7CCでは実は20年以上も続く「セフィロスプレミアムファンクラブ」の会長。 セフィロスの写真やシャンプーの商品や使用量を提供していたりと、意外と精力的に活動していたという設定であり、セフィロスへの歪んだ愛情が見える。 ルクレツィアの夫であり、ヴィンセントの因縁の相手ということもあり、度々回想シーンで登場する。 以下ネタバレ! かっ…はっははははははははははは! そうだ! 宝条だよ!! はははははははははははは!! 実は ネットワーク内で断片として精神のみ生き残っていたことになり 宝条曰く『新たなリユニオン』 、ディープグラウンドソルジャーのボスであるヴァイスの体を乗っ取りと対峙する。 7本編では科学者としての狂気的欲求で自身にジェノバ細胞を埋め込んでいたが、その真意はヴィンセントの最終リミットの姿『』と対をなす存在にして最強の『』との融合を果たすことだった。 その融合のために強靭な肉体を必要とした宝条は、7本編内の魔晄キャノンでクラウドたちと対峙した際にジェノバ細胞を埋め込んで強化を試みた。 しかしこれは宝条自身が自我をジェノバ細胞に食われてしまうこととなり、失敗。 結局ただの醜悪なモンスターにしかならず肉体はクラウドたちの手で滅ぼされた。 実際この手段は、クラウドをはじめとしたセフィロス・コピーたちを見てわかるようにかなり危険性の高い賭けとも言えただろう しかしその時の保険として、自分の精神をネットワーク内の断片をばらまいていた。 そしてネットワーク内で一つに再構築され精神のみで生き延びた宝条は、神羅の地下に隠されていたディープグラウンドソルジャー、ヴァイスの肉体に目を付け、自分がオメガの力を独占し行使するための器として彼の肉体を乗っ取ったのである。 元々この融合の理論は、ルクレツィアがかつて確立させていた『カオス』の理論をもとにしている。 最初は信じていなかった宝条だったが、 時期は不明だが7本編内にて ヴィンセントがカオスに変身したのを見て本当だったと確信し、これに目を付けた彼は自分のオメガと融合できるのではと考えたのがきっかけだった。 ヴィンセントを腐れ縁と宝条が称しているが、本編唯一の会話シーンである過去の人体実験について口論からしてDCでは「お腹の赤ん坊を……実験に使うなんて……」と気弱に質問するヴィンセントとそれを「はっ、お前が何を言いたいかしらんが、彼女も私も科学者だ」と嘲り一蹴する宝条というシーンに改変されているため、本編でどうだったかは不明。 当初はオメガの力を持ってヴィンセントを圧倒する。 劣勢に追い込まれたヴィンセントは、力の制御のために埋め込まれていたエンシェントマテリアを失っていたためカオスの力を制御しきれず暴走状態となる。 しかしルクレツィアの呼びかけをきっかけに、元の姿のままカオスの力を引き出したヴィンセントの手によって宝条は敗れる。 自身の敗北を信じられず狼狽えていた矢先、本来のヴァイスの精神力と、直前にヴィンセントに倒されたはずのネロによって宝条の精神は完全に消滅した、いい気味だ。 こいつには地獄すら生ぬるい!! 関連記事 親記事.

次の

FF7エアリスの死亡シーンについて

エアリスとセフィロス 関係

スポンサーリンク 関係性をまずはおさらい まず、ティファとクラウドは同じニブルヘイムの出身であり、幼馴染という一面があります。 幼少期から仲が良く、どちらかと言えばティファは小さな頃からクラウドに対してアピールしている印象が強い女性ですね。 その一方でエアリスと初めて出会ったのはスラムの教会ですが、それまで 初期のアバランチの助っ人など 金にしか興味のなさそうだったクラウドがデート1回の報酬で護衛を引き受けるとい行動を取っています。 うーん。 ティファ 勝ち目ないんじゃないか? エアリスが死んだ時のクラウド エアリスが擬態ジェノバの手によって亡くなるシーンでは激しく動揺するクラウドがエアリスの亡骸を抱えます。 この時のセリフがコチラ 「エアリスはもうしゃべらない・・・もう笑わない、泣かない、怒らない。 おれたちは・・・どうしたらいい?この痛みをどうしたらいい!? 指先がチリチリする。 口の中はカラカラだ。 どちらかと言えば、仲間を失った怒りや悲しみが入り混じったセリフのように見えるので恋愛要素の入ったセリフには聞こえません。 ただし、この事件をこの後2年ほどひきずる アドベントチルドレン ことを考えると、やはりエアリスに対しては特別な感情があったようにも思えますが… スポンサーリンク ティファが喜ぶ ここまでの推測では圧倒的にエアリスが好きな感じになるんですけど、実はティファに対しても意味深な言葉を多くかけているのがクラウドの困ったところですw ~中略~ 『……悔しかった。 ……認めてほしかったんだ』 クラウド「……悔しかった。 ……認めてほしかったんだ」 「強くなれば 認めてもらえる、きっと……」 ティファ「認めてほしい……? ……誰に?」 クラウド 『……誰に、だって? ……わかるだろ? ……ティファに……だよ』 ~略~ クラウドが魔晄中毒で精神世界にいる間にポロッとこぼした本音の1部です。 当時、まだ幼かった2人は村の給水塔で話していたのですが、この時の正しい記憶を思い出す場面で、クラウドはハッキリとティファに認められたかったという発言をします。 さらにティファの母親が亡くなった事件の後、自分が行動出来なかったことを大きく後悔しており、それが後に英雄と言われたセフィロスへ憧れるキッカケになったことも。 最初にクラウド自身が守りたいと思ったのはティファ達だった訳です。 っと言うのも、クラウドの初期の記憶はザックスと混同している部分もある上にジェノバという厄介な存在が住み着いている状態です。 そんな不安定な感情のまま、エアリスと過ごした時間は結構限られています。 もちろん、エアリスが嫌いだったというこてゃあり得ないですが、作品を通してもエアリスはいち女性というy存在ではなく、もっと大きな存在になっていると思えるんですよね。 それに対してティファは自分からのアプローチも凄いですけど、本当のクラウドが戻ったキッカケになった=クラウドの本当の気持ちをあらわしている・・・っというような見方も出来ると思います。 というか、アドベントチルドレンでは一緒に住んでますし、少なからず愛情はあるでしょうw ただ、その生活を謳歌出来ていなかったのはエアリスとザックスの死の責任という感覚がクラウドに残っていたからなんじゃないかなと。 という事で、クラウドは多分ティファの方が好きだった説を書いてみました。 ただ、1つ言いたいのはクラウドからよりもエアリスやティファからの方がよほど好き好き攻撃の回数も威力も大きかったりするんですけどね…w.

次の

FF7の正ヒロインがエアリスである客観的な理由

エアリスとセフィロス 関係

ですから、幼いころからのエアリスの事をよく知っており、監視する側、理不尽な生活を強いられる側といった通常であれば憎しみが生まれてもおかしくない状況下で奇妙な絆が出来上がっているのです。 エアリスはほとんど外部の人間との接触をする機会がないまま育ちます。 身近にいた存在は監視役のツォンだけだったと言っても過言ではありません。 ちなみに後にエアリスの恋人になるザックスともツォンは仲が良かったのです。 エアリスの思い 「ツォンはタークスで敵だけど、子供の頃から知ってる。 私、そういう人少ないから…。 世界中、ほんの少ししかいない、私のこと知ってる人…」 古代種の神殿でツォンに対する思いを本編で語るエアリスのセリフです。 本当に子供の頃からの自分を知っているツォンに対してある種の肉親のような感情を抱いているのが見え隠れするようにも思えます。 このセリフや幼いエアリスの境遇などを合わせて考えると、ツォンはエアリスの兄のような存在だったのかも知れません。 もちろん立場としては監視役と監視対象ですが、神羅カンパニーは全員が全員悪人ではありません。 特に、タークスに関してはとにかくルーファウスに忠実な組織でありルーファウスの一存次第では悪にも善にも成り得ます。 エアリスは確かに組織としての監視対象であり、重要な人物だったのかも知れませんが、任務を離れればツォンから見れば小さい女の子です。 親代わりとまでは言わないかもしれませんが、兄や親族に近い感情が芽生えてきても不思議ではないかもしれません。 回想に現れるツォンとエアリスの会話 *ツォン「」 エアリス『』* ツォン「エアリスを返してほしいのです。 随分探しました」 エアリス『いやっ! 絶対いやっ!』 「エアリス、君は大切な子供なんだ。 君は特別な血をひいている。 君の本当のお母さんの血。 『古代種』の血だ。 古代種は至上の幸福が約束された土地へ 我々を導いてくれるのです。 」 「エアリスはこの貧しいスラムの人々に 幸福を与える事ができるのです。 ですから我々神羅カンパニーは ぜひともエアリスの協力を……」 『違うもん! エアリス古代種なんかじゃないもん!』 「でもエアリス、君はときどき誰もいないのに声が聞こえることがあるだろ?」 『そんなことないもん!』 これは義理の母であるエルミナのところへとエアリスを探しにきた ツォンとエアリスの会話です。 神羅を抜け出しスラムに居たエアリスに対してもそうですが、エルミナに対してもかなり紳士的な言葉で接しています。 タークス全員ではなくとも少なくともツォンに関してはエアリスがスラムを本気で救えると感じているようにも見えます。 当時の神羅はプレジデント神羅とルーファウスが争っていたようにかなり人間関係が複雑です。 大きくなりすぎた組織は統一性を保てずに個々が崩壊しているのでしょう。 実際にアドベントチルドレンではルーファウスは贖罪を口にしますし、タークス達も協力を惜しみません。 こういったことまで踏まえると…• ツォン・・・エアリスには本当にすべてを救う力があると信じていたが、それを拒否する姿と上層部との命令の間で感情が動いていた。 また、エアリスに対しては少し特別な感情を抱いている。 エアリス・・・ツォンはタークスであり自分を利用しようとしている組織の人間ではあるものの、数少ない本当の自分を知っている他人として、親や兄のような感情を感じていた。 こんな感じになるのではないでしょうか? 以上がツォンとエアリスの奇妙な関係の考察になります。

次の