ブヨ 治るまで。 ブヨ刺され・結節性痒疹の治療法その1 まずは薬をしっかりと塗りましょう

虫刺されが腫れて固いしこりに!原因別の効果的な対処法

ブヨ 治るまで

(兵庫医科大学・夏秋優さん提供) ヌカカは、高原や海辺に多く、刺されるとチクチクとした軽い痛みを伴うのが特徴だ。 こちらも、刺された次の日くらいから、かゆみや赤いブツブツが現れることが多い。 症状が強ければ皮膚科へ 治療法は、蚊もブユもヌカカも同じ。 症状が軽ければ、自然に治るのを待つか、市販の虫さされ薬で対応する。 市販の薬は、清涼成分のl(エル)メントールと、かゆみを抑えるジフェンヒドラミンという成分(抗ヒスタミン薬)が入っているものが一般的だ。 他に、炎症を抑えるステロイド成分を含むものもある。 刺されてすぐのかゆみ(即時型反応)なら前者、翌日以降のかゆみなど(遅延型反応)にはステロイドを含むものを選ぶとよい。 ただ、市販薬は含まれているステロイドのランクが弱い。 このため、「大きく強く腫れている」「刺された数が多い」「かゆみが強い」など症状が強い場合は皮膚科を受診し、強いランクのステロイドの塗り薬や、抗ヒスタミン薬の飲み薬を処方してもらうと良い。 場合によっては、ステロイドの飲み薬を数日間、服用する場合もあるという。 子どもは「かき壊し」に要注意 子どもの場合、特に夏場は「かき壊し」に注意が必要だ。 かきむしって皮膚を傷つけると、傷口から黄色ブドウ球菌などに感染して、じくじくしたり、ただれたりして広がっていく「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」(通称とびひ)に発展することがある。 傷口から出る体液や膿(うみ)が周囲に付くと、感染が他の場所に広がってしまう。 とびひは、他の人にも感染するため、保育所などに通っている、きょうだいがいる、などの場合は注意が必要だ。 (兵庫医科大学・夏秋優さん提供) とびひは、抗菌薬の塗り薬や飲み薬で治療をする。 「早ければ3日目くらいで乾いてきて、5日目くらいで治ります」と夏秋さん。 ただ、一般的な抗菌薬では効かないタイプが原因になっている場合があり、別の薬を試すなどして治療が長引くこともある。 まれに、かきむしることを続けているうちに、かゆいかさぶたなどがいつまでも残ってしまう場合がある。 「とびひは、何カ月も続くような病気ではありません」と夏秋さんは話す。 こうなると、抗菌薬では効果が無い。 かきグセから慢性湿疹のようになってしまった場合は、炎症を抑えるステロイドの塗り薬などで治療すると治るという。 網戸などを設置するほか、蚊取り線香やエアゾールなどの殺虫剤を上手に使うとよい。 殺虫剤は、除虫菊に由来する殺虫成分を含む「ピレスロイド系」と呼ばれるものが主流だ。 虫の神経に作用して退治する。 屋外では、露出を避けるほか、屋外用の殺虫剤と肌などにつける虫除け剤(忌避剤)の併用が有効だ。 殺虫剤メーカー、フマキラーの佐々木智基・応用開発研究室長は「バーベキューなどをする時は、虫を寄せ付けたくないエリアを囲むように屋外用の蚊取りエアゾールをまくと、その場に居る蚊がまず退治でき、その後も蚊が寄ってこない空間を維持することができます」と助言する。 天候にもよるが、8時間ほど効果を持続できる製品もあるといいう。 虫除け剤は、ディートやイカリジンという成分を含むものが多い。 厚労省は昨年、これらの成分をより高濃度に含み、効果が長持ちする虫除け剤の審査手続きを、迅速化する通知を出した。 すでに高濃度の製品が市販されている。 ただし、ディートは、12歳未満の子どもに使う時は要注意。 高濃度(30%)のものは使わない、低濃度(12%以下)のものも6カ月未満の赤ちゃんには使わない、2歳未満には1日1回、2歳~12歳には1日1~3回までなど、安全に使うための基準を守って使うことが大切だ。 <アピタル:マンスリー特集・夏の健康> (鈴木彩子).

次の

突発性発疹の発症する年齢は何歳まで?小学生でもなる?

ブヨ 治るまで

ご家族で山に行く機会が増える時期ではないでしょうか。 そこで、気になるのが虫刺されです。 山や川などには蚊がつきもの、よく対策しておきたいものですよね。 私も幼い頃、虫に刺されが原因で患部が腫れ、固いしこりができたことがありました。 両親は「何でこんなしこりができたんだろう?」「ずっと残るのかな?」と、とても心配になったようです。 そこで今回は、虫に刺されについてのお話です。 特にお子さんが刺された時、大人が刺された時、そのあとが腫れて固いしこりになる原因と対処法についてご紹介します。 ぜひ参考にしてみてください。 子どもの虫刺されが固いしこりになる原因 皮膚がかたくしこりになってしまう原因、それは蚊に刺されたことによるものがほとんどです。 子どもは蚊に刺された経験が浅いため、蚊が血を吸うときに出す毒成分や唾液に対し、とても強いアレルギー反応を起こします。 そのため刺された箇所がものすごく腫れたり、固いしこりになってしてしまいます。 このようなしこりを「結節性痒疹(けっせつせいようしん)」と言い、特に5才以下の子供によく見られます。 これはアレルギー反応の一つで、治るまでに約1ヶ月から長くて1年前後もかかることがあるんです。 でも、子どもが蚊に刺される経験が重なるにつれ、このような唾液によるアレルギー反応は落ち着いてきます。 けれど、虫刺されあとが固いしこりになるのは心配ですよね。 また、いくら虫刺されを予防していても、子供はいつの間にか刺されてしまうものです。 遊びに夢中になっていると余計に、虫など寄ってきても気づきませんよね。 後ほどおすすめの対策をご紹介しますので、チェックして取り入れてみてください。 大人の虫刺されが固いしこりになる原因 大人の場合、蚊に刺されたら小さく腫れ、たいがいかゆくなるだけで済みます。 しかし虫によっては激烈なアレルギー反応が起こり、痛みを伴う腫れと固いしこりを伴うことがあります。 その代表的な虫こそ、ブヨです。 現代人はあまり刺された経験がないと思いますが、この虫は山間の水辺によく出没します。 見た目はハエに似ていますが、大きさは体長2~4mm程度と小さめです。 血を吸うときに皮膚自体を嚙み切りますので、刺された時の痛みはかなりあります。 また刺されてから1時間程度で腫れて痒くなるという、遅延型アレルギータイプの分類です。 痛みとかゆみは徐々に広がり、それが長時間続くというやっかいなものです。 ここで我慢できずに掻きむしってしまうと、「痒疹(ようしん)」、つまり固いしこりになってしまいます。 さらにこのしこり、強烈な痒みや痛みを伴いなかなか消えないことも…。 このように、子どもと大人では固いしこりのできる原因が異なります。 つまり何に刺されたか、そこが重要になってくるのです。 対処法も異なってきますので、次にその点を書いていきますね。 刺されたあとの固いしこりを予防するには? まず子どもの場合は、虫に刺された部分を掻かないようにすることが重要です。 掻き傷から菌が入ってしまうと、とびひなどの感染症になってしまうこともあるからです。 蚊に刺されたことが分かったら、すぐにパッチを貼って子どもが掻けないようにしましょう。 また冷やすとかゆみが落ち着きますので、冷たいタオルや保冷材などを患部に当てることも効果的です。 少し落ち行いてから、市販のかゆみ止めなどを塗ってあげるといいですよ。 大人の場合はブヨが原因なので、刺された直後の応急処置が重要になってきます。 まずは、ブヨのいてる場所から速やかに立ち去りましょう。 ブヨは傷口に毒成分を注入するので、皮膚が炎症を起こし化膿します。 咬まれた直後にまず水で患部を洗い流し、きれいな手で傷口を挟んで毒を搾り出すのが良いです。 傷口から他の細菌が入らないよう、清潔にすることをこころがけましょう。 これである程度はアレルギー物質を体外に排出することができます。 そのあとは、患部を冷やすのではなく温めます。 これはブヨの毒が熱に弱いからです。 外出先でシャワーが使えない場合は、温かい缶コーヒーなどを患部に当てることもいいです。 そしてかきむしることは絶対に禁止です。 固いしこりができてしまったときの対処法とは? かまれてから数時間、半日近くなってかゆみが強くなり、しこりができることがあります。 この段階で、ステロイドを塗るのがベストです。 かゆみだけでなく、化膿や炎症を抑えてくれるタイプのものでは、 「ベトネベートF軟膏」がおすすめです。 ただし、ステロイドには赤い発疹が出たり、皮膚が薄くなるといった副作用があります。 1週間以上使用することはおすすめできないので、自己判断で用量を決めるのは難しいですよね。 ですから、できるだけ早めに皮膚科を受診し、適切なお薬を処方していただくのが一番良いです。 大人の場合、まれに糖尿病や肝臓病、胃腸の病気が原因でしこりを発症しているケースもあります。 他の疾患が疑われることもありますので、医師の診断を仰ぐことが大切です。 また子どもの場合も、腫れや固いしこりが虫刺されによるものかどうかわからないことがあります。 たいがいの虫刺されによるしこりは、数週間で元にもどります。 しかし虫刺されによるものか判断が難しい時は、必ず皮膚科に連れて行ってあげてください。 必要ならばしこりを切り開いて調べる場合もあります。 まとめ 今回は、虫刺されあとの固いしこりの原因と対処法についてお話しました。 いかがでしたか?少しでもお役に立てたなら嬉しいです。 これからの季節、家族での大事な夏の思い出を虫に台無しにされたくはないですよね。 まずは刺されないことが大切です。 肌の露出が多い服装は避け、虫よけスプレーなども活用してください。 それでも刺される時は刺されますし、まったく刺されないというのも不可能です。 虫に刺されたときも、慌てず冷静に応急処置することがとても大事ですね。 ぜひ夏のレジャーに出かける前に、今回のお話を思い出してください。 そして安全に、楽しくこの季節を過ごしてくださいね。

次の

ブヨ(ブユ)に刺された時の症状と対策、治療は冷やす?温める?

ブヨ 治るまで

ブヨに刺された時の応急処置は? ブヨの大きさはハエや蚊よりもちょっと小さく体調2~5mm程度と本当に小さい! そして蚊と同じなのが雌しか吸血しない事で、蚊と違うのは水辺から動かないという事。 蚊よりも小さいのに吸血の仕方はとっても凶悪!! 刺されたことがある人にはわかるかと思いますが、蚊は口ばしみたいなのを毛細血管に刺して血を吸いますよね。 ブヨはまず表面の皮膚に噛みつき、食い破って出血させます。 この時にブヨの唾液から抗凝固物質が分泌されるため、傷口の出血がなかなか止まらない! そして出血させたうえで、血を吸うんです。 (吸うなら流血させるな!と言いたいし、吸血の仕方が雑な気もする…) そして、ほとんどの人が刺された事に気づかないんです。 刺されて半日~1日経って、噛まれた部分が腫れてきて気づくパターンが多いんですよね。 敏感な人なら、刺された瞬間にチクっと感じるかもしれませんが。 噛まれてしばらく経つとすっっごい痒みと患部が熱を持ち始め500円玉よりちょっと大きいぐらいに腫れて腕や足を動かすのも痛いぐらいです。 (兎に角掻いたらダメ!本当にダメですよ!!じっと我慢です!!) この段階で気づいたら、ステロイド系の薬を可能な限り早く塗ります。 こうする事で、痒みを沈めて掻き崩す事を予防できます。 市販薬でおススメなのが「ムヒ」(我が家はこれです)「キンカン」「新ウナコーワ」「ムヒアルファEX」が効果的ですよ。 また 川辺など水が近くにある山林などいわゆるキャンプ場付近に行くときには「ポイズンリムーバー」を持っていくと、刺された時に毒素を吸いだす事が出来ます。 一番良いのは、肌の露出を避ける事ですけどね! スポンサードリンク ブヨに刺されたあと放置するとどうなる? 蚊ならば刺された後は、放置していても数日で治りますが ブヨは放置すると…場合によっては一か月以上腫れが引きませんし痒みは我慢出来ないかと思います。 そしてものすっごい痒みは2週間前後は続くので、なかなか病院に行く時間がない場合は市販薬を直ぐに塗る方が良いですよ。 放置しても蚊のように、すぐに刺された事すら忘れられる物ではなく日常生活に支障が出ます!! 病院に行かず放置する期間がどうしてもある場合、タオルを濡らしてレンジでチン!熱っつい蒸しタオルを患部に当てるとブヨの毒素である酵素が変性するので効果があります。 または集めのシャワーをかけて傷口の毒素を中和させるのも効果的です。 皮膚科で強めのステロイドを処方してもらい、いち早く痒みを抑えましょう。 痒みを抑えないと、ついつい衝動で掻きむしってしまいます。 そうなると、どんどん傷口は広がってしまい、雑菌が浸入しやすくなってしまいます!! (そうなると治りにくくなっちゃいますよ) ブヨに刺されたのなら、直ぐにでも皮膚科を受診する方が早く良くなりますよ。 私は以前ブヨに刺されたのに、そのうち治るだろうと放置してました。 すると、起きている時はどうにか掻きたい衝動を抑えられましたが寝ている時は無理! ボリボリと掻きむしり翌朝シーツには血痕が!!!!! 数日後には傷口(噛み口)が化膿しちゃいました(涙)で、ようやく皮膚科を受診し医師に怒られましたー。 「早く来い!」ってね(涙) けれど、 皮膚科を受診して処方された薬を塗ったらすぐに痒みが引きました。 化膿した部分はちょっと治るのに時間がかかりましたが、これは自業自得なのでブヨは無関係?! さいごに ブヨってね、本当に小さいくせに凶悪なんですよ!! 大きい物より小さい物の方が私怖いんです。 だって、気づかないうちに忍び寄って刺したり噛んだりするでしょう?しかもその時は痛みがなくて、後から痛みや痒みと共に 気づかされる! なので、一番良いのは肌の露出を控えた服装で「ポイズンリムーバー」をポケットに入れ、虫刺され用の薬を必ず携帯する事。 山の中や川辺などに行くときは事前準備を怠らないように注意してくださいね! そうそう、ブヨは年中活動していますが特に春から夏の涼しい時間帯に活発になるのでスポーツする人や子供会などのイベントで 山の方に行くときは特に気を付けてくださいね!.

次の